『あの日は燃えるゴミの日だった』レビュー: 燃えるゴミは全て爆破

『あの日は燃えるゴミの日だった』とは、Game Onが開発したアドベンチャーゲーム。「ん?」と興味を惹くタイトルだ。

スマホ向けの基本プレイ無料ゲームで、課金要素は広告除去機能の解放のみ(無課金だと、主人公がレベルアップする時に広告が表示される)。

AndroidとiOSでプレイ可能。私はiPhone版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

お掃除マシン

どこかの倉庫で目覚めた、お掃除ロボット。このロボットくんが主人公。

外に出てみると、見渡す限り圧巻のゴミの山。え、どうなってんの、この世界。

ロボットくんは人間のために働く気満々なんだけど。でも、肝心の人間はどこ?

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

人類の命運

困惑するロボットくんは、音声アシストのBiriと共に、とりあえずゴミ処理を始める。

で、ゴミをドカーンドカーンと吹っ飛ばしていると、シェルターを見つける。

そこには機能停止しそうなマザーコンピューターと冬眠状態の子供達。この子たちは、人類が滅んでしまっても人間という種が存続するために残されているらしい。

ところが、マザーコンピューターは「正しいゴミ処理をして、あと色々とよろしく」と告げて停止してしまう。

というわけで、主人公は、人類が再び繁栄できる星にするためゴミ処理をしていくことに。そして、なぜ人類が滅んだかという謎にも迫っていくこととなる。

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

ゲームの特徴Features

ゴミ爆発

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

お掃除ロボットとしての基本の仕事、それはゴミ処理

画面上のゴミをタップすると、ゴミがドガァアンと爆発して消える。そういう処理の仕方。

どのゴミからでも自由に処理できるわけではなくて、道がつながっている場所のゴミを処理できる。つまり、奥にあるゴミは手前のゴミを処理しなければ到達出来ない。

また、大きなゴミの塊は対応したレベルのドリルを持っていないと破壊できない。また有害物質が付着しているゴミや凍ったゴミなどは、対応する装備を持っていないと処理できない。

そして、ゴミ処理にはバッテリーを消費する。

ドリルや各種特殊な装備、またバッテリー容量の上限は、宝箱や後述するクエストの報酬で手に入れることができる。

こうしてエリア内の80%以上のゴミが片付いたら、ストーリーが進行し、次のエリアに進むことができる。

人類の繁栄

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

ゴミを爆破して大地が綺麗になっていくと、特定の場所にはが出来る。

図太い生命力を持つ人類は、ゴミがなくなった大地に再び街を作っていくのだ。そして、それぞれの街を発展させるのもロボくんの仕事だ。

街の人からは、「特定のアイテムを何個くれ」というクエストが出される。

植物など、定期的に大地から採集できるアイテム。どこかの街の特産品として定期的生産されるアイテム。それらのアイテムを集めて街の人に渡していく。

こうして、クエストを一定数こなすと街のレベルが上がり、生産される特産品の種類が増える。で、この特産品が、また別の街クエストの依頼品となる。

街とは別に各エリア内には遺跡も出現する。遺跡も一定時間ごとに採掘が出来て、遺物を手に入れることが出来る。これも街クエストの依頼品となる。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

3.5

会話シーンは多いけれど、物語要素は軽め

会話など物語の進行は、主人公ロボが良い子ちゃんすぎて、少々まどろっこしいところもある。

でも、真エンディングもあって、ストーリーはそれなりに楽しめる。


キャラクターの魅力

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

3.0

お掃除ロボの孤独なゴミ爆破物語、と思ってたら、結構にぎやか。街の人たちからの依頼が絶えない。

で、街の人たちのクエスト内容が、とんでもない。「毒薬20個くれ」とか「安眠枕くれ」とか。依頼内容を読むのが面白い。

そもそもアニメDVDとか、掃除に使うコロコロとか、ルービックキューブとか。「え、近未来SFとかポストアポカリプスな世界設定じゃないの?」って、雰囲気ぶち壊しなものが登場しまくってて笑える。

でも、街の人はランダム表示な感じで、特定のNPCが大活躍したりするわけではない。


操作性

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

4.0

タップするのみなので、難しい操作は全くなし。ゴミをタップすると、ボォンドカァンと派手に爆散するので気持ち良い。

スマホ縦持ちでのプレイで、ゲーム内容的にも操作もカジュアルゲームといった感じ。


難易度バランス

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

3.5

街の人たちは、どんどん手に入りにくいものを大量に要求するようになってくる。

クエストは破棄することが可能。でも、クリアした場合でも破棄した場合でも、一定時間経たないと新たなクエストは発生しない。

依頼破棄、クエスト再発生待ち。たまにクエストクリアできて、それでもやっぱりクエスト再発生待ち。

そのうち、ただ街から街へと依頼見ては次の依頼待ちという、パトロール作業になってくる。

ゲームとしては難しいわけではなくて、ただただ気長に待ちながらプレイし続けなければならない。課金で爆速にしたりも出来ない。少しずつプレイして長期間楽しむゲームだ。

アプリの動作はスムーズだしバッテリーが減りすぎることもないけど、スマホはほんのり熱くはなる。


ゲームシステム

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

4.0

バッテリー回復やクエスト発生に時間経過が必要なので、一回のプレイは数分から10分程度。

でも、徐々にエリアや街が増えていくし、バッテリーも多く手に入るようになるので、一度に長くプレイすることもできるようになる。

広告表示がレベルアップ時のみなので、プレイが中断される頻度も少ないし、良心的なアプリゲームだと思う。


やりこみ要素

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

3.5

真のエンディングを目指すとなると結構時間がかかる。基本プレイ無料ゲームとしては、かなりたっぷり。

しかも、ちゃんとエンディングまで楽しめる(無課金でも最後までプレイ可能。広告視聴という形で製作者さんに貢献できる)。


グラフィック

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

3.5

ピクセルアートなグラフィック。全体的に可愛らしいデザイン。

エリアによってゴミの種類や見た目が変わる。クジラの死体や、異星人など様々なゴミが登場して、エリアごとにガラッと風景が変わるので単純作業でも飽きにくい。


サウンド

あの日は燃えるゴミの日だった 評価 攻略

3.0

にぎやかなBGMというわけでもなく、静かすぎるというわけでもなく、気にならないBGM。

それよりも、ゴミを爆破するドゴォンドゴォンという効果音が気持ちよくて、ひたすらゴミ処理したくなる。


総合評価Summary

3.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

ボリュームたっぷり

ゴミが爆散する様子が気持ちいい

課金や広告表示が良心的

残念なところ

クエストを確認するだけの作業になってくる

オススメな人

1回のプレイが短時間のアプリを探している

無課金でも楽しめるアプリを探している

長く遊べるゲームを探している

オススメではない人

課金でどんどん先に進めたい

あの日は燃えるゴミの日だった

あの日は燃えるゴミの日だった

GameOn Co., Ltd.posted withアプリーチ

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
ボクと博物館

化石を掘る作業に夢中になるスマホ向けカジュアルゲーム。本作と同じく放置しつつ自分のペースで楽しめる面白くて良心的なアプリゲーム。

オススメ
ダンジョンとパズル

スマホでちょっとプレイするのにおすすめなダンジョン探索に見える倉庫番系パズルゲーム。真剣に悩む歯応えのあるパズルが楽しめる。スマホ以外でもプレイ可能。

あの日は燃えるゴミの日だった
https://www.gameon.co.jp
© GameOn Co., Ltd.

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる