『The Medium』レビュー: 1人だけど画面分割

Bloober Teamが開発したアドベンチャーゲーム

Bloober Teamは、『Layers of Fear』や『Blair Witch』など、ホラーゲームで知られるポーランドのデベロッパーだ。

本作の舞台もポーランドで、過去のポーランドの社会情勢を知っていると、ストーリーを理解しやすい。プレイ前にサラッとでも予備知識をつけておくのがオススメ。

本作は、Xbox、PCでプレイ可能。
私はXboxでプレイ。

Index

あらすじ

主人公はマリアンという女性。

霊能力がハンパじゃなく強くて、死者の魂と対話したり、あの世が見えたり、普通じゃない人生をおくってきている。

誰かに思い出を語るような形で
物語は進んでいく

ちなみにタイトルの『The Medium』は霊媒師という意味をもつ。

とはいっても、別に彼女はそれを生業にしているわけではない。「私、霊が見えちゃうのよね、仕方ないわ」みたいな感じだ。

物語は、気味悪くとられがちな彼女の能力も知ったうえで、愛し育ててくれた養父が亡くなったところから始まる。

養父の魂にお別れを言って、しみじみしたいところだが、電話が鳴る。

一方的に「ニワ保養所に来てくれ」と謎の男に電話口で告げられる。

いや、めちゃくちゃ怪しい、絶対行かない方がいい。

と誰もが思うハズだけど。マリアンは「なんか気になる」と、ノコノコと出かけて行ってしまう。

ホラー映画にありがちな「首突っ込まなきゃいいのに、何で行くんだ」というお約束通り、ニワ保養所跡にたどり着いたマリアンは、グイグイと奥へと入っていく。

マリアンは、あっちやこっち、あの世にまでも行き来して、ニワ保養所で起きた凄惨な事件、そしてマリアン自身の真実を知ることになる。

ゲームの特徴

そこで謎解きしてください

本作は、基本的に謎解きしながら進んでいく。

謎解きといっても、鍵を見つけて来てドアを開く、何かが足りない場所に合う物を探してくる、みたいな探索する謎解きだ。

舞台となるのはニワ保養所跡だけど、この施設全部を一気に使って壮大に謎解きというより、ストーリー進行とともに限られた空間内で謎解きを行う。

ストーリーが進むと、前の場所には戻れなくなるし、関係ない場所には行けないようになっている。

限られた空間内で2つ3つの謎解きをすると次に進めるといった感じだ。

あの世?この世?どこの世?

何かを見つける謎解きとはいっても、ただ単純に探索すればいいだけではない。

マリアンはあの世とこの世を行ったり来たり出来る。あの世とは精神世界で、死者たちと交流することができる現世とよく似ているけれど違う世界だ。

現世では通れない場所も、鏡を通ってあの世に行けば通れたりする。

あの世でフラグを立てないと、現世で取ることができないアイテムなどもあるので、あの世とこの世で順序よく探索していかなければならない。

そして、マリアンが本領発揮するのが、奥義・画面分割

あの世とこの世で同時進行する謎解きだ。

本当に画面が左右や上下に分割されるんだけど、これは決してローカルマルチプレイではない。

マリアンを操作すると、同じ場所のあの世とこの世で同じ動作をする。これで謎解きをする場面もある。

場所によっては、あの世でしか通れない場所があるんだけど、その時は、更なる奥義・幽体離脱

あの世のマリアンのみを操作することができる。しかし、一定時間のみ。その間に用事を済ませなければならない。

スーパー霊力

基本は謎解きを行うけれど、ところどころで戦闘というか、襲ってくる何かがいる。

そんな時は、霊力で応戦する。

ステルスが必要な時は、屈んでゆっくり、時には息を止めながら、「何か」に見つからないように隠れながら進む。

また、霊力シールドを張ることも出来て、蛾の大群がいる場所や、攻撃してくる雑魚「何か」は、これでやり過ごすことが出来る。

霊力は、魂の力が集まる光っている場所で補給することが出来る。

マリアンの左腕の袖に付いているヒラヒラの光具合で、どのくらいのパワーを溜めているか確認することが出来る。

また、この霊力は、謎解きにも必要で、壊れた電子機器を通電させるなどにも使うことが出来る。霊力って発電機能もあるらしい。

評価

物語の魅力

ストーリー   4.0

キャラクター  4.0

気になる。それが、更に次の気になるに続く。

物語もゲームプレイもほぼ一本道で、ズイズイと物語が進んでいく。

「訳ありな女性が、とあるきっかけで自身の過去を知って…」という、ゲームに限らず、映画や小説でもありがちな設定。

「ありがち」なのには訳がある。どうしたって結末が気になってしまうからだ。

本作でも間違いなく、どんどん先が気になってしまって、ズンズンと進んでしまう。

ただ、話は単純ではない。

平凡な人いないの!?と叫びたくなるくらい、トラウマや精神的な問題を抱えた登場人物ばかり。

陰鬱、憂鬱。不気味。気持ち悪い描写もたくさん。

でも、話に夢中になる。

ちなみに結末を見た感想としては、「お!?おおう」(ネタバレしないようにすると、いつにも増して語彙力が)。考察好きな人にとっては面白い展開だと思う。

プレイの快適さ

操作性  4.0

難易度  3.5

安定性  4.0

複雑な操作はないし、押さなきゃいけないボタンは全部画面上に表示される。ただただ、怪しそうな場所に近寄って行ってボタンを押す。これだけだ。

結構近寄らないとボタン入力を受け付けてくれないので、ちょっともたつく時はある。すぐ目の前まで来てるのに!

物の一部を霊視して、その物にまつわる記憶を呼び起こす謎解きがあるんだけど、これが結構面倒くさい。

特定の方向にアイテムを回したり、特定の方向に左スティックを倒していくんだけど、正解の方向にスティックを倒してからもしばらくホールドしなければならない。

「これは、一体どういうパズルなんだ」と不思議になる行程だ。考えるわけでも何でもなく、ただスティックを倒す。

謎解きは探索が基本なので難しくはない。物語を楽しむのを邪魔しないテンポで進めるけど、ちょっと歯ごたえが少なくて残念。

「何か」から隠れながら進む時にミスすることがあるくらいだけど、迫真のステルスじゃなくて、「何か」の警備は結構ガバガバ。

なのに、突然、「何か」が有能になって、よく分からない位置から捕まってしまう時があって、「え、今のでダメなの?」となる時はある。

ゲームとしての面白さ

システム  4.0

やり込み  3.5

ドラマを見るように楽しむ。そんなゲーム。

人間の精神とか霊とか、その手の話が好きなら「ふむふむ、ふむふむふむ」とテンポよく楽しめる。プレイしていて、ぐいぐい引きこまれる!

画面分割での同時謎解きのシステムは面白いし。

逆に、ポーランドの歴史を知らないと分かりにくい部分があるし、「精神世界とか、はあ?」みたいに興味が薄い人にとっては、「うーん」となるかもしれない。

物語自体に面白さを感じられないと、本作は楽しめない。謎解き自体やゲームプレイは単純だからだ。

やり込み要素としては、そこらじゅうに散らばっている読み物やアイテムを調べたりといった、物語の背景を探る部分。量はそこまで多くはない。

でも、これで世界設定や人間関係がより良く分かるようになっているので、化け物に襲われそうでも探したくなる。

芸術的な完成度

グラフィック  4.0

サウンド    3.0

高解像度で美しいグラフィック。絶景が舞台じゃないのが残念になるくらい。

廃墟とか気持ち悪いウネウネとかばっかりで、高クオリティの気持ち悪さ。本稿ではあまり載せていないけど、ナメクジや蛾など昆虫嫌いな人にとってはキツい場面もある。

音楽は終始不穏だ。本作はホラーゲームに分類されるので、そりゃそうだ。

怖がらせる演出やグラフィック、突然ドーンと鳴る効果音など。ちょいちょい、おどかそうとしてくる。

ただ、終盤で突然歌付きのBGMが流れてきた時は、唐突すぎてチグハグな感じがして残念だった。

ちなみに、私は、ホラーであまり怯えない方なので参考にならないかもしれないけど、本作で心拍数が上がることはなかった。「来る!」瞬間が結構分かりやすいからだ。

そんなことより、ストーリーの先を早く知りたいので、バケモノが出てきても「あの、ちょっとどいて下さい、先が気になるんで」みたいな感じだった。

恐怖で絶叫!ではないゲームだ。しみじみと「なんか嫌だなあ」と感じるタイプのホラー。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • ストーリーに引き込まれる
  • 画面分割で同時進行が面白い
 残念なところ
  • 謎解きが単純
  • ストーリーに入り込めなければ単調になってしまう

総合評価

3.5

こんな人にオススメ!
  • 人間の精神や霊などの話が好き
  • ストーリーを楽しみたい
  • 不気味だったり怖い雰囲気のゲームが好き
オススメではない人
  • ホラーゲームが苦手
  • 虫が苦手
  • 陰鬱な雰囲気が苦手
  • 歯応えのある謎解きを楽しみたい

The Medium
https://themediumgame.com
“The Medium” and all logos, characters, names, and related indicia are ®, TM & © 2021 Bloober Team S.A.

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる