『FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ』レビュー: 孤独に忙しい赤い服の人

『FAR: Lone Sails』はOkomotiveが開発したアドベンチャーゲーム。

PS、Nintendo Switch、Xbox、PC、iOS、Androidでプレイ可能。私は、iOS版をiPhoneでプレイ。

本作は多くの賞を受賞していて、続編『FAR: Changing Tides』も開発されている。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

Index

あらすじStory

Story
旅立つことに決めた

物語が始まると、誰かのお墓の前にいる赤い服の主人公。誰かを亡くしたばかりなのだろうか。

私には赤いレインコートを着た少女に見える。

本作にはテキスト情報やセリフは一切ないので、全て妄想するしかない。

主人公は、自宅と思われる家で何かを決意し、外へと出て行く。

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ
Story
旅立ちの時

家から出た主人公は、大きな潜水艦のような車のような乗り物に乗り込み、どこかへ進み始める。

砂ばかり。水はない。ちなみに、他の誰もいないし、周りには崩れた廃墟しかない。色彩もない白い土地が延々と続く。

この地には栄えた街がたくさんあったのだろう。でも、今は全て崩壊している。いわゆるポストアポカリプスだ。

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ
Story
静寂にギィギィ

主人公は、どこに何をしに旅に出たんだろうか。

黙々とギィギィ金属音が鳴る乗り物を操縦しながら、ひたすら画面右へと進んでいく。

画面右の果てには、一体何が?

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

ゲームの特徴Features

Feature
ワンオペ運転
FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

ゲームのメインは、大きな乗り物を動かして右へと進むこと。

操縦は忙しい。乗り物内を駆け回らなければならない

その辺に落ちている木箱や燃料缶を拾ってきて、乗り物後部の燃料投入部に乗せて、天井にあるスイッチをジャンプして頭突きで押す。

そうすると、燃えて出来た燃料が乗り物前方に溜まる(青色の液体)。

そうしたら、その燃料ゲージ近くのスイッチを押し込んでエンジンをかける。更に追い風なら、乗り物上にあるを開く。

エンジンをかけても安心してる場合ではなくて、エンジン部の熱が上がったら、スチームボタンを頭突きして、熱を放出。そこでグッと加速もできる。

文字で読んでも何が何やらだと思うけど、とにかく1箇所で楽に運転出来るわけではなく、乗り物内を一人で駆けずり回りながら進むということだ。

Feature
メンテナンスもワンオペ
FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

ゲームが進んでいくと、少しずつ船は改造されていく。

そして、乗り物の故障も増えていく。火が出たり、ショートして電撃がバチバチ散ったり。

そうしたら、消火ホースを引っ張ってきて消火、バーナーで修理。運転以外にもやるべきことが増えていく。

Feature
通せんぼ謎解き
FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

いくつかの地点では、乗り物が先に進めなくなる。ガレキの山や大きな扉が閉まっていたりなど障害物が邪魔をする。

そこからは、謎解きだ。乗り物を降りて、周りを探索してギミックを作動させて、開通作業を行う。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

4.0

ぜんっぜん分かんない。だけど良い。

誰も何も説明してくれない。そもそも、誰もいないし。でも、良い。

何かあったのは間違いない。人々は、突然いなくなったのか、徐々に減っていったのか。主人公は最後の人なのか。妄想が止まらない

タイトル通り孤独で物哀しい。「誰か、誰かいませんかー!?」と願いながら進む。

そして、「おおお、これが結末なのか」という終わり方。ゲームが終わっても妄想は止まらない。芸術作品のようなゲームだ。

序盤では、正直そんなに没頭しないかなと思ったんだけど、結局一気にクリアまで突っ走ったくらい魅力的な世界。


キャラクターの魅力

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

3.5

主人公だけを見続けることになる。主人公にはセリフはないし、愛想を振りまいてくれるわけではない。

主人公が走り回るトテテテテテッタタタタタタッという足音が静寂に響く。ただ黙々と忙しなく乗り物を運転する。

自分の身の丈ほどある燃料缶を持ち上げて、時には重たい乗り物を一生懸命引っ張る。

気づいたら「頑張れー頑張れー。1人でも負けるなー。」と応援してた。いつのまにか、赤い服のこの子に夢中だ。


操作性

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

3.5

主人公は常に全速力で走ってくれるし、キビキビとジャンプしてくれる。

私はスマホでプレイしたんだけど、画面左下に左右に移動するボタンが間隔狭く並んでいて、タップを間違えやすい。正直スマホでのプレイでは操作性が良いとはいえない

乗り物全体が見回せる引き視点、乗り物内部が見える中距離視点、主人公を大きく見れるズーム視点。この3種類の視点を切り替えながらプレイする。

先に何があるか見たいから引き視点にしたいんだけど、でも操縦しなきゃいけないから中距離視点にしなきゃいけないくて、と、なかなか面倒くさい。しかも、たまに視点切り替えすると乗り物内部が見えなくなる。

ちょこちょこと忙しく操作するのが本作の醍醐味ではあるけれど、快適にプレイするならスマホ以外のプラットフォームがオススメ。


難易度バランス

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

3.5

ストーリーだけでなくゲームプレイ上も何も情報なし。

そう、チュートリアルがない。途中で乗り物が改造されても「こんなことが出来ますよ!」っていう情報もなければ、改造されたことに気づかないことさえある始末。

手探り。本気で手探り。このボタン押すとどうなるんだろう。ふむふむ。自分で学ぶしかない。

謎解きもヒントは一切なし

不親切ではあるけれど、それを自力で解くのが面白い。ちゃんと気づいてクリアできるようになっている。

乗り物は前後のホース(ワイヤー?)を引っ張ると自力でゆっくり動かせる。とりあえず、これだけお伝えしておく(私はこれに気づかなくて、しばらく詰みかけた)。


ゲームシステム

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

4.0

孤独で静かな世界。一歩間違えば飽きて眠たくなってしまう。

しかし、乗り物の操縦がめちゃくちゃ忙しい。燃料が足りなくなってしまわないか常にハラハラ。乗り物の故障にも目を光らせる。

このギャップが素晴らしい。緩急つきまくってる

乗り物の操縦部分だけでも本作特有のゲームプレイだし、ゲーム全体に流れている空気感はなかなか醸し出せるものじゃない。

長編でもないし、印象的なキャラが登場するわけでもない。でも、記憶にしっかり残る良いゲーム


やりこみ要素

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

3.5

ただひたすら右へと進むので、寄り道とかやり込み要素はほぼない。

でも、ところどころで燃料以外のものが見つかる。それは乗り物内に飾っていく。終末世界だからこそ、遊び心は大切だ。

そして、1番のやり込み要素は妄想。背景から色々と物語を想像できる。するつもりなくても、絶対妄想してしまう。何か感じずにはいられない。


グラフィック

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

4.5

ほぼ灰色な世界。廃墟とガレキだらけ。そして舞う砂。

そこに主人公の赤い服が映える。

物語も含めて芸術作品だ。荒廃した世界だけど、何度も「綺麗だなあ」と呟いてた。


サウンド

FAR: Lone Sails ファー: ローン・セイルズ

4.5

風の音。はためく帆の音。ギィギィ軋む金属の音。燃料を燃やすゴォオオッという音。

何もない世界に響く。これが、余計に孤独感を増してくる。

でも、謎解きが解けた時や、グングン進む追い風の時などは、BGMが流れる。これも良い曲ばかり。

総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • 忙しく夢中にる乗り物の運転
  • 想像をかきたてる雰囲気
  • 芸術性の高いグラフィックと音楽
残念なところ
  • スマホでのタップ操作は誤操作しやすい
  • 視点操作がやや面倒くさい

オススメな人

  • 妄想や考察が好き
  • 個性的なゲームを探している
  • 謎解きが好き

オススメではない人

  • チュートリアルやヒントが親切じゃないと嫌
  • 物語をハッキリ説明してほしい

本作が好きならオススメRecommendation

Copyright© 2020 Okomotive AG and Mixtvision Mediengesellschaft GmbH. All rights reserved.
https://www.far-game.com/

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる