バナナと極めるカッコ良さ『My Friend Pedro』レビュー

DeadToast Entertainmentが開発したサイドビューのアクションゲーム

元は、2014年に無料公開されたブラウザゲームで、基本的なアクションは本作にも引き継がれている。

PS、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

こんな方にオススメ
  • どんなゲームか気になっている人
  • 買おうかどうか悩んでいる人
  • 次にプレイするゲームを探している人
  • 他のゲーマーの意見を見てみたい人
Index

ゲーム内容Features

あらすじ

Story
浮かぶバナナ

ゲームスタートすると、何がなんだか分からないけど、目の前に浮かんでいるバナナ

このバナナの名前がペドロだ。タイトル通り主人公のお友達らしい。

で、そのバナナが主人公の状況や戦い方まで、喋り倒してくれる。

ちなみに、主人公はどこかに閉じ込められている。そこは、なんでも食肉に変えてしまうという危ない犯罪組織のアジトだという。

冒頭から絶賛ピンチじゃん。

my friend pedro
Story
早速恨みを買う

何故捕まっていたのかは分からないものの、見つけた銃を手に取り、盛大に大乱射しながら脱出。

でも、そんな派手に暴れてしまって大丈夫なわけはない。

当然の如く危険なヒャッハー集団を敵に回してしまうことになり、思いっきりお尋ね者になってしまう主人公。

その他にも何故か自分を撃ってくる訳の分からない集団も撃ちまくりながら、バナナと二人三脚(?)で大乱射していく。

my friend pedro

ゲームの特徴

Point
クールさを極めろ
my friend pedro

ゲームはステージクリア型。ステージの順番通りにストーリーも繋がっている。

一度クリアしたステージは、リプレイ可能。

サイドスクロールなので、基本的には右へ右へと進みゴールに到達すればステージクリア。

しかし、敵があちらこちらに配置されている。当たり前だけど、みんな主人公を狙って撃ってくる。駆けつけて殴ってくる。

Point
カッコ良さが正義
my friend pedro

単にステージクリアすればいいだけではない。

敵を何人倒したかだけではなく、どれだけ華麗に倒し、どれだけ速くステージクリアしたかで、ステージクリア時にスコア化され評価される。

連続して敵を倒すとコンボとなり、スコアは爆上がり。そして、鮮やかでアクロバティックに倒すほどスコアも高くなる。

Point
スローモーションでドゥウウン
my friend pedro

主人公は銃で遠距離攻撃キックによる近接攻撃が出来る。回避とジャンプもあり。

銃はいくつか種類があるが、二丁拳銃の場合は、片手ずつ別々の敵を狙うことが出来る。

スタミナなどはないけれど、もちろん銃はリロードしながら使わなければならない。最初に手に入る銃以外は弾数も有限なので、使い捨てながら持ち替えていく。

また、ステージに落ちているフライパンや可燃性の液体を蹴飛ばして大ダメージを与えることも可能。

そして、1番の特徴はスローモーション。主人公は一定時間スローモーションにすることができる。

スローモーションにしながら、正確に敵を狙ったり、敵からの銃弾をかわしたり。通常スピードでは目も手も追いつかないような鮮やかでクールで超人的なガンアクションが出来る。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

my friend pedro

ピンチに陥った主人公が幻覚を見ながら、超人的なアクションで暴れ回る。映画にありそうなストーリーだ。

私はこういうテイストが大好きだ。なので、もちろん本作の展開もお気に入り。

そこにバナナ。なんでバナナ。

ということで物語の掴みは最強。

ジェットコースターのようにトラブルに巻き込まれていく主人公の行く末に夢中。意外な結末が待っている。

キャラクターの魅力

my friend pedro

覆面の主人公が1番気になる。

そもそも主人公って何者?バナナ以上にそこが気になる。

ボスも愛すべきヒャッハーキャラばかりで、みんな良い具合にぶっ飛んでる。

操作性

my friend pedro

銃は凄い勢いでぶっ放しまくれるし、回避しながらも乱射出来る。

スローモーションと組み合わせて次々と敵を気持ちよく倒していくことが出来る。

特に左右の銃で別々の敵を狙えるというのは、ありそうでない。両方向の敵を撃ち散らしていく様は爽快。

ただ、一方の照準を合わせた瞬間にもう一方の照準が突然とんでもない方向を向いてしまうことがあるのが残念。

あと、ジャンプが独特な「ぬんっぬんっ」ともったりした動きで、やや大味なのも残念。

そして、銃撃なゲームだと重要な残弾数が、武器選択時に確認しにくかったのも気になったところ。

難易度バランス

my friend pedro

各ステージは間延びしない、ちょうどいい長さ。

やられてしまっても、かなりすぐ直前からリスタートになる。初見殺しも多いので、チェックポイントが小刻みなのは親切。

敵は猛烈に攻撃してくるけれど、敵の配置を覚えて的確に仕留めていけば必ずクリア出来る。

スローモーションの制限時間は結構長めで、敵を攻撃していると延長される。

テンポもいいし、ゲームボリュームも長すぎず短すぎずいいくらい。

ゲームシステム

my friend pedro

スローモーションがとにかく良い。スローモーション演出大好き人間なので大好物。

カッコ良さだけではなくて、もちろんゲームプレイでも大活躍。

一見するととても処理しきれないような銃弾の嵐、大勢の敵なんだけど、スローモーションにすると面白いくらいに倒していくことが出来る。

でも、どの順番で敵を倒して、どこで宙返りして、あそこのスケボーに乗って、と、華麗な駆け抜け方を考えるパズルっぽさもある。考えながら大乱射だ。

やり込み要素

my friend pedro

どこまでカッコ良くなれるかが、最大のやり込み要素。同じステージを繰り返し練習したり、高難易度に挑戦したり。

そして、シークレット要素もある。

ステージ上の「いや、そこは行く必要ないし、行きにくいだろ」という場所に黄色の看板のようなものがある。

手に入れるとチートモードが解放される。新たな要素という感じではないので、正直あまりやる気は湧かないけど。

グラフィック

my friend pedro

主人公、敵のデザインが良い。アメコミのようなクールでカラフルな見た目。

高解像度というわけではないけれど、ストリートな雰囲気が良い!

サウンド

my friend pedro

どれだけクールに銃撃出来るかってわけで、そんな気分を高めてくれるノリのいいBGMがズンズン流れる。

BGM聴いてるだけでもかなりアガる。

総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • ぶっ飛んでいるけれど先が気になる物語
  • スローモーション演出を操れる
  • 立ち回りを考えるパズルっぽさ
  • 魅力的なキャラクターたち
残念なところ
  • アクション精度はやや大味
  • やり込み要素がオマケ程度
オススメな人
  • 2Dアクションが好き
  • カッコイイ演出が大好き
  • ふざけたノリが好き
  • 短時間でプレイできるゲームを探している
オススメではない人
  • 1mmを争うようなアクション精度を求めている
  • スコアを追求するゲームが好きではない

http://www.deadtoast.com
Copyright 2019 Deadtoast Entertainment

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる