華やかイラスト作品のままRPGになっちゃった『Cris Tales』レビュー

※本記事は序盤プレイでのレビューです(途中でプレイをやめた理由は後述)※

Dreams Uncorporatedが開発したRPG。往年のJRPGにインスパイアされたタイトルとのこと。

PS、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

こんな方にオススメ
  • どんなゲームか気になっている人
  • 買おうかどうか悩んでいる人
  • 次にプレイするゲームを探している人
  • 他のゲーマーの意見を見てみたい人
Index

ゲーム内容Features

あらすじ

Story
クリスタルに選ばれた少女

可愛らしい女の子が1人。主人公のクリスベルだ。

孤児院で暮らすクリスベルは、ある日、シルクハットを被った不思議な蛙に遭遇する。

その蛙を追いかけて町の大聖堂に入ったクリスベルは、突然視界が3分割に!

Cris Tales
Story
選ばれし者

3分割になった視界を通して、過去と未来が見れるようになったクリスベル。

すると、追いかけていたカエルが助言をくれる。え、蛙が普通に喋ってるんだが。

とりあえずカエルの助言に従って時の賢者の元を訪れると、クリスベルは選ばれし者だと告げられる。彼女自身も時を操る賢者らしい。

Cris Tales
Story
やっぱり世界を救うことになる

クリスベルは何故自分が選ばれたのが分からないけれど、見える未来は何やら不穏な状態。

どうやら女帝というヤツが、何やら悪だくみしていて、未来が大変なことになるみたいだ。

それを止められるのはクリスベルしかいない!そして、この力を使えばクリスベル自身も知らない彼女の生い立ちが分かるかもしれないという。なんという一石二鳥。

というわけで、出会った仲間たちと旅に出ることに。

Cris Tales

ゲームの特徴

Point
オーソドックスなRPG
Cris Tales

ワールドマップ上に街やダンジョンがあって、ストーリー進行と行ける範囲が広がっていく。

ダンジョン内では特定の場所で、フィールド上ではいつでもセーブすることができる。

街などでは、買い物の他にサブクエストも発生する。街のサブクエストを全てクリアすると、その街の未来が変化する。

Point
分割タイムルトラベル
Cris Tales

街などでは、画面は常に3分割。右が未来、中央が現在、左が過去だ。

例えばNPCがクリスベル近くの中央にいる時はNPCは現在の姿。

しかし、クリスベルが移動して、そのNPCが画面左側になると子供の頃など過去の姿になる。一方、画面右側に位置すれば、年老いたり未来の姿になる。

これを使って情報収集したり、サブクエストをクリアしていく。

Point
タイミングが大事なバトル
Cris Tales

バトルはターンベースのコマンドバトル。攻撃やスキルなどがある。

また、攻撃するタイミングでボタンを押すと2回攻撃出来る。逆に攻撃されるタイミングでボタンを押すとガード出来る。

どちらもタイミングよくボタンを押せたかどうかで効果が変わるので、リアルタイムな要素もあるわけだ。

Point
時間操作で有利に勝つ
Cris Tales

バトルでも時間操作が大切。

クリスベルは、画面右側の敵は未来に、画面左側の敵は過去に姿を変えさせることができる。

例えば、画面右側の敵に毒付与して、それから画面右にフューチャークリスタルを使って未来の姿にすると、毒ダメージが蓄積されて一気に大ダメージを与えられる。

スキルによって時間経過で効果が変わるので、様々な組み合わせを試して有利な戦術をとるのが大切。

各要素の評価と感想Rating

※序盤までのプレイでの評価(ほぼ感想書ける程度くらいしかプレイしてません)です。残念ながら、序盤でプレイを断念しました(理由は以下を参照下さい)※

物語の面白さ

Cris Tales

時間を超えた壮大な物語になりそう!という予感はするのに、実際には惹き込まれない。

展開が唐突だったり、ぶつ切りなカットシーン。

それぞれのカットシーンは素敵なのに、その繋ぎ方がざっくり大味。「綺麗な演出だなー。え??あれ?」て突然場面が切り替わる。

テンポもイマイチで、一気に省略されたり、逆に過剰にスローペースなところも。

キャラクターの魅力

Cris Tales

キャラに愛着が湧いてくるところまでプレイしていないので何と言えないけど。このキャラのこと好きになりそう!ていうのはなかった。

というのも、日本語訳が「あれー?」な仕上がり。なんか、変。不自然。

機械翻訳っぽさも残ってるし、なんだか妙な口調。

ちなみにセリフは英語フルボイスなんだけど、原語でもあまりキャラクター性が映えるようなセリフではない。

操作性

Cris Tales

クリスベルは浮かんでるかのようにスイーーッと平行移動していく。これが結構気持ちいい。

バトルは簡単なコマンド入力で分かりやすい。

でも、タイミングよくボタンを押す瞬間は分かりにくい。

特に敵は近づいてきて攻撃するわけではないので、ガードのためのボタン押しタイミングが分かりにくい。

難易度バランス

Cris Tales

本作はランダムエンカウント。かなり頻度が高いと思う。

バトルは、タイミングよくボタンを押せるのが前提なダメージ量になっている。

単純にアイテムが買えないとか、セーブポイントが少ないのにエンカウント率が高いという、バトル内容ではないところで難易度が変に上がってしまっているのは、うーん。

ゲームシステム

Cris Tales

街の背景も全NPCも、過去の姿と未来の姿が見れる。クリスベルが移動するのに沿って、さぁあーーっと姿が変わるのは見てて面白い。

また、バトルでは、敵に水をかけて未来にしたら、敵の装備の金属が錆びてて防御力が下がるなどスキルと時間の組み合わせが面白い。斬新。

ただ、色んな要素がいま一歩なクオリティ。ゲームの基本部分の作り込みがざっくりしてしまっていて、良いアイデアなだけに余計に勿体無い。

やり込み要素

Cris Tales

やり込むようなところまでプレイしていないので、なんとも評価できない。

物語がバラバラで唐突な展開ばかりなのと妙な和訳になっているセリフによってストーリーや世界に興味を持てない。そして、あまりゲーム的に意味のない部分で難易度が厳しくなったり。

そして、バトルでは右側の敵は未来で左側は過去にしか出来ないとか、タイムトラベルできるのはカエルだけで場所も制限されてたり、時間操作の自由度も意外と低い。

で、面白い!と感じることができず、プレイするのは序盤でやめてしまった。

画面分割で時代が変わるっていうのは面白いんだけど、それがゲームとしての完成度の低さを乗り越えるほど興味が続かなかった。残念。

グラフィック

Cris Tales

本作はイラスト作品みたいな綺麗なグラフィック。色づかいも綺麗。

クリスベルが移動するごとに背景がブワァアアアアと動くのは本当に美しい。華やかだ。

サウンド

Cris Tales

ファンタジーっぽさを感じるBGMたち。サウンドも綺麗。

芸術面は素敵なので、ゲーム部分が本当に惜しい。

総合評価Summary

2.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • グラフィックと音楽が綺麗
  • 画面を3分割した時間変化は斬新
  • 時間操作とスキルを組み合わせたバトルが面白い
残念なところ
  • ゲームとしての完成度や作り込みがいま一歩
  • 妙な難易度バランス
オススメな人
  • イラストの綺麗さだけで満足できる
  • 芸術性の高いゲームが好き
  • 斬新なゲームをプレイしてみたい
オススメではない人
  • ゲームに一定の完成度を求めている
  • 雰囲気だけでは満足できない

本作が好きならオススメRecommendation

私は本作と相性が良くなかったけれど、近いテーマのゲームならこちらがオススメ

オススメ
クロノ・トリガー

JRPGで時代を超えた物語の傑作といえばコレ!

クロノ・トリガー (アップグレード版)

クロノ・トリガー (アップグレード版)

SQUARE ENIXposted withアプリーチ

© 2020 Dreams Uncorporated. Published by Modus Games™. Modus Games™ and the Modus™ logo are trademarks of Modus Games, LLC. All rights reserved. All other trademarks or registered trademarks belong to their respective owners.
http://cristalesgame.com

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる