『The Artful Escape』レビュー: 目も耳も口も開きっぱなし

『The Artful Escape』は、Beethoven and Dinosaurが開発したアドベンチャーゲーム

ゲームプレイはサイドスクロールで、美しい芸術作品のようなグラフィックが特徴。

本作はXboxとPCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

Index

あらすじStory

Story
悩む青年

主人公は17歳の少年フランシスギタリストを目指している。

明日は、いよいよ地元の町で初舞台。

実は、彼の亡き叔父さんは有名なフォークソングシンガー。

明日は、叔父さんのアルバム20周年を祝うパーティで、フランシスは、そこで叔父さんの曲を演奏する予定だ。

初舞台といえばドキドキワクワクしそうだけど、フランシスは、ひたすら憂鬱そうだ。

The Artful Escape
Story
自分じゃない誰か

みんなが叔父さんの再来を期待している。そんなことは分かってる。

でも、自分は違う。やりたい音楽も違う。フランシスは絶賛葛藤中。

悶々とするフランシスには、ふと声をかけられたViolettaという女性との会話が心に響く。

自分ではない誰かになれたらなあ。でも、誰に?…寝よ。

The Artful Escape
Story
どこだー!帰りたいんですが!

で、その夜中、ドンドンドン!とドアを叩く音。

玄関から出てみると。やたらと丁重な口調のZommという名のその化け物がいる。別のゲームならバトルが始まるところだ。

が、そのZommに「Lightmanというミュージシャンの前座をして欲しい」と言われ、フランシスはホイホイついていく。

ここからぶっ飛び展開の連続が始まる。

連れてこられたのは不思議な銀河に浮かぶ宇宙船

しかも、3回のステージを終わらせないと家に帰れないと言われる。

騙された!明日の初舞台に間に合わない!

いやいや、それより銀河とか化け物とかの方が気になるでしょ。と思うけれど、フランシスは、摩訶不思議なステージに挑むことになる。

The Artful Escape
左側がLightman

ゲームの特徴Features

Feature
基本は右へ
The Artful Escape

ゲームは、いくつかのチャプターに分かれている。

宇宙船などでは、好きに探索してNPCと会話できるけれど、演奏を行うチャプターでは、右へ右へと進んでいく。

演奏は、各地の惑星でのフランシスの様子が銀河に生中継されているというシステムらしい。

ジャンプで谷間を越えながら、ひたすら右へと進んでいく。

移動中はXボタン(Xbox版)を押している間ギターを弾くことが出来て、背景の植物に光が点いたりなどリアクションが起こる。

Feature
ギター演奏
The Artful Escape

ステージの所々では、しっかり演奏をする場所がある。

スピーカーに浮かぶホログラムや、各地で登場するエイリアンなどの顔には、3つの丸いボタンと2つの楕円ボタンが付いている。

それがコントローラのX,Y,BボタンとLボタンとRボタンに対応している。

ホログラムやエイリアンの顔のボタンが光る順番通りにボタンを押せば成功

Feature
何者になりたい?
The Artful Escape

会話中などには選択肢が登場する。

自分の思いに沿って選べばいい。それは、物語を通して主人公の肩書きや決め台詞になったりする。

また、コスチュームを選べる場面もあり、その後のチャプターでも主人公の外見として引き継がれていくので、これぞ!というこだわった格好にするのがオススメ。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

The Artful Escape

4.5

主人公は有名歌手な叔父さんがいるという特殊な環境。

でも、目標を模索している人、何かを為したくて葛藤した経験がある人、ほぼ全ての人が共感できる物語。

心にグサッとくるセリフもある。

きっと、プレイした人それぞれが絶対に何かを感じるはず。

でも、全然小難しかったり説教じみた話ではなくて、純粋に楽しい物語。

何もメッセージを感じ取らなくても、摩訶不思議なぶっ飛び冒険譚として面白い。世界の雰囲気も最高。

テンポがめちゃくちゃ良くて、ジェットコースターのように次々と景色が変わる映像的な演出含めて心鷲掴み。最初から最後まで一気にプレイした。


キャラクターの魅力

The Artful Escape

5.0

どこからそのアイデア湧くの?っていうくらい、魑魅魍魎な見た目の化け物だらけ。他のゲームでラスボスできそうなやつばっかり。

でも、実際にはコミカルで軽いノリのやつばかり。セリフもゆるい。

主人公は、自分が選ぶ選択肢によって、自信満々ボーイにもなれるし、ずっと何かが心配ボーイにもなれる。

自分の気持ちを投影してプレイすれば、物語への没入感増し増しだ。

個人的にはVioletteのセリフが好きで、辛辣なこともあるけど記憶に残る良いキャラ。


操作性

The Artful Escape

4.5

本作には、複雑な操作はない。

ダァアアアアアーーーッドワァアアアアーーーッと浮遊するような疾走ができる。本当に音楽に乗っている感覚。

それを妨げるようなものは一切なくて、ノンストレス通り越して高揚感感じるくらい操作していて気持ちいい

ヘタなストレス解消法とかより、ぶっ飛べる。


難易度バランス

The Artful Escape

4.0

本作は疾走感がものすごい。音楽のように流れるように進む。

なので、ジャンプが難しいとか、演奏する場面が難しくて詰まることは一切ない。

演奏する場面でも、表示される順番は覚えなくていい。モンスターの顔のボタンが光ってる最中に押す事も可能なので、見ながら押していけばいい。

もし、ジャンプ失敗して落ちても、演奏でボタン押し間違えても、何事もなかったかのように一瞬でやり直しになるだけ。


ゲームシステム

The Artful Escape

4.0

ただただ右へ走り、特にスコアも何もなくギターをジャジャーン、ピロピロピロと掻き鳴らす。

ゲームとして真新しいことは特になく、いや、そもそもゲームなのか?

でも、操作の気持ちよさと、音楽と主人公の動きにドンピシャに合った豪華な演出、矢継ぎ早に変わっていく風景の連続。これは、やはり自分で操作できるゲームだからこそ味わえるもの。

音楽がテーマのゲームはたくさんあるけれど、ここまで操作と映像まと音楽が一体化してるゲームは珍しい。

そこを究極に最優先にして作られていて、実現できちゃってる凄いゲーム。


やりこみ要素

The Artful Escape

3.5

ひたすら一本道。寄り道はなく、猪突猛進の爆走状態でギターを弾く。

ゲームクリアとは別のことといえば、宇宙船でNPCに話しかけてクスッと笑えるセリフを聞いたりくらい。

あとは、チャプターごとにリプレイ可能なので、違う選択肢を選んだり、たくさんある衣装からいろんな組み合わせを楽しむことが出来る。

でも、圧倒的なグラフィックを隅々まで見渡して堪能するのが1番のやり込み要素かも。


グラフィック

The Artful Escape

5.0

最高に素晴らしい。芸術作品。ずっとずーっと見惚れる。

静止画でも色とりどりで、普通じゃないデザインで、圧倒的な芸術性の高さ。

主人公がジャンプしてギターをバァアーンと鳴らすと、背景で火花が散ったり、花が勢いよく咲いたり、生態不明な巨大生物がなぜか大空へ打ち上がって行ったり。

演出の派手さとタイミングが完璧。

ずっと口あんぐり開いちゃってて、喉が渇いた。でも、その渇きも忘れて没頭。もの凄い世界だ。


サウンド

The Artful Escape

5.0

音楽がテーマのゲームなので、もちろん音楽のクオリティは高い。

フォークソングもジャズも、エレクトリックギターの音色も全て良い曲ばかり。

楽しいから無駄にギターをジャカジャカ弾きながら走ってたんだけど、常にそれっぽく聴こえるので嬉しい。壮大な曲を弾けちゃってる気分になれる。


総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • 芸術性が高いグラフィックと音楽
  • 心に響く物語
  • 操作性と音楽が一体化する気持ちよさが味わえる
残念なところ
  • ゲームとしては難しさや複雑さはない
  • やり込み要素はほぼなし

オススメな人

  • 芸術性の高いゲームが好き
  • 物語を楽しみたい
  • 個性的なゲームを探している
  • 数時間でクリア出来るゲームを探している
  • 人生に迷っている

オススメではない人

  • 複雑なゲームプレイを求めている
  • 長時間遊べるゲームを探している
  • 一本道だと物足りない

本作が好きならオススメRecommendation

© 2021 Annapurna Games, LLC. Developed by Beethoven and Dinosaur Ply Ltd. Published by Annapurna Interactive under exclusive license. All rights reserved.
https://theartfulescape.com

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる