超個人的2018年ベストゲーム

2019年になり、今年もたくさんゲームで遊ぶぞ、
と言う前に、
2018年もがっつり1年中ゲームで遊ばせてもらいました。
勝手に、記憶に強く残ったゲームをランキング
評価とか批評とか難しいことは置いといて、
とにかく、濃い記憶!て思うタイトル順に。

タップしてジャンプ

1位『Hollow Knight ホロウナイト』

個人的には、色々なインディーゲームをプレイするようになった2018年。
そのキッカケにもなったタイトル。

新しいゲームは、始める度に夢中でプレイするけれど、
あんなに中毒のように
取り憑かれたようにプレイしたのは、久しぶり。

メトロイドヴァニアというゲームジャンルが大好きになった。
そして、“死にゲー”の面白さ、
2Dアクションの面白さも詰まっていて、
私にとっては本当に神ゲー

倒せない敵は後回し後回し、と諦めがちなプレイスタイルの自分が、
「ちくしょう、ちくしょー」と言いながら、
時には鼻息荒く、時にはトボトボと、
連続して、何度も同じボスに立ち向かって行ってたのは、
自分でも、正直驚きだった。
バトルバランスからグラフィック、音楽と全ての要素が絶妙

2位『Marvel’s Spider-man』

このタイトルは、全く買うつもりがなかった
発売されてから、ネットやSNSで話題になっているのを見て、
それでも、プレイするつもりがなかった。
しかし、好奇心が勝って、プレイし始めたら、
結局、2018年で2番目に面白かったと思うくらいまでハマったわけです。

1番の魅力のウェブ(蜘蛛糸)アクションも気持ちいいし、
アメコミらしい派手な演出も見応えがあって楽しかった。
そして、何より、ボリュームがたっぷりなのに、
最初から最後まで密度が濃いオープンワールドゲーム。
贅沢!という感想に尽きるゲーム。

発売前情報だけではプレイするつもりなかった、
動画見てもプレイする気にならなかった、
なのに、プレイしたら、病み付きになっちゃった。
これが、ゲームの面白いところだなあって実感。

3位『ドラゴンクエストビルダーズ 2』

絶賛プレイ中。
元々、「ドラクエビルダーズシリーズの2作目を開発中」って知ってから、ずっと楽しみにしていたタイトル。

既に、期待通り、
いや、期待を超えて面白い。
全てがパワーアップしてて、
元々の良さも無くなっていない。
好きなシリーズが、いい方向に進化していくのって、
純粋に、単純に、嬉しい。

2019年も、まだまだしっかり遊んでいきたいタイトル。

3位『オクトパストラベラー 』

上述の『ドラゴンクエストビルダーズ2』と同じく3位。
ドラクエビルダーズ2』は、まだクリアしてないけど、
最後までクリアしたゲームのなかでは、
3位が『オクトパストラベラー 』。

最近は、スマホゲームやインディーゲームで、ドット絵のゲームをプレイすることがある。
フォトリアルなグラフィックが大人気の時代に、
美麗グラフィックが得意なスクエニの新作ゲームで、
ドット絵グラフィックが採用されてるのが、逆に新鮮だった。
ドット絵好きとしても、
ドット絵と3DCGの組み合わせっていうグラフィックが、なんとも言えない魅力を放ってた。

そして、RPGと言えば、ストーリーを楽しむゲームになりがちだけど、
『オクトパストラベラー 』は、バトルが本当に面白かった
バトルのシステムもBGMも素晴らしかった。
“あるある”なグラフィックでもシステムでも、
味付けによって、まだこんなにも楽しめるのか、と。
RPGの魅力を改めて実感した一本。

↓ 2018年にプレイしたタイトル ↓

2019年のゲーム

今年も、楽しみなタイトルがたくさんある。

まず、1月はNintendo Switchで『スーパーマリオ U デラックス』が、
PS4では、『キングダムハーツ3』に『バイオハザード Re: 2』が発売される。
年始から、楽しみなタイトルがザックザク
今年は、どんな世界で、どんな冒険に出ることが出来るのか。
年末年始のゲームセールで、
たくさんのゲームを買ったし、
2019年も、がっつりどっぷりゲームが楽しめそう。
幸せだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる