『メトロイド ドレッド』レビュー: ストーカーロボット付き惑星観光

『メトロイド ドレッド』は任天堂が開発した2Dアクションゲームでありメトロイドヴァニア

『メトロイド』シリーズは、メトロイドヴァニアというジャンルの語源になっている通り、元祖探索型アクションゲーム。

ファミコンで1986年に第1作目が発売されてから続く人気シリーズ。

本作の物語は2003年発売の『メトロイド フュージョン』の続きとなっており、シリーズの中で1番未来のストーリーになっている。

ちなみにFPSの『メトロイドプライム』シリーズとは話が直接はつながっていない。『メトロイドプライム』は本作より過去の話。

本作はNintendo Switchでプレイ可能。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Y!ショッピングで見る

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

Index

あらすじStory

Story
不穏な銀河

シリーズお馴染みのサムスが主人公。

パワードスーツという名前だけでも強そうな頑丈なスーツを着ている銀河バウンティハンターの女性。

彼女は、これまでメトロイドやXと言った危険生物を駆逐してきた。

しかし、惑星ごとぶっ飛ばしたはずのXが、とある惑星で元気に生存している映像が見つかる。

メトロイド ドレッド Metroid Dread
Story
私しかいない、そう、私しか

「由々しき事態だ!」というわけで、銀河政府は強くて賢くて大きなE.M.M.I.という調査ロボット隊を派遣。

が、音信不通になってしまう。

となったら、サムスの出番!

なぜなら、サムスは過去の戦いでXに対抗できる体質になっているからだ。

怪しい惑星へ、いざ出発!

メトロイド ドレッド Metroid Dread
Story
あれ?どうした?

惑星に着陸までカウントダウン…。5..4..3..。

次の瞬間、サムス倒れてます!

着陸失敗かー!

ではなく、着陸後、鳥人族(高度な文明を持っていたが消滅したと言われる種族)と思われるヤツと戦いになり、負けたっぽい。そんな記憶がサムスの頭にぼんやり。

しかも、なんか色々失ってる。パワードスーツの能力が奪われてる!

メトロイド ドレッド Metroid Dread
Story
下から出発

サムスが目覚めた場所は惑星の地下深く

乗ってきた宇宙船スターシップのコンピュータのアダムからの指令に従い、地表にあるはずの宇宙船に向かうことに。

しかし、その途中、音信不通になってたE.M.M.I.がサムスを襲ってくる。あれ?味方じゃなかったっけ?

どうやら、何かよろしくないことが起きているらしい。

E.M.M.I.に対抗しつつ、能力を取り戻しつつ、惑星内を進んでいく。

そして、あの強キャラ鳥人族。あいつ、誰なんだ。

メトロイド ドレッド Metroid Dread

ゲームの特徴Features

Feature
メトロイドヴァニア
メトロイド ドレッド Metroid Dread

本作は2D『メトロイド』シリーズ。というわけで、メトロイドヴァニアだ。

様々なスキルを手に入れながら、あっちへこっちへと行ける場所が広がりつつ探索していく。

もちろん、各所にはボスもいる。

Feature
撃って、迎え打つ
メトロイド ドレッド Metroid Dread

サムスは右腕についたキャノンで2Dシューティング

L1ボタンを押しながら左スティック操作すると、立ち止まって正確なエイムも可能。

ミサイルなど弾種を変えることもできる。が、標準のもの以外は弾数の概念がある。敵を倒したりして補給しなければならない。

次の部屋に繋がるドアは撃つことで開くものが多いけれど、特定の弾種じゃないと開かないものも多い。

また、敵が黄色に点滅する攻撃を繰り出してきた時は、タイミングよくメレー(近接攻撃)を発動すればパリィができる。

パリィに成功した直後に敵を撃つと、通常より多くの回復アイテムやミサイル弾が手に入る。

Feature
恐怖のE.M.M.I.
メトロイド ドレッド Metroid Dread

敵になってしまったE.M.M.I.。執拗にサムスを狙ってくる。

E.M.M.I.は特定のエリアをパトロールしていて、サムスの物音に反応する。近くを歩いてる足音でさえ感知する。

E.M.M.I.は音に気づくと聞こえたところまで急いで来る。そこで更に視界にサムスが入ると、絶対殺すマシンと化して、ものすごい勢いで襲ってくる。

逃げる、ファントムクロークを使って透明になる(ゲージを消費するので無限に透明ではいられない)など、E.M.M.I.を回避するのが鉄則。

E.M.M.I.に捕まるとゲームオーバー。しかし、めちゃくちゃタイミング良ければパリィも可能。

E.M.M.I.は最強だけど、特定のキャノンを手に入れると、エイム時にサムスの肩越し視点になってE.M.M.I.を撃ち倒すことが出来る。

キャノンはE.M.M.I.を一体倒すと消滅するので、キャノン手に入れてE.M.M.I.撃退を繰り返すことになる。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

メトロイド ドレッド Metroid Dread

4.0

冒頭から気になることだらけ

めちゃくちゃ強い鳥人族。なぜE.M.M.I.はサムスを狙うのか。そして、舞台となる惑星にはハイテク技術がたくさんあるんだけど、これは一体?

増えていく謎と、少しずつ明らかになる新事実。テンポが良くてハラハラが止まらない

NPCはコンピューターのアダムくらいなんだけど、くどくど会話があったり細かい説明がない分、余計にハラハラ感が増す。

この緊張感が良い。中だるみさせないし、常に絶体絶命な状況が心地良い。

ちなみに、オープニングで過去作のおさらいをしてくれるので、過去作を知らない人でも問題ない


キャラクターの魅力

メトロイド ドレッド Metroid Dread

4.0

愛嬌のない敵、無慈悲なE.M.M.I.、無機質なアダム。

本作のキャラの魅力は全てサムスが一手に引き受けている。それで十分満足できるくらい魅力たっぷり。

サムスは表情は分からないしセリフもないんだけど、ボスを倒す時など猛烈にかっこいい。スーツの下で絶対ドヤ顔してると思う。

上述したけれどハラハラが続くので、1人で奮闘するサムスの気分になってくる。


操作性

メトロイド ドレッド Metroid Dread

4.5

素早く滑らかに動く。

エイム操作や当たり判定も精度が高いし、ストレスを感じることは全くない。

スキルはたくさん登場するけれど、操作しやすいように工夫されている

『メトロイド』名物のモーフボール(サムスがダンゴムシ状態になって移動)も、狭い隙間に来たら自動で発動する。

過去作をプレイしたことのある人ほど「うわ、便利になってるー!」と感じると思う。


難易度バランス

メトロイド ドレッド Metroid Dread

5.0

ヒントは出され過ぎず、行ける場所もギミックや敵の倒し方も自分で探る。

これ!これ!メトロイドヴァニアのあるべき姿。

そして、ボスがしっかり強い。苦戦もゲームオーバーもしっかりする。

E.M.M.I.の縄張りに入っていく時は、思わず深呼吸してから入る。

それくらい恐ろしさが素晴らしい。賢くて執拗。敵として完璧です、E.M.M.I.先生。

でも、パリィの判定時間は優しめだし、体力回復アイテムもドロップしやすくて、良いバランスになっている。


ゲームシステム

メトロイド ドレッド Metroid Dread

5.0

期待を裏切らない、本当に巧みに面白く作られたメトロイドヴァニア。

先に進めそうで進めず、他のエリアに行ってみると道が開けたり。行ったり来たりさせるサジ加減が絶妙!

チュートリアルやヒントは少ないけれど、プレイヤー自身が新たな道に気づくように仕込んであるのも巧い。

そして、E.M.M.I.。単に探索だけではなくて、絶対勝てない相手に追い回されるという恐ろしく焦るエリアが小刻みに登場するのが本当に面白い。ずっと刺激的

更に、バトルでは、E.M.M.I.を倒す時に2Dじゃない視点になるのも面白い。

ちゃんとエイムしなきゃいけないというバトルシステムも、単調な探索だけにならない魅力的なポイント。


やりこみ要素

メトロイド ドレッド Metroid Dread

4.5

メトロイドヴァニアなので、もちろんどれだけ探索するかがやり込み要素。

結構壊せる壁が隠れているので、壁を撃ちながら移動するのがオススメ。

敵やボスを倒すことでステータスが強化されるわけではないので、体力上限アップやミサイル保持数のアップグレードなど、探索する必要がある。

また、シリーズ恒例の短時間クリアなど、極めるプレイも可能。


グラフィック

メトロイド ドレッド Metroid Dread

4.0

最先端グラフィックというわけではない。

でも、ボスにトドメを刺す時の大立ち回りなどカットシーンがカッコいい。2Dだからといって決して地味ではない。


サウンド

メトロイド ドレッド Metroid Dread

4.0

特に印象的な曲があるというわけではない。

でも、常に不穏なBGMで、ドキドキハラハラ感を盛り上げてくれる。

BGMより耳に残るのは効果音。E.M.M.I.の足音とセンサーの音を聞くと心拍数が上がるようになってしまった。


総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • 探索が面白いマップ構造
  • スキルの種類が多く個性的なものが多い
  • しっかり強いボス
  • 良い緊張感が続く
残念なところ
  • グラフィックはやや荒め

オススメな人

  • メトロイドヴァニアが好き
  • 『メトロイド』シリーズのファン
  • ハラハラしたい

オススメではない人

  • 追い詰められるのが嫌い
  • 探索するのが面倒くさい
  • しっかりヒントを出して欲しい
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Y!ショッピングで見る

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
メトロイドヴァニアゲーム

『メトロイド』シリーズはメトロイドヴァニアの元祖。探索が楽しいと思ったら、他のメトロイドヴァニアゲームもオススメ!

オススメ
『メトロイド』シリーズ過去作

Nintendo Switchでは『メトロイド』シリーズの中でも屈指の名作であり人気作の『スーパーメトロイド』がプレイできる。Nintendo Switch Onlineの加入特典でダウンロード可能。

©Nintendo
https://www.nintendo.co.jp/switch/ayl8a/

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる