『ゼルダの伝説 夢をみる島』レビュー: リメイクだけど新鮮チビリンク

タップしてジャンプ

『ゼルダの伝説 夢をみる島』とは

ゼルダの伝説 夢をみる島

修行の旅から帰る途中、嵐に巻き込まれ、一度入ると出られないといわれる「コホリント島」に流れ着いたリンク。
島で暮らす個性豊かな住民たちとの交流や、フィールド・ダンジョンの冒険を通じて、この不思議な島の謎を解き明かし、島からの脱出を目指します。

ec.nintendo.com

1993年にゲームボーイで発売されていた『ゼルダの伝説』シリーズ第4作目
初代ゲームボーイ向けなので、もちろん白黒グラフィックだった。

その後、1998年にゲームボーイカラー向けに色付きグラフィック化されてリメイク作『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』として発売された。

そして、約20年ぶりに、かなり装い新たにしまくって登場。

Nintendo Switchのみでプレイ可能。

ストーリー

オープニングから、いきなりピンチなリンク。
大嵐の中、小さな船の上で一人悪戦苦闘。

ゼルダの伝説 夢をみる島

あえなく遭難。
そして、無事に見知らぬ島に漂着。
さすが勇者。強運だ。

ゼルダの伝説 夢をみる島

『ゼルダの伝説』といえば、ゼルダ姫からの脳内直接メッセージ「リンク、起きて、目を覚まして」から始まるのがお馴染み。

しかし、本作では、漂着していたリンクを助けてくれたマリンという女の子の家で目覚める。

ゼルダの伝説 夢をみる島

どこだここは。服と盾はあるけれど。
大切な剣がない。

リンクといえば「剣で草刈りでしょ!」というわけで、漂着した海辺に戻って無事に剣を見つける。

ゼルダの伝説 夢をみる島

「やはり手に馴染む」と剣を掲げてドヤ顔していると、なにやら物知り顔のフクロウが登場。

フクロウによると、「かぜのさかな」という正体不明の生物(?)を目覚めさせないと、この島からの脱出は不可能とか言ってる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

フクロウに導かれるままに「かぜのさかな」を起こすための楽器集めを開始するリンク。
超豪華な目覚まし時計でも作るのか。

島のあちこちにあるダンジョンから楽器を見つけて、「かぜのさかな」を起こして島からの脱出を目指す。

しかし、そもそも「かぜのさかな」とは何なのか、起こせば島を脱出出来るってどういうことなのか、島の謎も解き明かすことになる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ちなみに、本作は『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後日譚
リンクは、勇者としての修行に出た帰りに大嵐に巻き込まれてしまったということらしい。

修行していたわりには、ゲームスタート時には草を引っこ抜くことが出来ないほど非力。
勇者の修行とは一体…。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゲームの特徴

流れ着いた島「コホリント島」が舞台。
島の住民はゼルダ姫やガノンのことさえ知らない。

とはいっても、雰囲気は『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』と似ている。
登場する敵もよく似ている。

ゼルダの伝説 夢をみる島

さらに、ハイラルとは違いクリボーやパックンフラワーなど、マリオシリーズの敵キャラが現れる。
コホリント島は、もしかしたらキノコ王国の近所なのかもしれない。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゲームは、見下ろし視点の2Dアクション。
ダンジョン内では、サイドビューになる部分もある。

『ゼルダの伝説』シリーズでは、毎作リンクの雰囲気が結構変わるが、本作では2頭身リンクでミニチュア模型のような雰囲気。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゲームシステム

安定の剣と盾

いつも、いつまでも変わらないリンクの基本装備。
右手に、左手に

盾を構えれば敵の攻撃を弾き、剣を振れば敵を攻撃し、リンクのお家芸である回転斬りも出来る。

ゼルダの伝説 夢をみる島

どんなスタイルになってもリンクのアクションはいつも通り。
剣を振ってるだけなのに気持ちいいのもいつも通り。

勇者レベルの器用さ

島のあちこちにある宝箱やお店から、便利な道具を集めていくリンク。

遭難してしまったということで、恐らくリンクの荷物は全て流されてしまった。
イチから集めていかなければならない。

ゼルダの伝説 夢をみる島

おなじみのパワーグローブや爆弾、弓から、 本作ならではの便利アイテムも登場する。

ダンジョンの謎解きに使ったり、特定のボスを倒すために必ず必要となるものもある。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ダンジョンと楽器

リンクは、島の各地にあるダンジョンを攻略していく。

ダンジョンでは、謎解きでを切り開き、宝箱を開けまくってボス部屋の鍵を探す。
鍵を見つけたら、ダンジョンの最奥にいるボスの部屋へ行き、撃破。
昔ながらの『ゼルダの伝説』シリーズの流れ。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ボス部屋にたどり着くまでも、鍵を開けなければ進めない道も多い

しかも、まずダンジョンに入るためにも鍵が必要。
ダンジョンに入るところから謎解きは始まる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

本当にどこもかしこも鍵がかかりまくっていて、一体誰がこれだけ鍵閉めして回っているのか。
戸締りしっかりしすぎ。

ゼルダの伝説 夢をみる島

謎解き安心システム

ダンジョン以外にも、至るところに謎解きがある。

「どこに行けば…」という時は、フクロウ先生。
ことあるごとに、バサバサと飛んできて、次に向かう場所を教えてくれる。

「何をすれば…」という時は、「うるりらじいさん」の出番。
各地に電話ボックスならぬ電話小屋がある。

ゼルダの伝説 夢をみる島

メーベの村のうるりらじいさん直通になっていて、謎解きのヒントをぺらぺらと喋ってくれる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ダンジョン内では、フクロウの石像に専用のクチバシを付けると、ヒントを喋ってくれる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

やり込み要素

人助け

島には、たくさんの個性的な住人がいる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

話をするだけでも楽しいが、サブクエストが発生することもある。

住民の欲しがっているものを見つけて渡してあげると、リンクにとっては役に立ちそうにないモノをくれる。

でも実は、それを欲しがっている誰かがいる。
というわけで、わらしべ長者のように受け取ったプレゼントを人に渡していく。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ダンペイとダンジョン作り

オリジナル版にはなかった最大の新要素。
それがダンジョンを作れる『マリオメーカー』ならぬ「『ゼルダの伝説』メーカー」。

クリアしたことのあるダンジョンの部屋を元にしたパネルを並べてダンジョンを作る。

ゼルダの伝説 夢をみる島

『マリオメーカー』と同じく、作ったダンジョンは自分で1度クリアしなければ完成とならない

ダンジョンはプレイできなければいけないのでルールがある。

入り口パネルとゴールのボス部屋パネルが必須だったり、鍵のかかった部屋と宝箱の数を合わせたり、階段も機能するようにパネルを配置したり。

ゼルダの伝説 夢をみる島
ゼルダの伝説 夢をみる島

自由に作ることも出来るけど、特定の条件にあったダンジョンを作るダンペイのお題をクリアすると報酬が貰える。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ミニゲーム

ミニゲームをいくつか楽しめる。

クレーンゲームや魚釣り、急流下りなどが楽しめる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

うまくいくと、ハートのかけらなど貴重な報酬が手に入る。

ゼルダの伝説 夢をみる島

評価

良いところ

  • 最強に可愛いグラフィック
  • 『ゼルダの伝説』ならではの謎解き
  • 結末が気になるストーリー
  • 個性豊かなキャラ

残念なところ

  • アクション難易度は低め

感想

可愛い可愛い可愛いのオンパレード。

ほのぼのしていて、コミカルさもあって、プレイしている間、ずっとニコニコしていた。

ゼルダの伝説 夢をみる島

でも、可愛いだけではない。
『ゼルダの伝説』なアクションの面白さや操作の気持ちよさは、ちゃんと味わえる。
草をザクザク刈るだけでも楽しいって、本当に不思議な魅了を持つゲームだ。

ゼルダの伝説 夢をみる島

『ゼルダの伝説』に馴染みのある人なら、謎解きは予想がつきやすい。

しかし、行ったり来たりしながら謎解きしている最中がやっぱり最高に楽しい。
謎が解けた時の「チャララララリラリ」は、やっぱり嬉しい。

ゼルダの伝説 夢をみる島

そうは言っても、つまづいてしまう謎解きもある。

しかも、移動して画面が切り替わると敵が復活してしまうので、なかなか落ち着いてゆっくりは考えさせてくれない。

パズル的な謎解きがたくさん楽しめる一方、アクションゲームとしては結構やさしめ

ハートやルピーがそこらじゅうからわんさか出現するし、ゴリゴリゴリ押しが通用することも多い。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ボスは倒し方さえ分かってしまえば、サクサクッと倒せてしまう。

3Dの『ゼルダの伝説』に比べて、色んな武器を駆使しまくったり、馬に乗ったまま攻撃したり、弓矢の照準定めたりといったアクションがない分、易しく感じるのかもしれない。

じゃあ、満足できなかったかと言うと、全然そんなことはない。
むしろ大満足。

空気感が抜群に良すぎて、歩いて草刈りしてるだけで楽しい。

ゼルダの伝説 夢をみる島

散歩しながら、結構大量に隠れてる巻き貝を探すのも楽しくて、ボリューム少なめマップでも、巻き貝を探し当てるとなると広く感じる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

そして、オリジナル版を知らない身としては、ストーリーが気になりまくった

本作には、ゼルダ姫もガノン的な奴もいない。
ガノン倒そうぜ!という『ゼルダの伝説』お馴染みの展開じゃないので先が読めない。

ゼルダの伝説 夢をみる島

可愛らしいグラフィックで、気持ちいいアクションと様々な謎解きが楽しめて、ストーリーも楽しめる。
やはり『ゼルダの伝説』は、安定の高品質ゲーム

こんなプレイヤーにオススメ

『ゼルダの伝説』シリーズ好きには絶対おすすめ。

オリジナル版をプレイした人もしていない人も、新しい可愛いグラフィックの虜になるはず。
アクションや謎解きも、いつも通りしっかり楽しめる。

ゼルダの伝説 夢をみる島

一方で、『ゼルダの伝説』はよく知らないって人にも是非おすすめ。
いつものハイラルが舞台じゃないので、過去作を知らなくても、ストーリー的に全く問題ない。

逆に予備知識がない状態で、謎解きやアクションが味わえるのは、うらやましい。

ゼルダの伝説 夢をみる島

そして、可愛いもの好きにもおすすめ。
プレイしていて、まあ、まず「可愛い」と呟かずにいられない。

ゼルダの伝説 夢をみる島

一方で、3D『ゼルダの伝説』な感じを期待している人にはオススメではない。

オープンワールドではないし、色んなことがやりたい放題ってわけではないし、アクションの難易度も高くない。
本作は、どちらかというと謎解き要素の方が高い。

ゼルダの伝説 夢をみる島
www.nintendo.co.jp
©︎ 1993-2019 Nintendo

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる