『Riverbond』レビュー: 集団でもソロでもハジけたい

『Riverbond』とは、Cococucumberが開発した見下ろし視点のアクションゲーム

PS5、PS4、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。シングルプレイから4人までのローカルマルチプレイに対応している。

私はNintendo Switch版をシングルプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

エルドラ様

ストーリーが語られる場面は少ないけれど、目的はちゃんとある。

エルドラという神様が各地に恵みや繁栄をもたらしていた。

しかし、そのエルドラ様が何者かに囚われてしまう。

そのせいで、各地の平和が崩れてしまい、種族同士で諍いまで起きてしまっている。

riverbond

勇者

プレイヤーは冒険者となり、トラブルを解決するために各地を巡り、平和を取り戻すために戦っていくこととなる。

riverbond

ゲームの特徴Features

クエストをクリア

riverbond

本作では、9つの大地を攻略する。

9つの大地は、最初から全てプレイ可能。

しかし、ステージ選択画面の左上から難易度が易しい順に並んでいるし、その順番でストーリーもつながっている。

初見プレイの時は、左上から攻略していくのがオススメ

それぞれの大地は、いくつかのステージに分かれていて、ステージごとに目標が設定されている。

「鍵などを手に入れろ」だったり、「特定のアイテムを集めろ」だったり、単純に「ボスを倒せ」だったりする。

目標を達成するとゴールゲートが開き、そこを通るとステージクリアとなる。

攻撃と装備

riverbond

主人公が出来るアクションは4種類。攻撃、ローリング回避、ジャンプ、必殺技。

攻撃は、装備している武器で行う。

武器には、近接攻撃が出来る剣や槍など、遠距離攻撃が出来る銃や弓がある。

初期装備含め、フィールド上の宝箱から手に入る武器を5種類装備しておくことができる。

手に入る武器は種類も性能もランダム。

ステージクリア時に装備していない武器は置いていくことになるので、ゴールゲートをくぐる前に装備している武器は要確認。

また、武器とは関係なく必殺技も発動できる。キャラの周囲一帯を範囲攻撃できる。

クールタイムがあるけれど、使い放題だ。

全てがスコアになる

riverbond

敵を倒した時、「+90」のような表示が現れる

これがスコアとなる。
同じ大地であれば、ステージをまたいで引き継がれていく。

コインをとると「+5」のように表示され、一見お金が貯まるのかと思うが、コインもスコアに過ぎない。

本作はローカルマルチプレイ対応なので、各大地の最終ステージをクリアすると、誰がその大地で1番多くスコアを獲得したか、表彰式のようなものが行われる。

ソロプレイだと、この表彰式の時間は終わるのを待つしかない虚無の時間

外見は何でもあり

riverbond

スコアも武器も、プレイする大地が変わると引き継がれない。

しかし、唯一引き継がれるものがある。

それは、アンロックしたスキンの種類

ステージ開始時に、どんな見た目でプレイするかというスキンが選べる。

スキンは、ボスを倒したり、宝箱から手に入る。

他ゲームのキャラを模したものや、タコスとか握り寿司とかナスとか、「え、いや、これ、キャラなんですか」というものも大胆に登場する。

ちなみに、メインメニュー画面で「王の庭」を選ぶと、集めたスキンが一同に会してワラワラと動き回っている様子を見ることができる。

評価と感想Impresssion

riverbond

『Riverbond』は、間違いなくマルチプレイが楽しいゲーム。

可愛くてとっつきやすいグラフィック、分かりやすくカジュアルなゲーム性、スキンも武器もセリフも笑えるものばかり。

ワイワイキャアキャア笑いながら、ゲーマーからアクション苦手な人でも楽しく遊べる。

「一緒にプレイしよう」と誘いやすいゲームだと思う。

スコアで競うのも良いし、協力してボスに挑むのも良し。

が、しかし、私はグラフィックの魅力につられて購入し、まさかのシングルプレイ。

協力や競争は皆無で、ひたすら宝箱を開けて敵を倒す。

でも、実はアクション好きな人にとってはシングルプレイの方が楽しめるかもしれない。

敵がワラワラ出てきて大混戦となり、集中攻撃される。カジュアルゲームのはずが、結構苦戦する。

全てボクセルのグラフィックな敵も草木も弾けて消えるのが気持ちいい。

ハクスラ好きな人にとっては、シングルプレイの方がオススメ。

riverbond

気になったところは、マルチプレイ時にプレイヤー同士の会話を妨げないためか、BGMがかなりおとなしいこと。

ポップで可愛らしい世界観なのに、控えめBGMでゲームプレイと楽曲の間にチグハグ感を感じてしまう。

総合評価Summary

3.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

可愛くポップなグラフィック

気持ちいいアクション

ソロプレイでも楽しめる

武器とスキン集めが楽しい

残念なところ

BGMが寂しい

初めから全ての大地が遊べてしまう

オススメな人

気軽に遊べるゲームを探している

マルチプレイゲームを探している

ボクセルのグラフィックが好き

オススメではない人

歯応えのあるゲームを探している

シングルプレイ向きのゲームを探している

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
Echo Generation

本作の開発元によるRPG。美しくポップなボクセルグラフィックはさらに進化していて、リアルタイム要素のあるコマンドバトルが楽しめる。こちらは完全にシングルプレイ向き。

オススメ
Echo Generation

cococucumber.co
 © Cococucumber 2015-2019

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる