『DOOM ETERNAL』レビュー: 大爆走で連射で乱射で火炎放射

タップしてジャンプ

『DOOM ETERNAL』とは

doom eternal

元祖FPSと言われているid softwareが開発する人気シリーズ『DOOM』の最新作。

1990年代から続く長寿シリーズだが、2016年に過去作をリブートした名作『DOOM』が発売された。

本作は、その2016年『DOOM』の続編

現在、PS4/Xbox One/PCでプレイ可能。
私はPS4版をプレイ。

ちなみに、本作はゴア表現がふんだんに盛り込まれており、CERO Zとなっている。
ゴア表現が苦手な人は注意!

ちなみに本作には、オンラインマルチプレイの対戦モードもあるが、本稿はキャンペーンモードについてのレビューとなっている。

ストーリー

2016年『DOOM』では、火星でデーモンと激しい戦いを繰り広げたドゥームスレイヤー

doom eternal

このドゥームスレイヤーが主人公。

遠い未来、人類のエネルギー供給源となっていた火星に現れたデーモンを倒すため、地獄の遺物から呼び起こされ蘇った殺戮者だ。

doom eternal

実際のところ、主人公の正体は謎だ
しかし、デーモンからも恐れられるほど危険な男なのは間違いない

今作では、火星での戦いを終えたドゥームスレイヤーが地球に降り立つところからゲームは始まる。

本作では、地球で好き放題しているデーモンを倒すのが目的。
デーモンにより侵略され崩壊しまくっている地球が戦いの場となる。

doom eternal

ドゥームスレイヤーは無言で、デーモンをぶっ倒していく。
主人公の方が悪魔じゃん?ってレベルで、黙々と大暴れ。

デーモンが色んな事情を説明しようとしているのさえ完全無視して、ぶち倒していく。

doom eternal

世界設定は壮大だけど、ストーリー上では複雑で入り組んだ会話にはならない。
とにかく人間を利用しようとしてるデーモンから地球を救え!

ゲームの特徴

黙々と任務をこなす

ストーリーはミッションを通して進んでいく。

1つのミッションはいくつかのステージに分かれているステージクリア型
もちろん、クリア済みのミッションは後から再プレイもできる。

doom eternal

ステージ中には、何箇所か強制的に戦闘となるエンカウントエリアがあり、そのエリアの全ての敵を倒すと更に先に進めるようになる。

収集アイテムや新たな武器など探索要素もあるが、基本的には1本道

次の目標はマップに示されるので、迷うことはない。
一心不乱に目の前の敵をなぎ倒していくのみ。

doom eternal

ところどころには、タイミング良くダッシュやジャンプを駆使して渡っていかなければいけない危険な道もある。

また、ステージ上にはいくつかチェックポイントがある。
ゲームオーバーになると、直前のチェックポイントからやり直し。

その場合でも、一度クリアしたエリアに敵は出てこないし、基本的にデスペナルティはない

何度でも蘇って、ひたすらを戦いを挑む。
一息つく暇はない。

スーパー自給自足ガンマン

ドゥームスレイヤーは、銃だけでなく火炎放射器や爆弾まで重火器を駆使して派手に戦う。

銃には様々な種類がある
敵にはそれぞれ弱点があり、敵に合わせて銃を持ち替えて戦っていく。

doom eternal

さらに、それぞれの銃にはMODを装着することができる
MODを使用すると、通常とは違った銃撃が出来る。

doom eternal

このMODによる攻撃じゃないと弱点を突くことが出来ない敵もいる。

doom eternal

銃を持ち替えたり、MODを付け替えたり、爆弾投げたり火炎放射器を構えたり。
かなり忙しい。

更に更に、FPSではあるものの、本作ではメレー攻撃、いわゆる近接攻撃がバトル中にかなり大切な攻撃方法となる。

敵にダメージをある程度与えると敵が点滅してよろめく。

doom eternal

そこに近づいて行って、ドカン!と一発「グローリーキル」。

グローリーキルの演出は敵ごとに変わる(どれも超ド派手で残虐)が、敵の息の根を止める強力な攻撃だ。

グローリーキルで倒した敵は、必ず体力回復アイテムを落とす

doom eternal

そして、もう1つの近接攻撃。
それが、チェーンソー

チェーンソーで敵を倒すと、必ず銃弾を落とす

本作では銃弾をリロードする手間はないが、それぞれの銃ごとに弾数が決まっている。
無くなりそうになったら、敵をチェーンソーで切り刻んで補給する。

doom eternal

つまり敵を倒すことで、回復して銃弾補給が出来るということ。

更に火炎放射で敵を燃やして倒すとアーマーが手に入る。

戦わなければ死を待つだけだが、逆にピンチでも敵に向かっていけば起死回生できる。

戦いの中でしか生きていけない。
攻撃が全ての基本。
脳筋の極み!

時には寄り道する殺戮者

一心不乱に敵を倒しまくるドゥームスレイヤーだが、探索要素もある。

ステージ上のわざと行きにくい場所では、シークレットアイテムや収集要素アイテム、新たな武器MODなどが手に入る。
更に、主人公のステータスを強化できるポイントも隠れていたりする。

doom eternal

とは言っても、血眼になって探さなくてはいけないレベルではなく、視界に入ったり、ステージ全マップを解放すれば、地図上に表示される

doom eternal

地図をよく見れば道順は分かりやすい。
が、ダッシュやジャンプなどアクションの腕が試される道が多い。
壁上りやフックなども登場する。

更に強くなる殺戮者

ノンストップで大暴れする主人公だが、一息つく瞬間もある。

それが、拠点である「ドゥームの要塞」。

doom eternal

ミッションを終えて戻ってくると、要塞内の部屋が解放され新たな武器などが手に入る。

また、成長要素もある。
スドドドドドと銃乱射して戦っていると、武器ポイントを獲得することがある。

doom eternal

ポイントを消費して武器ごとにスキルツリーを解放してアップグレードしていくことが出来る。

doom eternal

更に主人公の基礎ステータスのレベルアップやスキルの付け替えも出来る。
どの武器から、どのステータスからレベルアップするか、どんなスキルの組み合わせにするかはプレイヤーの自由。

doom eternal

既に最恐であり最強に見える主人公だが、まだまだ伸びしろがあるわけだ。

評価

ストーリー  

3

キャラクター 
4

私は、本作が初めての『DOOM』シリーズ。
なんなら、FPS自体ほぼプレイ経験がないんだけど。

過去作を知っていれば、ストーリーはより理解しやすいと思う

とは言っても理解できなくても何ら問題はない。
逆にくどくど「この世界というのは、うんぬんかんぬん…」と続かず、最初から目一杯バトルが楽しめる。

収集アイテムや敵を倒すことで世界の成り立ちやバックストーリーをテキストとして読むことができる

doom eternal

がっつりストーリー知りたい人はテキスト読んでね、気にしないなら、とにかく目の前の敵を蹴散らせ!とハッキリしている。
まあ、読んでも分かりやすいストーリーというわけではないんだけど。

ちなみに、フルボイスでしっかり日本語吹き替えおよび翻訳もされている。

doom eternal

グラフィック 

3

音楽・効果音 
5

デーモンはどいつもこいつも凶悪な見た目でいい感じに気持ち悪いし、ステージはどこもかしこも大崩壊。
地球が舞台なはずなんだけど、いや、もはや地獄じゃんって具合に崩壊してて、雰囲気バツグン

doom eternal

グローリーキルの演出はド派手で、銃や爆弾で敵が吹っ飛ぶ様も大迫力。
爽快感がハンパない

で、その爽快感を盛り上げてくれるヘヴィでメタルなBGMでアドレナリン大放出

doom eternal

操作性 

5

UI   
4

FPS超初心者でエイムはブッレブレ、FPS特有の距離感が分からず無駄にジャンプしてる私でも、かなりプレイしやすい

これが元祖FPSか!さすが!
ド派手でスピーディーな戦闘だけど、すごく丁寧に作り込まれている

まず、酔わない。これ重要。
もちろん設定を自分好みに変える必要があるけれど、無駄な画面の揺れが排除されていて、カメラも映像も滑らかに動く。

doom eternal

主人公は常に大爆走しているようで、移動スピードがとにかく速いんだけど、「何が何だか見えない!」とはならない。
敵の配置とマップ構造が絶妙。

ゲーム進行のテンポ 

5

難易度バランス   
5

バグの少なさ    
4

難易度やらゲームプレイに関する設定は細かく調整できる

ミッション中でも変更可能なので、やさしめの難易度で立ち回りを覚えてから、難易度上げて再挑戦。
自分の上達っぷりに自己満足できる。

doom eternal

また、マップは単調ではなく、高低差やシークレット周囲の道は入り組んでいたりと探索も楽しめる

doom eternal

移動もファストトラベルも軽快なので、サクサクっと探索に戻れたり再挑戦できるのも良い。

面倒臭いと思うことが徹底的に排除されていて、でも武器やアクションの種類が多く単純になりすぎていない。

FPS初心者の私でさえこれだけプレイしやすいと感じるのだから、すごく作り方が巧い。

自由度・戦略性 

4

やり込み要素  
4

やみつき度   
4

バトルが多くを占めるゲームだけれど、探索要素もあるし、成長要素もある。

シークレットエンカウントや収集アイテムなど探索で見つかるものは意外と種類が多い

doom eternal

ミッション後のリザルトでは、どれだけ探索できたか表示されるので、目標が分かりやすい。

doom eternal

そして、1番のやり込みは、難易度をどこまで高くできるか

同じミッションでも、難易度を上げてクリアできるようプレイヤースキルを磨いていく。

武器やアクションの種類が多く、敵ごとに使い分ける必要もあるので、バトル中は頭も手も忙しい。

そして、エンカウントエリアでの出現してくる敵の数は大量で、バトル中は、もう無我夢中。

doom eternal

だからこそ、バトルが終了時の爽快感と達成感はハンパない。
シリーズ初心者でもFPSに馴染みがなくても、確実に「オレ強えー!」気分を味わえる。

まさに、やみつきになるプレイ感覚

総合評価 

4.5

おすすめ / おすすめではない人

おすすめな人
  • アクションゲーム、FPSが好き
  • FPSに挑戦してみたい
  • ド派手なバトルが好き
  • 最強でマッチョな体験をしたい
  • 『DOOM』シリーズのファン
おすすめではない人
  • ゴア表現が苦手
  • 会話やストーリーをじっくり楽しみたい
  • 忙しいバトルは求めていない

『DOOM ETERNAL』
https://bethesda.net/ja/game/doom
© 2019 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる