『Crossing Souls』レビュー: 美しいピクセルアートで描かれる少年の熱い冒険

タップしてジャンプ

『Crossing Souls』とは

crossing souls

舞台は1986年のカリフォルニア。
仲の良い友人たちが、二つの世界の行き来を可能にする不可思議な石を発見した。
そしてこの石をきっかけとし、彼らは国全体を巻き込んだ生涯最大の冒険に旅立つこととなる。
個性豊かなスキルを持った5人の少年少女を操作し、様々な謎やパズルを解きながら家族と世界を救い出そう!

store.playstation.com

スペインのFouratticにより開発されたインディーゲーム。

日本では、PS4、Nintendo Switch、PC向けに配信されており、しっかり日本語化されている。
私はPS4版でプレイした。

ストーリー

夏休みが始まったばかりのある日の夜中、嵐と共に、奇妙なピンク色の雷が鳴る。

crossing souls

翌朝、町のあちこちでは怪奇現象が発生。

crossing souls

そんななか、少年クリスは、夜中に家を抜け出していたトラブルメーカーである弟ケビンから「見せたいものがある」と連絡を受ける。

crossing souls

「いつものことか」と半ば呆れながらも、クリスは仲の良い友達である、秀才の科学少年マット、芯が強くスポーツ万能な少女チャーリー、体は大きく心は優しい少年ビッグジョーと共に、みんなの秘密基地であるツリーハウスへ向かう。

crossing souls

ケビンと合流し、そこでみんなが目にしたものは男性の死体と怪しくピンク色の光を放つ石

crossing souls

彼らは、この石のパワーにより、なんと霊体を見ることが出来るようになる。

crossing souls

しかし、面白がっている暇はなく、5人は石を追い求めるオーラス少佐に追われ、そして、この石が秘めている謎に運命を翻弄されながら、世界を救う使命に背負っていくこととなる。

crossing souls

舞台は1980年代のアメリカ
映画『スタンドバイミー』のようなオープニングから始まり、1980年代を彷彿とさせるエピソードがふんだんに盛り込まれている。

crossing souls

「少年少女のひと夏の冒険」といった雰囲気だが、物語は意外と厳しく過酷な展開になっていき、決して子供騙しなストーリーではない。

全編美しいピクセルアートのグラフィックで、要所要所のカットシーンでは1980年代調のアニメーションが挿入される。

crossing souls

郷愁を誘う少年少女時代の雰囲気が漂っている
少年ならではの純粋さと勇敢さ
胸熱くなる展開が続く

ゲーム内容

個性的な5人

不思議な石によって霊体が見えるようになった5人は、敵意を持った霊体と戦っていくことになる。

アクションアドベンチャーで、レベルという概念はなく、スキルツリーなどもない。

crossing souls

しかし、5人はそれぞれ異なる攻撃方法、回避方法、探索に役立つアビリティを持っている。

例えば、攻撃ボタンを押すと、主人公のクリスは野球バッドで近接攻撃となるが、マットは電気銃での遠距離攻撃となる。

crossing souls

また、クリスは縦横にジャンプ出来るが、チャーリーは横方向長めに高速移動が出来る。

crossing souls

探索中には、クリスはツタなどをよじ登ることが出来るが、ビッグジョーは重たいブロックを動かすことが出来る。

crossing souls

といった感じで、それぞれにやれることが全くちがうので、バトルでは敵の種類に応じてキャラクターに切り替えていく。

探索中には、ギミックがある。
キャラクター切り替えを繰り返して順序よく謎解きしていくことで、先に進めるようになる。

crossing souls

5人の能力は互いに被っていないので
誰を使うべきか考えるところから
謎解きになっていて面白い

体力は別、持ち物は共有

操作出来るキャラは1度に1人だけ。
キャラ切り替えボタンを押すと順番に操作キャラが変わっていく。

体力は画面左上にハートで表示されているが、体力はキャラごと固有となっている。

crossing souls

バトルでダメージを受けると、ダメージを受けたキャラのみの体力が減る。

同じく、回復アイテムや敵がドロップしたハートを取っても、操作中のキャラしか回復しない。

5人のうち1人でも体力がゼロになってしまうとゲームオーバー
体力の少なくなったメンバーを控えに回したり、全員の体力に気を配る必要がある。

crossing souls

しかし、アイテムは全員で共有

回復アイテムである「ハートキャンディー」敵をスタンさせる「フラッシュ」障害物を壊すことが出来る「爆弾」の3種類が登場する。

それぞれ最大10個まで持っていることができる。

フィールドにある宝箱から手に入れることが出来るが、限りがある。
特に回復アイテムは、いつ誰に使うか考えて使う必要がある。

crossing souls

敵がドロップしたハートは
体力の減っているキャラで取る
といったやり繰りも必要

突然始まるミニゲーム風バトル

通常は、フィールドを進みながらアクションバトルで先に進んでいく。

しかし、要所要所での強制イベントや強制バトルでは、ミニゲーム風なバトルシステムに突然変わる。

crossing souls

突如として、弾幕ゲームが始まったり、ランゲームやボタン連打が始まったり、「え⁈」と思っている暇はない。

crossing souls

様々な種類のミニゲーム風イベントがあるので、新鮮に思いつつも柔軟に対応していく必要がある。

ミスやゲームオーバーになっても
特にペナルティはなく
直前からリスタートになるのみ
自分のペースでシステムを把握すれば大丈夫

やり込み要素

ビデオとカセットとゲーム

フィールドには宝箱があり、ビデオテープ、カセットテープ、ゲームカセット等が手に入る。

crossing souls

どれも1980年代アメリカで流行したものによく似たタイトルが付いている。
元ネタを知っている人なら、フフフと笑ってしまうだろう。

crossing souls

手に入れたものはコレクションとなり、インベントリから見ることが出来る。

実績

NPCやフィールドにあるオブジェクトに特定の行動をすることで、実績解除になるものもある。

crossing souls

また、NPCに話しかけたり、特定のイベントを終えると、そのキャラのプロフィールをインベントリで確認出来るようになる。
これも実績となる。

crossing souls

評価

  • 感情移入してしまうストーリー
  • 美しいピクセルアート
  • キャラごとに違うアクション
  • 分かりにくい遠近感
  • ミニゲームの難易度の差

このゲームに興味を持ったきっかけは魅力的なピクセルアートのグラフィック。

全編通して色鮮やかで丁寧なモダンテイストのドット絵で描かれていて、ピクセルアート好きにはたまらない。

crossing souls

とっつきやすい見た目で少年少女が主人公、ということで、明るく楽しいストーリーが展開するかと思いきや、かなり胸熱くなる壮大な物語となっていて、正直驚いた。

crossing souls

衝撃の展開もあり、悲しいシーン、主人公とともに気持ちが奮い立つ場面もあり、いつの間にかどっぷり感情移入してしまっていた。

そして、少年ならではの疑いなく友達と信頼し合ってまっすぐ進む勇気には、「ああ、こんな時ってあったよなあ」と懐かしさを覚えつつ、心洗われる感覚になった。

それくらいストーリー展開が素晴らしい。

crossing souls

一方、ゲームプレイとしては、一本道ではあるけれど、どんどん展開していくストーリーと共に光景もギミックもどんどん変わっいく。

ゲームボリュームはそれなりにあるものの、謎解きも多くアクションバトルも気持ち良くて、中だるみするようなことはなかった。

crossing souls

特に5人全員が違う能力なので、バトルの自由度もあるし、謎解きも5人フル活用していくよう、5人の個性がちゃんと活かされていて面白かった。

crossing souls

難易度は高くなく、サクサク進められて、先が気になるストーリーがテンポよく楽しめる

crossing souls

ただ、所々で突然始まるミニゲーム風イベントには、異様にシビアなものがあった。

苦手なジャンルのミニゲームが始まってしまうと、何回もミスを繰り返すことも。

しかし、クリアしないとストーリーが進まない。

crossing souls

また、フィールド探索中には、足場をジャンプして渡っていくことも。

フラットなピクセルアートなせいか、遠近感が分かりにくい場所がある。

意外とジャンプで届いたり、意外と届かなかったり、「あれ?」と思う場所も多かった。

crossing souls

しかし、総合的には、惹き込まれる物語に集中することが出来るアクションの難易度であり、ストーリーや雰囲気を楽しむことがメインとなるタイトル。

crossing souls

こんな人にオススメ

  • ピクセルアートや1980年代カルチャーが好きな人
  • 少年少女時代を思い出したい人
  • 泣けるストーリーをプレイしたい人
  • 2Dアクションが好きな人

Crossing Souls
http://www.crossingsoulsthegame.com
Copyright 2017 Fourattic.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる