『RUINER』レビュー: お兄ちゃんひとすじ!暴れ回る覆面のサイバーパンクな弟

Index

『RUINER』とは

ruiner

Reikon Gamesが開発したアクションゲーム

赤と黒を基調としたグラフィックが印象的。サイバーパンクがテーマとなっていて、日本語や漢字がたくさん登場するけど、デベロッパーはポーランドの会社。

映画『AKIRA』を連想する人も多いと思うけど、それもそのはずで、開発者も影響を受けたと言ってる。また、その他の日本のアニメや漫画からも影響を受けているらしい。

サイバーパンクといえば、怪しげな日本語やアジア圏の文化が入り混じっているのが特徴の1つでもある

PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PCでプレイ可能。
私はPS4版をプレイ。

あらすじ

どこかの工場のような場所に、顔面が電光掲示板のフルフェイスマスクを被った男が1人。主人公だ。

ruiner

ここはどこで、何をしていたのかは分からないけれど、突然「ボスを殺せ」と脳内に響き渡る。

他にやることもないし、というか、「ボス殺せ」「ボス殺せ」って連呼されてうるさいので、ボスの元に向かってみることにする。

ていうか、ボスって誰?標的の顔も分からないんですが。

ruiner

しかし、「あともう少しでボスだぞ!」と言われたところで、超強力電流を浴びてしまう。
あー、ゲームオーバー。

ruiner

と、思いきや、今度は怪しげな女性が脳内に直接呼びかけてくる。

ruiner

目覚めたのは、レンゴクシティと呼ばれる街のスラムのような場所。

主人公は、脳をハッキングされてボス暗殺に利用されていた、と女性から教えてもらう。

いやいや、脳をハッキングって…と思うけど。
時代は2091年で、コンピューター技術が発達しすぎて人間の脳も命もめちゃくちゃに操れるようになっているらしい。

ruiner

何が何だかチンプンカンプンなんですけどっていう主人公に、謎の女性はことの次第を教えてくれる。

主人公には大切なお兄さんがいて、そのお兄さんが「ボスを殺せ」と命じている奴らに人質にとられているらしい。

とりあえず、その「奴ら」を探るため、レンゴクシティの一癖も二癖もある住人たちから情報を集めることに。

ruiner

自分のことを利用した奴らめ、お兄ちゃんまでさらいやがって、マジで許すまじ!というわけで、弟によるお兄ちゃん救出のための大暴れが始まる。

ruiner

え、でも、そもそも「ボス」って誰?

何故かめちゃくちゃサポートしてくれる謎の女性(彼女もハッカー)の正体は?目的は?信じていいの?

ゲームの特徴

撃って殴って、持ち替える

主人公は、近接武器を使って攻撃する。

ruiner

どちらも現地調達で、倒した敵や宝箱などから手に入れることができる。

近接武器は耐久度、銃は弾数がゼロになったら使えなくなる。ポイポイと新品、より良い武器へと持ち替えていく。

ruiner

近接武器も銃も様々な種類があるけど、特に銃は種類によってかなり挙動が変わる。分かりやすいピストルやショットガンなどから、ビームや衝撃波などが発射されるものもある。

業深い弟

レンゴクシティでは、カルマが通貨。

社会にとって善い行いをした場合に政府からカルマが支給されるシステムになっている。

ruiner
メニュー画面のデーターベースでは
世界設定を読むことができる

しかし、謎の女性ハッカーがなんやかんやの技術を駆使して、主人公は敵を倒すとカルマが貰えるようになっている。

宝箱から手に入ることもあるけど、人殺しするほどカルマが溜まる。悪の業(カルマ)を重ねてるってわけだ。

ruiner
黄色リングが表示された敵には
フィニッシュ技を発動可能
カルマや回復アイテムなどが手に入る

カルマが一定量溜まるとレベルアップし、スキルポインを獲得する。

スキルは、基礎ステータスが上がるものから、攻撃に使えるグレネードやガード、体力回復スキルなど様々なものがある。

ruiner

特にダッシュ回避は多用することになる。

しかし、各ボタンには1つしかスキルを設定出来ない。めちゃくちゃレベルアップして全部のスキルをフル装備!というわけにはいかない。

スキルポイントはいつでも振り直せる

ruiner
バトルが終わると武器グラインダーが登場
武器をカルマや強力な武器に変えてくれる

危険な街レンゴクシティ

拠点となるレンゴクシティ。かなり治安が悪く、欲望にまみれた街だ。

ruiner

レンゴクシティには、各チャプターの合間に訪れることになる。サブクエストや収集要素などやり込み要素に関連したNPCや施設がある。

政府の手先だという電脳猫をハッキングしたり。ファイトクラブで腕試ししたり。

狭い空間ではあるけれど、『RUINER』の世界を堪能できる。

評価

物語

ストーリー  [star rate=”3.5″]

キャラクター [star rate=”4″]

クール

バーチャルリアリティだとか身体パーツを機械で作るだとか、モラルが崩壊してるサイバーパンクでクールな雰囲気が最高。

世界設定がよく練られてて複雑な話になりそう!?と思いきや、メインストーリーはスッキリ(あっさり)。

主人公は喋らないけれど、フルフェイスに表示される単語は皮肉が効いてて良いキャラしてる。

敵も味方もキャラがぶっ飛んでて、唯一まともにガイドしてくれてそうな謎の女性ハッカーも時折、残虐な一面が垣間見える。
映画かドラマでも作れそうなくらい、世界も登場人物も魅力的!

快適さ

操作性 [star rate=”3.5″]

難易度 [star rate=”3.5″]

安定性 [star rate=”3″]

ハイスピード

右スティックで向きを変え左スティックで移動するツインスティックシューター。
滑らかでハイスピードなバトルは、かなり爽快!

バトル中でもどんどん銃を切り替えるんだけど、ドロップした銃のなかからお目当ての銃を拾えないことがある。どの銃を拾おうとしているのか、もう少し見やすいとありがたい。

難易度は選べる。ノーマルでプレイしたけど、レベルが上がりやすくて、バトル後に表示される評価ではSやS+なども獲りやすい。
でも、決してヌルすぎるわけではなくて、立ち回りを間違えれば、すぐ死ぬ。

面白さ

システム [star rate=”4″]

やり込み [star rate=”3.5″]

楽しい

よくあるツインスティックシューターのシステムだと思うけど、丁寧に作られてて洗練されていてノンストレスで楽しめる。スキルや武器の種類も多いので、色んな戦い方を試すことも出来るし、バトルが楽しい。

収集要素やサブクエストの種類は少ない。
スピードランやアリーナモードなど自分のアクションを極めるやり込み要素の方がやりがいがある。でも、2周目もやりたい!と思わなければ、そこで終了だ。

芸術性

グラフィック [star rate=”4″]

サウンド   [star rate=””4.5]

カッコイイ

とにかくカッコいい!サイバーパンクが好きな人なら絶対気に入るはず。

たた、赤色が多用されているので苦手な人にとっては見づらいかもしれない。その場合は、明るさ上げてプレイした方がいいかも。

BGMもカッコいい!
ズムズム響く縦ノリ系音楽で、バトル中はかなり気分がアガる。

まとめ

物語
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術性
良いところ
残念なところ
  • 全てがクール
  • サイバーパンクな雰囲気
  • ハイスピードバトル
  • 武器の種類が豊富
  • キャラが魅力的
  • 人によっては見づらく感じるグラフィック
  • ストーリーがあっさり
オススメな人
オススメではない人
  • 2Dシューティングが好き
  • サイバーパンクの雰囲気が好き
  • アクションの腕を磨きたい
  • 赤色を見るのが苦手
  • 残虐な表現が苦手
  • ストーリーをしっかり楽しみたい

RUINER
https://www.ruiner.jp
Copyright 2016 Reikon Games.

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる