『Katana ZERO』レビュー: ハイスピードとスローモーションで侍アクション中毒

アメリカのAskiisoftが開発した2Dアクションゲーム。

ピクセルアートで描かれているのでマイルドにはなっているけれど、ネオ・ノアールな世界設定になっていて、ゴア表現がふんだんに登場する。

Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。

Index

あらすじ

主人公は、凄腕の暗殺者。組織から命令されたターゲットを暗殺していく。

左端が主人公

それぐらいしか分からない。主人公自身のことも、偉そうに命令してくる組織についても全く分からない。

主人公は、毎回精神科のカウンセリングのようなものを受け、クスリ(明らかにヤバそうなやつ)を打ってもらいミッションに出かける。

このカウンセラー風の医者が暗殺の指示書を渡してくるので、医者も組織の一味なんだろうけど、それ以上は分からない。とにかく謎。

状況はよく分からないものの、主人公は任務をこなし、仕事が終われば帰宅して眠る。

主人公の関わった暗殺が
ニュースで報道されている

そして、ほぼ毎晩悪夢を見る。暗殺稼業なんてしてたら、夢見が悪いのは仕方ない。 しかし、この「悪夢」のおかげで、主人公は自身の記憶を取り戻していく

組織とは何なのか、主人公は一体誰と戦っているのか、徐々に明らかになっていく。

舞台はサイバーパンクな都市。ネオンきらきらなステージもあれば、主人公が自宅を構えているスラムのような場所もある。

しかし、主人公はサムライ風の出で立ち。暗殺者なのに逆に目立ってしまっているような。

BGMもサイバーパンクなかっこいい曲ばかり。ちなみにBGMは主人公がミッション開始時に、カセットテープを再生しているという設定になっている。

ゲームの特徴

本作はステージクリア型ステージ上のすべての敵を倒すと次に進むことが出来る。

斬り飛ばす、投げ飛ばす

主人公は、で攻撃する。敵は一太刀で死ぬ。かなり豪快な斬りっぷりで、敵は吹っ飛び、血しぶきがブシャアアアッと飛ぶ。

回避もあって、敵の間を回避して駆け抜けながら斬り飛ばしていく。

また、マップには、色々なものが落ちていて、拾って投げつけることが出来る。複数の敵を倒す時には、刀攻撃だけだと間に合わないので、そこらへんにある包丁や銅像をブンブン投げつける。

空き瓶だろうと包丁だろうと、投げつけたものが敵に当たれば、敵は一発で死ぬ。空き瓶でも一撃必殺できるとは、さすがプロの暗殺者。

また、火炎瓶や爆弾も落ちていることがあり、複数の敵をまとめて倒すことも出来る。

スローモーション

主人公は、ミッション前に打ってもらうクスリのおかげ(副作用?)で、一定時間視界がスローモーションにする能力が使える。

全てがゆっくりになり、敵が撃つ弾さえゆっくり見える。ということで、刀で銃弾を弾き返すことが出来る。弾き返した弾が敵に当たれば、もちろん倒せる。

ただ、「周りはスローモーションだけど、自分は普通通り動ける」というような超能力というわけではなく、主人公自身の動きもゆっくりになる。

そして、スローモーション能力は無限に使えるわけではなく、画面左上に表示されるゲージを消費する。ゲージは時間と共に回復するので、使いどきを見計らいながらやりくりしていく。

無限ループ

上述の通り敵を一撃で倒せるけれど、主人公も一撃で死んでしまう。凄腕の暗殺者だけど、敵のパンチ一発で死んでしまうほど打たれ弱い。

倒されてしまうと、ステージ最初に巻き戻る。文字通り「巻き戻し」の演出が起こる。

実は、ステージ攻略は全て主人公による脳内シミュレーション。敵に倒されると「オオオオウゥゥ」という断末魔とともに「これでは上手くいかないな」と呟き、「スタート地点から考え直し」ということでステージ最初からリスタートになる。

ステージを無事にクリア出来ると、「よし、これなら上手くいく」と呟きプレイした通りの再現VTRが「現実に起きたこと」としてモノクロ映像で流れる。

再現VTRは監視カメラ映像っぽい
スローモーション演出は省かれる

ハイスピード会話

「プロの暗殺者」というと、無駄なお喋りは無し、というイメージだけど、本作には会話シーンがたくさん登場する。

といっても、主人公は勝手にペラペラ喋るわけではなく、選択肢を選ぶ

選択肢を選ぶ機会は結構たくさんあって、分岐も多い。決定的にストーリーが変わりそうな選択から、ちょっとしたことが変化する選択肢まで、かなり豊富。

また、選択肢を選ぶ際には時間制限がある。時間切れになると、デフォルトの選択肢が自動的に選ばれてしまう。

また、選択可能な時間の最初の数秒にだけ現れる赤い選択肢もある。赤い選択肢を選びたい場合は、相手のセリフ食い気味に、素早くボタンを押さなければならない。

評価

 良いところ
  • ハイスピード刀アクションが気持ちいい
  • 戦術を考えるのが面白い
  • サイバーパンクなドット絵グラフィック
  • カッコ良さもアクションも盛り上げるBGM
  • 気になるストーリー
 残念なところ
  • 人によっては目が疲れる演出

期待以上の面白さと病みつき度

開発中の『Katana ZERO』のトレイラーを見てから、「これ、絶対面白いやつだ」と期待して待っていたタイトル。

うきうきプレイ始めたら、期待を大幅に超える面白さで大興奮しながらプレイした。気分盛り上がる音楽とかっこいい演出、そしてそのノリを壊さないハイペースアクションで、脳汁ドバドバ

ゲーム内ではドラッグでトリップしてしまう描写が多いけれど、プレイヤーのこちら側は気持ち良すぎるアクションでナチュラルハイになってしまう。

とにかく操作性が良い。ズバァッズバズバッと誰もが一度は憧れるだろう素早すぎる刀アクションが、ハイスピードで繰り出せる。

スローモーションも回避もボタン1つで操作はシンプル。挙動は精度高く調整されていて、ノンストレス。エフェクトもカッコ良くて、全てが気持ち良い。

でも、単にバシバシ斬るだけではない。ちゃんと立ち回りを考えてから斬りかかっていかないと、一撃死。敵の数が多いので、ものを投げて身を隠してとパズルのように戦略を練る必要がある。これがまた面白い。

アートワークがカッコよすぎ

ドラッグや暗殺といった裏社会が描かれているストーリー。血はブシィッと飛ぶし、ドラッグで「飛ぶ」演出もあり、残虐なシーンもある。

ドット絵の2頭身キャラなのでマイルドにはなっているけれど、モラル崩壊した描写が苦手だと物語にはハマりにくいかもしれない。

刀アクションで画面が揺れたり、グリッチエフェクト、サイバーパンクな雰囲気、重低音響かせて聴きたいBGM。全て果てしなくカッコイイ。

アクションの素晴らしさももちろんだけど、見た目のカッコ良さにも病みつきなってしまった。

ゲームスタート前に「視覚効果が多いよ、注意して」と警告がでるけれど、確かにグリッチやノイズの視覚効果が多いので、人によっては見ていて疲れるかもしれない。でも、「視覚効果オフ」にも出来るので安心。

サムライの狂気

上述の通り文句なしのアクション。一方、ストーリーも負けてない。主人公の謎、組織の謎、クスリ打ちまくった主人公の現実と幻覚の境目、ストーリーもかなり見応えがある。

病みつきになり夢中で一気にプレイしたけれど、会話シーンで違う選択肢を選んだ時の展開も気になる。

いいくらいのボリュームだけど、更に追加DLCが製作されているとのこと。今後のストーリー展開が、かなり楽しみ。続編が発売されたら絶対プレイしたい、お気に入りのゲームになった。

まとめ

Katana ZERO
https://www.katanazero.com
Copyright 2019 Askiisoft. All Rights Reserved.

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる