『SEKIRO : SHADOWS DIE TWICE』レビュー: 初心者でも脳汁ドバドバ死にゲー

タップしてジャンプ

『SEKIRO : SHADOWS DIE TWICE』とは

sekiro shadows die twice 隻狼

『DARK SOULS』シリーズ、『Bloodborne』といえば、ゲーマーの心をへし折りまくる死にゲーの代名詞。
それを生み出したのは、死にゲーの老舗であるフロム・ソフトウェア。

そんなフロム・ソフトウェアが作る和風の新規IP。
同社の他作品は全く違ったゲーム性で、これまたゲーマーの心を折りまくる新たな死にゲーだ。

PS4、Xbox、PCでプレイ可能。
私はPS4版をプレイ。

ストーリー

舞台は、架空の戦国時代
完全にフィクションなので有名武将とか史実は登場しない。
戦国時代末期で、長い戦が続きだいぶ荒れ果てた葦名城一帯を巡ることになる。

架空世界なので、鬼や巨大化した動物といった妖怪のような敵もいれば、巨人族かと思うようなデカすぎる人間も登場する。

主人公は、生まれながら特別な能力を持つ御子に仕える

sekiro shadows die twice 隻狼
主人公のコードネーム(?)は狼

御子はまだ幼い子供だけど、その「特別さ」のために狙われまくっている超VIP。
主人公は、その命がけボディガードのはずが、なんたる不覚!ピーチ姫かのように御子は早々に連れ去られてしまう
というわけで、主人公は、御子を取り戻すため死ぬ気で(実際は死にまくるんだけど)跳びまわる。

sekiro shadows die twice 隻狼

フロムソフトウェアの代表作『ダークソウル』シリーズは、ストーリーは難解で複雑だけど、『SEKIRO』ではストーリーがかなりハッキリしている。
主人公やNPCの感情も描かれているのでストーリーも楽しめる死にゲーになっている。

sekiro shadows die twice 隻狼
セリフは難しくは聞こえるけど
内容は理解しやすい。
sekiro shadows die twice 隻狼
sekiro shadows die twice 隻狼

ゲームの特徴

基本は刀でジャストガード

刀で、攻撃もガード行う
で、バトルシステムはかなり独特なものとなっている。

sekiro shadows die twice 隻狼

ガードは2種類あり、純粋なガードと、敵の攻撃に合わせて刀を構えることで繰り出されるジャストガードである「

この「弾く」が、1番重要なアクション。
「弾く」が成功すると、「ガード」よりエフェクトが派手に出る。

sekiro shadows die twice 隻狼
効果音もガキイィインと
ガードとは違う音が鳴る

主人公は、豪腕、豪傑というわけではなく、攻撃力は高くない体力も少ない
真正面から斬り合いをしても、まず負ける。
というわけで、敵の攻撃を弾いて弾いて、敵のスキを狙って攻撃する。

何事もバランスが大切

上述の「弾く」を繰り返し、いいタイミングで攻撃を加えていくと、敵の体力を削れるとともに敵の体幹ゲージにダメージが蓄積されていく。

主人公も敵も体力ゲージとは別に体幹ゲージがある。

sekiro shadows die twice 隻狼
敵の体力ゲージの下に
黄色い体幹ゲージが表示されている
主人公の体幹ゲージは画面下部中央

攻撃をしたり「弾く」が成功すると体幹ゲージが溜まっていく。
そして、敵の体幹ゲージが最大まで溜まると、敵の姿勢が大きく崩れる

sekiro shadows die twice 隻狼

敵のロックオンマークは平常時は白い点だだけど、姿勢が崩れたり、奇襲(ステルスキル)が出来るは赤い点に変わる。

それが忍殺可能なサイン。
一撃必殺の忍の技だ。
相手の体力がいくら残っていたとしても一撃で倒すことができる。
戦場では、大きなスキを敵に見せたら即死を意味するわけだ。過酷!

危険の「危」

「弾く」が成功しなくても、「ガード」していれば敵の攻撃を防ぐことは出来る(もちろん体幹ゲージは削られるけど)。
怖い敵とか、強そうな技はガードしてやり過ごそう!って思うけど。
そうは簡単に許してくれるはずもなく、ガードは敵の攻撃全てを防ぐことは出来ない。

敵が攻撃を繰り出した瞬間、主人公の頭上に」の文字が浮かぶ時がある。

sekiro shadows die twice 隻狼
あっぶなーい!

それは、「ガード出来ませんよ攻撃」の合図。
ステップかジャンプで避けるか、絶妙タイミングで弾くしかない。

そして、敵の掴み攻撃は避けるしかない。
主人公が体勢を崩すと、敵は掴んできて大ダメージを与えてくるので、緊急回避しなければいけない。

死んだら1発アウトではない

主人公は、不思議な回生」能力を持つ。
死んでしまうと、その場所で生き返ることができる。
もちろん、敵に与えていたダメージもそのまま。
所持金も経験値もそのまま、ムクリと起き上がる。

sekiro shadows die twice 隻狼
基本的に1回だけ発動可能
条件を満たせば再発動もできる

敵が、「こいつはもう死んだな」と思い込んで「やれやれ」と帰って行っていたら、生き返って後ろから奇襲という逆転劇もできちゃうわけだ。

しかし、「生き返ることができるなんて、死にゲーじゃないじゃん」となるわけだが。
ちゃんと、主人公はリスクを負っている。

sekiro shadows die twice 隻狼

セーブポイントであり回復ポイントの鬼仏に辿り着くまでに完全に死んでしまうと、所持金と経験値を半分失う
未来永劫取り戻すことは出来ない。
しかも、NPCたちに健康被害竜咳が起きてしまうというペナルティ付き。

sekiro shadows die twice 隻狼
救済アイテムもあるけど
かなり貴重品

移動にも逃走にもスイスイ鉤縄

本作にはスタミナの概念はなく、主人公は軽々とジャンプ出来る。
そして、更に忍らしく飛び回る便利アイテムである鉤縄もある。
マップ上に表示される「鉤縄かけていいよポイント」に鉤縄を投げて引っ掛けて、ピョーンとひとっ飛び出来る。

sekiro shadows die twice 隻狼

屋根の上や、遠く離れた木の枝へ飛んでいける。
上下移動が出来てしまうわけで、マップも高低差に富んでいる。

探索も楽しくなる要素だけど、戦いの最中にピンチになった時に「緊急脱出!」と、敵が来れない高い場所に逃走も出来る。

左腕の秘密器具

タイトルの「隻狼」とは、隻腕の狼という意味。
主人公の左腕には義手が付いている。

sekiro shadows die twice 隻狼

この義手はハンパない兵器。
忍具(パーツ)を付け替えると、さまざまな種類の攻撃が出来ようになる。
忍らしく手裏剣や、厨二心をくすぐる「仕込み斧」などなど、バラエティに富んだ兵器が使えるようになる。

sekiro shadows die twice 隻狼

ただ、特殊攻撃扱いで、形代を消費して使用する。
使い放題というわけではない。

sekiro shadows die twice 隻狼
忍具は強化も可能

忍の成長

本作には、レベルの概念は存在しない。
敵を倒して得る経験値を一定数貯めるとスキルポイントを獲得できる。
スキルポイントを消費することで、技や能力を覚えることができる。

sekiro shadows die twice 隻狼
ゲームオーバーになると
経験値は半分になってしまう

しかし、経験値は、雑魚敵との戦闘でも手に入るけれど、体力や攻撃力といった基礎ステータスはボスを倒さなれければ強化できない。

sekiro shadows die twice 隻狼
ボスを倒すために強くなりたいのに
ボスを倒さないと強くなれない

評価

物語

ストーリー  

4.5

キャラクター 

5

過酷!

主人公は、ただひたすらに御子に忠実。
「御意」「御意」言いまくって、死にまくって、それでも御子を助けたい。
で、それに感情移入するくらい御子も良い子だし。
それぞれが過酷な立場でひたすら戦う、めちゃくちゃ切ない
死にゲーだとアクションの難しさに目が行きがちだけど、ストーリーもすごく良かった。
とにかく切ない。狼、切ない。で、カッコいい。

sekiro shadows die twice 隻狼

NPCは少ないけれど、ボスがとにかく素晴らしい
苦労させられたボスばかりだけど、敵も、それぞれ背負っているものがあって、めちゃくちゃ魅力的。
みんな、生き様がカッコいい。
惚れてしまうようなキャラばかり。

快適さ

操作性 

5

難易度 

5

安定性 

4

最高

本作の独特な「弾く」というアクション。
これが、新規IPとは思えないほど、とんでもなく完成度高く作られている。
理不尽さやストレスは一切なし。
数ミリ避けれた!でちゃんとダメージは受けないし、死ぬ時は自分のミスでしかないし、アクションがボタン入力した通りにちゃんと反映される。

sekiro shadows die twice 隻狼

強敵には間違いなく初見でぶっ飛ばされて、「コイツこそは遂に無理だろ」と思っても、徐々に上達して、遂には撃破出来る。
「もう無理だ、疲れた」と思ってプレイをやめても、「あれ、あそこの立ち回りを変えてみたら上手くいくかも」と数10分後には、またPS4を起動している。

パズルのようにうまく立ち回れば、ほぼ全ての雑魚敵をステルスキルしていくことが出来る。
ボス相手には自分なりの立ち回り方を見つけていけるようになっている。
ゲームデザインとか、難易度バランスとか、本当にすごい
開発者さん達は、人間の心理を知り尽くしているような気さえする。

sekiro shadows die twice 隻狼
面白さ

システム 

5

やり込み 

5

脳汁ブシャァア

『SEKIRO』は、楽しみだったけど、プレイするまで不安もあったタイトル。
『Hollow Knight』で死にゲーに目覚めて、遂に死にゲーの王様フロム・ソフトウェアのゲームに手を出してみようと思ってみたけど、根性なしなので「すぐ詰むかもしれない」と思っていた。

しかし、プレイ始めて約30分後、「やばい、面白い。やめられない」。
スタート30分後なんて少ししか経過しておらず、もちろん、ド下手。
それでも、めちゃくちゃ面白い!
やめられない、やめたくない。

sekiro shadows die twice 隻狼

諦めがちのくせに何度も挑めるのは、アクションの格好良さとその完成度だと思う。
忍殺が、本気でカッコいい。
血しぶき飛び過ぎだけど、雑魚敵でさえ死に顔と断末魔が凝っていて、ボスだと、倒したときの演出は更にド派手。
そのおかげで、余計に脳汁がドバァッドバァッと大洪水。

sekiro shadows die twice 隻狼
芸術性

グラフィック 

4

サウンド   

5

荘厳

戦続きで荒れ果てている土地とはいっても、自然が多くて美しい和風な風景も多い。
殺伐な戦いとは対照的に、背景は厳かで美しくて静けささえ感じる。

sekiro shadows die twice 隻狼

BGMは過酷な戦いに合ってかっこいい曲ばかりで、そして、「弾く」時の刀と刀がぶつかる音が気持ち良すぎるて、サウンドだけでもバトルが楽しくなる。

まとめ

物語
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術性
良いところ
残念なところ
  • 高難易度アクション
  • リアルに感じる刀のぶつかり合い
  • マップの美しさと高低差の面白さ
  • 死闘の末にちゃんとクリアできるレベリング
  • かっこいい忍殺の演出
  • 主人公の顔グラフィックが安定しない
オススメな人
オススメではない人
  • 死にゲー好き
  • アクションゲーム好き
  • ストーリーを楽しみたい
  • アクションの腕を磨きたい
  • やりごたえのあるゲームを探している
  • フロム・ソフトウェアのゲームに触れてみたい
  • 高難易度アクションが苦手
  • サクサククリアしたい

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
https://www.sekiro.jp
©2019 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる