『Katana ZERO』レビュー: 超速スローモーション侍でぶっ飛ぶ

『Katana ZERO』とは、アメリカのAskiisoftが開発した2Dアクションゲーム。

ピクセルアートで描かれているのでマイルドにはなっているけれど、ネオ・ノアールな世界設定になっていて、ゴア表現がふんだんに登場する。

Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

Story
謎の侍

主人公は、凄腕の暗殺者。組織から命令されたターゲットを暗殺していく。

それぐらいしか分からない。主人公自身のことも、偉そうに命令してくる組織についても全く分からない

主人公は、毎回精神科のカウンセリングのようなものを受け、クスリ(明らかにヤバそうなやつ)を打ってもらいミッションに出かける。

このカウンセラー風の医者が暗殺の指示書を渡してくるので、医者も組織の一味なんだろうけど、それ以上は分からない。とにかく謎。

katana zero
Story
侍の謎

状況はよく分からないものの、主人公は任務をこなし、仕事が終われば帰宅して眠る。

そして、ほぼ毎晩悪夢を見る。暗殺稼業なんてしてたら、夢見が悪いのは仕方ない。

しかし、この「悪夢」のおかげで、主人公は自身の記憶を取り戻していく。

組織とは何なのか、主人公は一体誰と戦っているのか、徐々に明らかになっていく。

katana zero
Story

舞台はサイバーパンクな都市。ネオンきらきらなステージもあれば、主人公が自宅を構えているスラムのような場所もある。

しかし、主人公はサムライ風の出で立ち。暗殺者なのに逆に目立ってしまっているような。

katana zero

ゲームの特徴Features

Feature
侍の戦い方
katana zero

本作はステージクリア型。ステージ上のすべての敵を倒すと次に進むことが出来る。

主人公は、刀で攻撃する。敵は一太刀で死ぬ。かなり豪快な斬りっぷりで、敵は吹っ飛び、血しぶきがブシャアアアッと飛ぶ。

回避も出来て、敵の間を回避して駆け抜けながら斬り飛ばしていく。

また、マップには、色々なものが落ちていて、拾って投げつけることが出来る。

複数の敵を倒す時には、刀攻撃だけだと間に合わないので、そこらへんにある包丁や銅像をブンブン投げつける。

空き瓶だろうと包丁だろうと、投げつけたものが敵に当たれば、敵は一発で死ぬ。空き瓶でも一撃必殺できるとは、さすがプロの暗殺者。

Feature
スローモーション侍
katana zero

主人公は、ミッション前に打ってもらうクスリのおかげ(副作用?)で、一定時間視界がスローモーションになる能力が使える。

全てがゆっくりになり、敵が撃つ弾さえゆっくり見える。ということで、刀で銃弾を弾き返すことが出来る。弾き返した弾が敵に当たれば、もちろん倒せる。

ただ、「周りはスローモーションだけど、自分は普通通り動ける」というような超能力というわけではなく、主人公自身の動きもゆっくりになる。

そして、スローモーション能力は無限に使えるわけではなく、画面左上に表示されるゲージを消費する。ゲージは時間と共に回復するので、使うタイミングを見計らいながらやりくりしていく。

Feature
無限ループの危険性
katana zero

上述の通り敵を一撃で倒せるけれど、主人公も一撃で死んでしまう。凄腕の暗殺者だけど、敵のパンチ一発で死んでしまうほど打たれ弱い。

倒されてしまうと、ステージ最初に巻き戻る。文字通り「巻き戻し」の演出が起こる。

実は、ステージ攻略は全て主人公による脳内シミュレーション。

敵に倒されると「オオオオウゥゥ」という断末魔とともに「これでは上手くいかないな」と呟き、「スタート地点から考え直し」ということでステージ最初からリスタートになる。

ステージを無事にクリア出来ると、「よし、これなら上手くいく」と呟きプレイした通りの再現VTRが「現実に起きたこと」としてモノクロ映像で流れる。

Feature
ハイスピード会話
katana zero

「プロの暗殺者」というと、無駄なお喋りは無し、というイメージだけど、本作には会話シーンがたくさん登場する。

といっても、主人公は勝手にペラペラ喋るわけではなく、選択肢から返答を選ぶ

選択肢が出現する機会は結構たくさんあって、分岐も多い。決定的にストーリーが変わりそうな選択から、ちょっとしたことが変化する選択肢まで、かなり豊富。

また、選択肢を選ぶ際には時間制限がある。時間切れになると、デフォルトの選択肢が自動的に選ばれてしまう。

更に選択可能な時間の最初の数秒にだけ現れる赤い選択肢もある。赤い選択肢を選びたい場合は、相手のセリフ食い気味に、素早くボタンを押さなければならない。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

katana zero

4.5

本作はアクションゲームだけど、ストーリーも全く負けてない。

主人公の謎、組織の謎、クスリ打ちまくった主人公の現実と幻覚の境目、ストーリーもかなり見応えがある

ドラッグや暗殺といった裏社会が描かれているストーリー。血はブシィッと飛ぶし、ドラッグで「飛ぶ」演出もあり、残虐なシーンもある。

モラル崩壊した展開も多くて、それ系のノリが苦手だと引いちゃうかも知れない。

でも、このノリが大丈夫なら、意外な展開とどんでん返しに驚き、考察も捗るテンポのいい物語が楽しめる。


キャラクターの魅力

katana zero

4.5

上述のような物語なので、主人公もNPCも敵もみんな完全にぶっ飛んでる

一癖も二癖もあるやつばかりだけど、カッコ良さも感じる。悪のかっこよさ。全員魅力的だ。

主人公は孤高の暗殺者という感じで、もちろん1番カッコいい。

だけど、自宅に戻るとハーブティーを飲んで寝たり、記憶喪失でうろたえたり、弱さも垣間見える。そのおかげでより一層感情移入しやすくなるし、大好きになった主人公だ。


操作性

katana zero

5.0

操作性がめちゃくちゃ良い。ズバァッズバズバッと誰もが一度は憧れるだろう素早すぎる刀アクションが、ハイスピードで繰り出せる。

スローモーションも回避もボタン1つで操作はシンプル。挙動は精度高く調整されていて、ノンストレス。エフェクトもカッコ良くて、全てが気持ち良い。


難易度バランス

katana zero

4.5

単にバシバシ斬るだけではない。ちゃんと立ち回りを考えてから斬りかかっていかないと、一撃死。

何回も失敗することもあるし、アクション要素もあるので敵が意外な動きをしてきて「え、さっきと違うじゃーん!」と予想通りには進まないこともある。

暗殺者たるもの、臨機応変さも大事。

敵の数が多いので物を投げたり、身を隠すのも大事だし、パズルのように戦略を練る必要がある。

終盤になってくると一筋縄ではクリアできない。アクションのテクニックだけでもクリア出来ない。

初見殺しも多いけど、やり直して更に上手い立ち回りを考えていくのが醍醐味で、良いペースで攻略していける難易度。


ゲームシステム

katana zero

5.0

ハイペースなアクションだけど、好きな時にスローモーションにできる。この緩急交えながらステージを制覇していくのが面白くて病みつきになる。

上述したけれど、すべて気持ち良いので失敗しても全然苦にならない。

しかも、スローモーション演出が嫌いな人っている?最高にカッコイイ。

敵を順序よく倒す考える要素と、一撃で死んでしまう緊張感が加わるので、頭も手も超多忙

やりごたえと達成感。楽しいー!


やりこみ要素

katana zero

4.0

会話中に登場する選択肢によって変わるパターンを見るのがやり込みぐらいかな。収集要素みたいなのは特にない。

特に短時間しか出現しない赤い選択肢は、どれも暴力的で「おいおい、やりすぎじゃない?」な演出を見ることが出来る。

追加コンテンツが開発されているそうなので、そちらにも期待!


グラフィック

katana zero

4.5

全てピクセルアートなグラフィック。

刀アクションで画面が揺れたり、グリッチエフェクト、サイバーパンクな雰囲気。全て果てしなくカッコイイ。

見た目のカッコ良さにも病みつきなってしまった。

ゲームスタート前に「視覚効果が多いよ、注意して」と警告がでるけれど、確かにグリッチやノイズの視覚効果が多いので、人によっては見ていて疲れるかもしれない。でも、「視覚効果オフ」にも出来るので安心。


サウンド

katana zero

5.0

重低音響かせて聴きたいノリの良いBGMばかり。まさにサイバーパンク!

ちなみにBGMは、ミッション前に主人公がカセットで流しながらイメトレしているという設定で流れる。

そして、銃弾を跳ね返す時のガキイィイインていう音とか、アクションと共に気持ち良い効果音が鳴り響く。耳も気持ち良い。


総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

ハイスペースアクションが気持ちいい

スローモーションを操れる

作戦を考えるのが面白い

サイバーパンクなグラフィックとBGM

二転三転するストーリー

残念なところ

人によっては目が疲れる演出

オススメな人

2Dアクションが好き

ハイペースなバトルが好き

立ち回りを考えるのが好き

サイバーパンクが好き

オススメではない人

残虐やモラル崩壊な演出が苦手

ハイペースなアクションが苦手

アクションだけ楽しみたい

光明滅に敏感

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
My Friend Pedro

パンクな雰囲気と驚きストーリーが楽しめる2Dアクション。コンボが成功するとスローモーションになる演出もある本作と同じく脳汁ブシャァア系ゲーム。

オススメ
Mr. Shifty

ダメージ受けると一撃死。スローモーションも操れる。本作とゲームシステムが近いハイペースアクション。こちらは見下ろし視点の2Dアクション。

Katana ZERO
https://www.katanazero.com
Copyright 2019 Askiisoft. All Rights Reserved.

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる