『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リマスター』レビュー: ぼっちにも優しいダンジョン周回

タップしてジャンプ

『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リマスター』とは

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

スクウェア・エニックスが製作するアクションRPG

タイトル通り「リマスター」というわけで、オリジナル版は2003年にゲームキューブで発売された。

クリスタルクロニクルシリーズは、FFシリーズのスピンオフ。

元々は、任天堂のハードでのみ展開してきたシリーズだ。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

FFCCシリーズは、4つの種族が存在する世界が舞台。

最近のFFナンバリングタイトルよりも、クリスタルがしっかりテーマになっているのが特徴。

また、キャラクターの頭身が低くて、可愛らしいグラフィックが採用されている。

ちなみに、本作のオリジナル版が、クリスタルクロニクルシリーズ第1作目だった。

超美麗グラフィックの美男美女満載ではなく
SFっぽさや難しい専門用語満載でもない
ファンタジー色が強くて
ほのぼのした雰囲気満点のシリーズ

本作は、PS4、Nintendo Switch、iOS、androidでプレイ可能。

私はPS4版をシングルでプレイ。

あらすじ

ヒトの命を奪うほどの毒ガスのような「瘴気」が立ち込める世界が舞台。

4つの種族が暮らしているが、みんなこの瘴気から身を守るためクリスタルを町や村に設置している。

クリスタルがバリアのようなものを発動してくれるのだ。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

とは言っても、クリスタルパワーは無尽蔵ではない。

1年に一度、「ミルラのしずく」をクリスタルにたっぷりと献上することでパワーが保たれる。

しかし、やっかいなことに、「ミルラのしずく」はそんな簡単には手に入らない。

なぜか各地の危険なダンジョン奥にある、特別な木から採取することができる。

しかも、一本の木から取れる雫は、ほんのちょっぴり。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

というわけで、各地の木を回って雫を集めるのだ。

でも、もちろん瘴気がムンムンに立ち込めている。
とてと危険な任務だ。

そこで、それぞれの村は村人を選抜して「キャラバン」を作り、しずく集めの旅に派遣している。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

で、主人公はキャラバンに参加することになり、任務を果たす傍ら、様々な土地や人々と出会うことになる。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF
主人公は4種族から好きな種族、性別を選ぶ

世界はこのまま瘴気に毒されたままなんだろうか。

昔は瘴気もモンスターもなかったらしいけど、原因は一体?

旅するうちに世界の謎にも迫っていくこととなる。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

ゲームの特徴

好きなダンジョンで雫をもらう

ダンジョンに入り、奥にいるボスを倒し、「ミルラのしずく」を少し貰う。

この繰り返し。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

ダンジョンをいくつか周り、「しずく」が一定量溜まったら自動的に1年が終了

故郷のクリスタルに「しずく」を捧げ、宴だ。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF
宴では、その1年に起きたイベントの日記が流れる
主人公は淡々とシニカルな語り口調で面白い

で、また次の1年が始まる。

ただ、去年「しずく」をもらったダンジョンでは、連続して「しずく」がもらえない

木が「しずく」を作るのには時間がかかるらしい。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

さらに、年が変わると、ダンジョン内のモンスターが強くなる

地形は一緒だけど、去年はいなかった強敵が出現するようになる。

瘴気自体が強力になってるということか
主人公が雫をとってしまったせいで
そのダンジョンに瘴気が濃くなるのか

1つだけに集中

主人公は武器による近接攻撃、武器による必殺技防御魔法が使える。

が、バトルで使えるボタンは、1つ、○ボタンだけ。

L1ボタンR1ボタンでコマンドを切り替えると、○ボタンを押した時に行うアクションが変わる。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF
画面左上に選択中のコマンドが表示されている

種族によって武器や防具が異なり、得意な攻撃方法なども全く違う。

また、必殺技と魔法は発動まで時間がかかる。

防御も「まもる」コマンドに切り替えなければ発動できない。

敵との間合いや敵の攻撃タイミングを見極めて立ち回らなければならない。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF
円で囲まれた範囲内から出てしまうと
瘴気により徐々にダメージを受けてしまう

「ミルラのしずく」を入れる杯を持ち運びながら移動する
が、杯を持っていると攻撃やアイテムを拾えない

シングルプレイだと
モグが杯を担いで付いてきてくれるので
杯の位置はあまり考えなくていい

ローグライトっぽい

ダンジョンの奥でボスを倒すとダンジョンクリア。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

モンスター討伐や宝箱から手に入れたアイテムと戦利品を持って帰ることが出来る。

戦利品は、道中で手に入れたアーティファクトや素材。

どれか1つだけ選ぶことができる。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

本作にはレベルの概念はなくて
アーティファクトによるステータスアップによって強くなっていく

ダンジョンに入る度に宝箱はランダムに補充され、モンスターからドロップするものもランダム。

また、魔法は、これまたモンスターがドロップする魔石を装備して使うことが出来る。

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

シングルプレイでは
メニュー画面で魔石を合体させて
強力魔法に変化させることが出来る
(マルチプレイでは同じ地点に
プレイヤーが魔法を重ねて発動出来る)

どのダンジョンに行くか。
アイテムやお金稼ぎに徹するか。
ボス戦で有利になる魔石を集めるか。
ボスの元へ直行するか。

どうやって「しずく」を集めるかは自由。

ちなみに「しずく」が手に入らない状態のダンジョンでも、ダンジョンに入ってボスを倒し戦利品を手に入れてキャラ強化はできる。

評価

物語の魅力

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

ストーリー

6

いいね
いいね

マルチプレイでダンジョン攻略がメイン
なので、ストーリー要素は弱め

オープニングから突然物語が始まる感じ

ところどころで唐突に発生する
街道で出会う人々との会話を通して
物語が進んでいく

世界の謎は気になるけど
あまり物語に惹きつける演出はない

キャラクター

7

いいね
いいね

主人公は選択可能なので
主人公の個性はあまりない
でも日記の語り口調が面白い

NPCは少なめだけど個性的

進行のテンポ

7

いいね
いいね

ストーリークリアを優先して
「ミルラのしずく」集めに集中していると
結構ポンポンと一年が過ぎていく

芸術性

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

グラフィック

6

いいね
いいね

リメイクによって綺麗にはなってるけど
昔っぽさは感じる
大味なポリゴンの感じ
ダンジョンもやや味気ない

キャラクターは可愛い

スマホ向けにも展開してるので
このくらいが限界なのかな?

サウンド

7

いいね
いいね

ファンタジーっぽくてあたたかい曲調に癒される

完成度

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

操作性

6

うーん
うーん

アクションは、ややもったり

さらに敵の位置が分かりにくい
特に飛んでいる敵との主人公の
位置関係が分かりにくい

空中の敵はどの位置なのか
地面にマークや見やすい影などがあると
プレイしやすくなったと思う

難易度バランス

7

いいね
いいね

シングルプレイを選択することができて
シングルでもクリアできるようになってるのは嬉しい

ゲームオーバーになるようなことはほぼない

動作の安定性

4

うーん
うーん

マップ移動やイベントなど
画面の切り替えが多い
で、そのたびにロードが重たすぎる
これによって「なんか全体的にモッタリしてるなあ」な印象が
強くなってしまっている

バグやエラーはほぼ無し

やみつき度

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル Final Fantasy Crystal Chronicles FF

ゲームシステム

8

いいね
いいね

分かりやすくてプレイしやすい
バトルシステムはシンプルだけど
敵やダンジョンの種類が多いおかげで
なかなか飽きてはこない

ダンジョン周回になるけれど
年を経るごとに難易度が上がるし
挑戦するダンジョンが選べるのも良い

マルチプレイ好きなら
長く楽しめそう

自由度・戦略性

8

いいね
いいね

どのダンジョンを進むか
しずく関係なく主人公強化するか

はたまた他の種族のキャラを作ってプレイするか

自分の好きなプレイスタイルに合わせて選択できる

やり込み要素

7

いいね
いいね

要素は少なめだけど
どれだけダンジョン攻略して主人公を強化するかは
かなりやり込める

リマスターにあたって
クリア後の高難易度ダンジョンも追加されている

装備品作りや作物栽培(実家の家族がやってくれる)も楽しめる

あとはモーグリの家を回ってスタンプ集め
外見を変える「ものまね」が手に入る
ボイスまで変わってしまう

評価

特徴

シングルでもマルチでも

ダンジョン周回

プレイしやすい

6.7

物語の魅力

6.5

芸術性

5.7

完成度

7.8

やみつき度

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター – PS4
スクウェア・エニックス
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター – Switch
スクウェア・エニックス

おすすめ/おすすめではない人

本作をオススメしたい人
  • 気軽に遊べるゲームを探している
  • ほのぼのした世界が好き
  • シングルでもマルチでも遊びたい
オススメではない人
  • 高難易度アクションをプレイしたい
  • 濃いストーリー体験を求めている
  • 気持ちいいアクションを楽しみたい

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル
https://www.jp.square-enix.com/ffcc/
© 2003, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: Toshiyuki Itahana

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる