『Microsoft Flight Simulator』レビュー: 絶景のち墜落

Asobo Studioが開発したフライトシミュレーター。実際に飛行機を飛ばす擬似体験ができるゲームだ。

『Microsoft Flight Simulator』は主にPC向けには発売されてきているシリーズ作で、本作は第14弾。

本作は、Xbox、PCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

こんな方にオススメ
  • どんなゲームか気になっている人
  • 買おうかどうか悩んでいる人
  • 次にプレイするゲームを探している人
  • 他のゲーマーの意見を見てみたい人
Index

ゲーム内容Features

あらすじ

Story
ただ飛ぶだけ

フライトシミュレーションであり、物語は何もない。

ゲームが始まると、観光名所を周遊するか、フライト技術を学ぶか、実際に飛ぶ技術を試すモードなどから選択してプレイを始める。

フライト技術を学ぶのが、いわゆるチュートリアル。だけど、これだけでも大量。飛行機飛ばすのって大変だ。

microsoft flight simulator

ゲームの特徴

Feature
離陸から着陸まで
microsoft flight simulator

まずは、飛行機を飛ばすお勉強から

計器の場所、飛行機の各部の動かし方、離陸と着陸まで、ひと通りをワンステップずつ教えてくれる。

Xbox版をプレイしたので、もちろんコントローラーでの操作方法を教えてくれる。

Feature
いざ、絶景の旅へ
microsoft flight simulator

ひと通りを学んだら、早速フライト。

観光名所を回るモードでは、有名な都市などのランドマークを眺めながら、ゆったり飛行することができる。

各ランドマークを目的地に設定すると、自動で飛行してくれるAI飛行もある。

Feature
パイロットになれる?
microsoft flight simulator

本作はフライトシミュレーションなので、絶景はあくまでも副産物。

自分のフライト技術を試すモードがちゃんとある。

お題が出されて、それを華麗に攻略したり、ある地点から別の地点までの長距離飛行を行うモードもある。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

物語要素はないので評価なし

キャラクターの魅力

キャラクター要素もないので評価なし

操作性

microsoft flight simulator

まず、私はフライトシミュレーションゲームというものをプレイしたことがない。

でも、絶景に吸い寄せられて本作に飛びついた。

通常のXbox用コントローラーでプレイするんだけど、スティックをほんの少し倒しただけで、ものすごい飛行機が動く

乗客はゲロ吐きだろう。ていうか、パイロット(自分)もゲロ吐き必至。フライトどころではない。拷問。

ものすごーくチョイチョイチョイと操作しなければならない。それでも慣れてくるとまあまあ飛べるようにはなる。

本作をちゃんとプレイするなら、ジョイスティックや特別なコントローラーを用意した方がいい。通常のコントローラーでプレイするなら、しっかり念入りに感度とか設定をいじった方がいい。

難易度バランス

microsoft flight simulator

上述の通り、本作は私のゲーム史上最高に左スティックを倒せないゲームだ。2mmくらいしかスティックを動かせない。

正直、チュートリアルでは墜落と飛行機の危機的状況(強制的に初めからリトライになる)を繰り返し、「私に絶景は100億年早かった(涙目)」と呟いていた。

専門用語が多くて、しかもその用語解説はあまり細かく覚え込ませてくれない。予習復習が大事。本当にお勉強だ。

しかし!ありがとう!マイクロソフト!

絶景を巡るモードでは、難易度イージーにすれば「あははー、綺麗だなー」と気軽に飛べる。

AI飛行にすれば、ただ美しい景色を眺めて。あれ?これってゲーム?スクリーンセーバー?

ゲームシステム

microsoft flight simulator

申し訳ないけれど、他のフライトシミュレーターをプレイしたことがないので、本作がどのくらい良いのか正確に判断できない。

でも、そんな私でも飛びついてプレイしたくなったので、本格シミュレーションゲームに興味を持たせてくれた良いゲームだ。

なんと言っても素晴らしいのが、現実の衛星データと連動した絶景。

私にとってはシミュレーションゲームではなく、もはや観光名所を自由に眺められるGoogle Earth超豪華フライト版。

そこから興味を持ってフライトのお勉強してみると、「飛行機ってこうやって飛ばしてるんだ」というのが分かって楽しい。望んではいないけど、墜落する勉強も出来る。

やり込み要素

microsoft flight simulator

飛行機に詳しい人やフライトシミュレーター向けコントローラーを持っている人なら、ぜひ難易度ハードで飛行機を飛ばしてみて欲しい。

そんなにやる気がなくても、絶景を眺めて、さらに航空会社のCMディレクターになりきって格好いいフライト映像を録画してみるといったゲームじゃない楽しみ方もできる。

グラフィック

microsoft flight simulator

1番の魅力。絶景。

いやー、本当に綺麗。それを独り占めして飛び回れる。最高だ。

ちなみに本作は最初にPCで発売された時は高スペックPCじゃないとフルで楽しめなかった。

私はXbox Series Xでプレイしたけれど(そもそもコンソールでプレイできるのが驚きなんだけど)、やはりロードは重ためだし、長時間プレイしていると処理落ちし始める。

サウンド

microsoft flight simulator

BGMの種類は少なめだけど、どれもこれも壮大な曲ばかり。

墜落しても、なんだか壮大な理由がある意味のある事故に見えてくる。

カッコイイ。もはや映画、ミュージックビデオ、高予算CM。そんなフライトが楽しめる。

総合評価Summary

3.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

評価なし 

 

 

 

良いところ
  • 絶景
  • コンソールでも高スペックPC向けゲームが味わえる
  • カジュアルにも本格的にもプレイできる
残念なところ
  • 操作が難しい
  • 覚えることがたくさん
  • ゲーム本体の動作は重ため
オススメな人
  • 飛行機が好き
  • リアルなお仕事ゲームが好き
  • 飛行機から見える景色が好き
  • 海外旅行気分を味わいたい
オススメではない人
  • 色んなことを覚えるのが面倒くさい
  • スティックやボタンは全開で押し込みたい

Microsoft Studios © 2020 Microsoft Corporation
https://www.flightsimulator.com

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる