『Devil May Cry 5 デビルメイクライ5』レビュー: シリーズ初心者がイケメン悪魔大戦に突入

タップしてジャンプ

『Devil May Cry 5 デビルメイクライ5』とは

最強の悪魔狩人(デビルハンター)が帰ってきた!
アクションゲームファン待望、伝説のスタイリッシュアクション「デビル メイ クライ」が遂に復活!

リアリティーを超える過剰現実感【オーバードーズド・リアリティ】。
“最強”“革新”“王道”…三者三様のバトルスタイル。
競い、魅せ合うネットワーククロスプレイ。

アクションの快感全てがここに集う!

store.playstation.com

第1作目は、2001年PS2向けに発売された。
CAPCOMによる人気シリーズ。

その新作が約10年ぶりに登場。

元々は『バイオハザード』の新作として開発されていたが、アクションが激しくなりすぎて別ゲーム『デビルメイクライ』として方針変更して生み出された。
というわけで、アクション性が高いシリーズ。

これまで過去4作のナンバリングタイトルと、オリジナルとは異なる設定にして作られた『DMC』が発売されている。

現在PS4、Xbox One、PCでプレイ可能。

ストーリー

ストーリーは『デビルメイクライ4』の後。

オープニングから、もはやクライマックス。
『デビルメイクライ4』で主人公だった血気盛んな若者「ネロ」と、シリーズ初登場の物静かで全身タトゥーな「V」が登場。

devil may cry 5 デビルメイクライ ネロ
V

2人がおしゃべりしながら向かった先では、シリーズお馴染みの半分悪魔な「ダンテ」が、「ユリゼン」という大魔王みたいなヤツと戦っている。

そして、そこには、こちらもシリーズお馴染みの美しき悪魔トリッシュと、でかい銃振り回すキュートな人間レディの姿も。

devil may cry 5 デビルメイクライ

突然参加しているVとは一体何者なのか、そして、ユリゼンは一体何者で(見るからに悪魔なのは間違いないけど)何が目的なのか。

devil may cry 5 デビルメイクライ

そして、そこら中に生えている地獄のような風景を作り出している植物は何なのか。

devil may cry 5 デビルメイクライ ネロ

ネロ、V、ダンテの三人を操作しながら、謎を解明しつつ凶悪な悪魔を倒していく。

そして、もう1人のメインキャラ。
メカとか武器とか大好きな女性「ニコ」が装備などのサポートをしてくれる。

devil may cry 5 デビルメイクライ ニコ

ちなみに、過去作のストーリーは、かっこ良くまとめられた動画が収録されていて、ゲームスタート前に予習もしくは復習することが出来る。

devil may cry 5 デビルメイクライ

登場キャラは、みんな格好つけまくっててチャラい
で、それが絵になる美男美女揃い

ゲームの特徴

ステージ(ミッション)制

ストーリーは全て繋がっているが、細かくミッションに分かれている

大体の場合、雑魚敵倒しながら探索していき、最後にボスが待ち構えている構成になっている。
なかには、ボス戦のみのミッションもある。

各ミッション前に「カスタマイズ」で、装備を整えたり、新たなアビリティの習得が出来る。

devil may cry 5 デビルメイクライ ニコ

ミッション内では、電話を見つけると、ニコを呼ぶことが出来る。
ニコは文字通り車ごと飛んできてくれて、ミッション中でもカスタマイズが出来る。

devil may cry 5 デビルメイクライ ネロ

そして、ミッションごとに操作するキャラが変わる

ミッションによって操作キャラが固定されている場合もあれば、選ぶことが出来ることも。

devil may cry 5 デビルメイクライ

ミッションは、後から再挑戦することも出来る。
初見では選択しなかったキャラでも、ちゃんとプレイできる。

ミッションの最後には、成績発表がある。
どのくらいスタイリッシュにバトルを行えたかの評価を受ける。

交錯する道

キャラ選択が出来るミッションなどでは、自分が選択しなかった方のキャラもミッション内の別の道を同時に進んでいる

プレイしていると、他キャラが敵と戦いながら進んでいる様子を垣間見ることが出来る。

devil may cry 5 デビルメイクライ

ネットワークに接続していると、他キャラは、他のプレイヤーが操作している通りに動く。

シングルプレイのゲームだけど、自分ではない誰かが、他キャラを動かしているという不思議な感覚が味わえる。

ミッションによっては、共闘することも出来る。

共有するものとしないもの

ミッション中には、「オーブ」と呼ばれる宝石のような塊を拾う。

「レッドオーブ」は、ゲーム内通貨。
フィールド上の赤い塊を壊したり、敵を倒したりすると手に入る。

devil may cry 5 デビルメイクライ

「ブルーオーブ」は、体力の最大値を伸ばしてくれる。
4欠片集めると体力の最大値が1ゲージ分増える。

devil may cry 5 デビルメイクライ

「パープルオーブ」は、各キャラが悪魔的能力を使うために消費する魔力の最大値を増やすことが出来る。
こちらも、4欠片で魔力の最大値が1ゲージ分増える。

「ゴールドオーブ」は、ミッション中に残念ながらゲームオーバーになってしまった時に復活する時に使用する。

これらのオーブの保持数は、ミッションを越えて全キャラで共有する。

しかし、レッドオーブを消費して覚えられるスキルは各キャラ固有のもの。
よく似た効果の能力だとしても、それぞれのキャラで習得する必要がある。

devil may cry 5 デビルメイクライ

キャラ全員にそれぞれたくさんスキルを覚えさせるためには
レッドオーブをたくさん稼がなくてはならない

バトル中の評価

ミッション後に成績発表があるものの、バトル中にはその時その時の評価が表示される。

いろいろなスキルを使いコンボを途切れさせずに敵にダメージを与えていくと、D→C→B→A→S→SS→SSSと評価が高くなっていく。

devil may cry 5 デビルメイクライ

評価が上がるとBGMも盛り上がっていく
アクションがカッコ良く決まって気分は爆上がり

バトルシステム

各キャラの攻撃手段やスタイルは全く異なっている。
操作キャラが変わると、頭と指の感覚を戻すのが結構大変。

ネロ

血気盛んなネロらしく、ゴリゴリとパワフルな攻撃が得意。

剣による近接攻撃、銃による遠距離攻撃、ニコお手製のメカな腕「デビルブレイカー」による技を駆使する。

devil may cry 5 デビルメイクライ

剣も銃もデビルブレイカーも溜めて威力アップも可能。
攻撃しながら、合間にボタン長押しなどで攻撃力アップにも気を配る。

デビルブレイカーは種類によって技が違っていて、ビームを撃ったり、腕自体が飛び回ったり、かなり種類は豊富。
どれを付けてミッションに出撃するか考えるのも面白いところ。

devil may cry 5 デビルメイクライ

V

シリーズ初登場のVは個性爆発している。
なんと、V自身は攻撃しない

devil may cry 5 デビルメイクライ

使い魔である「グリフォン」「シャドウ」「ナイトメア」達が攻撃を行う。

devil may cry 5 デビルメイクライ

近接攻撃はシャドウが担当、遠隔攻撃はシャドウが担当、そして、ここぞという時の大技としてナイトメアによる大破壊を行う。

ただ、トドメを刺すのはV自身
体力のなくなった敵に近づくと、杖でトドメを刺すことが出来る。

ダンテ

武器もスキルも豪華絢爛なイケオジ、ダンテ。
過去作で登場した武器や技がもちろん登場する。

近接武器となるのは剣だけでなく、ヌンチャク、更にはバイクまで振り回す。
遠距離武器となるのは銃だけど、これまた種類がいくつかある。

devil may cry 5 デビルメイクライ

そして、ダンテはスタイルを変えることが出来る。
近接攻撃特化、遠距離攻撃特化、防御特化、そして素早く動いたりアクションが変わるトリッキーな動きに特化した4種類のスタイルがある。

devil may cry 5 デビルメイクライ

更に、ダンテは悪魔に変身することも出来る。
魔力のゲージが尽きるまで変身していられて、変身中は、体力が回復したり攻撃が強化される。

過去作のアクションが登場するので
ずっと出演しているダンテはアクションも多彩!

手っ取り早くオートマチックアシスト

上述の通り武器もアビリティも三者三様。

devil may cry 5 デビルメイクライ

シンプルなコンボしか出来ない!コンボとか訳わかんない!自分の操作してるキャラがカッコよく動かない!という時に便利な機能。

攻撃ボタンを押しているだけで、ババババババンと華麗なコンボが決まっていく。

アクションが苦手な人や、「コンボとは一体?」な人に優しい機能。

しかし、コンボを組み立てる楽しさがなくなってしまう
どんな風に組み立てたらいいか参考にするのにおすすめ

シークレットミッション

ミッション中、壁に怪しげな魔法陣を見かけることがある。
発動させるとシークレットミッションに挑戦することが出来る。

devil may cry 5 デビルメイクライ

シークレットミッションでは、縛りや条件が決まっていて、それを達成すると報酬を得ることが出来る。

ジャンプなど移動のアクションテクニックが求められるものが多い

ブラッディパレス

各ミッションを周回プレイして、より良い評価を獲得していくのが『デビルメイクライ』の醍醐味。

それとは別のやり込み要素もある。
エンディングまでクリアすると、「ブラッディパレス」が解放される。

ストーリーや探索はいらない!とにかく戦っていたいんだ!というプレイヤーには堪らないモード。

devil may cry 5 デビルメイクライ

現れる敵を全て倒して次の階層へと進んでいくシステム。

これは長期戦になるな、と思いきや、時間制限あり
スタートすると、どんどん残り時間が減っていく。

しかし、各階ごとに、バトルの評価により残り時間が追加される。

devil may cry 5 デビルメイクライ

もちろん登場する敵は強くなっていくし、本編で登場したボスも現れる。

評価

良いところ

  • 思う存分に楽しめる多彩なアクション
  • 見応え抜群の美麗グラフィック
  • ぶち上がるBGM
  • 分かりやすいストーリー

残念なところ

  • 単調になるマップ

感想

『デビルメイクライ』シリーズは有名で大人気なシリーズ。

「イケメンがイケメンしちゃうゲームでしょ?うーん、引きそう」「過去作プレイしたことないけどたのしめるのかなあ」と思って、勝手に食わず嫌いでプレイしたことがなかった。

しかし、遂に新作が出たと話題になっていて気になっていた。

devil may cry 5 デビルメイクライ

シリーズものなので、一応、事前に過去作のプレイ動画などで少し予習して臨んだ。

結論から書くと、シリーズ初心者でもがっつり楽しめたし、シリーズファンじゃないからついて行けないなんてことは全くなかった。

devil may cry 5 デビルメイクライ

もちろん、3人分のアクションを1から覚えるので、序盤は情報量が多すぎる!
ネロとダンテのアクションは前作までを踏襲しているので過去作プレイしたことがある人にとっては馴染みがあるはず。

devil may cry 5 デビルメイクライ

でも、アクションは1つずつ登場してくるので
少しずつ覚えていける

そして、キャラが皆んな豪快でハッキリ意見を言うので、過去作を理解していなくてもストーリーは分かりやすい
最後は「え、そんなオチでいいの?」と思うくらいまとまっているストーリー。

devil may cry 5 デビルメイクライ ネロ ダンテ

おさらいムービーも収録されているので、それで十分話にはついていけたし、ストーリーもちゃんと楽しめた。

もちろん、「シリーズお馴染みの」はあるので、シリーズファンの人の方がもっともっと楽しめるとは思う。

devil may cry 5 デビルメイクライ

というわけで、シリーズ初心者でも十分理解できるけど、指が動くかは別問題。
本気で指が鍛えられる。

『デビルメイクライ』ぶりを味わいたくて、初心者のくせに「オートマチックアシスト」は最初から最後までオフで挑んだ。

devil may cry 5 デビルメイクライ

「そんなにボタンあったっけ?」ってコントローラー2度見したくらい操作が多い。

そうだった、CAPCOMって『ストリートファイター』シリーズを作ってる会社だった。
私にとっては、スタイリッシュアクション通り越して格闘ゲームだった。

イケメンたちが果てしなく強気に啖呵をきるので「そんなこと言っても実際にはカッコ良く戦えませんけど!」と、プレッシャーを感じながらボタンを押しまくった。

devil may cry 5 デビルメイクライ

練習だけ出来るVOIDというモードもあるので鍛錬!鍛錬!
カッコ良くコンボが繋がると自分でもカッコイイと思ってしまう

というわけで、バトルは忙しいけど、探索は結構単純
あくまでも敵と戦うことがメインなので、マップがやや単調なところが多くて残念だった。

『デビルメイクライ』といえばこんな感じ、なのかもしれないけど。
背景やオブジェクトのグラフィックの見応えが抜群なので、もっとマップ探索を楽しみたかった。

devil may cry 5 デビルメイクライ

ちなみに、クリア後に、上手い人のプレイ動画を色々見たら「マジで、指何本あるの?」と感心しまくった。

絶対自分には出来ないと思うんだけど、なんだか無謀にも少し上手く出来そうな気がして、またゲーム起動してみちゃう。

『デビルメイクライ5』は、究極の自分磨きゲームだ。

devil may cry 5 デビルメイクライ

おすすめプレイヤー

アクションゲーム好きなら絶対おすすめ
これでもかとアクションの腕を極められる。
もちろん、私のようにシリーズ初心者でも何ら問題ない。

devil may cry 5 デビルメイクライ

そして、カッコつけるの大好き、イケメン好き、美人好きな人にもおすすめ
イケメンが、清々しいほどカッコつけてくれる。
タイプもよりどりみどり。

devil may cry 5 デビルメイクライ

一方で、雑魚敵は虫っぽくて、ボスは本気で怪物。
敵デザインはキモカッコイイんだけど、気持ち悪いものが嫌いな人は苦手かもしれない。
そして、かなりの量の血が飛び交う。
グロテスクな描写が苦手な人にはおススメ出来ない。

devil may cry 5 デビルメイクライ

Devil May Cry 5 デビルメイクライ 5
http://www.capcom.co.jp/devil5/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる