『トロとパズル』プレイしてみたレビューと感想。

猛烈に懐かしすぎる、あの白ネコ。
人間になりたいと言うので、言葉を教えていたら、ヘンテコな文章にして会話していた、あの愛すべき二足歩行おしゃべり猫トロ

トロがパズルゲームになってスマホに復活!
あまりの懐かしさで、配信スタートしてから速攻プレイ。

タップしてジャンプ

『トロとパズル』とは

最新作『トロとパズル~どこでもいっしょ~』では、トロをはじめとするポケピたちとのコミュニケーションをとりながら、パズルをクリアすることで街を発展させていくストーリーを楽しめます。

言葉を教えてコミュニケーションを楽しむ『どこでもいっしょ』シリーズの看板猫トロを中心に物語が展開する、ストーリーも楽しめるパズルゲーム。

スマホ向けパズルゲームとして人気の『ガーデンスケイプ』システム。
パズルをクリアすることでストーリーが進む

トロといえば、プレイステーションの看板猫でもあるわけだけど、開発元は、ForwardWorksというアプリゲームを多数開発している会社。

androidiOSでプレイすることが出来る。
基本プレイ無料のアイテム課金

ストーリー

ゲームが始まると、トロがバスに乗って「天つ空(あまつそら)町」にやってくる。

トロは、人間になりたいという大いなる野望を持っていて、「天つ空町」に「人間になれる温泉」があると聞きつけてやって来たらしい。

で、そこからは、『どこでもいっしょ』シリーズと同じく、画面越しのプレイヤーにどんどん話しかけてくる
「人間になれる温泉」探しを手伝って欲しいらしい。

しかし、なんだか寂れてしまっている「天つ空町」。
そこで出会った「ソラ」というガイド役であるネコに、会った初日にも関わらず、観光大使に抜擢されてしまう。

というわけで、町の復興のお手伝いをしながら「人間になれる温泉」を探すため、「天つ空町」に定住することになる。

しかし、復興とトロの生活のため資金が必要だ、ということで、フルーツ収穫のアルバイトをすることに。

ちなみに、ソラはお茶屋さん、観光案内所、旅館、町役場などまで、かけもちバイトしまくっているワーカホリックネコ
多忙すぎ。
ソラがいなくなれば、多くの店が営業できなくなるワンオペタウンだ。

ゲームシステム

よくある3マッチパズル

ステージ上に並ぶフルーツのどこか2つをタテかヨコにひっくり返して、同じフルーツが3つ並ぶと消える
よくある3マッチパズル。

これまで他の3マッチパズルをしたことがある人なら、チュートリアル飛ばしてもいいくらい、特別難しいルールや目新しいルールがあるわけではない

3つ以上揃えば、揃った数に応じて便利アイテムが出現する。
1列消し去ってくれるミサイルや、収穫するはずのフルーツが木っ端微塵になるじゃないかと心配になるくらい周囲一帯を吹き飛ばすダイナマイトまで。

ステージごとに決まった目標があり、制限ターン数内に目標を達成すれば、ステージクリア。

フルーツ収穫してストーリーが進む

ステージをクリアすると、星が1つ貰える。
この星を消費してストーリーを進めていく

ストーリーによっては、複数個の星が必要なこともある。

コトバを教える

どこでもいっしょ』といえば、好きなコトバをトロに教えるのが魅力。

パズルをプレイしていない時は、「天つ空町」で好き放題しているトロ。
そんなトロをタップすると、コトバを教えることが出来る

好きに単語を入力して教えることもできるし、トロから質問された内容に沿った言葉を教えることも出来る。

パズルのステージクリアをするとトロが話しかけてくる。

また、トロは、町で好き放題しながら、ブツブツと独り言を喋っている。

そういった時に、教えた言葉を使って喋ってくれる。

専用部屋とお着替え

言葉を教えるだけでなく、トロの生活環境を整えることも出来る。

観光大使として、町の旅館の1室を用意してもらい、宿泊客なのに、なんと家具まで置いてしまえる。
家具は、他キャラなどからプレゼントで手に入れることが出来る。
レイアウトの自由度はそこまで高くないものの、もちろん模様替えも可能。

そして、ゲームスタート時には泥棒の小道具のような風呂敷を背負って現れたトロだが、服を着替えることも出来る。
ネコだし、裸でも別に違和感はないけれど。
服も他キャラなどからのプレゼントとして手に入れることが出来る。

他のポケピも

どこでもいっしょ』をプレイしたことがある人なら、「あれ?他のキャラは?」と思うはず。

そう、『どこでもいっしょ』では、他のキャラを選ぶことも出来た。
他ネコ種というわけではなく、犬、ウサギ、カエル、さらにはロボットまでいる。
こうしたコミュニケーションをとり言葉を覚えるキャラは、トロも含めてポケピと呼ばれる種族(?)。

ストーリーを進めていくと、懐かしの他ポケピも登場する。

ちなみに、『どこでもいっしょ』をプレイしたことがない人でも、ストーリー内でちゃんと自己紹介してくれるので安心。

感想

良いところ

  • とにかくキャラが全て
  • 言葉を教え放題
  • ゆるい世界観

残念なところ

  • 動作がややもったり

感想

トロ!久しぶりじゃん!元気だった?
と言いたくなるくらい、懐かしい。
いつの間にか新作が出なくなってたな、『どこいつ』シリーズ。

きっと私のようなプレイヤーが多いんだろう。
ゲームスタート時には「『どこでもいっしょ』プレイしたことあるか?」を訊かれる

そうしたら、トロもこちらを覚えているという設定に
これが地味に嬉しいし、心掴んでくる。

相変わらず、あざといヤツめ。

ストーリー上でも、事あるごとに好き好きアピールをしてくる。
相変わらず、あざとくて、可愛いヤツめ。
癒し

ゲームの方は、よくある3マッチパズルなので、特に複雑なことはなく、とっつきやすいし進めやすい。

こうした基本プレイ無料パズルならではのあるあるは、もちろん間違いなくある。
パズルは、ある程度運ゲーの要素があるし、ターン数内でクリアできなった場合は、コインか動画視聴によって数回分ターン数を追加出来る

コインは、ステージクリアでも手に入るけど、課金により追加も出来る。
お助けアイテムやターン数追加などが課金要素になっているのも、他パズルゲームと似ている。
恐らく、課金を誘う難易度になってくるはず

ちなみに、クロという酒好きゲーマー黒猫もキャラとして現れるが、クロが「動画視聴しよう」と勧めてくるのには吹いた。

まさか、どこいつキャラに動画広告を勧められる日が来るとは。

一方で、『どこでもいっしょ』の醍醐味である、言葉を教えることは好きに出来るのは嬉しい。
プレイしていて、今のところ特に回数制限されることもない。

というわけで、新たな『どこでもいっしょ』というより、あの頃の『どこでもいっしょ』に久しぶりに会った感覚
ほのぼの、癒し、ゆるゆる。

ソラの飼い主だという「お姉さん」が一体何者なのか、なぜかソラの記憶が消えているとか、ストーリーも結構気になる。

ただ、肝心のパズルゲームのプレイ感覚がもったりしてるのが、残念
エフェクトも控えめで、フルーツ消して爽快!という感じは、あまりしない。
飽きが来ないといいんだけどな。

こんなプレイヤーにオススメ

どこでもいっしょ』をプレイしたことがある人にオススメ。
とにかく懐かしい!懐かしい!ああ、癒される!のオンパレード。
自分の好みに偏ったボギャブラリーで喋るトロのヘンテコセリフはクセになるはず。

どこでもいっしょ』は知らないけど、ゲームで癒されたいって人、猫キャラ好きにもオススメ。
無条件に両手いっぱいにプレイヤーのことを大好きだと言ってくれるトロに、思わず顔がほころんでしまうはず。

世界観や言葉を教えることが魅力なので、パズルが目的という人には合わないかもしれない。
パズルのゲーム性は、「よくあるある」といった感じ。

【公式ホームページ】
https://torotopuzzle.com/

【公式トレーラー】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる