『Owlboy』レビュー: フクロウ少年の胸熱な冒険

タップしてジャンプ

『Owlboy』とは

owlboy
playstation.com

声を失ったフクロウの主⼈公オータスを操り、スカイパイレーツに襲われた町を取り戻すため、仲間とともにモンスターの待つ古代遺跡の秘密を解き明かす冒険の旅に出よう。
「Owlboy」は開発に8年以上の歳月をかけたハイビットな2Dアクションアドベンチャーです。
君はオータスとなり美しいピクセルアートや多彩なアクション、謎に満ちた胸躍る大冒険へ飛び立とう!!

nintendo.com

ノルウェーのD-Pad Studioが開発した緻密なピクセルアート(ドット絵)で描かれるアクションRPG

PC、PS4、Nintendo Switchでプレイ可能。

ゲームの特徴と評価

美しくて楽しい世界

最大の魅力は、アートワーク。
グラフィックもサウンドも素晴らしい。

owlboy
steampowered.com

細部まで描かれている緻密で美しいピクセルアート
開発に8年以上という長期間かかったのも納得の美しさ。

ピクセルアートなインディーゲームは多いが、本作は、その最高クラスの作品の1つだと思う。

あたたかくて夢いっぱいの、空の上が舞台。

冒険したくなる大自然と、多種多様な種族が登場する。
NPCも敵も可愛くて挙動もチャーミング。

owlboy
steampowered.com

スーパーファミコン時代の『聖剣伝説』シリーズに近い雰囲気を感じる

主人公はオータスというフクロウの少年。

フクロウが主人公とは、珍しい。
しかし、フクロウの持つもふもふ感と、可愛らしさと、知的さが、 本作の世界観を象徴している。

owlboy
steampowered.com

そして、もう一つの魅力、音楽。

壮大で冒険心をかきたてるような心を掴むメロディばかり。
牧歌的な雰囲気から、壮大な闘いの雰囲気まで、センス抜群の楽曲ばかり

タイトル画面の曲で既に泣きそうになった

owlboy
steampowered.com

王道だが心熱くなるストーリー

一番魅力的な要素は、 断然ストーリー。

あらすじは、師匠にも村人にも出来損ないと言われているフクロウ少年オータスが、村に起きた騒動を解決するために旅立つ。

旅の途中で、仲間に出会い、いつしか世界を救う大きな目標に向かっていく。

owlboy
steampowered.com

王道と言えるストーリーだ。

しかし、プレイ中に「はいはいはい、先読めた」とはならない。

ハラハラ、ドキドキ、ワクワク、先が気になって仕方がない。
少年漫画のようで、かといって子供っぽくはない。

owlboy
steampowered.com

仲間もみんな悩みやコンプレックスを抱えている。
結構リアルな悩みで、寓話のような心に滲みるエピソードが多い。

徐々に明かされるフクロウ族の秘密もかなり気になった。

owlboy
steampowered.com

アクションや謎解きは、そんなに難易度が高くないので、気になるストーリーを、どんどん進めることが出来る。

ゲームが進行するテンポがいい

日本語訳も素晴らしくて、心に残る考えさせられるセリフが多かった。
特に厳しい師匠との関係性が印象的だった。

owlboy
playstation.com

自分は戦わない独特なバトル

主人公オータスはフクロウということで、縦横無尽に飛び回ることが出来る。

しかし、オータス自身は基本的に敵に直接ダメージは与えられない。

じゃあ、誰が攻撃するかというと仲間だ。

オータスは、3人の仲間のうち誰か1人を脚で掴んで飛び回りながら、仲間に攻撃してもらう。

owlboy
steampowered.com

しかし、仲間の使う武器の照準と発射は、プレイヤー自身が操作する。

仲間の武器には、それぞれ長所と短所があり、敵に合わせて使い分けたり、謎解きでも使い分けが必要だ。

owlboy
steampowered.com

オータス自身の操作と、仲間武器の操作
両スティックで同時に別々のものを動かすので、手元はそれなりに忙しい

アクションゲームにおいて、主人公が直接攻撃しないというのは珍しい。

つまり、仲間がいないと突破出来ない。
これが、テーマの1つである「仲間との絆」をより強く感じさせてくれる。

owlboy
steampowered.com

残念ポイント

ボリュームが少なめ

難易度が高くないため、テンポ良くストーリーを楽しめる。

が、サクッと終わってしまう感じが残念。

owlboy
steampowered.com

始めから終わりまで、統一感があり納得いかないような展開はない。

しかし、パパパッとエピソードが流れていってしまうところがいくつかあった。

owlboy
steampowered.com

特に終盤、出てくる情報量の割には、駆け足エンドだった。

丁寧に成長や絆を描いてる物語なだけに、もう少し物語の結末をゆっくり味わいたかった。
まだまだ気になる謎もあった。

あまり自由度がない

「大空へ羽ばたこう」というテーマの割には、意外と自由度がない。

物語開始後に、「わあ!どこまでも羽ばたけるーー!」という感覚になった。

しかし、「飛ぶのは、このくらいでお終い?」と、行動制限を感じる場面が多かった。

owlboy
steampowered.com

やり込み要素も、そこまで難しくなく、探索も早々に終わってしまう感。

魅力的な世界だからこそ、もっとじっくり遊んでいたかった。
続編があれば、ぜひプレイしたい。

おすすめ / おすすめではない人

おすすめしたい人
  • ドット絵が好き
  • ファンタジックな世界が好き
  • ストーリーが楽しめるゲームを探している
  • 癒されたい
おすすめではない人
  • 長編ゲームを探している

Owl Boy
http://www.owlboygame.com
Owlboy™

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる