『Darksiders Genesis』レビュー: 悪魔も天使も粛清するデコボコ兄弟

タップしてジャンプ

『Darksiders Genesis』とは

darksiders genesis

2010年にPS3向けに第1作目が発売されたDarksiders』シリーズ
これまでに3作品が発売されており、本作は第4作目。

天国と地獄の間で起こった戦争を治める組織である「評議会」から、天使と悪魔の間を調停する任務を負っている兄弟四騎士たちが主人公となっている。
調停とは言っても、調和を乱す奴らをぶっ倒すのが主な任務。

第1作目は第2の騎士ウォー、第2作目は第4の騎士デス、第3作目は第3の騎士フューリーが主人公になっている。
ゲームシステムなどは作品ごとに変わっているものの、世界設定や物語の背景は共通。

darksiders genesis

本作は、PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PCでプレイ可能。
私はNintendo Switch版をプレイ。

ストーリー

本作の主人公は、シリーズ初登場の第一の騎士ストライフ

darksiders genesis

ストライフは、評議会からの指示に従って、弟のウォー(シリーズ第1作目の主人公)とともに調和を乱そうとしている輩を退治しに行く。

darksiders genesis

しかし、輩どころの騒ぎではないことを知る2人。
悪魔の王と言われるルシファーが、大転覆を図ろうとしているようだ。

darksiders genesis

ルシファーを止めるという任務遂行のため、不本意ながらも悪魔と協力しながら、2人はルシファーのあとを追いかけていく。

darksiders genesis

弟ウォーは、真面目な堅物くん。
「任務だぞ」と感情を見せずに粛々と仕事をこなす。

しかし、兄のストライフは評議会や自らの過去、そして自分の行く末に疑問を抱いていく。

darksiders genesis

天国やら地獄やら、悪魔も天使もオールスター。
聞いたことのある名前もたくさん登場する。
しかし、そういった話や単語に馴染みがなくても、かなり分かりやすくなっている。

darksiders genesis

実際、私は天国にも地獄にも全然詳しくないし、なんならシリーズ初プレイで、過去作の話は詳しく知らない。
でも、物語はしっかり理解できる。

 のアイコン画像 

本作はシリーズ1作目より過去の話
シリーズ過去作と直接話がつながっているわけではないので入りやすい

ゲームの特徴

お兄ちゃんと弟の得意分野

本作は、兄のストライフが主人公という立ち位置にはなっているが、弟のウォーも操作可能。

darksiders genesis

シングルプレイの場合は、2人を切り替えて操作出来る。
その場合、操作しているキャラしか表示されず、もう1人は控えに回る。
マルチプレイでは、2人で同時に戦っていくことが出来る。

兄弟はそれぞれに特徴があり、兄のストライフは近接攻撃と銃での遠距離攻撃

darksiders genesis

弟のウォーは近接攻撃のみだけど、兄にはできない強攻撃が発動可能。

darksiders genesis

また、覚えるスキルも全く異なっていて、バトルだけではなく、探索でも2人を切り替えながら謎解きしていく必要がある。

darksiders genesis

例えば、ストライフがバトル中に死ぬと、自動的にウォーに切り替わる。
そして、ウォーが戦っている間に、一定時間経過するとウォーが復活出来るようになる。
2人ともが同時に復活不可能状態になってしまうとゲームオーバー。

 のアイコン画像 

戦況や敵によって有利に立ち回れる方を選んで戦う

意外と頭脳派

悪魔だろうが天使だろうが、調和を乱すヤツは即刻排除!
兄弟の癇に障ってしまえば、これまた即刻排除!

というわけで、無慈悲で戦闘狂に見える兄弟。
だが、実はゲームプレイのうちの半分くらいは謎解きだったりする。

darksiders genesis

2人のスキルを組み合わせてギミックを動かして道を切り開いていく。

例えば、ストライフは瞬間移動できるポートを起動できたり、ウォーは超強力パンチでスイッチを作動出来たり結晶を砕いたり出来る。

darksiders genesis

特に、貴重なアイテムを取りにいく際には、2人をフル活用して、更にスキルもフル活用。
ギミックによっては作動している時間制限があるため、アクションの腕も試される謎解きも多い。

悪魔と取引

ストーリーは、いくつかのチャプターに分かれている(リプレイも可能)。

darksiders genesis

チャプターを終えると拠点ヴォイドに戻る。
拠点では、悪魔たちと取り引きして、敵を倒して手に入るソウルや探索で見つかる船頭のコインを支払って、兄弟の強化ができる。

darksiders genesis
新たなコンボ技などを入手可能

また、兄弟は敵を倒すことでも強くなる。
とはいっても経験値ではなく、敵がドロップするクリーチャーコアを装備することで強くなる。

darksiders genesis

敵の種類ごとにクリーチャーコアは異なり、装備して得られる効果は変わる。

darksiders genesis
装備できる数は限りあるので
組み合わせをあれこれ考える

クエストと宝探しと腕試し

メインストーリーを進める以外にもステージごとに設定されたクエストがある。
特定の敵を一定数倒したり、隠しエリアに到達したり、などなど。

darksiders genesis

また、チャプターとは別に、目標をクリアしながら敵を倒しまくるアリーナもある。

評価

物語

ストーリー  

4

キャラクター 

3.5

シリーズファンに
なった

私にとって、本作が初めての『Darksiders』シリーズ。
正直、悪魔とか天国とか混み入った話で難しそうと勝手に思っていたけれど、かなり分かりやすい
セリフは日本語フルボイスで、字幕とはズレがあるけれど、翻訳はいい感じ

絶大なパワーを持つ兄弟が、有無言わさず狡猾な悪魔をぶっ倒していくので、見ていて爽快
軽口叩きながらもちゃんと頼りになるお兄ちゃんストライフと、それを呆れつつ諫めるものの融通が効かない弟ウォーの掛け合いも面白い

darksiders genesis

過去作もプレイしたくなるほど、四騎士の物語は魅力的
『Darksiders』シリーズは、5作で完結するそうだけど、本作で四騎士全員が出揃ったので、次回作は全員集合?
4人の結末が気になる。
本作をプレイして、一気にこのシリーズのファンになった。

快適さ

操作性 

4

難易度 

4.5

安定性 

3

概ね良好!

マルチプレイも可能なので、敵は大量
でも、シングルプレイで操作キャラを切り替えて戦略的に大軍を捌いていくのが面白い。
キビキビとまではいかないけれど、アクションの挙動は問題ないし、パパッと兄弟を切り替えられる。

darksiders genesis

ただ、大勢の敵が密集する時や探索中に繊細な操作が求められる場面では、キャラの位置が把握しにくくなる時がある。
「どんなところにいても目立つくらいの明るい色の服を着てくれ!」と思う。
あと、思わぬ方向に壁ジャンプするのには、イライラさせられることがあった。

たまに、謎空間に閉じ込められるバグに遭遇したので注意。

面白さ

システム 

4

やり込み 

4

ハマる

バトルと謎解きとアクション、それぞれ要素がちゃんとやりごたえがある。
謎解きは、意外と悩むものが多い。

兄弟でアクションが違って、更に兄ストライフは銃、弟は強攻撃の種類がたくさんあって、色々な戦い方をボタン1つでサッサッと切り替えながら戦えるのが楽しい。
バトルが面白くて、それを存分に味わえるアリーナでは、ただひたすら戦えるのが嬉しい。

darksiders genesis

各ミッションではマップ情報を手に入れると宝の位置や数などが分かるので、コンプリートを目指しやすい。

芸術性

グラフィック 

3.5

サウンド   

3.5

アメコミっぽい

カットシーンはコミック調の紙芝居な感じ。
ゲームプレイ時は、カメラが結構遠く離れた斜め上からの見下ろし視点なので、キャラクターたちの表情やフィニッシュ技「処刑」の迫力がいまいち感じられず残念。

まとめ

物語
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術性
良いところ
残念なところ
  • 兄弟の掛け合いが面白い
  • シリーズを知らなくても楽しめる
  • 兄弟それぞれ違った戦い方ができる
  • しっかり謎解き
  • やり込み要素もたっぷり
  • 視点が遠いので迫力が抑えめ
  • キャラの位置を見失いがち
オススメな人
オススメではない人
  • アクションゲームが好き
  • 謎解きが好き
  • 3D酔いしないゲームを探している
  • 『Darksiders』シリーズファン
  • 『Darksiders』シリーズ初心者
  • 地獄な雰囲気が苦手
  • 悪魔なキャラが苦手
  • 明るい雰囲気のゲームを探している

Darksiders Genesis
https://darksiders.com/
© 2020 THQ Nordic AB, Sweden. Developed by Airship Syndicate.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる