『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』レビュー: 時間がいくらあっても足りない友情とものづくりの物語

タップしてジャンプ

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』とは

スクウェア・エニックスが開発したアクションRPGでありサンドボックスゲーム

大人気RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』世界で、『マインクラフト』など箱庭ゲームのようにブロックで建築したりクラフトを楽しめる『ドラゴンクエスト ビルダーズ』シリーズ第二弾。

第1作目は初代『ドラゴンクエスト』で勇者がラスボス「りゅうおう」の「世界を半分やろう」という悪い誘いに乗ってしまったという「もしも」な世界が舞台だった。

そして、本作では『ドラゴンクエストII』の世界が舞台となる。

PS、Nintendo Switch、PCでプレイ可能。
私はPS版をプレイ。

あらすじ

物語冒頭から、なぜか魔物の船に捕らえられている主人公。ビルダーと呼ばれる「ものづくり」ができるマン。

しかし、幸か不幸か船が難破して、無人島に流れ着く。

そこで、目つきの悪い戦闘狂シドーと出会う。彼は記憶が全くないらしい。

そして、主人公と同じ船に乗っていたルルという女の子も島に流れ着いていて、主人公たちと行動を共にすることになる。

3人でなんとか島でサバイバルしようと考えながら島の遺跡を探索していると、「しろじい」という、あきらかにドラクエシリーズの雑魚敵「おおきづち」と出会う。でも敵というわけではない。

「ビルダーめ!」と捕らえられていたけど、ほぼほぼ何も作れない主人公は、しろじいから「ものづくり」を指南してもらうことになる。

そして、シドーと近くの島を探索しつつ、流れ着いた無人島「からっぽ島」を万全な拠点にしていこうと奮闘することになる。

しかし、近くの島の人たちは様子がおかしい。「ものづくりって何?」「ものづくりは絶対にやってはいけないこと」と説教される。

この世界を支配する「ものづくり」を禁止するハーゴン教とは一体なんなのか。

というか、あれ?『ドラゴンクエストII』で勇者がラスボス倒した後ってことみたいなんだけど、なんでモンスターたちが世界を牛耳ってる?

そして、あの、シドーって『ドラクエII』ラスボスの名前では?

ちなみに『ドラゴンクエスト ビルダーズ』第1作目とは話は全くつながっていないし、『ドラゴンクエストII』自体をプレイしたことなくても全く問題ない。

ゲームの特徴

せっせとブロックを積み、ちまちまアイテムを作る

本作は、ストーリーを進めながらモンスターとアクションバトルをするアクションRPG要素

そして、集めた資源からアイテムを作り、ブロックを使って建築するというサンドボックス要素

この2つのゲームジャンルが同居している。

基本的には、メインストーリーに沿って、NPCから「これを作って欲しい」「こういう建物を建てて欲しい」と依頼されたものを攻略していく。

しかし、何かを作るには材料となる特別なアイテムやブロックが必要になる。その材料は、島を巡って採集したり、モンスターを討伐して獲得することになる。

拠点となる「からっぽ島」から、ストーリーが進むにつれて行ける島が増えていくけれど、それぞれの島に拠点があり、そこを中心にストーリーが展開していく。

建築物は、家具などによって「キュート」とか「素朴」とか部屋の雰囲気が変わる。依頼主から、そういったところまで細かく要求されることもある。

拠点を充実させて住人の幸せが積み重なっていくと、拠点がレベルアップしていく。拠点レベルはストーリー進行に必要なので、食料や寝床などしっかり準備してあげなくてはならない。

拠点が充実して拠点レベルが上がると
新たな住人とレシピが増える

また、畑やキッチンなど特定の建築では、拠点で暮らすNPC達が料理などクラフトを行って、出来たものを保存箱にいれていってくれる。

それぞれの島の拠点では、定期的にモンスターから拠点を守る防衛戦があるし、ボス戦もある。

特定のNPCは武器を渡せば
共に戦ってくれる

シドーと一緒に大暴れ

拠点から出ると、常にシドーが付いてきてくれる。モンスターに出会えば、勝手に戦ってくれる。

主人公もシドーも武器で近接攻撃するのが基本。武器には耐久度もある。

武器と防具は主人公自身がクラフトする。もちろん、シドーの分もクラフトしてあげる。

敵を攻撃していると、必殺技を放つことができるようになって、シドーと共に連携した技も登場する。

主人公は、勇者ではない(『ドラクエビルダーズ』シリーズの鉄則)。魔法とかはない。純粋にアイテムを駆使して冒険する。

また、空腹の概念があって、お腹が減りすぎると体力が減っていってしまう。

回復アイテムや予備の武器など全て自分で入念に準備をして探索に出なければならない。

ベッドで寝ると体力回復できる
ベッドを携帯して行くのも大切

からっぽ島は我が国

それぞれの島を攻略するごとに主人公がクラフトできるものが増えていく。また特別な建築物の知識も得ていく。

島の攻略の合間には、本来の拠点である「からっぽ島」の開拓ができる。実際には、これがメインストーリーなんだけど。

また、他の島で共に拠点で暮らしたNPCの数名は、「からっぽ島」に移住していくる。

彼らは住人となり、建築やクラフトを手伝ってくれるようになる。

主人公が設計図を設置すると
住人達は建築していってくれる

「からっぽ島」でもNPCからの依頼などストーリーが展開するけれど、自由に建築できる部分も多いので、ここはプレイヤーの腕の見せ所。

また、「からっぽ島」には資源があまりないので、点在する「そざい島」に行く必要がある。「そざい島」は到着するたびに地形が変わる。ここでしか見つからない素材や動物を連れて帰ることができる。

そざい島では特定資源を一定数集めると
無限に使用することができるようになる

評価

物語の魅力

ストーリー   5.0
キャラの魅力  5.0

本作には、サンドボックスできるという強力な魅力があるけれど、メインストーリーがすごく良い!

サンドボックス要素がなくても十分楽しいくらい物語やキャラの魅力が抜群に良い。

物語は、ちゃんと「ドラクエ」している。敵に感情移入してしまうような良いエピソードも多くて、特に終盤にかけてのシドーとの友情は胸にグッときた。ドラクエ好きなら、いやそうじゃなくても絶対満足できる。

前作もそうだったけど、「ビルダーズ」シリーズでは主人公が勇者ではなくて、NPCたちから終始みくびられている。「そんなトボけた顔して大丈夫か?」とか「いや、君には無理でしょ」とか。主人公補正は皆無。

で、ナンバリングタイトルより、おふざけ度が高いので、笑えるセリフや展開が満載。セリフ読んでて吹き出してしまったことも多い。

何かを新しく作っただけで
住人総出で褒めに来てくれる

芸術的な完成度

グラフィック  5.0
サウンド    4.5

「脱・豆腐建築!」ができる。センスがなかったり、ある程度の時間をかけなければ、のっぺりした建築物になってしまうサンドボックスあるあるな現象が、本作では起こりにくい。

全てがドラクエ世界のアイテムで、作り込まれたデザインになっている。キャラも魔物も2頭身で描かれるし、全体的に可愛いらしい雰囲気。

カメラを近づけると
細部までしっかり作られていることが分かる

ブロックや家具をどう配置しても、良い感じ見えてしまうデザインやグラフィックの良さは秀逸。

私は、『マインクラフト』のシンプルなグラフィックが苦手でハマらなかったんだけど(色々作りたい人にとってはシンプルな方がいいと思う)、ドラクエビルダーズシリーズには、どハマり。スーパー建築士ではない私にとって見た目のにぎやかさって大事だ。そのおかげで創作意欲も湧いてくる。

音楽は、もちろん『ドラクエII』の音楽が使われている。ドラクエファンなら「お!」と思うはず。

ゲームプレイの快適さ

操作性      4.0
難易度バランス  4.0

操作性は良好。サンドボックスというと、ちまちました作業をすることが多い。まあ、そこが面白いところでもあるんだけど。

でも、一気に何ブロックかを壊せたり色を塗り変えられたりといった便利な機能があるので、効率よく建築することもできる。前作をプレイした人は、「うわ!かなり便利になってる!」と思うはず。

特に住人が建築を手伝ってくれるというのは、面倒くさがりにとってはかなり嬉しい機能。防衛戦で壊れたところも住人が一気に直してくれる。ありがたい!

また、チュートリアルも親切で、新しいことができるようになるペース配分も良い。箱庭ゲームに馴染みのない人もプレイしやすい。

そして、滑空が気持ち良い。ゲーム中盤からは乗り物も登場するので、探索もかなり楽になってくる。

同じ島内ならファストトラベルも可能

ゲームとしての面白さ

ゲームシステム  4.5
やり込み要素   5.0

多種類のゲームジャンルを混ぜると、より面白くなることもあれば中途半端になってしまうこともある。本作は、大成功しているパターン。

それは、前作で実証済みではあるんだけど、本作はさらにそれぞれの要素がパワーアップして更なる進化を遂げている。別に前作と比べなくても、純粋に最高に面白いゲーム。

メインストーリーだけでも大ボリュームで、からっぽ島では広大な土地で心ゆくまで建築が楽しめる。

どんどん色んなアイテムが作れるようになっていくけれど、新たな島に向かうときには裸一貫からスタートというのが良いシステム。

新たな拠点を一から作る楽しみやイチからサバイバルする感覚が定期的に味わえるので、長編ストーリーでも単純な作業になってこない。新たな島に上陸するときのワクワク感は最強。

まとめ

物語の魅力
芸術的な完成度
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • ストーリーが面白くてキャラも魅力的
  • めいっぱい建築が楽しめる
  • 良い感じに見えてしまう各アイテムのデザインの良さ
  • 建築が効率的にできる機能搭載
  • 作業感を感じにくい
 残念なところ
  • 特になし

総合評価

5.0

こんな人にオススメ!
  • 箱庭ゲームが好き
  • 箱庭ゲームは初心者
  • ストーリーをしっかり味わいたい
  • ドラクエシリーズのファン
オススメではない人
  • ゲームに割ける時間があまりない
  • 最初から最後まで自分で何を作るか決めたい
  • 箱庭ゲーム要素だけプレイしたい

ドラゴンクエスト ビルダーズ 2 破壊神シドーとからっぽの島
http://www.dragonquest.jp/builders2/
© 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. © SUGIYAMA KOBO

他のゲームを見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる