『Eastward イーストワード』レビュー: 髭モジャのドット絵に感服

『Eastward』はPixpilが開発したアクションアドベンチャーでありアクションRPG

レトロさも感じるピクセルアートで描かれるグラフィックが特徴。

本作は、Nintendo Switch、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Y!ショッピングで見る
Index

あらすじStory

Story
親子ではない2人

主人公は、髪ボサボサでヒゲ面なジョン。そして、白いフワフワな髪の毛の少女 珊(サン)

2人はポットクロック島で共に暮らしている。2人は仲良しだけど、実の親子ではない

訳ありだ。

Eastward イーストワード
Story
上に行っちゃう

ある日、珊は禁断の地へ足を踏み入れてしまう。禁断の地とは地上のことだ。

実は、ポットクロック島は地下にある。

で、珊を追いかけてジョンも禁断の地に行ってしまい、2人は町長の逆鱗に触れてしまう。

そして、禁断の地に追放されてしまうことに。

地上に行くのは禁止なんだけど、その掟を破ったら地上に追放されるという不思議なルールだ。

Eastward イーストワード
Story
地上はいいとこ

2人は電車に乗せられて地上へ。そこには大空と緑あふれる大地。

なぜ、禁断の地と言われていたんだろう。

しかも、人も暮らしている。ジョンと珊は村に身を寄せて穏やかに暮らしていけそうだ。なんだ、全然罰じゃないじゃん。

Eastward イーストワード
Story
地上の怖さ

ところが、ある晩、2人は「タタリ」を目撃することになる。黒いガスのようなもので全てを崩壊させていく。

これが禁断の地と言われる所以なのか。

更に、珊の様子もおかしい。超能力が使えるようになったり、珊そっくりの幻影が現れたり。

地上を脅かすタタリとは何なのか。珊は一体何者なのか。2人は、東へと旅しながら世界の謎に迫っていく。

Eastward イーストワード

ゲームの特徴Features

Feature
ジョンと珊
Eastward イーストワード

物語の進行とともに、街やダンジョンを攻略していく。2人を切り替えて進んでいくことになる。

ジョンはフライパンで近接攻撃したり、爆弾や銃など主に物理ダメージ専門だ。

珊は、超能力を使って遠距離から敵の動きを止めたり、特殊技専門だ。

操作していない方は後ろをついて来るけれど、定位置で待っておいてもらうことも可能。

2人のスキルを駆使してバトルと謎解きをして進んでいく。

Feature
お料理
Eastward イーストワード

敵をボコボコに殴っているジョンのフライパンだけど、本来の使い方も出来る。

各地にある調理台で、ショップや敵を倒した際などに手に入る食材を組み合わせて料理が出来る。

で、料理を始めると、何故かスロットが始まる。運任せ料理だ。絵柄が揃えば、出来上がった料理の効果も上がる。

料理はバックパックに常備して、いつでも食べることが可能。

Feature
ゲームの中のゲーム
Eastward イーストワード

本作の中では、ゲームをプレイすることが出来る。「大地の子」という昔のドラクエっぽいRPGだ。珊も夢中。

町などにあるゲーム機でプレイ可能。そして、ガチャガチャもある。

宝箱などから手に入るトークンを使ってガチャガチャを回すとフィギュアが手に入る。そうすると、そのキャラが「大地の子」内で使用可能になる。amiiboみたいだ。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

Eastward イーストワード

4.5

物語がグイグイ進む。物語主導型と言ってもいいくらい。いや、実際そうなんだけど。

次から次へと魅力的なキャラが登場して、1つ事件が勃発したと思ったら、また更に勃発。

先が気になってどんどんプレイしたくなるし、それに応えてくれる魅力たっぷりの展開。

セリフが良くて、日本語翻訳もいい感じ。でも、セリフは長すぎず過不足ない。変に寄り道が多くもなく、テンポ良く進む。

そして、本作の肝心なところ。ジョンと珊の絆に心がキューンとなる。

無口だけど、ただひたすら珊が大事で守りたい不器用なジョン。ジョンのことが大好きで天真爛漫な珊。

2人の絆を感じる場面では、微笑ましく切なく、泣けてくるほどのあたたかさ。


キャラクターの魅力

Eastward イーストワード

5.0

ジョンと珊はもちろんなんだけど、NPCは個性爆発してる。見た目も。

人間サイズから外れた規格外のポッチャリとか、ピクセルアートでも潰れないぶっ飛びファッションセンスの奴とか。

性格も個性たっぷりで、すごく人間くさく、どいつもこいつも記憶に残る。悪役のゲスっぷりも気持ちいい。

『Mother 2』とか『クロノ・トリガー』みたいな、壮大な冒険なんだけど日常っぽさも感じる楽しいノリ。


操作性

Eastward イーストワード

4.0

ピクセルアートのグラフィックなので、そこまで繊細で高精度なアクションというわけではない。

フライパン振り回したらバンバン敵に当たるし、大雑把に敵にぶつかってダメージを受ける。

でも、そこまでシビアなバトルではないので、特にプレイに支障が出るほどではない。

操作は分かりやすくて、難しい操作はない。ジョンと珊の切り替えもササッとできるし、サクサク進められる

ただ、たまにエラーでゲームが落ちることがあるのが困るところ。

本作では画面切り替わりごとにオートセーブされる。エラー落ちしても、直前から復帰できるので安心ではある。


難易度バランス

Eastward イーストワード

3.5

ボス戦も謎解きもあるけれど、料理をちゃんと準備して行ったり、数回試行錯誤すれば解ける。そこまで難易度は高くない

良いテンポで攻略していくことができる。

ただ、2人をタイミングよく切り替えながら進まなければいけない場面では、結構素早く操作しなければならない。

たとえ失敗しても、画面切り替わり時点からリスタートになるのでリトライしやすい。


ゲームシステム

Eastward イーストワード

4.0

バトルはアクションで、物語がどんどん進んで、謎解きもあって。

それぞれの要素が、しっかり面白い。

目新しい何かがあるわけではないし、成長要素が豊富というわけでもない。

でも、物語を楽しみ世界を堪能することに没頭できる丁寧に作り込まれたゲーム


やりこみ要素

Eastward イーストワード

4.5

そんなに多いわけではないけれど、サブクエストや寄り道でもしっかり物語がある。作り込みはハンパない。

街の店のインテリアやそこら辺に落ちているソックスまで、住人の生活ぶりが分かるほど描き込まれている

NPCのセリフも多く、タイミングによって細かくセリフも変わる。いちいち街の人全員に話しかけたくなるプレイヤーにとっては、かなり嬉しい。

もちろん、好きな食材を組み合わせて色んな料理レシピを発見したり、ゲーム内ゲームの「大地の子」やガチャガチャをしたり。

やり込み要素として用意されているものも、ちゃんと面白い。


グラフィック

Eastward イーストワード

5.0

ピクセルアート好きなら絶対たまらない。

もう、どこからどう見ても、どこを眺めても、ため息が出るほど完成度が高いピクセルアート

日本っぽい所もあるし、田園風景、不気味な工場など、最高な雰囲気。

本作は、タタリで廃墟になってしまっている場所もあるんだけど、人が生活していた雰囲気を感じさせつつ廃れている。もう、最高。

ピクセルアート好きとしては、ヨダレもん。


サウンド

Eastward イーストワード

5.0

レトロっぽさも感じる冒険な雰囲気を感じる良いBGMばかり。

レトロといってもピコピコ音ではなくて、『クロノ・トリガー』くらいの時代な感じ。


総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • 展開が面白く惹き込まれる物語
  • 魅力的なキャラと雰囲気
  • 完成度が高いピクセルアート
残念なところ
  • たまにエラー発生
  • ボス戦の歯応えが少なめ

オススメな人

  • ピクセルアートが好き
  • 物語や世界を堪能したい
  • サクサク攻略したい
  • スーパーファミコンあたりのRPGが好き

オススメではない人

  • 自由度が高いゲームをプレイしたい
  • バトルには歯応えが欲しい
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Y!ショッピングで見る

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
Owlboy

美しいピクセルアートと壮大な冒険が楽しめるアクションRPG。ものすごく雰囲気が良いおすすめタイトル。

オススメ
Iconoclasts

ピクセルアートで描かれるアクション要素強めのアクションアドベンチャーゲーム。勧善懲悪だけではない壮大な物語が楽しめる。

https://eastwardgame.com/
Pixpil Games © 2021. Published by Chucklefish Games.

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる