『スキタイのムスメ: 音響的冒険劇』レビュー: ゆるく斬新なアート作品

sword and sorcery スキタイのムスメ

Superbrothers A/V Incが開発したポイント&クリックゲーム

独特なピクセルアートで、スマホやタブレットの機能を駆使した新感覚のゲーム。多くの賞も受賞している。

iOS、Android、PCでプレイ可能。
私はiOS版をプレイ。

スキタイのムスメ:音響的冒剣劇(ユニバーサルバージョン)

スキタイのムスメ:音響的冒剣劇(ユニバーサルバージョン)

Capybara Games Inc.¥490posted withアプリーチ

Index

良いところ

とがりまくってるグラフィック

まず、このゲームは画像見て一目惚れした。最初は何かしらのアート作品だと思った。

昔からあるドット絵、つまり、ピクセルアートなんだけど、激しく独特。個性的。 もはや回り回って、新しい。

sword and sorcery スキタイのムスメ

デザインが現代的なんだけど、ドット絵のレトロ感もある。

一方で、背景は完全なドット絵ではなくて、光の表現が美しい。CGとピクセルアートを組み合わせて作られている。

『オクトパストラベラー』の「HD-2D」とも似ているスタイル(リリースは本作の方が先だけど)で、もう、美しすぎ。魅力的すぎ。はぁーって、ため息つきながら眺めていられる。ピクセルアート好きにはたまらない。

キャラデザインが独特

グラフィックの独特さを一番醸し出してるのは、キャラデザイン

ミニマルデザインのミニマル突き詰めた、こざっぱりしたデザイン。目鼻口のないレゴ人形をめちゃくちゃスタイル良くしたみたいな感じ。

sword and sorcery スキタイのムスメ

背景も決して描き込みが緻密というわけじゃないんだけど、何を表しているかよく分かる。「ミニマルデザインの教科書ですか」っていう芸術性の高さ。

実際、本作のデザインは、後に発売された他のゲームに影響を与えている。

月の満ち欠け

本作のゲーム進行には、現実の月の満ち欠けが関係している。現実の月が特定の状態(満月や半月など)でないとイベントなどが起こらないようになっている。

というわけで、一気に最後まで攻略は出来ない。

sword and sorcery スキタイのムスメ

クリアするまでは、「今夜の月はどうかな?」と確認する。普段は、全然気にしてないのに。月の満ち欠けを確認するって、なんだかロマンチックなゲームだ。

グルグル回す

ポイント&クリックゲームなので、怪しそうな場所をタップして調べていくんだけど、時々バトルがある。またメニュー画面を開く時は、持っている本を開かなくてはならない。

主人公が、剣を構える、本を開く、といった行動をする時は、スマホかタブレット自体を縦持ちに回転させなければならない。これが結構面白い。タブレットでプレイしてると筋トレっぽくなってくるけど。

sword and sorcery スキタイのムスメ

よく分かんないけど、いつの間にか感情移入

まず、スタート時点では、世界設定も物語もよく分からない。

とりあえず、歩いていて出会った「丸太さん」と「オトメちゃん」の話を聞く。

それでも、うーん、よく分からない。主人公であるスキタイのムスメは、一体何がしたいのか、理解出来ない。

sword and sorcery スキタイのムスメ

でも、物語が進むにつれて、スキタイのムスメの使命と運命が分かってくる。

そのうち、どんどん感情移入してしまう。いつのまにか、彼女の行く末を案じていた。

キレッキレアートの雰囲気ゲーかと思いきや、しっかりストーリーが楽しめる。良い物語だ。

親近感湧きまくりなセリフ

全て日本語翻訳されていて、かなりこだわって翻訳されていると思う。

神秘的なストーリーだけど、軽いノリでくだけたセリフが多い。

sword and sorcery スキタイのムスメ

ちょっと斜に構えてるっていうか。神秘的な現象にさえツッコミ入れてる感じ。

セリフのせいで神秘さが吹き飛ぶこともあった。このノリは、好き嫌いが分かれるかも。

残念なところ

音楽とのつながりは?

パズルのように謎解きをしていくんだけど、ヒントは最小限。ヒントもミニマル。

で、結局、画面をタップしまくる。しかし、そのうち、「ああ、怪しいのはここら辺だな」って感覚は培われてくる。

sword and sorcery スキタイのムスメ

正しい場所をタップすると、ドー、レー、など音が鳴る。確かに音階とパズルがリンクしてるけど、「音響的」とタイトルに付いてる割には、そこまでパズルに音要素は強くなかった。

勝手に音楽がパズルのヒントになってるとか、パズルを解くことで音楽が出来上がるとか、そんなゲームを想像してしまってた。

ただ、正しい場所をタップした時の音は、かなり癒し。瞑想できる。 でも、たまにBGMがガンガン鳴り始めるので、音量注意。

音楽とのつながりが「?」なバトル

バトルでは、BGMのリズムに合わせて敵が攻撃してくる。

でも、こちらから攻撃や防御を入力するタイミングは、そこまでリズムとバチッと合う感覚になれなかった。

sword and sorcery スキタイのムスメ
タイミングに合わせて剣か盾をタップ

オシャレ音楽すぎて、私がリズムを理解出来てなかっただけかもしれないけど、目で見てタップした方が確実だった。

まとめ

総合評価

3.5

こんな人にオススメ!
  • 芸術性が高いゲームが好き
  • 個性的なゲームを探している
  • 月をよく見てる、満ち欠けなどに興味がある
オススメではない人
  • バトルや謎解きなど一般的なゲームをしたい
  • 一気に攻略したい
スキタイのムスメ:音響的冒剣劇(ユニバーサルバージョン)

スキタイのムスメ:音響的冒剣劇(ユニバーサルバージョン)

Capybara Games Inc.¥490posted withアプリーチ

スキタイのムスメ: 音響的冒剣劇
http://www.sukimusu.jp
© Copyright Capybara Games Inc, Superbrothers Inc 2011

謎解きが好きなら

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる