ヘイ、お待ち!地球の出来上がり!『Doodle God Universe』レビュー

JoyBits Ltd.が開発したパズルゲーム。

JoyBits Ltd.は、本作と同じゲーム性の「Doodle」シリーズをスマホ向けにいくつかリリースしている。

Apple Arcadeでプレイ可能。私はiPhoneでプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

こんな方にオススメ
  • どんなゲームか気になっている人
  • 買おうかどうか悩んでいる人
  • 次にプレイするゲームを探している人
  • 他のゲーマーの意見を見てみたい人
Index

ゲーム内容Features

あらすじ

Story
突然始まる宇宙

そこには、ガスと塵があり、惑星が出来上がり。

地球爆誕!そして、水、火、風、土が登場したよ。

と思ったら、ゲームが突然始まる。それだけだ。

ここから、プレイヤーの手であれやこれを混ぜて豊かな地球を創り上げるのだ。神だ。創造主だ。

doodle god universe

ゲームの特徴

Feature
2つを混ぜるだけ
doodle god universe

はじめは、火、土、水、風の4つのエレメントがある。

画面左側でエレメントを1つ選択する。画面右側でもエレメントを1つ選択する。両側で同じエレメントを選択することも可能。

すると、何か新しいエレメントが生まれる。例えば、土と火を選択すれば、溶岩のエレメントが生まれる。

こうして、新しいエレメントが増えて選択肢が増えていく。新しいエレメントが増えれば、また新しい組み合わせが出来て、また新しいエレメントが誕生する。

というのを繰り返す。それだけだ。

Feature
にぎやかになる地球を
doodle god universe

新しいエレメントが生まれた時、ローポリゴンで出来た地球に、そのエレメントが反映されることがある。

例えば、機関車ができた時、地球上に駅や機関車が登場する。

こうして地球が地球になっていく。

Feature
総当たり戦に疲れたら
doodle god universe

ひたすら組み合わせを考えるわけだけど、もちろん現実にある化学反応とか論理的に考えて妥当な組み合わせを想定して選んでいく。

自分のひらめきが枯渇した時や、「分かんないから総当たり!」というのにも飽きた時。その時にはヒントがある。

勝手に組み合わせを作ってくれるヒントや、出来るエレメントを提示してくれたりといったヒントだ。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

doodle god universe

物語要素は、ほぼゼロ。

唐突にゲームが始まるし、なにがゴールなのかも特に明示されない。

なんか、突然ゲームが始まったんだが。という思いのまま、特に何も説明はしてくれない。

キャラクターの魅力

doodle god universe

キャラも別にいない。そういうゲームじゃない。

タイトル画面に創造主と思しき仙人っぽい格好のお爺さんが描かれているけれど、ゲーム内には一切登場しない。

あいつは一体誰なんだ。

操作性

doodle god universe

エレメントを選択するだけなので、操作という操作はない。

ポンポンポンポンとタップしまくれて、間違った組み合わせでも「No No No」と言われるくらいで、すぐ別の組み合わせを試せる。

かなりテンポ良くタップしまくれる。ものすごい勢いで地球が創造できてしまうので、一気にクリア(エレメント全てを解除)まで突っ走ってしまった。

ちなみに日本語翻訳はめちゃくちゃだ。文字が飛んでたり、精度の低い機械翻訳そのままという感じ。

でも、テキスト情報はゲームに関係しないので、プレイ自体には支障ない。

難易度バランス

doodle god universe

エレメントが少ない間は、総当たりで組み合わせを作っていれば新しいエレメントがザクザクと生まれる。

しかし、エレメントの数が増えて来ると、「あれ?この組み合わせって前も試したっけ?」と把握しきれなくなってくる。

難しさはそれくらいで、もし詰まってしまってもヒント使えばほぼ正解が分かるので、サクサクとクリアできる。

カジュアルゲームな難易度だ。

ゲームシステム

doodle god universe

選ぶだけなので、特に何か凝ったシステムというわけではない。

でも、エレメントの誕生は見ていて面白い。コレとコレからアレが出来る!?と、現実にはあり得ないけど妙に納得できる組み合わせもある。

しかも、鉄とか硫黄といった「まさにエレメント!」なものだけじゃなくて、ゴーレムとか殺し屋といった摩訶不思議なものまでできる。

「よーし!ゲームやるぞ!」ていうより「なんか暇だ」っていう時にサクサクッとプレイするのがオススメ。

やり込み要素

doodle god universe

全てのエレメントをアンロックしても、全ての組み合わせが出来るまで続けられる。

人間の創り方だけでも何通りもある。それを探し当てるのが面白い…と言いたいところだけど、実際には続けようという気はなかなか続かない。

やってることが選択だけという単調さ。正直「全部のエレメント見れたし、もういいか」と思ってしまう。

グラフィック

doodle god universe

エレメントはスマホ向け洋ゲーあるあるなテイストのイラスト。

ただ、ローポリゴンで描かれる地球は見ていて楽しい。

拡大したり自分でクルクル動かしたりも出来る。

最初はシンプルだった地球がどんどんにぎやかになっていく様子。これが本作の1番の魅力。

サウンド

doodle god universe

ずっとメインメニュー画面みたいなBGMが流れている。

邪魔にならけど、記憶にも残りにくい。でも、特にBGMが凝ってる必要がないゲーム性なので、ちょうど良い。

総合評価Summary

3.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • 組み合わせを考えるのが面白い
  • カジュアルに遊べる
残念なところ
  • 飽きやすい
  • ゲーム性は低め
オススメな人
  • 簡単に遊べるゲームを探している
  • 神になりたい
  • 暇つぶしを探している
オススメではない人
  • 複雑なゲームを求めている
  • 現実に則したエレメント合成じゃないと我慢できない

本作が好きならオススメRecommendation

©️2010-2021, JoyBits LTD.
http://doodlegod.com/

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる