『Cyber Shadow』レビュー: この上なくレトロ

Index

『Cyber Shadow』とは

cyber shadow

Mechanical Head StudiosのAarne “MekaSkull” Hunzikerさんが開発した2Dアクションゲーム

見るからにレトロゲームな雰囲気で、ゲームプレイも8ビット時代のゲームを意識して作ったらしい。

ちなみに8ビットなゲームとは、ファミリーコンピューターの頃のゲームだ。

本作の販売元はYacht Club Games。『Shovel Knight』で知られる会社で、レトロゲーム好きつながりってとこかな。

本作は、PS、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。
私はXboxでプレイ。

あらすじ

機械が溢れている未来都市だけど、主人公は古風な忍者の格好をしたシャドウ

物語は、シャドウがポッドから目覚めるところから始まる。

cyber shadow

シャドウを起こしたのはレギオンというロボット。

シャドウはポッドに捕らえられていたらしくて、レギオンが救出してくれたようだ。

実は、この世界は人造人間に支配されてしまっている。その黒幕は人造人間を作ったプロジェン博士

cyber shadow

ロボッドで世界征服とか、いかにも悪役が考えをつきそうなこと。

という短絡的な犯行ではない。プロジェン博士はそんなダイレクトな悪役ではないらしい。

そもそも、シャドウたち忍者は、人造人間の暴走や故障を止めるための組織として、プロジェン博士の元で働いていた。

cyber shadow

が、とあるきっかけで、プロジェン博士は変わってしまった。

そして、シャドウたち忍者を捕まえて、忍者たちが持っている霊魂を抽出するという、マッドサイエンティストになってしまった。

博士は自身の肉体も変えてしまっているという闇堕ち科学者の王道もしっかりおさえている。

cyber shadow

シャドウはレギオンに案内されながら、プロジェン博士に対抗できる力を持つマスターと呼ばれる忍者を探しに行くことになる。

cyber shadow

ゲームの特徴

実はつながってるステージクリア型

本作はステージクリア型

どんどん進んで行って、ボスを倒すと、次のステージに進める。

cyber shadow

が、実はステージ同士は繋がっている。地続きだ。

なので、ステージを超えて戻ることも出来る。ファストトラベル装置もある。

cyber shadow

他の場所に戻って、開けていなかった宝箱を見つけたり、他の道を見つけたり。

メトロイドヴァニアっぽい要素もある。

霊魂いただきます

シャドウは、刀で近接攻撃が出来る。

その他、霊力を消費して忍者らしく手裏剣を投げたり、火遁の術かのように炎を飛ばしたりできる。

cyber shadow

使える忍術やらスキルは、少しずつ増えていく。

上述の通り、本作ではメトロイドヴァニアっぽさもあって、スキルを手に入れると行ける場所が増える。

cyber shadow

ステージを進んでいると、最初にシャドウ自身が入っていたポッドとよく似た装置を見つける。

それを破壊すると、他の忍者が飛び出てきて、遺言と共に新たなスキルを遺して、あの世(幽里と呼ばれる)へと旅立つ。

犠牲になった仲間たちの力を受け継いで強くなるわけだ。

また、怪しげな像の前で瞑想をすると、不思議空間に飛ぶ。

cyber shadow

そこで試練に打ち勝つと、新たなスキルが手に入ることもある。

しかし、あくまでもステージクリア型なので、スキルを手に入れないと次に進めないようになっている。

メトロイドヴァニアみたいに他のスキルで突破してやろうとか自力でどうにかはならない。

本当は強いはず

シャドウは、特別な力を持った忍者。のハズだ。

だけど、ゲーム開始時点では、当たり前だけど最弱。

各地に残された赤や青のカプセルを取ると、体力や霊力の上限が上がっていく。

cyber shadow
仲間が残した霊力らしい
ありがたく頂戴致す

また、ステージ上にはセーブポイントがあって、そこではお金を払うと体力と霊力回復がの機能が使えるようになる。誰への支払いなのか分からないけど。

cyber shadow

そして、セーブポイントではアイテムも手に入る。

これは、武器に付加効果がつくもので、セーブポイントごとにどのアイテムが手に入るかは決まっている。

攻撃と共に銃弾が発射されるものや、シールドになってくれるものなど様々なものが登場する。

cyber shadow

これらの付加効果は、3回ダメージを受けてしまうと消えてしまう。強いけど脆い便利ツールだ。

評価

物語の魅力

ストーリー   3.5

キャラクター  3.0

物語は、唐突に始まり、急展開して、でもシンプル。まさにレトロゲームのテンポ

つらつらと語られる心情に共感したり、キャラの表情にグッときたり、そんな要素はない。

「そうですか、はい、はい。次はそっちに行けばいいんですね」黙々と進むのみ。

cyber shadow

敵やボスは、なんか襲ってくるから倒しておこう。

それでいい。目的や重要情報だけを言ってくれれば、お仕事します。

良い意味でも悪い意味でも、昔のゲームの感覚が味わえる。

とは言っても不親切だとか物語を省略しすぎてるわけではなくて、ちゃんと世界設定や人間関係は描かれているので、普通に物語として楽しめる。

cyber shadow

ただ昔のゲームっぽさを出しすぎているせいか、どこかで聞いたような、どこかで見たような、そんな物語とキャラたちだ。

プレイの快適さ

操作性  3.5

難易度  3.5

安定性  4.0

操作感も8ビットゲームそのものも。

繊細なアクションというわけではないし、敵の攻撃パターンが豊富でもないし、ドットなので当たり判定の範囲もデカい。

いや、ダメだ、本作は現代のゲームと比較してはいけない。

でも、じゃあ、レトロゲームそのまんまですかっていうとそういうわけでもない。

キビキビ動くし、ラグもないし、妙なバグっぽさはない。

現代のレトロゲームっていう言葉がぴったりのプレイ感覚。

cyber shadow
あれ?今の位置じゃダメだった?
という判定もたまにある

難易度は、そこそこ死ぬけれど、めちゃくちゃ難しいわけでもない。

気になるのは、ボス戦などでダメージを受けるとボスの方にノックバックする。これがなかなか厄介。

敵に接触するだけでもダメージを受けてしまうシステムなので、「ハメられたんですけど!抜け出せないんですけど!」という事態が結構起きる。

で、リスタートはそこまで小刻みではないセーブポイントから。

cyber shadow
ボスや特定の敵や宝箱はリスタートしても復活しない

レトロゲームに慣れてる人なら、「こんなもんだよな」。けれど、なじみのない人なら、「面倒くさい!理不尽!」と思うところもあるかも。

レトロゲームだと割り切ってプレイした方がいい。

ゲームとしての面白さ

システム  3.5

やり込み  3.5

物語もゲームシステムやら操作やら、「なんて斬新なんだ!すごいすごい!」ということはない。

あ、なんか見たことあるなー。あ、予想の範囲内だなー。

というわけで、普通に楽しむゲームだ。

レトロっぽさの再現度のレベルが高いので、これ系のゲームが好きな人にとっては、新たな良作だと思う。

さっきからずっとレトロレトロって連呼してるけど、でも、レトロ抜きにしても、アクションゲームとしてちゃんと楽しめる。

cyber shadow
ボスの種類が様々で攻略法を探すのが楽しい

一本道なので、やり込み要素は少なめ。

隠し部屋にある宝箱とかの回収くらい。でも、テンポが良いゲームなので、そのくらいのやり込み要素でちょうど良い感じ。

芸術的な完成度

グラフィック  3.5

サウンド    3.5

正真正銘(?)のドット絵。モダンでも流行りの感じでもなく、昔ながらのドット絵。

ドットのサイズが大きくて、荒い。ファミコンとかスーファミの荒さ。

だけど、しっかり描き込まれていて、色も鮮やか。カットシーンもあるし、ピクセルアートでしっかり緻密に描かれている。

cyber shadow

サウンドも、もちろんレトロ。

でも、そこまでピコピコ音ではない。ステージ上は機械だらけだけど、音楽は忍者っぽさが強い。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • レトロゲームの雰囲気やプレイ感覚が味わえる
  • 徐々にスキルが増えてアクションの幅が広がっていく
 残念なところ
  • レトロゲームならではの面倒臭さあり
  • 物語でもプレイでも驚きや予想外の感動はあまり起きない

総合評価

3.5

こんな人にオススメ!
  • レトロゲームが好き
  • 昔ながらのドット絵が好き
  • 2Dアクションゲームが好き
オススメではない人
  • レトロな雰囲気が苦手
  • 繊細なアクションや精度を求めている

Cyber Shadow
http://cybershadowjp.com/jp/
©2020 Mechanical Head Oy, All Rights Reserved. Cybershadow and Mechanical Head are trademarks and/or registered trademarks of Mechanical Head Oy.
Yacht Club Games™ is registered in certain jurisdictions, including in the United States. ©2020 Yacht Club Games L.L.C. All Rights Reserved.
Published by INTI CREATES CO., LTD.

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる