『GRIS』レビュー: 圧倒的なアートワークに言葉はいらない

一度見たら忘れられないほどの芸術性の高さで一目惚れした『GRIS』。
期待を裏切らない、とてつもなく美しいゲームだった。

タップしてジャンプ

『GRIS』とは

girs

スペインのNomada Studioが開発したアドベンチャーゲーム。
美しいグラフィックとアクションが評価され、多数のゲーム賞に選ばれている。

現在、PS4、Nintendo Switch、PC、スマホとほぼ全てのプラットフォームでプレイ可能。

ストーリー

突然、女の子が目覚めるところからスタート。

gris

ゲーム内ではストーリーがテキストで語られることはなく、セリフも一切なし。

見て、感じる、そういうゲーム。
でも、「高尚すぎて分かりません」なんてことはなく、ちゃんとストーリーは心に迫ってくる。

gris

主人公GRISは辛い出来事をきっかけに声を失い、自分の精神世界を旅していく、これが大まかなストーリー。

gris

哀しく泣いてトボトボ歩いていたGRISは、着ているドレスに不思議な力を宿しながら回復し成長していく。

ゲームの特徴

色付いていく水彩画

『GRIS』の1番の魅力は、なんといっても圧巻のアートワーク

gris

グラフィックは、どこを切り取っても1枚の絵画になってしまうほど芸術性が高い。
他のどんなゲームとも似ていない、唯一無二の世界観。

画用紙上に描いたスケッチに、水彩絵の具が滲んでいくようなグラフィック。

徐々に色鮮やかになっていく様を見るだけでも、このゲームをプレイする価値があるくらい完成度が高い。

光る点を集める

歩き回って、光る点を集めていく
一定数の点が集まると、次に進む道が開かれる。

gris

そして、何箇所かでは、光る点を集めることで、GRISのドレスに新たな能力が備わる

石のように重たい立方体に変身したり、2段ジャンプ出来るようになったり。
新たな能力を手に入れると、また行ける場所が増えていく。

この光る点を集める時には、それぞれちょっとした謎解きをしなければならない。

gris

謎解きとはいっても、頭をひねって考えるようなパズルではない。

「あそこに行くには、どこから進もうか」「このタイミングでジャンプすれば進めそう」といったアクション要素のあるパズル。

物語の終盤に向かうほど、徐々に難易度はレベルアップしていくが、高度なアクションスキルが求められるようなものではない

勝ち負けもゲームオーバーも無し

『GRIS』では、敵と戦うとか落下死のようなことは起こらない。
ジャンプに失敗しても、下の地面に着地する。

gris

もちろん、また同じ場所に戻らなきゃいけない面倒くささはある。

でも、同じ場所に、何度でもチャレンジ出来るし、ペナルティも無いし、時間制限もない

とにかく美しい世界観なので、失敗しながらゆったり堪能しながら進むぐらいが丁度いい。
端から端まで美しいので、わざとジャンプに失敗して隅々まで観察するのも最高。

gris

光る輪っか

GRISが旅する世界は、いくつかのエリアに分かれている。

光る点を集めながらウロウロする。
が、基本的には一本道。
迷子になるようなことはない。

gris

しかし正規ルートとは別に寄り道がある
行きにくい場所には白い円があることが多い。

どれだけ集めたかが実績になる。

観光スポット

GRISの精神世界には、彼女の気持ちを象徴するような場所がある。
これを見つけることも実績になっている。

gris

見逃しやすい脇道から入っていくこともあって、上記の光る輪っかとは違った難しさがある。

評価

良いところ
  • 芸術性の高いグラフィックと音楽
  • 文字に頼らなくても伝わるストーリー
  • 浮遊感感じるアクションの気持ちよさ
  • 解放されていくドレスパワーの面白さ
  • シンプルな操作
残念なところ
  • 遠い視点になると時見にくくなる

とにかく個性光りまくってるアートワーク
もはや体験出来る芸術作品と呼んだ方がいいかも。

gris

かといって、「雰囲気だけ」ではない
ゲーム性もしっかりしていて、謎解きも楽しめるし、アクションも気持ちよかった。

特にドレスでフワフワと降下していく感じ。
ピーチ姫だって出来るけど、それとは違って、GRISの場合は風を感じる浮遊感

効果音やグラフィックで風そのものがハッキリと描かれているわけじゃないけど、確かに風を感じる。

GRISの流れるような動きが、心地いい風を感じさせてくれた。

gris

そして、無いようで、しっかりあるストーリー。

明確には語られないけれど、なんだか分かる。
言葉では説明できない「何か」を感じる

gris

最後のシーンが美しすぎて、プレイしている自分の心にフワッと風が吹いて自然と涙が流れた。

美しいだけで泣けるって、ゲームでなかなか出来ることじゃない。

gris

ゲーム全体のボリュームは予想より大きかったけど、長編というわけじゃない。
それでも、しっかりと記憶と心に残る素晴らしい作品だった。

おすすめな人

芸術性の高いゲームが好きな人には、絶対おすすめ。
「芸術とかよく分かんないけど、なんだか心洗われたい」って人にもおすすめ。

そして、もちろんアクション好きな人も楽しめる。
アクションの挙動が気持ちいいので、純粋に動かしているだけでも楽しい。

gris

GRIS
https://nomada.studio/
2018 Nomada Studio.All Rights Reserved

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる