『The Touryst』レビュー: 命懸けのおっさんバケーション

Index

『The Touryst』とは

the touryst

Shin’en Multimedia GmbHが開発したアクションアドベンチャー

様々なゲームを開発してきており、任天堂の公式サードパーティにもなっているデベロッパーだ。

エフェクトまで全てボクセルのみで描かれたグラフィックが特徴的だ。

本作は、Xboxでプレイ可能。海外ではNintendo Switchでも配信されている。

また、現状では、まだ日本語対応されていないけれど、そんなに難しい英語力は必要ない。

あらすじ

物語は突然始まる。

アロハシャツにサングラスという、バケーション丸出しなオジサン(年齢不詳、本当は若いのかも)が、とある島に到着したところから物語が始まる。

the touryst

このオジサン、何者かは分からない。観光が目的なのか、ただダラけた休暇を楽しみに来たのか。

海岸に寝そべってるお爺さんに「このリゾートには秘密があるんじゃよ」なんて言われたけど。何言ってんだか。

the touryst

とりあえず、バケーション的なことしようかと思ったら。島がすっごい小さい!

すぐ暇になったので、何か意味ありそうなパズルを解いてみる。

the touryst

そしたら、モニュメント内に入ってしまって、得体のしれない触手に襲われる。とりあえず、スイッチを押してみると撃退成功。

the touryst

「一体なんなんだ」と思っていたら、海岸で寝てたはずのお爺さんが目ざとく後をつけてきて、「他にもこういうモニュメントがあって、その謎解いてみちゃったりしない?」と誘われる。

the touryst
1人でやらなきゃいけないみたい

主人公は一体いつまで休暇をとっているのか分からないけど、ダイビングとか写真撮影とか、一見バケーション満喫しながら、リゾート各地にあるモニュメントの謎を解いていくことになる。

the touryst

あっちやこっちへ、リゾート各地を行ったり来たりする主人公。

あれ、観光のはずなのに。すごく忙しくない?

ゲームの特徴

怪しい遺跡で命懸けの謎解き

ゲームは、いくつかのリゾートを巡り、謎解きしていくのがメイン。

「ツアーガイド本」を手に入れて、それを船の船長に見せると新たなリゾートに行けるようになる。船に乗れば、いつでも行ったり来たりできる。

the touryst
行ける場所が徐々に増えていく
全てリゾート地

ツアーガイドは、基本的にお店で買うことになる。

そして、各地にあるモニュメントに入り(入口の解錠にも謎解きがある)、謎解きをしながら進み、最深部にいるボスを倒してコアを手に入れて脱出するのが大きな流れ。

the touryst

ボス戦といっても、剣や銃で戦うわけではなくて、ギミックを上手く作動させたりして倒すことになる。

穴に落ちたり、ボスの攻撃をまともに食らってしまうとゲームオーバーになり、直前のチェックポイントからやり直しとなる。

the touryst
主人公は走る、ジャンプと物を投げる
それくらいしか出来ない

こうして、コアを集めては、謎の観光客爺さんに持っていくという、かなり危険な休暇を過ごすことになる。

休暇でも金稼ぎは大切

観光に来たはずなのに、主人公は各地でお悩み解決したり、アクティビティに勤しんでお金を稼ぐ。

the touryst
指定されたものの写真を撮ってくるクエスト

ある程度のお金はゲームの進行に絶対必要で、上述の新しい島に行くための「ツアーガイド」を購入するために、お金が絶対必要になる。

お金稼ぎの方法はかなりたくさんあって、依頼を受けると、サブクエストとしてTo Doリストに加わっていく。

the touryst

どのクエストでお金を稼いでもいい。全部クリアしなくてもゲーム自体はクリア可能なので、得意なものややりたいものを選択していけばいい。

たとえば、依頼された写真を撮ったり、スポーツの腕試しや、単に何かが欲しいと言ってる人にアイテムを持っていくというのでもいい。

the touryst

もはや観光客のアクティビティ超えてるでしょっていう、危険な宝石採掘なんかもある。

the touryst
落下死と隣り合わせの危険すぎるバイト

クエストによっては、お金が必要になるものもあるので、他のクエストでお金を稼いで…。いや、もう休暇なのかリゾートバイトしに来たのか。

評価

物語の魅力

ストーリー   3.5

キャラクター  4.0

主人公はセリフ無し。なので、本当は海岸で寝そべっていたいのか、それとも観光地で繰り広げられる突然の冒険にワクワクしているのか、全く分からない。

で、黙々と謎解きをしていく姿は、単に見ていて面白い。

the touryst
海パン一丁になっても爆走して忙しいおじさん

「バケーションに来たはずなのに、気づいたら正体不明の化け物と戦ってた」というシュールな面白さ。

NPCたちは、みんなバケーション満喫してるというのに、何故か主人公だけ命懸けで忙しくしてる。

the touryst
墜落した飛行機
不穏な空気が漂う

エンディングでは、「ええええ!?」という展開に。とはいっても、ストーリー要素はそんなに濃くはない。

なんだか楽しい。そんな感じ。リゾート地っているだけで楽しいものだ。

プレイの快適さ

操作性  3.0

難易度  3.5

安定性  3.0

全てがボクセルで出来ているけれど、動きは滑らか。動きが良すぎて、滑って落ちることも。

しかも、このボクセル1個単位でのアクション精度が求められる場面もある。

ブロックを投げたり、ジャンプで渡っていく足場など、正確な1ボクセルを狙わなければならない。

the touryst

特に、とあるモニュメント内部の光る足場では、何回も落下死した。

暗闇で影も光の足場なので、遠近感が分かりにくい上に、乗れる場所は1マス分。これを続けてジャンプしていくので、「さすがに不親切だろー!」と唸ったほど。

the touryst
光る球は2Dのように並んで見えてるけれど
実際には上下前後的にずれている

ボクセルグラフィックのせい(?)で大味に見えがちだけど、細かい作業が要求される。けど、主人公が動きすぎて滑ってしまうので、操作性はあまりいいとは言えない。

あと、何回かゲームがクラッシュすることもあった。

そのせいで無駄に難易度が高くなっているところが突然あるんだけど、ゲーム全体の難易度はそんなに高くない。

ボリュームは数時間でエンディングにたどり着けるくらい。

芸術的な完成度

グラフィック  5.0

サウンド    4.0

グラフィックは何から何まで全てがボクセルだけど、綺麗なボクセル。

ボクセルというと大味になりがちだけど、本作は高解像度。

the touryst

遠景では、ぼかしが効いたりする。色鮮やかだし、個人的にすごく好みなグラフィック。

the touryst
ギリシャのサントリーニ島がモチーフの島
各島は実際のリゾート地がモデルになっている

BGMはあまり主張しない感じで、環境音の方が多め。波の音や鳥のさえずりとか。リゾート気分満喫出来て良い。

ゲームとしての面白さ

システム  3.5

やり込み  4.0

ちょこちょことしたサブクエストの積み重ねでメインストーリーが進む。

それぞれのサブクエストは、パズルやミニゲームみたいな感じ。

1つずつは軽めで特別やりごたえがあるわけではないんだけど、全体に流れている雰囲気がいい。ゆるーい感じ。

the touryst
収集要素もある

まさにバケーション。落下死や感電死の危険はあるけど。まあ、旅先でハメを外したら死ぬかもよってことで。

ビーチチェアに座れたり、ダンスしたり、ゲームクリアには関係ないちょっとしたリゾートなアクションに遊び心があって良い。

the touryst

気軽に遊べる、タイトル通り休暇のようなゲーム。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
芸術的な完成度
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • ボクセルだけで出来たグラフィック
  • リゾート気分が味わえる
  • 気楽に楽しめる
 残念なところ
  • 主人公が動きすぎてしまう
  • 距離感が掴みにくい場所がある

総合評価

3.5

こんな人にオススメ!
  • パズルやミニゲームが好き
  • カジュアルに遊べるゲームを探している
  • 数時間でクリアできるゲームを探している
  • リゾート気分を味わいたい
  • ボクセルグラフィックが好き
オススメではない人
  • 難易度の高い謎解きやアクションを求めている
  • たっぷり遊べるゲームを探している

The Touryst
http://thetouryst.shinen.com
© Shin’en Multimedia GmbH 2020 

謎解きが好きなら

他のゲームを見る

\ 記事にしていない最新情報はTwitterで! /

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる