『Forager』レビュー: 小さきマシュマロマンによるアグレッシブ開拓

『Forager』とは、HopFrogが開発したシミュレーションゲーム。

本作の元は、ゲームジャムという短時間でゲームを作る大会で作ったゲーム。ちなみに、その大会では準優勝したとのこと。そこから開発が続き1本のゲームとなった。

本作は、PS5、PS4、Nintendo Switch、Xbox、PC、iOS、Androidでプレイ可能。私はPS版をプレイ。

\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。本作に似たゲームも紹介する。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

特にない

ストーリーは、特にない

ゲームスタートすると、孤島に小さなマシュマロマンが立っているだけ。こいつが主人公だ。

そして、唐突に「かまどを作ろう」と表示される。

で、そこからは、島にある鉱石や木を採ってはクラフトしまくる。

明確なメインストーリーがあるわけではないけど、島を開拓していくと、謎解きがあったりNPCが現れたり、気になることは増えていく。

forager 評価 攻略

ゲームの特徴Features

破壊と収集

forager 評価 攻略

舞台となる島には、たくさんの資源がある。鉱石、木、花、野生動物、地面の砂だって資源だ。

そうしたオブジェクトをツルハシでゴンゴン叩く。そうすると資源が手に入る。

こうして資源を集めていくのが本作の基本アクション。

例えば、岩を破壊して鉱石を得ると、もちろんその岩は無くなる。

しかし、ボーッと立ってても、忙しく何かを作業していても、一定時間が経過するとポコポコポコと新たな岩が生えてくる。

資源の再出現スピードがハンパなく早くて、あっという間に辺り一面、鉱石や木だらけになってしまう。なんとも逞しい大地だ。

マシュマロマンの装置創造

forager 評価 攻略

採掘などアクションを行うと経験値が加算され、マシュマロマンはレベルアップする。その際、スキルポイントを手に入れる。

スキルポイントを消費してスキルツリーをアンロックすると、新たなレシピを覚えることが出来る。

こうして、様々な装置や設備を作ることが出来るようになる。

装置や設備にはそれぞれ投入できる素材が決まっていて、新たな素材や料理をクラフトすることができる。お金も製造することが出来てしまう。

これを材料にして、また新たな装置や設備を作ることができるようになる。

ちなみに、マシュマロマンに家は必要ない。どこでも好きな場所に装置を置いて、勝手にクラフト出来る。

マシュマロマンの1日

forager 評価 攻略

ゲーム内では常に時間が流れていて、昼と夜が切り替わる

画面左上には体力を表すハートと緑色のエネルギーゲージが表示されている。

素材採集などアクションを行うとエネルギーが消費され、無くなりそうになってくると「疲れた」「お腹空いた」と主人公が呟き始める。

そうなったら、急いで食事しなければならない。食材や料理によって回復度合いが変わる。

エネルギーが切れた状態で働き続けると体力が減っていく。体力がゼロになってしまえば、もちろんゲームオーバーだ。

土地を買い叩き渡り歩く

forager 評価 攻略

本作で一番の大きな目標となるのが、領土拡大

始めは、小さな孤島で、周りは真っ青な海。

で、お金が貯まったら、隣り合う土地(島)を買うことが出来る。

スタートの島から離れるほど土地は高くなっていく。誰から買っているのかは不明だけど。

島は、緑あふれる平和な島から、砂漠地帯、雪降り積もる島、悪魔が現れる危険な島などさまざま。ダンジョンがあったり、NPCがいたり。採集できる資源も異なっている。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

物語要素はないので、評価なし


キャラクターの魅力

forager 評価 攻略

4.0

NPCやボスなどギャグ漫画のような個性の強い濃いキャラがたくさん登場する。

そして何より主人公のマシュマロマンが良い。

ツルハシ振り回してるだけで、特に何のリアクションも起こさないんだけど、妙に愛着が湧いてくる白い生物だ。

ファッション要素もあってコスチュームを変えられるので、余計に愛着が湧きやすい。良い味してる顔だ。


操作性

forager 評価 攻略

4.0

ツルハシ片手にオブジェクトを何回か叩く、そうするとプッと弾けて素材が採れる。

この感触。はい、これは好きな感覚。挙動や操作感が気持ち良すぎる

テンポが良すぎて、操作性も良すぎて、夢中になってプレイしてしまう。

唯一、手が止まったのはゲームがフリーズした時。

突然のフリーズ、そして悲しいことに「セーブデータが壊れています」が何回か起こった。ニューゲームからやり直しになったことも。

しかし、クラッシュしても、それでも負けじと再スタートしてしまう。病みつき度は凄い。


難易度バランス

forager 評価 攻略

4.5

採掘しまくってるのに、ポコポコポコポコポコポコと凄い勢いで資源が生まれてくる

ああ、またツルハシで殴らなくちゃ。こうして、いつまでもやめ時を見失っていく。

ただ、そのうち、さすがに飽きてくる。

しかし、「飽きてきたな」ってくらいのタイミングでお金が貯まり、新たな島が買えるようになる。止まらない。

難しいことは一切なく、詰まることもなく、立ち止まることもなく進んでいく。


ゲームシステム

forager 評価 攻略

4.0

『ゼルダの伝説』や『Stardew Valley』とか、本作の製作者さんが影響を受けたと言うゲームは、私にとって好きなタイトルばかり。

で、影響されている要素が、気持ちよく噛み合っている。

「このテンポ良すぎゲーム、やばすぎる!」と激ハマり。

クラフトやサンドボックス要素など特別新しい要素があるわけではない。

だけど、操作の気持ち良さとテンポの良さが異常で、中毒性が高すぎる!

シンプルに見えるゲームだけど、底なし沼。クッキークリッカー的な中毒性がある。


やりこみ要素

forager 評価 攻略

4.0

やりこみ要素は、特定のアクションを行う実績解除や各アイテムを一定数博物館に展示すること。

膨大な作業というわけじゃなくて、少し頑張れは達成出来る内容ばかり。

ああ、もう少し頑張っちゃおう。そして、また、やめ時を失う。


グラフィック

forager 評価 攻略

3.5

見下ろし視点の2Dグラフィック。かなりシンプルなピクセルアートだ。

でも、センス良くて、ギャグ漫画のような雰囲気。色とりどりで画面は常ににぎやか。


サウンド

forager 評価 攻略

4.0

BGMはほぼ常に同じ。

ただ、本作はオブジェクトを破壊したときやクラフトアイテムが出来上がった時に、プップップッと鳴る効果音が心地良い

これが操作していて気持ち良くなる大きな要因。


総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

テンポが異常に良い

笑えるネタ満載

気持ち良い

残念なところ

ゲームがクラッシュする不具合があった

オススメな人

作業が好き

サンドボックスやクラフトが好き

没頭できるゲームを探している

難しいことを考えたくない

オススメではない人

物語を楽しみたい

歯ごたえのある難易度を求めている

同じ作業を繰り返すのが嫌

\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る

おすすめ類似ゲーム本作に似たゲームはコチラ

オススメ
Stardew Valley

本作の開発者さんが影響を受けている人気牧場系ライフシムゲーム。初期の『牧場物語』を彷彿とさせる雰囲気で、やり込み要素満載。

\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
オススメ
Turnip Boy Commits Tax Evasion

ゆるくて笑える雰囲気が好きなら、こちらもおすすめ。クエストを次々とこなしてサクサク攻略できるアドベンチャーゲーム。

Forager
4

小さきマシュマロマンによるアグレッシブ開拓

操作しているだけで気持ちよく、とんでもなくテンポが良い。

資源採集とクラフトを繰り返す単純作業がひたすら楽しい中毒性の高いゲーム。

Forager
Copyright 2017 HopFrog, SA. All rights reserved. Forager and HopFrog are pending Trademarks
hopfrogsa.net

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクロールできます
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
スクウェア・エニックス
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
スクウェア・エニックス
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る
\ポイントアップキャンペーン中!/
Amazonで見る

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる