『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』最新情報: ドラクエ12は過去作と何かが違う

スクウェア・エニックスが開発する国民的RPGと言ってもいいくらいの人気シリーズ『ドラゴンクエスト』

スピンオフ作など、たくさんのタイトルが発売されているけれど、遂にナンバリングタイトルの新作が登場。

読みたい項目を選択

どんなストーリー?

詳細はまだ不明。実際には、物語は既に出来上がっているそうだけど。

今のところ明かされていることは、ダークな雰囲気の大人向けの物語になる。そして、プレイヤーの選択によって物語が変化するという分岐要素があるということ。

ドラゴンクエスト ドラクエ 12 選ばれし運命の炎
副題の「選ばれし運命の炎」から
色々と妄想してしまう

『ドラクエ』といえば、主人公が必ず勇者で、頼もしくも個性的な仲間と出会って、悪い奴(だいたい世界を支配したいという分かりやすい悪魔)を倒しにいく。

旅の途中には、悲しかったり、なかには胸糞展開のエピソードもあるけれど。基本的には完全懲悪。

シリーズ通して一貫して主人公のセリフはなく、会話中に「はい」か「いいえ」を選ぶくらいしかない。しかも、「いいえ」を選んでも、NPCから「いやいや、そんなことは言わずに」と選択肢の無限ループが始まって、結局、選択の自由はなかったりする。

しかし、本作では分岐要素があるということなので、本気の「はい」「いいえ」が選べるのかもしれない。

過去作での分岐といえば、『ドラクエ1』のりゅうおうに世界の半分もらうか(ゲームオーバーになるので選択肢とは呼べないけれど)、『ドラクエ5』の花嫁選択。そのくらい。

ドラゴンクエスト ドラクエ 12 選ばれし運命の炎

公開されたトレーラーでは、「人は何のために生きるのか」というナレーションが入る。この「何のため」かを選択していくのかな。

ダークな雰囲気ということで、選択肢によっては、主人公がダークヒーローになる展開もあるんだろうか。

どんなゲームプレイができる?

ゲームジャンルは、もちろんRPG。

だけど、バトルシステムが大きく変わることが明かされている。「たたかう」とかポチポチと選択していくコマンドバトルではなくなる。でも、コマンド要素はあるらしい。

コマンド要素があるけど、完全なコマンドバトルではなくなるというと、『FF7 Remake』が思い浮かぶ。オリジナルの『FF7』のコマンド選択はうまく残しつつ、通常の「たたかう」などはアクションになったバトルシステムだった。

そもそも、シームレスバトルなのかシンボルエンカウントなのか、そのあたりも詳細不明なので、続報が楽しみ。

ちなみに本作は、Unreal Engine 5を採用して開発されている。現実を超えた美しさの映像美でぬるぬる動く最先端映像技術だ。Unreal Engineは、フォトリアルなグラフィックのゲームで採用されることが多いけれど、本作のグラフィックは過去作から変わるんだろうか。

でも、キャラクターデザインなどは、シリーズお馴染みの鳥山明さんが担当するので、どんなデザインになるかかなり楽しみなところ。

製品情報

気になる発売日

リリース時期未定

ちなみに前作の『ドラゴンクエスト11』は、2015年7月に発表されて、発売されたのは2017年7月。そのスパンで考えると、本作は2023年以降かな?

対応プラットフォーム

こちらも未定

過去のナンバリングタイトルから予想するとPSで発売される可能性が1番高い。同時期か、もしくは、遅れて他プラットフォームでも発売になりそう。

ゲーム映像

ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎
©️ARMOR PROJECT/BIRDSTUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved/

他のゲームも見る

こちらもオススメ

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

読みたい項目を選択
閉じる