『ショベルナイト Shovel Knight』レビュー: もうショベルが手放せない

Yacht Club Gamesが開発したアクションゲーム。8bitなドット絵で2Dサイドビュー。音楽も含めてレトロゲームな雰囲気だ。

PC、PS、Nintendo Switch、ニンテンドー3DS、Xboxでプレイ可能。

Index

あらすじ

主人公は、ショベルを持った騎士。なぜかショベルを武器にして戦う。

恋人とともに大活躍していたが、旅の途中、ある塔で恋人は行方不明になってしまう。

Shovel Knight ショベルナイト

Shovel Knight ショベルナイト

ションボリ田舎に引きこもり、ショベルで畑を耕すという本来のショベルの使い方(?)をしながら生活していたショベルナイト。

Shovel Knight ショベルナイト

しかし、ある日、恋人が行方不明になった塔の封印が解かれ、エンチャントレスという悪玉とボクメツ騎士団という名前からして悪いヤツらが登場。

恋人の手がかりを掴むためにも、ショベルナイトは隠居生活から前線に復帰し、ボクメツ騎士団を撲滅していく。

ゲームの特徴

なんでもショベル

タイトルになってるくらいショベルが大活躍。

ショベルで敵を攻撃する。攻撃ボタンでショベルを振るうことも出来るし、ジャンプして下方向にスティックを倒すとショベルの痛い尖った部分で敵を踏んで攻撃も出来る。

そして、剣ではなくショベルだからこその土堀り。土ブロックを壊したり、壁を壊して隠れエリアやアイテムを掘り起こす。

上述の「ショベルで敵踏みつけ」がかなり重要で、この「踏みつけ」の反動でジャンプして空中を渡っていくことが多い。

飛び道具とか魔法とか

ショベル以外にも様々な道具をサブウェポンとして使うことが出来る。

サブウェポンは何種類もあるけれど、常時1つだけセットできる。切り替えは、いつでも可能。

サブウェポンは、ショベルと違って騎士らしいものばかり。一定時間無敵になるペンダントなど補助的に使えるものもあれば、遠距離攻撃が出来る武器もある。

Shovel Knight ショベルナイト

また、釣竿があれば、なんどステージ中でものんきに釣りが出来る。これらのサブウェポンは、ステージ中の宝箱やお店で手に入れることが出来る。

ショベルナイトのスペック

ショベルナイトには、体力とレリックがある。

敵にぶつかったり、攻撃を受けると体力が減る。ゼロになると、1番最後に通過したチェックポイントから再スタート。

レリックは、サブウェポンに使うMPのようなもの。敵がドロップしたり、ステージ中に落ちているレリック回復アイテムで回復する

この体力とレリック数は、町で費用を払うことで最大値を増やすことができる。

Shovel Knight ショベルナイト

ペナルティは無いけど貧乏になる

ステージには各所にチェックポイントがあり、死ぬと再スタート出来る。

『ショベルナイト』では、よく死ぬ。ステージが進むごとにどんどんアクションの難易度が上がり、結構な死にゲー。

Shovel Knight ショベルナイト
楽譜を集めるという収集要素もあり
取りに行きにくい場所に隠されている

しかし、機数の概念は無くて、何度でも再チャレンジ出来る。

ただ、死んだ場所に所持金の一部を落としてしまう。前回死んだ場所に、お金の入った袋がプカプカ浮かんでいて回収すれば元通り。しかし、回収出来ずに死んでしまうと、二度と回収は不可能。

死ぬ場所っていうことは、難所ということ。お金を回収できずに難所で死にまくっていると、どんどん貧乏になっていく。

1本で3本分

ゲームスタート時にはキャラクター選択が出来る。特にロック解放条件とかはなく、最初から好きなキャラクターでプレイ出来る。

プレイグナイトとスペクターナイトなど、メインストーリー(ショベルナイトが主人公)でボスとして登場したキャラクターでプレイすることが出来る。

Shovel Knight ショベルナイト

基本的にはメインストーリーと同じ舞台なんだけど、そのキャラクターのストーリーが展開して、アクションやシステムも全く違う。

メインストーリーで立ちはだかったボス達の事情が分かる。ショベルナイトのストーリーをクリアしてからプレイするのがオススメ。

Shovel Knight ショベルナイト

ステージも構造が違っていて、他キャラのストーリーと同じボスが登場しても挙動が違う。

Shovel Knight ショベルナイト

評価

 良いところ
  • ショベルアクションがクセになる
  • がっつりなアクション難易度
  • 正義感溢れるヒーローとコミカルな雰囲気
  • レトロなアートワーク
 残念なところ
  • 操作性に疑問を感じるところ有り

ショベルと一体化

『ショベルナイト』のプレイを始める前は、「何でショベル?何で?」と思っていた。

しかし、プレイしていると、そんな疑問は無くなり、もはやショベル持ってるのが当たり前になる。

Shovel Knight ショベルナイト

プレイグナイト編やスペクターナイト編をプレイしている時に、「ショベルどこ?ショベルはっ⁈」となるくらい、ショベルが手に馴染んでしまう。

特に敵の頭上で連続ショベルジャンプを決めていくのが楽しい。ボス戦の最中でも、どれだけショベルジャンプしていられるか、勝手に連続ジャンプ新記録に挑戦してしまいがち。

真剣ショベル

「ショベル片手に冒険する騎士って、ネタ?」と思う。実際、ショベルを交えたジョークなどコミカルな部分が多い。

しかし、アクションは全くふざけていない。ステージが進むごとに、バシバシ死ぬ。単純にアクションが難しいし、ボスも強い。特に落下死の頻度がハンパない。

Shovel Knight ショベルナイト

アクション好きも大満足な難易度だと思う。ステージ構成も豊富で、「次はこう来たか」と初見殺しっぷりも面白い。

古き良きアクションゲーム

『ショベルナイト』は、いい意味でも悪い意味でもレトロさが再現されてるゲームで、操作性に「ん?」となる時がある。

自分の操作ミスの時もあるけれど、ジャンプ中のアクション操作の受け付けタイミングが微妙で、自分の操作タイミングとズレることがある。特にプレイグナイト編では、操作性に「えええ!」となることが多くて、他のキャラより難易度が高いと感じた。

レトロ感醸し出すための「あえて」のアクション調整なのかもしれないけれど。

まとめ

総合評価

3.0

こんな人にオススメ!
  • アクションゲームが好き
  • レトロゲームが好き
  • たっぷり遊べるゲームを探している
オススメではない人
  • 操作性の良さが重要
  • レトロな雰囲気が苦手

Shovel Knight
https://yachtclubgames.com/shovel-knight/
Shovel Knight is a trademark of Yacht Club Games. ©2014-2017 Yacht Club Games L.L.C.

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる