『Cross Code』レビュー: なめらかアクションと繊細謎解きと良質ストーリー全部入り

タップしてジャンプ

『Cross Code』とは

cross code

Radical Fish Gamesが開発したアクションRPG

スーパーファミコン時代に近いドット絵で描かれる見下ろし視点のグラフィックが特徴。

MMOゲームをテーマにしたSFな物語が展開する。

当初はPC向けのみに配信され高評価されていた。
そして、コンソール向けにも発売となった。

PS4、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。
私はPS4版をプレイ。

ストーリー

ゲームの冒頭、1人の男性の元へと急ぐ女の子シズカ。

cross code

どうやら、その女の子の兄らしい。
兄の働き過ぎを気にしている。
ブラック企業なんだろうか。

cross code

しかし、妹の心配もむなしく、兄は倒れてしまう。

cross code

壮大な伏線と謎を残して、画面は暗転。

次の瞬間、青い髪の女の子が船で目覚める。

cross code

彼女の名前はレア
そして、本作の主人公。

とは言っても、実は人間ではない。

なんとMMOゲームを現実世界で楽しめるという超最先端技術が出来た「Cross Code」というゲームが本作の舞台。

現実世界にいるプレイヤーが、現実の月に造られたプレイエリア上でアバターを操作してゲームをする。

cross code
いいね
いいね

つまり、プレイヤー自身と操作するアバターは同じ現実世界にいるということ

しかも、アバターは操作している人間の五感と同期している。

高いところは怖いし、温度を感じたり。
リアルに感じられる夢のようなゲーム。

で、主人公のレアは、そんな「Cross Code」上で操作されている「はず」のアバター。

しかし、操作しているはずの人間は不明、記憶もない

言語モジュールに欠陥があるらしく、うまく喋ることも出来ない

cross code

自身の記憶を取り戻すために、レアは「Cross Code」をプレイしていくことに。

cross code

レアの事情を知っていて、記憶を取り戻そうとサポートしてくれる現実の人間であるNPC

「Cross Code」を純粋にゲームとして楽しんでいるプレイヤーが操作するアバターであるNPC

さまざまなNPCと出会う。

cross code

「Cross Code」というゲーム上のストーリーが展開したり、「Cross Code」の運営会社などに関する現実世界の話も展開する。

自分で書いてても分かりにくいんだけど
ゲームと現実の境い目が本作の魅力

ゲーム内での体験がリアルに感じれるって夢の技術!
でも、ゲームは非現実だから楽しいのかもしれない
そんなことを感じる物語

ゲームの特徴

攻撃とエレメント

戦闘は、シームレスのアクションバトル。

レアのアクションは、近接攻撃とボールを投げる遠距離攻撃回避ガードの4種類が基本。

また、ゲームを進めていくと、炎や氷といったエレメントを手に入れる。

アクションしながら、エレメントモードを切り替えて戦う。

例えば、氷モードを選択すると、近接攻撃も遠距離攻撃も氷属性になる。

cross code

敵を倒すと経験値を得てレベルアップ。

レベルアップ時にはCPというポイントを獲得。

CPで、「サーキット」という、いわゆるスキルツリーを解放出来る。

回転切りやダメージ吸収シールドなどの技や、攻撃力アップなどのステータスボーナスを得られる。

cross code

各エレメントごとにサーキットは分かれている。

例えば、炎エレメント用のサーキットで解放した技やステータスボーナスは、炎モード選択中にしか有効にならない。

cross code

どの属性も使わない場合は、ニュートラルモード。

ニュートラルモード用のサーキットももちろんある。

MPではなくオーバーロード

敵によって弱点が違っている。

敵の弱点属性で攻撃を当てていると、敵が一定時間硬直する「ブレイク」状態になる。

更に、属性攻撃では、炎上や凍結といった追加効果も与えられる。

cross code

また、攻撃を当てているとSPが溜まる。

SPを消費するとスキルツリーで解放した技を発動することができる。

じゃあ、弱点攻撃して叩き続けてれば有利だし、技も使い放題じゃん、となるわけだけど。

そう簡単にはいかない。

各エレメントモードでアクションを続けていると、画面四隅から「エレメント使い過ぎですよー」と模様が浮かび上がってくる。

cross code

それでもエレメントモードで攻撃し続けていると「エレメントオーバーロード」状態になる。

一定時間どのエレメントモードも使えなくなってしまうのだ。

オーバーロードしないように、攻撃のペースを緩めたり、ニュートラルモードに戻しながらといったやりくりが大切。

それなら、ずっとニュートラルモードで戦ってればいいじゃん!

というわけにもいかない。

強敵は弱点属性攻撃をして「ブレイク」しないと、まともにダメージを与えられない。

cross code

ランク

バトルで敵を倒していると、画面右上に表示されるランクが上がっていく。

ランクDから始まり、敵を倒すごとにランクSまで上がっていく。

cross code

周辺の敵を倒しきっても、バトルBGMが聞こえなくなるまでの一定時間内なら、ランクの換算は続く。

BGMが消えないうちにサササッと移動して、他の敵に殴りかかる。

ランクが高い状態で敵を倒すと、敵がアイテムをドロップしやすくなる。

本作では、敵のドロップアイテムやフィールドの草を刈り取って出現する素材を集めて、新たな武器や防具とトレードする。

cross code

いい装備を揃えるためには
高ランクを保って戦い続けるのがかなり大切!

ダンジョンでもフィールドでも探索

バトルはスピーディーなアクションだけど、それ以外の場面では、謎解きが多い。

フィールド移動中も、各地にあるダンジョンでも、遠距離攻撃を使った謎解きが多く登場する。

遠距離攻撃は、一定時間構えてから発射すると壁でバウンドする球になる。

これを使って、スイッチに球を当ててギミック起動といった謎解きが多い。

cross code

もちろん、炎や氷など属性を使った謎解きも、たらふく登場する。

特にダンジョンでは
これでもか!これでもか!と謎解きが連続

たっぷりクエスト

ストーリー 

4

最高!
最高!

ストーリー重視!と言ってもいいくらい
世界設定やらキャラ設定がしっかり作られてる

仮想現実が現実に飛び出てきて
ゲームなんだけど現実でもある
ゲーマーなら興味惹かれるテーマ

あと、日本語翻訳がいい感じ

キャラクター 

4

最高!
最高!

登場するNPCはみんな魅力的

ゲーム内ゲーム「Cross Code」の登場人物は
テンプレート調なセリフを繰り返したり
無駄に融通が効かなかったり
ゲームならではのあるある!が面白おかしく再現されてる

進行のテンポ 

4

最高!
最高!

ゲーム内ゲーム「Cross Code」に慣れてきた頃に
現実世界の物語が展開し始める

世界設定がしっかりしてる分
色んな伏線が気になるしメインの物語の続きも気になる

cross code

グラフィック 

4

いいね
いいね

かなり緻密なドット絵
それが滑らかに動く

ドット絵のインディーゲームは多いけれど
本作はレベル高い部類

敵も味方も鮮やかな色
キャラは2頭身で可愛らしい
会話の時は、立ち絵の表情がコロコロと変わって
キャラが生き生きしてる

cross code

サウンド 

3.5

いいね
いいね

いい感じ
これだ!という曲があるわけではないけど
楽しくプレイできる

ゲームシステム 

4

最高!
最高!

エレメントオーバーロードは独特
MPなどのゲージとは違って
攻撃ペースを調整するというやりくりの仕方

あとバトルBGMが終わるまでは
ひとつの戦闘という括りでランクが上がっていくのも面白い
ひたすら戦いたい脳筋戦闘狂にとっては嬉しいシステム

ボールを使ったパズルも
壁で反射する角度を考えるというのが面白い

操作性 

3.5

いいね
いいね

移動もアクションも滑らか
段差や谷間があると自動でジャンプする
が、これになかなか苦労することになる

ドット絵グラフィックなので遠近感を掴みにくいのに
足場の縁に触れると勝手にジャンプしてしまうので
落下事故が多発

そして、壁でバウンドするボールは
1ドットのズレで上手くいかないことも
ドット絵グラフィックの割には
かなり繊細な操作が求められる

難易度バランス 

4

いいね
いいね

バトルはサブクエストなどでちゃんとレベル上げしていないと
結構苦戦することになる

パズルは歯応えがあるものも多くて
謎解き連発のダンジョンではグッタリしてくる(いい意味で)

ただ、上述の操作性のせいで難易度が高くなるところは残念

cross code

自由度・戦略性 

3.5

いいね
いいね

ボスの倒し方やパズルの解き方は「正解」が決まっている
しかし、スキルツリーはある程度自由度があって、どんなスタイルで戦うかは選ぶことが出来る

やり込み要素 

4

いいね
いいね

サブクエストが豊富
パズルっぽいものから、素材集め、モンスター討伐
メインストーリー放置して大量にあるサブクエストに明け暮れることも出来る
また、素材を集めて、より強力な装備を手に入れる楽しみもある

cross code

バグの少なさ 

5

最高!
最高!

プレイしていてエラーが起きたことはない
ロードも軽めだし快適にプレイできる

総合評価 

4

オススメな人・オススメではない人

オススメな人
  • ストーリーを楽しみたい
  • ドット絵が好き
  • パズルや謎解きが好き
  • 長時間遊べるゲームを探している
オススメではない人
  • 謎解きよりアクションを楽しみたい
  • 繊細なアクションが面倒くさい
  • 長い会話を読むのが面倒くさい

Cross Code
http://www.cross-code.com/en/home
DANGEN ENTERTAINMENT is a trademark of Dangen Entertainment. Copyright © 2020 Dangen Entertainment. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる