『KUNAI』レビュー: 喜怒哀楽激しいメトロイドヴァニア

タップしてジャンプ

『KUNAI』とは

KUNAI

オランダのTurtle Blazeが開発したインディーゲーム。
2Dサイドビューでダンジョン探索していくメトロイドヴァニアゲーム

エリアによって変わる最小限の色のみで描かれたドット絵グラフィックが特徴だ。

KUNAI

現在、Nintendo Switch、PC向けに配信されていて、日本語化されている。
私はNintendo Switch版をプレイ。

ストーリー

たくさんのロボットが開発され、あらゆることが便利になった世界が舞台。

しかし、悪意に満ちたA.I.のレモンカス(Lemonkus)が現れ、ロボットを操り人類を攻撃し始める。
そして、世界は、レモンカスをボスとするロボット達に支配されてしまった。

KUNAI

しかし、そんなレモンカスに操られず、平和を取り戻そうとするレジスタンスロボット達もいる。

KUNAI

彼らは、レモンカスに対抗するため古代の戦士の魂を封じ込めたロボットを起動!

KUNAI

それが、主人公であるタビー(Tabby)

頭はタブレット、体はロボット。
古代の戦士は信じられないような見た目はとても可愛らしい忍者ロボ

KUNAI

レジスタンス達が収集した情報を頼りに、タビーはあちらこちらで様々な強力な武器を手に入れていく。
そして、打倒レモンカス!

KUNAI

タビーの表情はコミカルで、NPCも敵も面白い奴が多い
ロボットばかりだけど無機質な感じがしない

ゲームの特徴

正統派メトロイドヴァニア

古代の戦士の魂が封じ込められているらしいタビーだが、最初は全く何も出来ない。
まず、武器を手に入れるところから始まる。

KUNAI

メトロイドヴァニアのお約束通り、新たな武器やスキルを手に入れると進める場所が徐々に増えていく。

マップは、工場だとか人工砂漠だとかサブネットなどたくさんのエリアがある。
もちろん、忍者っぽさを感じさせるエリアも登場する。

KUNAI

エリアとエリアが意外なところで繋がったり、隠し通路もある。

そして、もちろん各地にはボスも待ち構えている。
ボスもロボットだ。

KUNAI

ボスは、どいつもこいつも攻撃パターンが違うし、死んでしまうことも多い。

でも、本作にはデスペナルティはない
セーブポイントでは体力回復するし、死んでも直前のセーブポイントから復活するのみ。

KUNAI

セーブポイントの間隔は結構小刻みに設置してある
ボス戦で死んだり落下死してもスムーズに再挑戦できる

コミカルな見た目だからといって侮るなかれ、正統派なメトロイドヴァニアらしいメトロイドヴァニアになっている。

KUNAI

忍者戦法

アクションは、忍者そのもの。
刀で近接攻撃

KUNAI

そして、遠距離攻撃も出来る
忍者ならではの手裏剣もあれば、忍者というキャラ設定ガン無視でマシンガンやロケットランチャー連射も出来る。

KUNAI

アクションにスタミナの概念はなく、高速にシュパシュパと攻撃することができる。

手裏剣や銃には弾数があるが、使い切っても、時間経過で回復する。

敵ももちろんロボットだが、敵の種類によって攻撃方法や倒し方が異なっている。
倒し方を見極めることも肝心。

ちなみに、近接攻撃の刀には、初めからエネルギー吸収能力という超便利機能が付いてる。
敵を刀で倒すと体力が回復する優秀な刀だ。

KUNAI

敵を倒すと体力回復するので
結構ゴリ押しが効く場面が多い
やられながらでも倒してしまえ!

忍者の立ち回り

物語の最初の方で、タビーはクナイを手に入れる。
ゲームタイトルにもなっており本作の最大の魅力であるクナイ。

KUNAI

クナイは右手左手にそれぞれセットされ、シュパッと投げると、壁や天井に刺さる。

クナイからタビーにはワイヤーが繋がっていて、片手ずつクナイを天井に突き刺しながらシュッシュッシュッと空中を移動していくことが出来る。

KUNAI

また、壁に突き刺すことも出来る。
クナイを刺した地点まで壁伝いに登っていくことも出来る。

KUNAI

クナイが刺せない硬い壁や天井もあるので注意

そして、遠距離武器にも探索に役立つ能力が備わっている。
手裏剣でスイッチを起動したり、マシンガンを下方向に打つことで空中に浮かぶという離れ技も出来る。

オシャレタブレット

タビーの顔というか頭部はタブレット。
しかし、各地の宝箱からは帽子が見つかる。

KUNAI

帽子とは言っても、タブレットの上にちょこんと乗せてるだけだったり、タブレットケースのようにズボッと被ったり。
種類はかなり多く、しかもフザケたものも多い。

KUNAI

帽子を変えたからといって、タビーの性能が変わるわけではない。
単純にファッションであり、収集要素だ。

しかし、新しい帽子を見つけた時にはタビーがすんごく喜ぶ。
というわけで、色々な帽子を見つけてあげたくなる。

KUNAI

アップグレードタビー

各地にはWiFiスポットがある。
そこではショッピングが可能。

買えるのは、タビーのスキル

KUNAI

各武器をグレードアップしたり、攻撃時に新たなアクションが追加されるスキルを購入することが出来る。

KUNAI

また、旅の途中で鍛冶屋に出会うことが出来る。
お金を払うと刀の攻撃力を上げてくれる

KUNAI

お金は敵やオブジェクトを壊すと手に入る。
が、一気にザクザクとお金が手に入らない。
スキル解放か攻撃力アップか、お金の使い道は悩みどころ。

評価

ストーリー  

3

キャラクター 
5

グラフィック 

4

音楽・効果音 
4

ストーリーはシンプル。

だけど、ストーリーよりも魅力的なのはタビー
主人公タビーのとぼけた顔!
本当に古代の戦士なんだろうか。

と思いきや、刀を振る時は鬼の形相になって、初めて見た時は笑った。
めちゃくちゃ喜怒哀楽が激しい。

KUNAI

グラフィックはドット絵だが、2、3色ずつくらいしか使われていない独特でミニマルな見た目。

シンプルなんだけど、ロボットはコミカルに動くし、セリフも面白くて、終始楽しい雰囲気。

KUNAI

操作性 

4

UI   
4

本作の1番の魅力であるクナイアクション
スパイダーマンのような感覚で、高速移動も出来るし、振りをつけて遠くにジャンプしたりもできる。

KUNAI

クナイを駆使してのバトルも探索もスピーディーで、アクション精度も高くて、プレイしていて本当に気持ち良く楽しい。

進行のテンポ  

5

難易度バランス 
4

バグの少なさ  
5

はじめは、「カジュアルな感じかな」「グラフィックがレトロだし、大味なアクション精度かな」と思っていた。

が、しかし、しっかりと作られたメトロイドヴァニアゲーム

新たなスキルが登場するタイミングと行ける場所が増えていく広さのサジ加減が絶妙

KUNAI

それでいて、迷子になってしまっても、NPCがヒントをくれることが多い

目的地を見失わないので、例え自力で道を見つけ出すのが苦手な人でも詰まることなく進めていけるはず。

KUNAI

マップの構造は把握しやすい

ウロウロしながら自力で道を見つけるのが好きなメトロイドヴァニア好きにとっては、少し物足りなさを感じることもあるかもしれない。

KUNAI

といっても、探索が単純というわけでは決してない。

クナイやスキルを駆使してヒョイヒョイとタイミング良くジャンプしていかなければならず、アクション性が高い

特に、クナイを刺した時の勢いを使わなければ大ジャンプが出来ない。
クナイを離すタイミングなどコツを掴む必要がある。

KUNAI

自由度・戦略性 

4

やり込み要素  
3.5

やみつき度   
5

ボスは戦い方がどれも違っているし、マップも広いし、帽子はつい集めたくなるほど面白いものが多いし、やりごたえは抜群

随所に、他の有名ゲームを彷彿とさせる場面もあってニヤリとしてしまうことも。

ついつい、「もう少し!もう少し!」とプレイを続けてしまう。
メトロイドヴァニアならではの中毒性を存分に味わえる。

KUNAI

総合評価 

4.2

おすすめな人
  • メトロイドヴァニアが好き
  • 2Dアクションが好き
  • ドット絵が好き
  • 可愛い雰囲気のゲームが好き
オススメ!
オススメ出来ない人
  • スピーディなアクションが苦手
  • 高難易度なゲームを探している
うーん

KUNAI
https://www.kunaigame.com/
©The Arcade Crew – TurtleBlaze – 2020

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる