『Genesis Noir』レビュー: めちゃくちゃオシャレな宇宙の教科書

Index

『Genesis Noir』とは

genesis noir

Feral Cat Denが開発したパズル要素のあるアドベンチャーゲーム

真っ黒な背景に線画で描かれたグラフィックが特徴的。

宇宙とノワールがテーマ。ノワールとは、フランス語で黒色という意味だけど、1940〜50年代の裏社会を描いた映画のことも指している。

本作は、Italo Calvinoが書いた『Cosmicomics』から着想を得ているとのこと。科学的根拠に基づいた宇宙の起源がテーマのフィクション小説だ。

本作は、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。
私はXbox版をプレイ。

あらすじ

怪しげな男性が1人。道行く人に腕時計を売りつけている。まあ、まず真っ当な職業には見えない。

genesis noir

彼の名前は、ノー・マン。本作の主人公だ。

genesis noir

彼は、とある女性のもとに向かう。魅力的たっぷりセクシーな女性だけど、どうやら誰かと修羅場の真っ只中。

彼女の名前は、ミス・マス。クラブで歌うジャズシンガーだ。

genesis noir
誰かの荷物を窓から投げ捨てている

気になるけれど、時間が来たので、主人公は時計台の自宅へ。

genesis noir

でも、ソワソワする。彼女のことが気になる。で、電話をかけちゃう。やっぱり、彼女に会いたいなあ。

genesis noir

で、電話越しに何かを聞いて彼女の元に行ったら、大変な事態に!

ゴールデンボーイという別の男性に、ミス・マスが撃ち殺される寸前!なんと、主人公含めた三角関係だったのだ。

genesis noir

痴情のもつれなわけだけど、なんとか愛するミス・マスを救いたい。

ゴールデンボーイが放った弾丸「ビッグバン」を食い止めるために、主人公は宇宙の起源まで遡っていくことになる。

genesis noir
黄金螺旋を集めていくのが計画のメイン

宇宙規模で愛する人を救うという、壮大な計画だ。

ゲームの特徴

ポイント&クリックのような、そうじゃないような

本作はストーリー主導型で、所々でパズルを解く。

複雑な謎解きではなく、それぞれの場所の現れるパズルのルールを探って、それに沿って解く。

genesis noir

特にルール説明はないので、「こうしたらこうなる」というのを手探りで把握しながら解くしかない。

ストーリーは、いくつかの章に分かれているが、同じ章のなかでは、同じルールのパズルが続く。

genesis noir

とりあえず触る

本作では、パズル以外でも操作が必要になる。

主人公を移動させるのはもちろん、落ちているものを調べたり、画面内の時間を進めたりなど様々だ。

genesis noir

方向キーと決定ボタン(Xbox版だとAボタン)のみしか使わない。

「あれ?次どうするの?」という時は、いろんな場所にカーソルを移動させて、手マークや虫眼鏡マークに変わる場所で決定ボタンを押したり、時には押してホールドしたりする。

genesis noir

調べると、主人公の過去が見れるアイテムもある。これを見ていくことで、主人公の巻き込まれている三角関係の経緯が明らかになってくる。

評価

物語の魅力

ストーリー   4.0

キャラの魅力  3.5

最初は、「三角関係がこじれたなー」って感じだったのに、突然、壮大なテーマに物語がガラッと変わる。

そこからは、章ごとに、宇宙の成り立ちや地球の歴史、そして、宇宙に関するさまざまな理論が展開する。

genesis noir
章ごとに宇宙の現象が1つずつテーマになっている

恋愛物語かと思ってたら、全然違う展開になったので、「え、こういうゲーム!?」とビックリ。

宇宙の謎とか、多元宇宙論とかに興味があるなら、そういった理論がゲームで味わえるので面白い。

レクチャー部分の文章はやや硬めではあるけれど、宇宙にそんなに詳しくなくても分かりやすく書かれているので(翻訳もいい感じ)、「へえー、ほおー」と勉強になる。

genesis noir
章の始めに宇宙の講義が行われる

で、主人公の話は?となるけれど、ちゃんと彼の話にも結末があるので、物語は綺麗にまとまっている。最後に一捻りもあるので、ノー・マン自身のストーリーも面白い。

終盤は、「えええ、そんな展開になるの!?」と口が開きっぱなしでプレイしてた。

落ち着いた雰囲気だけど、結構ドラマティックな展開もあって、ぐいぐいと物語に入り込んでプレイしてしまった。

genesis noir

芸術性

グラフィック  5.0

サウンド    4.0

本作は、アートワークのセンスが抜群に良い。

genesis noir

2Dに見えるんだけど、それが3Dになったり、視点もグルグル変わる。

線画だけで描いてるのに、しかも、ほぼ白黒なのに、すごく豪華。

めちゃくちゃカラフルになるシーンは、もはやミュージックビデオ。見惚れてしまう。

genesis noir
カラフルになるシーンは圧巻

本作はタイトル通りノワールがテーマということもあり、音楽はジャズの曲調が多くて、余計にオシャレ度が高くなっている。

とにかくオシャレ。開発元の今後のゲームも楽しみ。

快適さ

操作性   3.5

バランス  3.5

カーソル合わせてボタン押す、それだけ。

でも、それぞれの場所で出来ることが全く変わるので、「え、ここは何をどうするの?」と意外と迷う。

ボタン押すだけだと思ったら、実はボタン押しっぱなしで左スティックをグルグルを回さなきゃいけなかったりとか。

genesis noir

アイテムを触るだけじゃなくて、画面全体を動かすように操作しなければいけなかったり。とりあえずいろんな場所を触らないと何をするか分からない。

登場するパズル自体は全然難しくなくて、そこで何を動かせるのかとか何にアクション出来るのかを探す方に迷う方が多い。

genesis noir

というわけで、ほぼスイスイ進めてストーリーをどんどん見るゲームなんだけど、すごく残念なところが1つ。

バグが多発する。これ、進行出来なくなるバグばっかりで、ゲームを強制終了しないとどうしようもなくなる。

しかも、章の途中でのチェックポイントはないので、やり直しとなると章の始めからになるので、かなーり面倒くさい。

genesis noir
章を選んでリプレイも可能

更に、進行不能バグの起きたところでは数回同じバグが起きてしまう。何回かやり直してやっと進めたところが何箇所かあった。

本作はゲームオーバーがなく、この世界とストーリーに没頭していくゲーム。なので、バグで中断してしまうのはかなり残念。今後の修正に期待。

面白さ

システム  4.0

やり込み  3.0

後述もするけれど、本作はアートワークのセンスが良すぎる。この世界を歩いて景色を見てるだけで、十分楽しい。

そして、私は、宇宙にそれなりには興味あるので、宇宙の色んな現象がうまくゲームに落とし込まれていて、「こういう表現になるのかー!」てずっと感心しながらプレイしていた。

genesis noir

宇宙の理論とか言うと難解になりがちだけど、すんなり入っていける作りなのも良い。数時間でクリア出来るくらいスッキリまとまってるし。

genesis noir
主人公自身の物語も面白い

宇宙に興味をもつきっかけや宇宙の概論が学べる、教科書に出来そうな感じ。こんな教科書なら、いくらでも勉強したい。

もはやゲームという域は超えていて、インタラクティブなアート作品だと思う。

まとめ

総合評価

3.5

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • グラフィック、演出など芸術性が高い
  • 宇宙理論が巧くゲームに落とし込まれている
  • ストーリーに没頭できる
 残念なところ
  • 進行不能になるバグが発生する
  • パズルが単純
こんな人にオススメ!
  • 芸術性の高いゲームが好き
  • 宇宙が好き、興味がある
  • パズルが好き
  • 数時間でクリアできるゲームを探している
オススメではない人
  • 考えたり、複雑なアクションなどやりごたえのあるゲームを探している
  • 宇宙理論を学ぶ気分ではない

Genesis Noir
http://genesisnoirgame.com
© 2020 Feral Cat Den, LLC. Published by Fellow Traveller®.

謎解きが好きなら

他のゲームを見る

\ 記事にしていない最新情報はTwitterで! /

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる