スマホ『Holy potatoes! A weapon shop⁈』レビュー、感想と評価(ネタバレなし)

本気でやめ時を見失う、忙しくて面白すぎるジャガイモ鍛冶屋。
ジャガイモ宇宙でジャガイモヒーローに武器を売りつける鍛冶屋経営ゲーム


www.day-lightstudios.com

タップしてジャンプ

『Holy potatoes! A weapon shop⁈』とは

ポテト職人たちを使って武器を作り出し、クエストへと出かける勇者たちに売りつけよう。

登場するポテト勇者は70人以上、200種類を超える武器を作り出せ、ビジネスを20ものヘンテコな地域へと拡大でき、30人の奇妙なポテト職人たちを管理して、10人ものポップカルチャーの伝説の勇者たちを見つけ出すことができ、ついでにポテト犬だって飼えちゃうぞ!

Holy Potatoes! A Weapon Shop?!

Holy Potatoes! A Weapon Shop?!

  • Daylight Studios Pte. Ltd.
  • ゲーム
  • ¥600

ストーリー

“あるある”だけど何故かジャガイモ

主人公は、おじいさんから受け継いだ鍛冶屋を訪れる。
そこに、おじいさんの仕事仲間だったエージェント46に会い、鍛冶屋をオープンさせることに。

鍛冶職人を雇って、武器を作って、ジャガイモ宇宙に点在するヒーローに売っていく

「あー、よくあるヤツ」だが、このゲームの最大の個性は、全てがジャガイモであること。
出てくるキャラは全てジャガイモ。

なぜジャガイモなのかは分からないが、野菜のなかでも、ジャガイモって、なんだか面白さがある

これが強烈な魅力を放っていて、このゲームに惹きつけられる。
フライドポテトのように、食べ始めるとやめられない、ジャガイモの魅力。

ピンはねするエージェント46

ゲームスタート時に登場し、おじいちゃんの仕事仲間だったと“言い張る”エージェント46

しかし、ことあるごとに、金(ゲーム内での通貨は$tarchというデンプンをモジッた単位)を要求してくるし、どこからどうみても強欲。

というわけで、おじいちゃんの店の99.9%所有権を有しているエージェント46と渡り合っていかなければならない

ゲームシステム

武器を作っては売りに行く

工房で武器を作り、様々なジャガイモ惑星にいる「ヒーロー」に売りに行く。

武器を買った「ヒーロー」はレベルが上がっていく。
RPGに登場する武器屋の目線が楽しめる。

それとともに鍛冶屋の経営も行う。

鍛治職人に給料を払い、武器の材料調達も行う。

更には、働きすぎて気分最悪になった鍛治職人には有給をとらせなくてはならない

これが、文字通りの“有給”。
費用オーナー持ちで、職人をバカンスに旅立たせる。

そして、新たな商品の開発。

研究を行うことで、新たな武器を作れるようになる
で、この研究にも、もちろんお金がかかる。

鍛冶屋の基本“武器作り”

鍛冶屋なので、もちろん武器を作ることが1番の仕事。

材料から様々な武器を作ることが出来るが、作るのは主人公ではなく、雇っているジャガイモ鍛冶職人たち

作り始めると、進捗状況0%から完成100%まで数値が上がっていく。

その過程で、武器の鍛え方により特性が決まる

攻撃力、スピード、精度、魔法力といった特性のどれをどのくらい鍛えるかで、武器のステータスが変わる

工房内に各ステータスに応じた工作台があり、ジャガイモ職人を配置替えしながら、目当てのステータスになるよう鍛えていく。

武器のステータスとヒーロー

武器が完成した時点で、1番鍛えられたステータスが「第1スタッツ」となる。

そして、各地にいるジャガイモヒーロー。

ヒーローごとに、武器の好みが違う
魔法力優先のヒーローもいれば、精度重視のヒーローもいる。

で、好みにあった武器には、高値を出してくれて、ヒーロー自身も多く経験値を得られるようになる。

ヒーローが強くなれば活躍するようになるわけで、工房の名声も上がっていく。

ジャガイモの進化

ジャガイモ職人には、それぞれ得意な鍛治がある。
作る武器のどのステータスを上げるのが得意かが違う。

とはいっても、各ジャガイモの能力は固定ではない。

鍛治を経るごとに経験値が溜まり、ジョブを変えることも可能。

ジョブを変えると、他のステータス上げが得意になったり、上級職になれば、複数のステータス上げが得意になる。

ちなみに、職人の能力が高くなるにつれ、支払わなければならない給料も高くなる。

鍛冶屋のサイドビジネス

ジャガイモ職人は、武器を作る以外にも、他にも仕事が出来る。

他ジャガイモ惑星に行って、「探検」して、アイテムを掘り当ててくる

作った武器をヒーローに売りさばきにいく。

武器作製に必要な材料を買いに行く。

これらにも経験値が存在し、たくさん商売すれば、ヒーローにより高く武器を売りさばけたり、材料購入時に値引き交渉するようになる。

また、レシピを知っている武器を作る以外に、エストも存在する。

依頼されたステータスを持つ武器を納品日までに完成出来れば成功となり、報酬をもらえる。

にぎやかな世界観

ポップ系ジャガイモ

なんといっても目をひくのはグラフィック。

全体的に2Dカートゥーン調グラフィック。
あまり激しい動きがあるゲームではないが、カートゥーン的に動く。

画面内は色とりどりでにぎやか

ゲームの鍛冶屋というと、男臭い筋肉ムンムンマッチョマンや、江戸っ子気質な頑固オヤジだったり、油と金属のニオイが漂う雰囲気なことが多い。

しかし、このジャガイモ鍛冶屋は、かなりポップで可愛らしく、見ていて飽きない。

パロディ満載

登場するジャガイモは、みんな誰かに似ている

何らかの有名キャラや有名人がジャガイモ化している。

しょっぱなから、超行動派考古学者のアノ女性や、FF7自称元ソルジャーのアノ人が登場する。

元ネタを知ってるキャラだと、そのジャガイモっぷりが面白い。

目が離せない鍛冶屋

マルチタスキングと集中どころ

ゲーム内では、絶えず時間が流れている

鍛冶をしているジャガイモと、探検に出ているジャガイモ、休暇中のジャガイモ。

それぞれの活動にかかる時間を上手くやりくりして、効率よく鍛冶屋を回していく

武器作製中に、商売してきたジャガイモが帰ってきたら、そこから鍛治に途中参加する。
店が赤字になりそうでも、有給休暇中ジャガイモは帰って来ない。

かといって、誰かが何かしている間に、工房で突っ立っているジャガイモがいても、効率が悪い。

同時並行で多種類の活動させたり、工房に全ジャガイモを集めて総出で渾身の一作を作り上げたり。

その采配と鍛冶屋の存続は、自分にかかっている。

トレーラー

個人的評価

好き

  • ジャガイモだらけの面白さ
  • ポップなグラフィック
  • 鍛え方自由な鍛冶
  • 眺めるだけではない忙しい鍛冶
  • 鍛冶以外にもやれることたくさん
  • パロディ満載のキャラクター
  • 結構ギリギリな資金繰り

残念

  • スマホ画面だと文字やボタンが小さい
  • 材料購入の時に作れる武器リストが参照出来ない

個人的な感想

「経営ゲームって面白そう」というとこに「なんだこの惹きつけられるグラフィックは」となって、あまり内容は知らずに、ただ興味引かれてプレイしてみた。

結果的に、直感は正しかった。
かなりハマってしまって、どんどんプレイしている

楽しくなる世界観

リアルタイムストラテジーのようにゲーム内時間が勝手に進んでいくので、見守る時間も多い

だが、グラフィックが良く、ポップで可愛らしいので見ているだけで楽しくなってくる

ジャガイモキャラのグラフィックが好みなら、まずプレイして間違いない。

ストーリーやセリフもコミカルで、深刻な雰囲気は一切ない。

経営ゲームは、覚えることも多く、パラメータなどの数字がたくさん画面に並ぶイメージがあるが、ジャガイモ鍛冶屋には、すんなり入っていける

マルチタスキングの面白さと難しさ

鍛冶をしながら材料調達、ジャガイモ職人の健康状態にも気を配る。

ストーリーが進むにつれて、どんどん忙しくなり一息つくヒマもなく、かといって、資金繰りも楽にならない。
どんどん貧乏暇なしになっていく。

「忙しい忙しい」とプレイしていると、あっと言う間に時間が経っていて、スマホの充電がかなり無くなっていて慌てたことも何度かあった。

それほど夢中になる、やりごたえある難易度

資金が尽きそうになるハラハラ感もあり、でも、「なんとかやっていけるか」くらいの良いぐらいのバランスになっている。

と書いてみたが、結構資金がカツカツで、ジャガイモ職人解雇も真剣に考えたりもしている。

現状を全方位把握しつつ次の行動も考える、ゲームだけど、マルチタスキング能力が鍛えられて、もしかしたら、現実でも役に立つかもしれない。

指先は繊細に、目はシパシパ

『Holy potatoes!』は、PC向けにも配信されている。
画面のデザインは、PC向け。

スマホゲームとしては、ボタンも文字も小さめ

操作しづらいまでではないが、タップし間違えないようにやや気を遣って操作する。

しかし、重要な操作や大事なパラメーターについては大きく表示されているのでプレイ中に操作ミスで失敗というほどではない。

ただ、熱中して長時間プレイしてしまう、プレイしていると鍛冶工房を見守っていなくてはならない、というわけで文字の小ささが仇となり、目が疲れてくる。

ジャガイモシリーズ

ちなみに、ジャガイモ経営ゲームとしてシリーズ化しており、他のタイトルもリリースされている。

Holy Potatoes! We're in Space?

Holy Potatoes! We’re in Space?

  • Daylight Studios Pte. Ltd.
  • ゲーム
  • ¥840

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる