『カンパニーマン 社畜の下克上 The Company Man』レビュー: 上司の正しい倒し方

『The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上』は、Forustが開発したアクションゲーム

サイドスクロールの2Dアクションで、ステージクリア型のゲーム。

本作は、PS5、PS4、Nintendo Switch、XboxPCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

社会人1年目

今日は主人公ジムの初出勤日。

彼はグッドウォーターカンパニーという天然水を売る会社に就職した。

ジムは、「出世するぞ!社長になるぞ!」と息巻いている、やる気満々新入社員だ。

カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略 The Company Man

初日から嫌がらせ

早速オリエンテーションだ。

上司のウィリアムに会社での闘い方を教えてもらう。

キーボードを持って、同僚を、殴る!

え?

「いやいや、闘い方って、そういうんじゃなくて」と思いながらウィリアムについていく。

で、ウィリアムに言われるままに、とある機械のレバーを引くと、会社の大切な機械が壊れしまう。実はこれ、ウィリアムの嫌がらせ。

しかも、壊してしまった瞬間を人事部長に目撃されてしまい、ジムは初日から左遷されることに。

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

社長になってやる!

ジムは、それでも挫けず、社内で大暴れ。

上司を1人ずつ倒し、出世していく。どんどん上へ。上のフロアへ。

絶対に社長になるんだ。

しかし、その一方で、この会社に隠された秘密を目撃していくことにもなる。

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

ゲームの特徴Features

同僚を蹴落とせ

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

本作はステージクリア型で、会社の各フロアが1ステージになっている。

コース上にいる同僚を倒したり、足場から足場へとジャンプしながら、ステージ最後にあるボス部屋へと向かう。

ボス部屋で上司(そのフロアの部長)を倒せばクリアだ。これで出世した、ということになるらしい。

ちなみに雑魚敵である同僚を倒すと、「その同僚は解雇された」という扱いになる。

会長直伝の技

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

ジムはキーボードで近接攻撃ができる。同僚を殴りまくっても全然壊れない頑丈キーボードだ。

また、各ステージでボスを倒すと、会長がコソッと現れる。

そして、ジムに「Eメール殺法」と呼ばれる遠距離攻撃の新たなスキルを授けていく。

スキルは気力ゲージ(時間で回復)を消費して使用する。サラリーマンの飛び道具は気力を振り絞って書いたEメールだ。

「スパムメールを送信する」(メールが弾のように飛んでいく)等いくつか種類があって、使用するスキルはササッといつでも切り替え可能。

癒しのロビー

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

ステージをクリアすると、ロビーに戻る。

ロビーでは、レセプションのアリスなどと会話が出来るし、カフェもある。

ステージ内で敵を倒すと手に入るお金を支払うと、カフェでさまざまなアップグレードを購入可能

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

4.5

本作の魅力はなんといっても物語の設定。

主人公は、新人サラリーマンならではの会社に対する純粋な感想などを呟いている。

経理部はつまらなさすぎて凍ってるとか、アーティスト部門はワガママ集団でしょ、とか。

実際にその職に就いているプレイヤーが見たらムカッとくるかもしれないけれど、本作はブラックジョーク効きまくり

しかも、上司をキーボードで殴って倒して出世するとか面白すぎ。


キャラクターの魅力

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

4.0

ボスとして登場する上司たちは、「うわー、こういう人いるいる」っていう感じのやつばかり。

インターンをこき使う(ぶん投げることもあり)威張り散らしてるヤツ、無駄にアーティスト気取りなヤツ、ひたすら怒鳴り散らしてるヤツ。

現実にいたら嫌すぎるけど、クスッと笑えるし、倒しがいのあるムカつくヤツらばっかり。


操作性

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

3.5

操作性は問題なし。キビキビ動く。

操作もバトルシステムなどもシンプルで、分かりやすい。


難易度バランス

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

3.0

最初にノーマルとハードの2段階から難易度選択が可能。

ノーマルでプレイしたけど、敵配置やトラップが少なめで、ただ走ってるだけになってしまうエリアが多い。寂しい。

ボスには負けることもあるけれど、全体的に攻略しやすい難易度。サクサク進めることが出来る。


ゲームシステム

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

3.5

ゲームとしては、ごぐごくシンプル。

本作の魅力は、ゲーム性というより、やはり物語や設定

物語やキャラだけでなく背景までも、会社の「あるある」がひたすら笑える皮肉となって描写されてるのが面白い。

アクションゲームだけど、ちゃんと物語が楽しめる内容になっていて、クスクス笑いたい時にぴったりなゲーム。


やりこみ要素

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

3.0

ステージ上には、たまに隠し通路があって、そこでは敵を一定数倒すとまとまったお金が手に入る。

でも、雑魚敵を倒しててもお金は貯まっていくので、血眼になって探そうとはならない。

ノーマル難易度では厳しい戦いにはならないので、アップグレードも必死で買おうとはならないし。

難易度ハードに挑戦するのが1番のやり込みかな。


グラフィック

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

4.0

コミック調のグラフィックがなめらかに動く。

本作の開発元がマレーシアのスタジオということもあり、所々にマレーシア文化の描写も出てくる。

背景もしっかり描かれていて、この会社のヤバさが背景からも分かってくる。


サウンド

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上 評価 攻略

3.0

楽しい曲調のBGMが多いけど、静かな感じ。

上述の通り、敵がいなくて走ってるだけの区間が多めなので、余計に寂しくなる。


総合評価Summary

3.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

会社あるあるを皮肉った物語

サラリーマンならではのスキル

サクサク攻略できる

残念なところ

敵配置が疎(まばら)

やり込み要素が少ない

オススメな人

アクションゲームが好き

サクサク攻略できる難易度が良い

ブラックジョークが好き

上司を倒したい

オススメではない人

複雑で歯ごたえのある難易度を求めている

ブラックジョークや下品なネタに抵抗感がある

部下に追われる上司側の方

おすすめ類似ゲーム本作に似たゲームはコチラ

オススメ
Death’s Door

こちらは見下ろし視点のアクションだけど、ブラック企業に勤める死神であるカラスが主人公。死神の会社だけど、サラリーマンならではの皮肉ネタも楽しめる。

オススメ
Going Under

ベンチャー企業の新人さんが主人公のローグライクアクションゲーム。新人あるあるだけではなく、ベンチャー企業あるあるネタも楽しめる。会社の地下で社畜たちがモンスター化しているというブラックジョーク効きまくりな設定が面白い。

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上
3.5

上司の正しい倒し方

上司や同僚を物理的に倒して出世するという世界設定やコンセプトが面白い2D横スクロールアクションゲーム。

新入社員あるあるなブラックジョークが満載で、笑いながら楽しめる。

The Company Man カンパニーマン 社畜の下克上
© 2020 Forust Studio M Sdn Bhd. All Rights Reserved. Licensed to and published by Leoful.
https://companymangame.com

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index