Nintendo Switchでスーパーファミコンゲームをプレイしてみた感想

ここ数日、自分でも意外なゲームにハマっている

なんと約30年前に発売されたゲームに夢中になっている。

『アストラルチェイン』購入のためにニンテンドーカタログチケットを買った。
そう、そのためだけに加入したNintendo Switch Online
そのためだけでも十分お得。

しかし、その数日後、Nintendo DirectNintendo Switch Online加入特典としてスーパーファミコンのソフトが配信される、しかも遊び放題と発表された。

なんてことだ。
さらにお得っぷりに拍車がかかった。

過去の名作がずらり。
往年の名作だとか、不動の神ゲーと名高いタイトルたち。
せっかくならプレイしてみようかなあ、と気軽にプレイし始めた。

f:id:tacowriting:20190917104525j:plain

ヤバイヤバイヤバイ。
面白すぎる。
最新ゲーム『アストラルチェイン』から一転。
ドット絵だし、システムだって今のゲームと全然違うし。
でも、面白すぎる!
しかも、Nintendo Switch操作性抜群なんですが!

タップしてジャンプ

プレイしてみたゲーム

ゼルダの伝説 神々のトライフォース

f:id:tacowriting:20190917105258j:plain

ゼルダの伝説』シリーズ好きとしては、もちろん、よーく知ってたタイトル。
シリーズのなかでも屈指の名作であり人気作と言われてる。

自分で最初から最後までプレイしたのは初めて。

爆弾やフックショットといった種類豊富なアイテムを駆使して謎解きやボスを倒していく

f:id:tacowriting:20190917105254j:plain

そして、思わずプフッと笑ってしまう演出や寄り道要素もたっぷり。

f:id:tacowriting:20190917105327j:plain

「『ゼルダの伝説』ならでは」要素がこれでもかと密度濃く詰まってて、「ゼルダスタイル」はスーファミ時代に既に完成されてたってことがよく分かる。

ストーリーはおなじみ、ゼルダ姫から「目を覚まして、助けてに来てよ」と脳内に直接語りかけられたリンクが、シリーズおなじみ悪玉ガノンを倒しにいく物語。
光の世界、闇の世界があって、ボリュームもたっぷり

f:id:tacowriting:20190917105226j:plain

何度も何度も「これって本当に30年近く前のゲーム?」と思うくらいクオリティが高い。高すぎ。
実は任天堂が新たな要素足してたりリメイクしてたりとか…しない。
古くささなんて皆無で、今現在でも、普通に新作ゲームとして面白すぎ

スーパーメトロイド

f:id:tacowriting:20190917104624j:plain

こちらもシリーズ屈指の名作と言われているタイトル。

メトロイドヴァニア(メトロヴァニアと言われることも)という一大ゲームジャンルの名前の一部「メトロイド」の元となった『メトロイド』シリーズ。

探索しながら、能力を得るごとに行ける範囲が徐々に広がっていくメトロイドヴァニアのお手本のように、すごく上手く作られている

f:id:tacowriting:20190917105051j:plain

メトロイドヴァニア好きとしては、いつか1度プレイしてみたかった。

「後々行けるようになるんだろうなあ」って扉やアイテムがチラチラ見えながら、あっちやこっちへ続くマップを走っていく。

ずーっと指くわえて見てた段差の上に登れた時の気持ち良さはハンパない

ストーリーは、主人公サムス(いかつい宇宙スーツを着ているが、中身は美しい女性)が、単身、怪しげな惑星へ向かう。
悪い奴らに攫われたベビーメトロイドという『スーパーメトロイド』の前作(『メトロイド』シリーズ第2作目』)で手に入れた宇宙生物の奪還が目的。

f:id:tacowriting:20190917104628j:plain

入り組んだマップは本当によく出来ていて、広く感じる。
そして、探索だけでなく、特にボス戦などは、アクション性が高い

f:id:tacowriting:20190917105055j:plain

2Dなのに、次に何が待ち構えてるのかドキドキする感覚になる、すごい。

f:id:tacowriting:20190917105059j:plain

スーパーマリオワールド

スーパーファミコンと共に世に出たタイトル。
世界で1番有名なゲームの1つなんじゃないかってくらい、改めて説明することもない。

f:id:tacowriting:20190917104814j:plain

プラットフォームゲームの第一人者であるマリオがピーチ姫を助けるためコースをクリアしていく。

最近のマリオタイトルではあまり見かけなくなったクッパの子供たちが中ボスとして現れる
クッパの子供たちは、それぞれ個性的で好きなんだけどなあ、もっと活躍してほしい。

f:id:tacowriting:20190917104828j:plain

空飛ぶマントもヨッシーも登場して、オーソドックスなマリオが大量のコースで楽しめる。
30年近く前のゲームだけど、同じところでミスしたり、ギリギリ助かったり、ワーワーキャーキャーしてしまう面白さは今と変わらない

f:id:tacowriting:20190917105430j:plain

Nintendo Switchでのプレイ感覚

操作感

私は、画面はモニターに写して、Nintendo Switch Proコントローラーでプレイしている。

スーパーファミコンの時代は、十字キーだったけど、今は、プロコンのジョイスティックで操作。

ゼルダの伝説 神々のトライフォースでは、見下ろし視点なので、斜め移動がスムーズにできて便利。

f:id:tacowriting:20190917105239j:plain

スイスイ動く。
十字キーよりプレイしやすい。
ただ、スムーズに動く分、狭い通路を歩くときは落とし穴に落ちやすくなる

スーパーメトロイドでは、2D視点なので、上下左右にしか主人公サムスは移動しない。
斜めにジョイスティックを入れると、斜め上斜め下撃ちが出来るので便利。

f:id:tacowriting:20190917104642j:plain

しかし、時にはジョイスティックで上下左右に入力してるつもりが、斜め入力として認識されてしまって、あらぬ方向に銃を向けてしまうこともある。
そして、壁ジャンプのために絶妙タイミングで反対方向に入力したり、ボール状にサムスが丸まる時に下方向に2回入力したりする時は、十字キーの方が楽。

スーパーマリオワールドも2D視点なので、上下左右しかマリオは動かない。
しかもマリオの場合は、ほぼ左右の動きだけになるので、ジョイスティックでも、ほぼ違和感なし

f:id:tacowriting:20190917105422j:plain

唯一、マントで飛ぶ時だけは十字キーの方が良い
マントで飛ぶ時は、進行方向と逆方向に等間隔で入力していくんだけど、十字キーのボタンで押した方が圧倒的に楽。

というわけで、操作感はほぼ問題ないし、ゲーム内でも変にラグがあったりせず、キビキビ動かせる

ただ、プロコンで十字キーのみを使用し続けるのは手が疲れてくる。
上述のようなジョイスティックで操作しにくい部分がかなり気になるなら、スーパーファミコンコントローラーを用意した方がいいかも。

f:id:tacowriting:20190917112957j:plain
store.nintendo.co.jp

グラフィック

スーパーファミコン時代のグラフィックなので、もちろんドット絵。
ただ、最初に起動した時、結構びっくりした。

予想以上に綺麗であざやか!

f:id:tacowriting:20190917105231j:plain

最近でも、インディーゲームやスマホゲーム中心にドット絵が根強く人気。
最先端ゲームの大迫力な映像美とは違った魅力がある。
『オクトパストラベラー』のように3DCGと混ざったドット絵や『Hyper Light Drifter』みたいなモダンスタイルのドット絵、スクショ撮りまくってしまう。

そういった最新のドット絵と比べても全く見劣りしないし、いや、そのなかでもクオリティ高い方だと思うくらい見応えがある
グラフィックもすごくこだわって作られてたんだろうなあ。

特に『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の闇世界のパステルっぽい色調には感動。

f:id:tacowriting:20190917105310j:plain

発売当時はブラウン管だし低画素数だっただろうけど、現代の液晶ゲームモニターに写して見ると、「こんなに色鮮やかに作られていたんだ」とびっくり。

他ゲームをプレイしているのと同じモニターでプレイしてても「古い、グラフィックが荒い」という感覚が全くない。
グラフィックの良さは、実際にプレイしてみて1番驚いたところ。

便利機能

昔のゲームは、現代のゲームに比べると不親切だし難易度も高め(難易度選択システムもない)。
セーブ出来る場所も限られてて、オートセーブなんて機能もない。

現代の親切ゲーム仕様に甘やかされてしまっていると、なかなかダルく感じるところもある。
それをクリアしてこそ!なんだろうけど。

しかし、「無理無理、頑張れなーい」という時のために任天堂さんがお助け機能を付けてくれている。

1つ目は、ゲームぶっ壊し機能である、巻き戻し機能

ああ、さっきこうしておけば!
あ、ミスった!またセーブポイントからかあ。
という「ゲームあるある」を帳消しにしてしまう。

あ!と思ったら、ZLとZR長押し
数秒前まで好きな時点に巻き戻せる。

f:id:tacowriting:20190917104819j:plain

まあ、巻き戻せたとしても、自分の腕が上がってるわけじゃないので、同じミスを繰り返してしまいがちなんだけど。

f:id:tacowriting:20190917105426j:plain

そして、もう一つ便利なのが、いつでもセーブ出来ること。

今のゲームでは、オートセーブ機能がほぼ標準装備なので、「あー、疲れた、今日はここまで。オートセーブされてるから大丈夫でしょ」と結構好きなとこでゲームを中断できる。

そして、イベントシーンではスキップ機能が付いてることも多い。
ボスに負けた後、再挑戦時には「私が最強だ」「世界は私のものだ」とかいったボスの強気発言をスキップしてスムーズにバトルから始められる。

しかし、スーパーファミコン時代にはスキップ機能もオートセーブ機能も、ほぼ無いので、中断したい時、ボス戦ではバトル開始時のセーブを使っておくと便利

f:id:tacowriting:20190917105414j:plain

この便利機能に慣れてしまうと、逆に他の最新ゲームでも出来ないかと思い始めてしまうので恐ろしく便利な機能。

今後の配信予定タイトル

スーパーファミコンNintendo Switch Online」サービス開始と同時に20タイトルが配信された。

f:id:tacowriting:20190917104338j:plain

今後も追加されていくということだけど、具体的なタイトルは分かっていない。

Nintendo Switchにはバーチャルコンソールが無いので、今のところ個別にNintendo Switchに移植されていないスーパーファミコンのタイトルは、この「スーパーファミコンNintendo Switch Online」に期待。

『Mother』シリーズや『スーパーマリオRPG』『ドンキーコングなど、任天堂ハードじゃないとプレイできないタイトルが登場して欲しい。

発売当時にプレイした人も、名前は聞いたことあるけどプレイしたことがないっていう人も、この特典のためにNintendo Switch Online加入するのもアリかもしれない。
それくらいやりごたえあるタイトルばかり。

f:id:tacowriting:20190917105418j:plain

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる