『A Monster’s Expedition』レビュー: 丸太をゴロゴロモンスター

『A Monster’s Expedition』とは、Draknek & Friendsが開発したパズルゲーム

黒い生物がひたすら雪だるまを作る『A Good Snowman Is Hard To Build』など、これまでもパズルゲームを製作してきた開発元だ。

本作は、PS5、PS4、Nintendo Switch、PC、Apple Arcadeでプレイ可能。私はApple Arcade版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。本作に似たゲームも紹介する。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

観光モンスター

ゲームが始まると、とある島に船で到着する黒いモンスター

上述の『A Good Snowman Is Hard To Buid』と見た目は同じモンスター。だけど別にストーリーが繋がっているわけではない。

リュックを背負っていて、どうやら観光に来たらしい。

主人公の黒モンスターくんは「Human Englandland」という発掘現場を訪れたのだ。

A Monster's Expedition 評価 攻略

人類?

Human Englandlandは人間が住んでいた土地らしく、出土した人間の遺物が展示されている。

人類がいなくなった未来の世界なんだろうか。

博物館なので、もちろん発掘者による解説文付き。

しかし、この博物館はまだ工事途中なのか、一筋縄では観賞出来ない。

発掘現場は、細切れの島になっているので、黒モンスターくんは木で道を作りながら鑑賞を続ける。

A Monster's Expedition 評価 攻略

ゲームの特徴Features

木をドーン、ゴロゴロ

A Monster's Expedition 評価 攻略

本作の舞台となる発掘現場は、小さな島に分かれている。その島の間を繋ぐ道を丸太で作る

それが本作のパズルだ。

島に生えている木をドンッと押すと、木がスパッと切れて丸太になる。あとはこの丸太を隣の島との間に浮かべるだけだ。

島には様々な遺物が展示されているので、それを鑑賞しつつ道を作って先へ先へと進んでいく。

転がる方向

A Monster's Expedition 評価 攻略

主人公は、木を一撃で切り倒すという怪力の持ち主だけど、木を持ち上げることは出来ない。

切り倒して地面に転がった丸太が、主人公に対して水平に転がっているなら、押した方向にゴロゴロッと転がす。水に落ちるか、何かにぶつかるまで転がっていく。

主人公に対して丸太が垂直なら、ゴロンゴロンと丸太をサイコロのように回転させながら運ぶ。地面に垂直に立った時なら方向転換も可能。

このシンプルだけど、もどかしいルールに沿って隣の島へ道を作っていく。

イカダでスイーッ

A Monster's Expedition 評価 攻略

水に落とした丸太は浮かぶ。丸太の長辺方向にしか進むことは出来ない。

しかし、同じ場所にもう一本丸太を浮かべてみる。

そうすると、イカダの出来上がり!イカダの上ではタテにもヨコにも進むことが出来る。

更に、イカダの上に乗った状態で、目の前にある岩をドンッと押すと、イカダがスイーーッと流れていく

次に進む島が見当たらない場合などは、イカダで遠出しちゃうわけだ。

実はオープンワールド

A Monster's Expedition 評価 攻略

本作はパズルゲーム。

しかし、どこから進んでもいいというオープンワールドとも言える。

丸太で道が出来る限り、どこから進んで行ってもいい。

道中にある郵便ポスト間ではファストトラベルも出来る。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

A Monster's Expedition 評価 攻略

4.0

ストーリーはない。何にもない。ただ人類の遺物を見て回るだけ。

でも、遺物の解説文が面白い

遺物を発掘したモンスターには人間の文明が理解できないようで、ほぼモンスターの妄想が書いてあるんだけど、どれもクスクス笑ってしまう内容。

モンスターから見たら、人間の生活って奇妙だ。でも、言われてみると確かに「人間って変だよな」と、笑いつつもナルホドと思わせてくれる。


キャラクターの魅力

A Monster's Expedition 評価 攻略

3.5

主人公である黒モンスターくんには、顔がないから表情もない。

でも、操作せずにパズルに悩んでいると、画面のこちら側に向かって手を振ってくれたり、水辺に足を垂らして黄昏れたり。

さらにはコーヒー飲んで一息つく。

なかなか愛嬌がある


操作性

A Monster's Expedition 評価 攻略

3.5

黒モンスター君が怪力すぎて、歩いてるだけのつもりが、うっかり木に接触して切り倒してしまう。

これが1番操作で困ったところ。

気を倒すアクションコマンドなどがあると良かった。

でも、ボタン一つで一手戻すことができるし、ボタン押し続ければ巻き戻しができるし、さらには、一気に島全体のリセットも可能。

操作はシンプルだ。


難易度バランス

A Monster's Expedition 評価 攻略

3.5

分かりやすいルールだけど、しっかり悩む

可愛らしい雰囲気だからと侮るなかれ。詰まってしまうと詰まりまくる。

で、徐々に飽きてきやすい

やる気を持続してくれる何かや変化が欲しいところ。


ゲームシステム

A Monster's Expedition 評価 攻略

4.0

丸太を動かして道を作るというめちゃくちゃシンプルなルール。

それだけでここまでたくさんのパズルが作れちゃうとは。こんなに頭を抱えることになるとは。

よーく練って作られていて、パズルとしてのクオリティが高い


やりこみ要素

A Monster's Expedition 評価 攻略

4.0

やり込み要素は、どれだけたくさんの展示品を見るか。それに尽きる。

どの遺物の解説文も面白いので一見の価値あり!日本語訳も良い感じで、読むのが面白い。


グラフィック

A Monster's Expedition 評価 攻略

4.0

あたたかく穏やかな雰囲気が漂う手描き調グラフィック

主人公の黒モンスターは珍ようでヘンテコで可愛い。

パズルでは悩むことになるけれど、見た目は癒し。


サウンド

A Monster's Expedition 評価 攻略

4.0

めちゃくちゃ癒される。

癒しな曲調に水が流れる音も聞こえてくるし、パズルに悩みながらウトウト…。

\\サントラはこちら//

メインアーティスト:Eli Rainsberry

総合評価Summary

3.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

シンプルなルールだけど悩む

遺物の解説文が面白い

癒される雰囲気

攻略順が自由

残念なところ

やる気が持続する要素が少ない

触っただけで木が倒れてしまう

オススメな人

パズルゲームが好き

ゆったりプレイできるゲームを探している

クスッと笑いたい

気長な性格

オススメではない人

ヒントが欲しい

解けないとイライラしやすい

おすすめ類似ゲーム本作に似たゲームはコチラ

オススメ
Baba is You

本作のようにシンプル操作だけど、パズルのルールを変えるという斬新なシステムが面白いパズルゲーム。

オススメ
Creaks

ライトに照らされると家具に変わるモンスター達をうまく誘導して先に進んでいくパズルアドベンチャーゲーム。壁の向こうの不思議な世界という物語も面白い。

A Monster's Expedition
3.5

丸太をゴロゴロモンスター

丸太を転がすシンプルだけど悩むパズルゲーム。

珍妙なモンスターと人間の遺物に関する面白いコメントもたっぷり楽しめる。

A Monster’s Expedition
© 2020 Draknek Limited

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index