『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』初心者でも楽しめる?

死にゲーの老舗フロム・ソフトウェアが開発したアクションアドベンチャーゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。

全要素神がかっている高評価タイトルだ。

フロムソフトウェア

私は本作がフロム・ソフトウェアのゲーム初プレイで、死にゲー耐性もほぼない。そんな私でも裏ボスまで攻略できた。

  • 難しそうで敬遠してる方
  • プレイしていて詰まっている方
  • これからプレイするのでコツを知っておきたい方
  • どんなゲームプレイか気になってるいる方

上記の方々の参考になればと、初心者の私なりの攻略法をまとめてみた。

ネタバレはないので、「『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の歩き方」だと思って下さい。

画像はタップもしくはクリックすると拡大できます。

Index

『SEKIRO』の難易度

そもそも初心者でも楽しめる?

sekiro shadows die twice 隻狼

私は、アクションのカッコ良さに惹かれて『SEKIRO』を購入した。このカッコ良さこそが本作の最大のご褒美。

「しめしめ」と敵の死角から隠密忍殺(ステルスキル)決める時、苦戦した(ほぼ全員だけど)ボスを斬り崩して真正面から忍殺をぶちかます時、脳汁がドバーッ、ブシャアアア。

自分が凄腕ゲーマーかと勘違い出来るアクションのカッコ良さに取り憑かれれば、初心者だろうと根性なしだろうと諦めずに楽しめる。

ハマるには、始めが肝心

sekiro shadows die twice 隻狼

敵と斬り合い、弾き合いが出来るようになると、ぐんぐん面白くなる。

1番最初はフロムソフトウェア的ボタン操作を覚えるのに集中。

過去作をプレイしたことがある人でも、本作独自のシステムが多いので、チュートリアルはかなり丁寧に

「なんだよこれ!」「先に行きたい!」と思いながらでも、序盤にじっくり練習する。

拠点である荒れ寺にいくらでも手合わせしてくれるチュートリアルマンがいるので、「なんとなく出来ちゃった」じゃなく、弾きシステムが頭と体で理解できるまで練習した方がいい。

ちゃんと意味がわかるとどハマりすることになるし、「弾き」という必勝スキルに早く慣れることが出来る。

正直、序盤はゴリ押しや「なんとなく倒せた」も可能だけど、最初の方の敵は攻撃パターンがシンプルで、バトルシステムを覚える良い敵ばかりなので丁寧に攻略した方が良い。

これで後々のバトルがかなり楽になる。いろんな攻撃をしてくる上位の敵が出現してから悩むことが減るはず。

ステルス好きにおすすめ

sekiro shadows die twice 隻狼

アクションの腕に自信があるプレイヤーや何度死んでも立ち向かい続ける根性と度胸いっぱいプレイヤーは、正面からガンガン攻めて楽しめる。

しかし、『SEKIRO』では、ステルスプレイが最初から最後までしっかり通用する

そんなわけで、根性なしでも生き延びていける。

『メタルギアソリッド』みたいな本格派ステルスゲームではないので、敵の警戒心が低くや視界が狭め。テンポよくサクサクとステルスしていける。

鍵縄も使って、安全なルート構築が大事。

実際、難しすぎる?

sekiro shadows die twice 隻狼

ネット上には色々な口コミがあるけど、根性なし初心者でもクリア出来たくらいなので大丈夫。

もちろん、難しいし、厳しいし、甘えもゴリ押しも効かない。

しかし、理不尽さは全くない。主人公のアクションも敵の挙動も、とてつもなく高精度に調整されている。

つまり、「え?なんで?」と不可解に負けることはない。自分が正確に動けばちゃんと反映される。

逆に言えば、短気になったり丁寧さを欠いてしまうと一気にボコ殴りされる。

もちろん、初見の敵が強すぎて「え?はい?」となることはあるけれど。

初心者なりの探索法

忍は忍ぶ

sekiro shadows die twice 隻狼

ボス戦以外では、フィールド中を雑魚敵がたらふく警備している。

しかし、どのエリアでも必ず安全なステルスキルルートがある。そういう敵の配置やマップ構造になっている。

全敵を隠密忍殺していくという、果てしなく忍らしい立ち回りも可能。

姑息だろうかなんだろうが、忍者なので忍んでいく。大声で自己紹介しながら斬りかかっていくサムライ魂は持ち合わせてなくてもいい。

何度も死んで何度も同じ道を通ることになるので、以下のように安全なルートを見つけておくとかなり攻略が楽になる。

忍ぶ道の基本

鉄砲や弓の遠距離攻撃部隊と、カンカンと鍋(?)を鳴らす警報機部隊は、目と耳がいい。そういう敏感兵はエリアの端の方にいることが多い

ステルスルートは、エリアの端からぐるっと回っていくように組み立てると安全。

敏感兵を倒したら、次は巨体兵を優先的に隠密忍殺

巨漢との攻防は長引きやすく目立ってしまうので、「何じゃ?なんじゃ?」と周囲から敵がワサワサと集まってきてしまう。

あとは鉄砲兵など遠距離攻撃をしてくる敵、雑魚敵とステルスキルしていけば、ルート完成。もはや自分の庭だ。

周りを見渡す、駆け抜けてもぎ取る

sekiro shadows die twice 隻狼

鉤縄は、意外なところに引っ掛けられる。特に頭上に注意。

そして、敵がワラワラとたむろしている場所。中心地には貴重品が置いてあることが多い。

本作では、アイテム取った瞬間に説明が表示されて敵の動きも一時停止する。それを利用して、駆け抜けてアイテムをぶんどっていくのもいい。

体力と体幹ゲージが上昇する「数珠玉」、そして、回復瓢箪を増やす「瓢箪の種」はボスを倒す以外にも意外なところに落ちている。

初心者なりの戦い方

強敵も隠密忍殺

sekiro shadows die twice 隻狼

上述の通り、隠密忍殺生活を送るのが安全だけど、中ボス(強敵)との戦いでもそのスタイルは変えない。

ほとんどの中ボスは2回忍殺が必要だけど、1回目は隠密忍殺出来ることが多い

ハンパない血しぶきが飛ぶ忍殺に耐えることが出来る強靭ボディをもつ強敵なんだけど、かなり警戒レベルが低い。

中ボスとの戦いは、周りの雑魚敵をステルスキルで一掃し、ボスに気づかれずに近づけるルートを確保することから始まる。

剣戟鑑賞会

sekiro shadows die twice 隻狼

上述の通り姑息な隠密忍殺決めた後は、中ボスは文字通り「死んでも」見逃してくれない。

そして、大ボスは、もちろん1ゲージ目から全方位スキがない。

でも、心折れずに挑み続けるほど根性はない。

なるべく早くボスに慣れて、斬り合いを楽しめるようになるには、始めの数戦はボスの華麗な剣戟鑑賞会にしてしまう。

「わぁ、つよーい、かっこいいー」と単に眺めるわけではない。まあ、見惚れるくらい格好いいボスが多いんだけど。

剣戟鑑賞会では、ボスの攻撃パターンがいくつか見えてくるので、そのなかで自分にとって得意なパターンを探す。

スキが大きい攻撃、自分にとって「弾き」のタイミングが合わせやすく斬り返しやすい攻撃を見つける。

そして、もう1つ。弾きやガードで異様に自分の体幹ゲージがたまってしまう敵の攻撃パターンも覚えておく。

そうした攻撃の時には、事故が起こらないようにダッシュやステップで徹底的に避けるようにする。

前半と後半に分ける

sekiro shadows die twice 隻狼

ボス戦では、基本的に敵にチャンスを作ってもらう。 敵の攻撃を待って弾くスタイル。

そのなかで、得意な攻撃パターンが来た時に2回斬る。「ここだー!」と欲張って何回もボタン連打しない、2発でガマン。

2発斬るくらいのタイミングで反撃してくるボスがほとんどだからだ。

ボス戦の前半は、得意なパターンを全てモノにするくらいの勢いで斬り返しを積極的に狙う

ほっそり体型ボスは約1/4がっしり体型ボスは約2/3 ~1/2体力を削ったところから後半戦が始まる。

後半戦では、ボスの体幹ゲージが回復しにくくなるので「弾き」を頑張る。こちらからの攻撃は、あまり考えなくていい。

ボス戦中は、敵の攻撃を見分けるのに忙しいので、シンプルな目標にした方が頭がスッキリする。

危険は希望

sekiro shadows die twice 隻狼

戦いの中では、敵の危険攻撃が一番のチャンス。頭上に「危」が出るガード不可能攻撃だ。

敵の「突き」に対する「見切り、敵の「下段攻撃」に対する「踏み付け。この2つは絶対に狙う。

敵の体幹ゲージが大きく溜まる。

そして、ボスに張り付く。友達か恋人かのように傍にいる。

ほとんどのキャラは、主人公より体格が良い。戦国時代の日本に、こんな長身の人いたの?!と思うくらい、でっかい。

リーチで負けてしまうので、懐に飛び込む。

怖い。ボスは怖い。近くで見ると余計に怖い。

それでも近くにいると、ボスはせっせとこちらを攻撃してくれるので、ボスの体幹ゲージが回復しにくくなる。

大助かり忍術

優先したスキル

sekiro shadows die twice 隻狼

上述の通り、私の操作する隻狼はステルスライフを送っていたので、見つかりにくくなるなどのステルス関連の常在効果(パッシブスキル)を最優先した。

それと、序盤にスキルポイント溜めまくって、忍殺すると体力回復するスキルも早々に習得。雑魚敵が回復瓢箪に見えてくる素敵なスキルだ。

そして、お金やアイテムがドロップしやすくなるスキルも優先した。

後述する出稼ぎキャンペーンを行う時に便利だった。すぐ稼げる!と思えば、死んで所持金が減るのが気にならなくなる。

重宝した流派技

あまり多用しなかった、というより出来なかったけど。

それでも、一番使ったのは、中盤までは「奥義 浮き船渡り」終盤は「奥義 仙峯寺菩薩脚」

敵の攻撃待ちスタイルなので、斬り込むためというより、敵に大きな隙が出来た時に素早くたたみ掛けられて便利だった。

義手忍具

sekiro shadows die twice 隻狼

こちらもあまり多用しなかった。戦闘中は「弾き」と「斬り返し」で忙しすぎて余裕がなかった。

実際、上述の危険攻撃対処の方が敵の体幹ゲージは溜まりやすいし、あれこれ考えるよりシンプルな方が戦いやすい。

「上手く義手忍具使えたら、もっと便利で楽しいんだろうなあ」と思う。が、逆に言えば、義手忍具をほぼ使わなくても攻略できるということだ。

そうは言っても、基本的な使い方では使用した。 獣に爆竹、飛ぶ敵に手裏剣、鬼に炎といった感じ。

優先して強化したのは、手裏剣と仕込み傘。

仕込み傘は首無し等オバケ対策のためだけど、手裏剣はただ好きだから。そんな程度にしか使いこなせなかった。

初心者なりに上手くいったコツ

どっしり構える

ボスが怖いからと言って、あまり動かない方がいい。

「弾く」「見切り」「踏み付け」全て左スティックを動かすと上手く発動しない

敵の攻撃待ちしている時は、「よし、来いやぁあ!」な気分でどっしり構える。

勘違いから始まった探索

sekiro shadows die twice 隻狼

初めて葦名城天守閣に辿り着いた時、主人公の左腕を斬り飛ばした「犯人」がいた。

あれ?ラスボスだよね?

そして、死にゲーのボスの絶望感が分かっていなかった。「ああ、もっと強くなってから来いよってことか。この人、流石に強すぎだもんなー」と、ドラクエ脳炸裂。

で、いろんな場所をウロウロ。しかし、肝心そうなところから先に進めない。

よく分かんないから、久しぶりに天守閣で再戦。

すると、今度は散歩していた間にステータスが強化されていて、心折れずに撃破出来た。もちろん、何回も負けはしたけれど。

本作では、いくつかのエリアを同時に進めていくことができるので、詰まったら他のエリアに。心折れずに主人公を強化もできる。

紫色の炎から逃亡

異様な見た目と恐怖の「怖気ゲージ」、そして、執拗にお尻を狙ってくる「首無し」。完全にトラウマになった。

攻撃が効くようになる「神ふぶき」は貴重品すぎて勿体無い。

しかし、終盤になると「神ふぶき」が買えるようになり、仕込み傘の強化も出来て、まともに戦えるようになる。最初は無視だ、無視!

咳の音は聞こえない

sekiro shadows die twice 隻狼

デスペナルティとして発生する「竜咳」。

死にまくっていると、周囲からゼェゼェゴボゴホ聞こえてくる。聞こえない。聞こえない。耳は閉じる。

竜咳を患ったNPCイベントは進められなくなる。

しかし、竜咳を治す「竜胤の雫」は貴重品なので、皆さんには申し訳ないけど、ホイホイ使えない。

NPCイベントは、何人か分まとめて一気に進める。その間は、強敵にちょっかい出さず、安全第一で話を進める。

出稼ぎキャンペーン

sekiro shadows die twice 隻狼

稼ぐ時は稼ぎのみに徹する。

「状態異常を防ぐ瓢箪」や、店頭に並んでいる「数珠玉」や「瓢箪の種」を買う時に出稼ぎに出た。

そして、ボスに負け続けて心が荒んできた時も。

お金を稼ぐ時は、葦名城「武者侍り」と「名残り墓」周辺

「武者侍り」は、敵は少ないけど、1人1人がお金持ち。「名残り墓」周辺は、安全に確実に稼げる。

「名残り墓」から「天守閣」までの葦名城マラソン大会を開催することもあった。

スキルポイントを溜めるには、「水生村」

雑魚敵が大量に湧き出て来るので、夢中になって倒しまくっていると、いつの間にかスキルポイントが溜まっている。

終盤では「源の宮」の貴族狩り。貴族はやはりお金持ちでスキルポイントも貴い。

フロムソフトウェア

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる