『Hidden Folks』レビュー: 絵が動く!新世代「ウォーリーをさがせ」

タップしてジャンプ

『Hidden Folks』とは

steam

手描き風景イラストの中にいるHidden Folks(隠れた人たち)を様々な仕掛けを触りながら見つけ出そう。
テントをめくったり、茂みを切り込んだり、ドアをバタンと閉めたり、ワニをつついたり!ガオーーー!!!!

見つけるものはターゲットのリストに示されます。ターゲットをクリックするとヒントが見られ、一定数のターゲットを見つけ出すと次のエリアが開放されます。

steam

 Adriaan de Jonghさんがゲームデザイン。
そして特徴的なモノクロ手書きイラストはイラストレーターのSylvain Tegroegさんが担当。

動く版『ウォーリーをさがせ』のようなパズルゲーム

スマホ、PCで配信中。
日本語対応済み。
私は、iPhoneでプレイ。

スマホでは縦画面でプレイ可能。

ゲームの特徴

夢中になって探す

世代も国境も超えて愛される『ウォーリーをさがせ』。
絵の中から、特定の絵柄を探す

それだけなんだけど、何歳になっても、なぜか、これが面白くて仕方ない。

シンプルだけど愛着が湧くイラストが、じーっと目を近づけて見ても空白がないほど描き込まれている。

steam

ステージごとに舞台が変わって飽きないし、 意外なとこに意外なものが隠れているアイデアの豊富さ。

そして、簡単すぎると子供騙しで終わっちゃうし、かといって、難しすぎちゃうと、大人でも諦めちゃう。
バランスのとれた難易度も重要。

steam

『Hidden Folks』も、こうした全ての夢中になる成分を備えている

ゲームの進め方は単純明解

ゲームは、いたってシンプル。
イラストの中から、リストに表示されている指定されたモノやヒト(Hidden Folks)を見つけてタップ。

steam

指定された数を見つけると、次のステージに進めるようになる。

絶え間なく動く絵

本作の1番の魅力は、イラストが動いてること。
「Hidden Folks」達は、好き勝手に動いている。
自分が探されてるかもしれないっていう意識は全然ない。

更に、『Hidden Folks』の世界は、リアクションも多彩
タップすると、モノもヒトもリアクションを起こす。

steam

スノボで滑り始めたり、閉じている扉が開いたり、機械が動き出したり、 木の陰からサルがウキーッて飛び出してきたり。
タップするまで、何が起きるか分からない。

見つけるというより、探し出す

上述のリアクションを起こさないと、見つからないモノも多い。

特定のリアクションが起きた状態が捜索対象になっていたり、箱の中に隠れているものが捜索対象だったりする。

steam

というわけで、画面をタップしまくっていたら、うっかり見つかったなんてことは、ほぼない。
ちゃんと狙ってリアクションを起こさせないと、まず見つからない。

捜索対象には全く関係ないリアクションも膨大に起こる。
画面内の至る所で、Hidden Folksがわいわいきゃあきゃあ騒いでいる。

気になるところ

指の太さを痛感する

タップ操作は、快適。
だが、緻密に描かれているイラストなので、画面の拡大が必須。

しかし、拡大できる程度には限界がある。

モノもヒトもリアクションしまくるので、「見つけたぞー!タップ!」したら、その隣の、全然関係ない機械がウィーンと動き出す。
違う違う、そうじゃなくて!こっち!てタップし直したら、まあ、また全然別のヒトが歩き出してしまう。

steam

小さい画面だと狙った部分をタップするのが結構難しくなる。

おすすめしたい人

『ウォーリーをさがせ』が好き

イラストからヒトやモノを探すのが好きな人には、もう、絶対おすすめ。

難易度が良いぐらいで、ステージ数もそれなりにあってボリュームも十分。

しかも、アップデートによってステージ数は追加されていっている。

アート性の高いゲームが好き

本作のイラストの雰囲気が好みに合うなら、見ているだけでも楽しめる。

動く絵本というデジタルとアナログが融合した感覚に夢中になるはず。

複雑なゲームが苦手

ただ見つけるだけ。
難しいゲームシステムや複雑な操作は一切ない。

ちょっと一息つきたいという時にもオススメ。

おすすめできない人

細かいものを見るのがとにかく嫌

目が疲れている人、細かいもの見るのが苦手な人、ちょっとキツイかもしれない。

そういう場合は、大画面でのプレイがオススメ。

イライラしている時

見つからないと、イライラしてきちゃうタイプの人にはキツいゲーム性。

気長に眺めながら、お!見つけた、くらいの気分でプレイした方がいい。

Hidden Folks
https://hiddenfolks.com
© Adriaan de Jongh 2018

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる