『The Gunk』レビュー: ベトベト vs. ハンディ掃除機

『The Gunk』とは、Image & Form Gamesが開発したアドベンチャーゲーム。

Image & Form Gamesは、『SteamWorld スチームワールド』シリーズの開発元。

でも、本作は新規IPであり、『スチームワールド』シリーズとは異なり3Dゲームとなっている。

本作は、Xbox、PCでプレイ可能。

現在、日本語版はない。が、セリフの意味が完璧に分かっていないと詰まるゲーム性ではないので、英語がある程度理解できれば攻略自体は大丈夫。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

掘り出し物の予感

宇宙を旅するRani ラニとBecks ベックス

2人は、売れる物や資源を求めて旅している。トレジャーハンターというより、ジャンク品とか鉱石掘りとかそういった感じだ。

で、事業はあまり上手くいっていないようで、資金はカツカツで、借金まである。

ところが、ある日、利用可能なエネルギーが存在する惑星を発見。

これは、一攫千金のチャンス!

the gunk

ベトベト

意気揚々と惑星に着陸した2人。

ところが、惑星には黒い塊が大量に!

ベトベトしてて、イクラみたいなプチプチも見えるし、とても良いものとは思えない。

そんな時はお任せ!ラニは自慢のパワーグローブでベトベトを吸い取る。

すると、そこに突然植物がブワァアアと群生して景色は一変。

どうやらベトベトのせいで植物が育たなくなっていたようだ。

ベトベトがなくなった途端に植物が生えるどころか、一瞬で育ってしまうのは、おかしな話ではあるけれど。まあ、そういう、不思議系惑星なんだろう。

the gunk

惑星の謎

ラニは、惑星を探索し、Gunkと呼ぶことにしたベトベトを吸い取っていく(英語でgunkはベトベトした汚れのこと)。お掃除、お掃除。

探索していると、不思議な動物、そして、明らかに文明があったと思われる遺跡を発見。

ラニは、惑星のエネルギーを吸い取っているGunkを退治し、惑星の謎を解き明かそうと、惑星奥深くへと進んで行く。

the gunk

ゲームの特徴Features

💡ゲームの特徴

パワーグローブ

the gunk

ゲームは、ラニのパワーグローブで行手を邪魔するベトベトのGunkを吸い取り、その土地を浄化して道を切り開いて進む。

一定範囲に広がるGunk地帯は、色がなく炭のような状態になっているけれど、その地帯のGunkを全て吸い取りきると、一気に植物が生えてくる。

足場となる巨大キノコやツタも生えて、先に進むことができるようになるわけだ。

生態調査

the gunk

惑星には、素材だけではなく、遺跡に残る機械やただ鑑賞するだけの不思議な植物もある。

それらの多くはスキャン可能。

スキャンすると詳しい情報が見れて、パワーグローブに経験値のようなものが溜まっていく。

一定のパワーグローブ経験値が溜まると、新たなスキルが登場する。

パワーグローブに更なるパワー

the gunk

Gunk以外にも吸い取れるものがある。

植物や結晶などを吸い取ると、金属や繊維などの素材として採集可能。

これを使って、上述したスキルをアンロックしていくことができる。

惑星をスキャンして新たなスキルが明らかに。素材を集めてスキル解放。この流れで、主人公を強化していくことができる。

吸って吹き飛ばす

the gunk

Gunk成分で出来た敵意のあるモンスターも登場する。

パワーグローブから発射するプラズマ弾などで痺れさせることは出来るけれど、直接攻撃するわけではない。

基本は、爆発する実や小型のモンスターをパワーグローブで吸い取り、それを敵に投げつけて倒すといった感じ。

探索中には謎解きもあるけれど、この何かを吸い取って投げる動作を活用することになる。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

the gunk

4.5

知らない土地を冒険するワクワクが止まらない!

不思議な植物に見惚れて、慣れて来たら遺跡出現。

それにも慣れて来たら、新たなキャラ登場。

と、惑星の新たな謎がテンポ良く登場してきて、グイグイ物語に惹き込まれる

未知の惑星に隠された文明。壮大な物語になりそうだし、下手すれば「よくある話」にもなってしまう。

でも、あくまでも主人公が目にする景色の中で物語がズンズン進む。話がまとまっていて、ひたすらテンポが良い。


キャラクターの魅力

the gunk

4.0

キャラは少ない。基本はラニとベックス。でも、全然寂しくない。

無線越しだけど2人の会話は多く、その会話を通して、2人の境遇や過去などが分かってくる。

でも、「よく2人でコンビ組んでるなあ」と思うほど2人は性格が全く違う。

案の定、意見が対立することも多い。

2人が活き活きと描かれていて、口喧嘩っぽくなるとプレイヤーの私の方がいたたまれなくなり「2人だけなんだから仲良くしなよー」と仲裁に入りたくなるほど。


操作性

the gunk

4.0

ジャンプもベトベト吸い取り作業も軽快

ベトベトを吸い取ってるとコントローラーが振動し、スポスポとベトベトが気持ち良く消えていく。

素材などはエイムすれば一気に吸い込めるし、敵との戦いでも爆弾などの着弾点が明示されるので分かりやすい。

ただ、洞窟など狭いエリアを進むことが多く、そこであたりを見渡して素材を探すことになるので、人によっては酔いやすくなるかも。


難易度バランス

the gunk

3.5

徐々にマップが複雑になり、徐々に面倒な敵が出てくる。

でも、デスペナルティもなく、チェックポイントも小刻みで、失敗してもやり直しやすい。

アクションの難しさはそこまで厳しくなくて、ズンズンと攻略していける。

ゲームプレイのテンポも良い


ゲームシステム

the gunk

4.0

マップ構造や地形がものすごく上手く組まれていて、知らない土地を探検している感じが抜群

先が見そうで見えない。狭い通路を進むとドーンと絶景が広がる。そんな感じでひたすら先が気になるように作られている。

ワクワクする探索が楽しすぎ。

もちろん本作のメインであるベトベト吸い込みは楽しい。

謎解きやバトルはそんなに複雑ではないものの、ちゃんと面白い。


やりこみ要素

the gunk

3.5

本作は、物語主導型で、自由度はそんなにない。

パワーグローブのスキルをどれからアップグレードしようかな?くらい。

でも、ちょこちょこと寄り道はあるし、スキャンできるものも多い。

スキャンすることが経験値なので、ゲームでおまけ要素になりがちなアイテム情報収集でもやる気は続きやすい。


グラフィック

the gunk

5.0

惑星の風景が素晴らしい。

ピンクや緑に黄色など独特な色づかいで、しかもヘンテコな植物ばかり。どこを見ても絵になる。

「未知の惑星だ!」度が最大値以上に振り切れてて、かなり見惚れてしまう

キャラクターのデザインも素敵だし、夢中になってしまう世界。


サウンド

the gunk

4.0

不思議だよー、不思議だよー、未知だよー。

っていう気分を盛り上げてくれる。

決して不気味でも怖くもなく、ひたすら不思議だよー。


総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

ベトベト吸い取りが気持ち良い

魅力的なグラフィックやデザイン

冒険してる感じが満点

ゲーム進行のテンポが良い

探索が楽しいマップ構造

残念なところ

日本語版がない

謎解きやバトルはシンプル

オススメな人

探検が好き

物語を楽しみたい

サクサク攻略できるゲームを探している

掃除機が好き

オススメではない人

歯応えのある謎解きやバトルを求めている

極度の閉所恐怖症

極度の集合体恐怖症

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
ルイージマンション2

吸い取りアクションが気持ち良いと言ったらルイージのオバキューム!謎解きもバトルも味わえる全く怖くないホラー。

\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
オススメ
Returnal リターナル

未知の惑星を探検するなら、こちらもオススメ。TPSでローグライク。不気味度高め。エイリアン度高め。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る

Copyright © 2021 Thunderful, All rights reserved.
https://imageform.se/game/the-gunk/

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクロールできます
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
スクウェア・エニックス
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
スクウェア・エニックス
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる