『ヨッシークラフトワールド』レビュー: ぺローンな癒し

タップしてジャンプ

『ヨッシークラフトワールド』とは

ヨッシー クラフトワールド

冒険の舞台は、空き箱や紙コップなどでできた工作の世界。
ヨッシーの舌でペロンと敵を食べたり、得意のタマゴ投げで工作のしかけを動かしたりしながら、あちこち探索してゴールをめざす横スクロールアクションです。

今作では、一度ゴールしたあとも、まだまだ楽しめます。
コースをウラ返して、スタート地点まで逆走する「ウラコース」を収録。
オモテからは見えなかったウラ側まで探索できます。

nintendo

マリオシリーズでお馴染みの恐竜ヨッシーが主人公のアクションゲーム『ヨッシー』シリーズ最新作。

2015年にWii U向けに発売された、毛糸を使ったグラフィックやアクションの『ヨッシー ウールワールド』の続編にあたる。

Nintendo Switchでプレイ可能。

ストーリー

平和に暮らすヨッシー達の島には「ねがいかなえ太陽(たいよう)」という任天堂ネーミングセンス炸裂のお宝がある。

ヨッシー クラフトワールド

平常運転で悪巧みしかしないベビィクッパと、専属家庭教師カメック
その2人が「ねがいかなえタイヨウ」を奪いにやって来る。

もちろん応戦するヨッシー達だが、ベビィクッパとカメックのコンビとワチャワチャ小競り合いの末、大切な「ねがいかなえタイヨウ」ごと吹っ飛んでしまう。

その衝撃で「ねがいかなえタイヨウ」のパーツはバラバラに。

ヨッシー クラフトワールド

ヨッシー達は、カメック達の邪魔をかいくぐりながら、健気にパーツを集めることに。

ヨッシー クラフトワールド

ゲームの特徴

上手なハンドメイド

タイトル名にもなっている通り、全てがダンボールや折り紙など「クラフト(工作)」で作られている
ヨッシー達自身もフェルトのような素材(?)で出来ていて、手作り感満載の世界。

ヨッシー クラフトワールド

ヨッシーシリーズらしく、ほっこり、のんびり、可愛らしい雰囲気。

ステージは、植木鉢や砂場などバラエティに富んだマップばかり。
背景までしっかり作り込まれて、どのステージも脱帽するクラフトっぷり。

ヨッシー クラフトワールド

ヨッシーアクション健在

ヨッシーならではのアクションは過去シリーズと同じ。

  • 敵を食べてタマゴを生みだす
  • タマゴを投げつける
  • 足をジタバタふんばりジャンプ

タマゴを投げる時には、ゆっくり狙いを定めることが出来る。
しかも、どこにぶつかるかまで表示される。
素早いエイムが苦手な人でも安心。

もちろん設定で、「いけいけ」という素早いエイムモードにも出来る。

オモテとウラ

本作の最大の魅力。

ステージクリアすると、そのステージの「裏側」に挑戦することができる。
文字通りの裏側。

ヨッシー クラフトワールド

ゴールからスタートへと逆走していく。
「オモテコース」 では背景で見えていなかった裏側を通っていく。

テープで留めていたり、敵のヘイホーがダラッとサボっていたり。
「オモテ」の舞台裏を覗くことになる。

ヨッシー クラフトワールド

なんだか見てはいけない部分を見てしまっているような

ウラコースでは、ヨッシーの友達である忠犬ポチの子犬を探し出してゴールする。
しかも、かかった時間が計測されるタイムアタック付き。

どのコースもウラの方が難易度高め

通行料は花

オモテでもウラでも、ステージ内で「スペシャルフラワー」と呼ばれる笑顔の花を取ることが出来る。

ステージをいくつかクリアすると、次のエリアに進めるようになるが、エリアの最初には、その「スペシャルフラワー」を要求してくる箱ロボットが通せんぼしている。

一定数の花を渡さなければ、通れない。
ただ単にステージクリアするだけでは、次のステージに進めないようになっている。

ヨッシー クラフトワールド

上述の「スペシャルフラワー」は、ニコニコしているが、ステージ内の面倒なとこにいる場合が多い。

ウラコースでは、ポチ子犬を見つけた数や目標タイム達成でフラワーが手に入る。

ヨッシー クラフトワールド

また、各エリアにいる門番の箱ロボットは、「さがしもの」を課してくる。
エリア内のどこかのステージのどこかにある「さがしもの」にタマゴをぶつけると報酬としてラワーをくれる。

ヨッシー クラフトワールド

特徴的なモノを見かけた時は、場所を覚えておくと便利

ダンボールでコスプレ

なんと、ゲーム内にはガチャがある。

貯めたコインでガチャガチャを回すと、ハンドメイドっぷり激しいコスプレコスチュームが手に入る。

この「きせかえ工作」を着ているとダメージを防ぐことができる。
コスチュームのグレードによって、防げるダメージ回数が異なる。

もちろん、見た目もレア度が高い方が作りこまれている。

ヨッシー クラフトワールド

コスチュームは重複しないので
コインを注ぎ込めば、必ずスーパーレアが手に入る親切設計

評価

好き

  • 「手作り工作」に癒やされる抜群の雰囲気
  • 脳マッサージされるアイデアの豊富さ
  • 可愛い可愛いヨッシーボイス
  • ウラコースがとにかく新鮮
  • ダンボールコスプレにハマる

残念

  • 1ステージがコンパクト
  • オモテはオモテ、ウラはウラ

感想

可愛さと癒やし

アクションゲームだけど、とにかく癒やされる。

わざと手作りゆえの下手さも演出してるけど、すごく丁寧にあたたかく作られた世界。
手前から奥まで見とれてしまう。

「手作りされた世界」ということで、現実世界にあるものが上手く工夫して使われていて感心しっぱなし。
質感も本物そのもの。

特にウラから見たコースが面白い。
「お菓子の箱使ってる!」とか、「空き缶!ペットボトル!折り紙で出来てる!」と、子供のように感動。

ヨッシー クラフトワールド

エリアもステージも、一つひとつの趣向が違っていて、毎度のことながら任天堂のアイデアの豊富さに感服。

ヨッシー クラフトワールド

もちろん、自分が子供の時に作った工作なんかより遥かに完成度は高いけれど、「こんな工作したいなあ」と童心にかえる。

手作りされたゲームというと『Lumino City』。

『Lumino City』と同じく、本作もデジタルとアナログの境目が溶けている不思議な感覚がクセになる。

ただ、『ヨッシークラフトワールド』には、なんだか自分で作れちゃいそうな下手うまさが再現されてて、余計にホンモノっぽく感じる。

長く見ていたい

手前も奥も使える趣向の凝らされたステージ、しかもウラ側まである。
1ステージに色々詰め込まれている。

しかし、各ステージは長くない。

どのステージも趣向が違ってしっかり作りこまれているからこそ、「あれ?もうちょっと、このテイストを味わいたかったな」と残念に思うことも。

ヨッシー クラフトワールド

チェックポイントも結構小刻みに設置されていて、アクション苦手な人でも結構あっさりクリア出来てしまうはず。
難易度は低め。

しかし、やり込み要素制覇は
アクション好きでも苦戦する難易度

「ウラ」と「コスプレ」にハマる

本作ならではの魅力がしっかり面白い。

まず、オモテとウラが面白い。
ステージクリアした直後に、同じステージの「ウラ」をプレイすると、オモテとウラの違いがよく分かる。

ついさっきプレイしたばかりのステージなのに、すごく新鮮なんだけど、なんで?なんで?

ヨッシー クラフトワールド

「ウラ側はこんな風になってたのか、へええー」と感心したり、「逆走すると、ここが難しくなるんだ」と気づいたり。

よく「同じことを左右逆にしてやってみると意外と難しい」と言うが、正にそれ。
可愛く癒やしの脳トレ。

そして、ヘタウマなヨッシーのダンボールコスプレ。
これが、どれも味があって集めるのが楽しい。

ヨッシー クラフトワールド

スーパーレアな方がもちろん性能はいいんだけど
ノーマルグレードの素朴な感じもイイ!

おすすめな人・おすすめではない日人

オススメな人
  • 可愛い物好き
  • 癒されたい
  • アクションゲームが好き
  • アクションの腕にあまり自信がない
  • ヨッシーのファン
オススメではない人
  • 難しいアクションが好き
  • 可愛すぎると引いてしまう
  • なんらかの理由でヨッシーが苦手

ヨッシー クラフトワールド
https://www.nintendo.co.jp/switch/aea2a/pc/index.html
©︎ 2019 Nintendo

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる