『Narita Boy ナリタボーイ』レビュー: 全身タイツ勇者が救う思い出とプログラム

Index

『Narita Boy』とは

narita boy ナリタボーイ

Studio Kobaが開発したアクションゲーム

スペインのデベロッパーだけど、日本人の開発者も在籍していて、更に、本作は開発者が日本にいた時に着想を得たそうだ。ということわけで、ゲーム内に日本の文化が随所に登場する。

タイトルの「ナリタ」は、開発者の人が日本にいた時に中山競馬上で見たナリタブライアンから来ているらしい。

また、ゲーム中には「中」の漢字が重要なマークとして使われている。ちなみに、中山競馬場の「中」ではない。なぜ「中」なのかは、ゲーム内で明らかになる。

本作は、PS、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。
私はXbox版をプレイ。

あらすじ

1980年代のどこかでパソコンでカタカタとコードを打って作業をしている男性。

narita boy ナリタボーイ

彼は、人気ゲーム『Narita Boy』を開発したゲームクリエイターだ。

熱心に作業していたかと思ったら、画面が真っ赤に。ん?パソコンがバグった?

narita boy ナリタボーイ

と、次の瞬間、突然、画面の向こうからパンチが飛んでくる。

narita boy ナリタボーイ
画面から手が飛び出てくる

え!?新しいタイプの貞子?

画面の向こうのデジタル世界から飛んできた顔面パンチをまともに食らってしまい、クリエイターは脳震とう起こしたのか、記憶が吹っ飛んでしまう。

narita boy ナリタボーイ

しかし、実はこれ、幽霊のせいではなく、『Narita Boy』のゲーム内に潜むHIMという悪意満々の悪いプログラムが仕組んだこと。

narita boy ナリタボーイ

「ゲームクリエイターはどうなるの?」と気になるところで場面は変わり、どこかのお家。男の子が熱心に『Narita Boy』をプレイしている。

narita boy ナリタボーイ
ゲーム内のゲーム『Narita Boy』

でも、もう夜遅い。背後にはお母さん。

そして、案の定、ゲーマーなら誰もが経験したであろう、お母さんの「もうゲームやめなさい!」通告。

narita boy ナリタボーイ

仕方ない。男の子は、しぶしぶゲームをやめた。

はずが!夜中にゲームが勝手に起動して、男の子はゲームに吸い込まれ、自らがゲームの主人公である全身タイツに身を包んだナリタボーイになってしまう。

narita boy ナリタボーイ

そこで、ゲーム内のマザーボードたちに「クリエイターの記憶を取り戻し、HIMの凶行を止めて欲しい」と言われる。

narita boy ナリタボーイ

「あなたこそナリタボォオオイ!」と奮い立たされて、男の子はその気になってしまった、たぶん(主人公はセリフなしなので推測だけど)。

ナリタボーイは、プログラム内を駆け巡り、HIM軍団と戦い、クリエイターの記憶を辿っていく。

ゲームの特徴

ナリタボォオオイアクション

本作はサイドビューの2Dアクション

ジャンプしたりダッシュしたり、壁を登ったりして進んでいく。

そして、ナリタボーイの武器はテクノソード。通常攻撃だけでなく、力を溜めて振ると「ホームラン」の強攻撃になったり、アッパーカットできる上方攻撃などもある。

narita boy ナリタボーイ

また、銃も使える。近距離で強力なショットガン、遠くの敵まで貫通するレーザービームなど。

narita boy ナリタボーイ
残弾数は時間によって回復する

敵を攻撃すると溜まっていくゲージで、回復や必殺技を発動することも出来る。

narita boy ナリタボーイ
画面左上の1番上のゲージが体力
その下が回復や技に使うゲージ

そうしたアクションを駆使しながら敵を倒して進んでいく。

でも、敵を倒して経験値が入ったりお金がもらえるわけではなくて、出てきた敵を全部倒さないと先に進めないシステムになっている。

そして、もちろんボス戦もある。

narita boy ナリタボーイ

80年代はフロッピーディスク

本作のメインは、プログラムを具現化した世界を進んで、クリエイターの記憶を集めること。

各所にあるクリエイターの記憶とシンクロできる場所に来ると、記憶の間に飛んで、一つずつクリエイターの過去を見ることが出来る。

narita boy ナリタボーイ
ゲームが進むごとに記憶の扉が1つずつ開けられるようになる
narita boy ナリタボーイ
思い出の中では
クリエイターの回想を聞いていくことになる

ただし、そのシンクロできる場所へは、簡単に辿り着けない。

narita boy ナリタボーイ

クリエイターの記憶は、よくあるパスワードを忘れた時の「秘密の質問」みたいなやつで、緊急用超極秘情報。プログラム内で厳重に守られている。

それぞれの記憶に到達するまでに、いくつかの鍵を突破しなければならない。鍵はテクノキーと呼ばれているけれど、フロッピーディスクだ。

narita boy ナリタボーイ

また、正しいシンボルの組み合わせを入力して進めるポイントもある。

あっちやこっちへ行ったり来たりしながらフロッピーディスクを集めたり、シンボルの組み合わせを調べながら道を開いていく。

narita boy ナリタボーイ
シンボルは背景の壁などに描かれているので
周りをよく見て覚えておく

ちなみに、何をすべきかは「Mission」を開くと確認することが出来る。しかし、地図機能はないので、場所や道は覚えておかなければならない。

評価

物語の魅力

ストーリー   4.0

キャラクター  4.0

「ゲームの世界に入っちゃった」「デジタル世界に入ってどーたらこうたら」。はいはい、どこかで見たことあるなあ。

のはずなんだけど、面白い。

なにが面白くさせてるかというと、いろんな場所がある。デジタルとかプログラムの世界と言うと単調そうだなと思うけれど、全然そんなことない。NPCもバラエティ豊か。

narita boy ナリタボーイ
やたらとサラリーマンぽいNPCも

そして、取り戻していくクリエイターの記憶が良い。

必ずしも幸せな思い出ばかりじゃないんだけど、日本が舞台ということもあってか、なんだか切なくなって、心がほっこり。

デジタル世界は非現実敵だけど、記憶の方は「開発者自身の自伝?」って思うくらい結構リアルで感情移入してしまう。時には泣けてしまう思い出もある。

narita boy ナリタボーイ

オープニングで出てきたクリエイターはサングラスかけてて、いかにも業界人って感じなんだけど。思い出の中の彼は、第一印象とは全然違っていて、過去に何があったのか気になりすぎてゲームを進める手が止まらなくなる。

ナリタボーイとしてのバリバリデジタルな冒険とほろ苦いクリエイターの思い出という、メインストーリー二本立てで、しかも雰囲気が全然違う。テンポがかなり良くて、気づいたらぶっ通しでプレイしてた。

narita boy ナリタボーイ

ただ、プログラミングの単語が頻出するので、NPCのセリフは結構かたくて難しい。プログラミングの知識がある人なら、セリフがより深く味わえると思う。

プレイの快適さ

操作性  4.0

難易度  4.0

安定性  4.5

本作は1980年代が舞台で、レトロさが魅力!と宣伝されている。でも、プレイして驚いたんだけど、ゲームプレイは全然レトロじゃない。予想と全然違った、良い意味で。

narita boy ナリタボーイ

なめからに動くし、アクションの精度も高い。グラフィックのピクセルの1ドットは大きいけれど、そこから予想する操作性とは全く違って、繊細な動きができる。

アクションの種類は少しずつ増えていって色んな戦い方が出来る。敵の種類も豊富。

narita boy ナリタボーイ

特にボス戦では相手の攻撃パターンをよく見て立ち回らないといけない。ボス戦では、何回かゲームオーバーになることもある難易度で、アクションゲームとしてもしっかり面白い。ゴリ押し脳筋プレイでは勝てない。

特に目立ったバグもないし、日本語翻訳もしっかりされてるので、安心してプレイできる。

芸術的な完成度

グラフィック  4.0

サウンド    4.0

本作は『スキタイのムスメ』に影響を受けているらしい。

グラフィックにその影響が出ていて、同じ系統のモダンなピクセルアート。シンプルなんだけどセンス抜群。

私は、この系統のピクセルアートが大好物なので、プレイ中に背景に見惚れてしまってた。

narita boy ナリタボーイ

いろんな景色が登場する。都会や砂漠、いかにもサイバーな場所も。ガラッと風景が変わるので、見てるだけでも飽きない。次のエリアに進むのがすごく楽しみになる。

本作では、レトロさを演出するためにテレビ画面越しっぽく見えるフィルターをかけてプレイすることもできる(私は色鮮やかな方が好きなのでフィルターオフでプレイしていた)。

narita boy ナリタボーイ
フィルター有り
narita boy ナリタボーイ
フィルターなし

新しいスキルもフロッピーディスクで手に入れるんだけど、そのデザインもいちいち凝ってて、ピクセルアート好きとしては、ヨダレが止まらない。

narita boy ナリタボーイ

音楽は、サイバーでテクノで80年代な曲。と思いきや、風景が変わると音楽の雰囲気もがっつり変わる。特に、クリエイターの記憶を見ている時のBGMが美しくて、切なさが200%くらい上がる。

タイトル画面や数カ所で「ナリタボォオオオオオイ!!!」と激しくシャウトがあるので、ゲーム起動時には音量注意。

あと、エンディングで曲が始まった途端に爆笑した。終盤の展開に感動して涙してたのに、エンディング曲で全て吹き飛んだ。涙を返せ!これからプレイする人は、ぜひエンディングまで見てほしい。

ゲームとしての面白さ

システム  4.0

やり込み  3.5

アクションやゲームシステムでは、特に真新しさはない。ただ、かなり多彩。あと徐々にアクションの種類が解放されるんだけど、そのペースが良い。「お、次はこれ出来るようになったー!」と新要素が出てくるので、余計に夢中になっていく。

スキルが解放されていく良いテンポはメトロイドヴァニアの面白さに通じるものがある。

場面によっては、ロボット馬に騎乗してのアクションや突然巨大ロボットアクションになったりと、ただただナリタボーイのアクションだけではないのも、単調にならない良いところ。

narita boy ナリタボーイ

そして、メインストーリーが単に「出てくるボスを倒しましょう」というわけではなくて、「記憶を集めましょう」というのも面白い。実際には順番にボスを倒すんだけど、「記憶を」と言われると、いつものゲームと違うなという感覚になるので新鮮。

やり込み要素として、任意のミッションやおまけボスもいる。

narita boy ナリタボーイ
おまけボスは強い

でも、基本的には一本道をガンガン進んでいくことになるので、自由度はほぼない。スキルは増えていくけれど、成長要素はないので、ただただ目の前の敵を倒して、NPCに言われるがままミッションをこなしていくのみ。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
芸術的な完成度
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • アクションの種類が多くて面白い
  • 独特な世界設定
  • 感情移入できるストーリー
 残念なところ
  • 地図がないので場所を忘れてしまうと迷子になりやすい
  • 自由度が低い

総合評価

4.0

こんな人にオススメ!
  • アクションゲームが好き
  • ドット絵、ピクセルアートが好き
  • レトロやサイバーな雰囲気が好き
オススメではない人
  • アクションゲームが苦手
  • 自由度が高いゲームをプレイしたい
  • 光刺激の強いゲームだと体調が悪くなる

Narita Boy
https://naritaboy-game.com
 © 2021 STUDIO KOBA, Published under licence by Team17 Digital Limited.

アクションゲームが好きなら

他のゲームを見る

\ 記事にしていない最新情報はTwitterで! /

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる