『SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2 』レビュー: 鉱石掘り掘りスチームパンク西部劇

『SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2 』とは、Image & Form Gamesが開発したメトロイドヴァニアゲーム。

『SteamWorld』シリーズは、メトロイドヴァニアだけではなく、シミュレーションゲームやデッキ構築型ゲームなど様々なジャンルに展開している人気シリーズ。

こちらはシミュレーションRPG

ゲーム性は作品ごとに変わるけれど、シリーズ通して同じ世界設定となっている。ロボットが主人公でスチームパンクだけど、西部劇的な雰囲気だ。

本作は、Nintendo Switch、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

Story
ラスティは?

本作の主人公はドロシー。スチームボットと呼ばれるロボットの女の子。

前作をプレイしたことがある人だと、「ラスティどこ行った?」と思うだろう。

本作は、タイトルの通り、『スチームワールド』第2作目。

前作の主人公はラスティという渋いロボットだった。が、本作では行方不明になっている。

第1作目

そんな行方知れずのラスティを探すため、ドロシーが地底へと冒険に出ることになる。

そして、その地底で、この星を揺るがす大事件に遭遇することになる。

SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2
Story
ラスティとの関係

ラスティは前作の主人公ではあるけれど、前作のストーリーを知らなくても全く問題ない。

実際、ドロシーは前作とかなりキャラやデザインも変わっていて、別のゲームとして楽しめる。

ちなみにラスティとドロシーは親娘というわけではなく、親戚だ。叔父さんと姪っぽい感じ。

SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2

ゲームの特徴と評価Features and Rating

良いところ

Point
掘るのが楽しい
SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2

本作は、新しいスキルを得ながら、マップ探索をしていくメトロイドヴァニア。

他のメトロイドヴァニアゲームと一味違う1番の魅力は、掘って道をつくること。下に、時には横に掘って進んでいく。

で、この掘るアクションが楽しすぎる。

単純に目の前の土や岩を壊すのが楽しい。コントローラーに掘削する振動がリアルに伝わってきて、スタート直後からやみつきに。

この掘削アクションで敵も攻撃する。フックやジェット噴射ジャンプなども登場するけれど、どのアクションも気持ち良い

Point
バランスが絶妙
SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2

新しいスキルを得ると、掘削出来る鉱石の種類が増え、掘削パワーも強力になっていく。

もう、掘る手が止まらない。探索を忘れて、根こそぎ岩を壊し回りたくなる。

宝石が埋まっている岩を壊すと、宝石が手に入り、街で換金できる。

宝石は持てる量に制限があるので、ちょこちょこ街に戻らなくてはいけないんだけど。

で、このお金を元手に武器などの強化が出来る。

しかし、そのうち掘れない鉱石にぶつかる。掘ってる最中に見つけたダンジョンへ。

ダンジョンでは探索に役立つ新たなスキルが手に入る。これでまた掘り進められる!

この「進んで止まって、また進む」のテンポがすごく絶妙

行ける場所が見つからなくなってしまうことはなく、テンポよくゲームを進められる。

Point
スチームパンクを楽しめる
SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2

主人公のドロシーは含め、拠点となる街にいるNPCたちも全員ロボット。街も機械で出来ている。

マシンの動くガッチャンガッチャン音と、スチームが放出されるプシューッという音。明るいスチームパンクな雰囲気満点だ。

NPCはみんな個性的でポップでコミカルで生き生きしている。魅力的なキャラが多い

一方で、掘削していく地下世界は、水や炎、不思議な生物など自然たっぷり。地下世界だからといって、暗くて地味というわけではなく、色彩豊かで探索が楽しい。

ちなみに、ドロシーはロボットのはずだけど、水に入ってショートしないし、炎に触れて大爆発もしない。ロボットの常識が覆る。

残念なところ

Point
掘ったきりの地面
SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2

探索のために掘っていった岩や土は消失してしまい、そのまま何もない空間になってしまう。

破壊魔のごとく掘削し回ってしまうと、穴だらけの寂しいマップになってしまう。

もちろん移動はしやすくなるわけだけど、物語終盤になってくると寂しい。もはやジャンプゲームと化す。

もう一度、あの頃のように掘削して回りたい。

Point
親切すぎるスキル
SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2

掘りまくればお金が得られるので、結構簡単にスキルが手に入ってしまう。ボスを倒したりしなくても、掘れば強くなれてしまう。

で、このスキルが結構便利なもの揃いなので、探索やバトルが楽になりすぎてしまう。

掘りまくって換金しまくっていると、難易度がぬるくなりやすいので注意。

Point
もっと掘りたい
SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ2

ボリュームが少ないとは思わない。だけど、大ボリュームというわけでもない

単純に掘り続けたい気持ちが止まらないので、もっともっとプレイしたくなった。

しかし、本作後の『スチームワールド』シリーズ作品はメトロイドヴァニア以外のジャンルになってしまっている。

他タイトルも高評価で良いゲームではあるけれど、メトロイドヴァニアで掘る掘るアクションの続編を出して欲しい!

ちなみに、本作の直接的な続編が発表されているけれど、3Dアクションになるとのことで、残念ながら堀り掘りアクションが封印されるようだ。まあ、それでも続編も楽しみなんだけど。

総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

オススメな人

メトロイドヴァニアが好き

難しすぎないアクションゲームを探している

「掘る」という作業が好き

スチームパンクが好き

オススメではない人

ちまちま掘る作業が嫌い、面倒臭い

大ボリュームのゲームを探している

高難易度じゃないと物足りない

地下が好きではない

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
The Gunk

本作の開発元の新作。3Dアクションアドベンチャーで未知の惑星を探索していく物語。

オススメ
SteamWorld Dig

前作。本作の目標になっているラスティがどんなロボットなのかが分かる。基本システムはほぼ同じで掘り掘りアクションが楽しめる。

SteamWorld Dig 2 スチームワールドディグ 2
http://imageform.se/game/steamworld-dig-2/
© 2017 Image & Form International AB. “SteamWorld” is a registered trademark of Image & Form International AB.

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる