Category
Latest Posts
4月発売の新作ゲーム見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

『Nobody Saves the World』レビュー: ワンオペ世界救済

nobody sasves the world レビュー 攻略

姿が変われば戦い方も激変するにぎやか楽しいハクスラアクションRPG『Nobody Saves the World』のをネタバレなしで、攻略のコツと各要素の評価を交えてレビュー。

本作に似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

Nobody Saves the World製品情報

タイトルNobody Saves the World
開発元Drinkbox Studios
対応機種PS5, PS4, Nintendo Switch, Xbox, PC
ジャンルアクションRPG, ハクスラ

本作開発元のDrinkbox Studiosは高評価メトロイドヴァニア『Guacamele! 2』の開発元として知られている。

本稿では、Xbox版をレビューしている。なお、私がプレイした際には、日本語版がなかったため、本稿のゲーム画像は英語版プレイ時のものとなっている。現在は日本語版でプレイできるようになっている。

Nobody Saves the Worldの攻略

ストーリー

私は、誰?

nobody saves the world 近所の人から話を聞く主人公

ちょっと汚い小さな小屋からゲームは始まる。そこで、全身真っ白な肌で目玉もくり抜かれてる人(?)が目覚める。

この人が本作の主人公だ。どうやら記憶が全くなく、パンツさえ履いていない。

そこで、ご近所さんに「パンツを持っていないくらい困ってるなら偉大な魔法使いノストラメイガスに助けてもらえば?」とアドバイスをもらう。

魔法使いって、パンツを授けてくれるんだろうか。

自己顕示欲の塊ノストラメイガス

nobody saves the world ランディの発言にムッとする主人公

「明らかにここが自宅だろ」と分かりやすすぎる豪華で派手なノストラメイガスの館に着くと、当の本人は誘拐されており不在だ。

そこに居合わせたランディは、嫌なヤツ要素をフル装備しているようなムカつくやつで、ノストラメイガスの弟子だという。ランディは、パンツを授けてくれないし、主人公を地下に落とすという嫌がらせまでしてくる。

本当に嫌なヤツだ。

しかし、主人公は落とされる直前に、とあるを手に入れていた。

へーんしんっ!

nobody saves the world 王様とオクタヴィアに諭される主人公

地下に落とされた主人公が杖をピカーッとかかげると、主人公はネズミに大変身した。

え、雑魚じゃん。

いや、ちゃんと強い。雑魚に見えてもしっかり強い。そして、ネズミの小さい体を活かして無事に地上に戻ることができた。

こうして主人公は杖の力によってネズミ以外にも様々な姿に変身出来るようになり、そのうち世界を救うお手伝いをすることになっていく。

実は、この世界は災厄によって大混乱に陥っており、それに対抗できるのは先述のノストラメイガスだけという話だ。

本当にぃ?あの館の様子から察するに、ノストラメイガスってかなり胡散臭そうだけど。

という不満顔をしつつも、主人公は、NPC達に「ノストラメイガスを探し出して世界救済のお手伝いをしろ!」と言われるので、仕方なくせっせと変身してヘンテコなクエストをこなしていく。

いや、そもそも、主人公って何者なんだ!?

攻略のポイント

星を集めろ

nobody saves the world スターで門を開ける主人公

本作はアクションRPGであり、各地のダンジョンを攻略したり、NPCからのクエストをクリアしてゲームを進行していく。

しかし、物語の進行ではなく、スターを集めることがゲームの進行に関わる。

新しいエリアに進んだり新たなダンジョンに入る時には、一定数のスターが必要だ。スターは、クエストをクリアしたり、主人公がレベルアップした際に獲得することが出来る。

そのため、攻略できそうなクエストからせっせとクリアして、集めた星でまた攻略できそうなエリアをアンロックするという流れを繰り返して、世界中を旅していくことになる。

変身の仕組み

nobody saves the world 変身ツリーのアンロック

本作では敵を倒して経験値を獲得するのではなく、クエストクリアによって経験値を獲得する。そして、一定数の経験値が溜まるとレベルアップして基礎ステータスが上がる。

そして、スキルツリーならぬ変身ツリーがある。

これをアンロックすると、様々な動物や人、時には物にも変身ができるようになる。この変身できる姿形はフォームと呼ばれる。RPGでお馴染みのジョブやクラスが、本作ではフォームにあたる。

そして、各フォームごとにバトルでのクエストが設定されている。例えば「ネズミフォームの状態で一定数の敵を毒にしろ」など。

そうした目標を達成すると、フォームポイントという各フォームごとの経験値がもらえる(他のゲームでのジョブ経験値や熟練度みたいなもの)。

このフォームポイントが一定数溜まると、変身ツリー上の次のフォームがアンロックされたり、そのフォームでの新たなスキルがアンロックされる。

ひたすら戦えハクスラバトル

nobody saves the world ナイトのフォームで戦う主人公

本作では、主人公のレベルが上がると、敵も同じ分だけ強くなる

また、ダンジョン内は入るたびに地形が変わるランダムマップになっており、基本的に敵を倒しまくって先に進んでいくことになる。

ちなみに、各フォームで覚える強力なスキルを発動する際には、マナが必要だ。マナは、敵を攻撃する度にチャージされていく。

また、各スキルには属性がある。敵によっては弱点属性のスキルを使って攻撃しないとダメージを与えることさえできない。

しかし、各フォームで習得したスキルは、他のフォームに変身しても使用可能となる。フォームによって移動などの挙動は異なるし、セットして使用できるスキルの数は限られているので、どう組み合わせるかはプレイヤー次第だ。

Nobody Saves the Worldの評価と感想

物語の面白さ

nobody saves the world レビュー 騙される主人公

ずっとコミカル。笑えるし、ツッコミどころ満載だし。ひたすら面白い

初っ端から、偉大な魔法使いの館が「俺すげぇだろ」誇示なインテリアだったりして、「あ、ネタに全力投球してるゲームだな」と気づき、その期待はその後も裏切られることはない。

コミカルさが作り込まれている。

一応、「この世界どうなってるんだ?主人公って何者?」という謎があるので、ちゃんとメインストーリーに惹きつけられつつも、くだらない会話が楽しい。

本当に「くだらない」と引いてしまったらそれまでなので、笑うつもりでプレイするのがオススメ。

キャラクターの魅力

nobody saves the world レビュー 宇宙人を見破るやり込み要素

見た目だけでこちらのツッコミ待ちみたいなヤツもいるし、かなり印象に残るキャラばかり。全体的に根拠のない自身に満ち溢れたヤツが多めだ。

でも、主人公も負けていなくて、大体のNPCが主人公のことを軽んじたりバカにしてくるけれど、その時に目玉さえない主人公がムッとした顔になるのが可愛らしくて笑える。

会話中に選択肢もあるけれど、ムカつくヤツをムカつかせる返答も出来る。真っ白な「誰でもない」主人公だけどかなり魅力的。

操作の快適さ

nobody saves the world レビュー 馬のフォームで後ろ蹴り攻撃する主人公

色んなフォームが登場するけれど、ボタンをポチポチポチ押して、どりゃぁああと戦う、難しく考えなくていいハクスラ。爽快だ。

操作性はかなり良好で、反応がめちゃくちゃ良い。ノンストレス。複雑さはないけれど、単純に楽しい

でも、フォームによって近接攻撃や遠距離攻撃といった違いだけでなく、スピードやスキル一つ一つの挙動までちゃんと違う。変身するとしっかりプレイ感覚が変わるので、プレイヤーの順応性も大事。

難易度バランス

nobody saves the world レビュー マップ画面

脳筋ハクスラプレイができる。

最初からめちゃくちゃ強い敵がいるエリアにも入っていけるので、自主的に高難易度化することも可能。

ダンジョンの入り口などにはちゃんとレベルの目安が表示されているので、それを参考にして攻略していけば楽しくサクサク攻略できる難易度だ。

でも、主人公にとって不利な効果が発生するダンジョンもあるし、こちらのレベルに合わせて雑魚敵も強くなるシステムなので、ヌルいというわけじゃない。

本作はマルチプレイも可能だけど、大量の敵を捌いたり、状況に合わせてフォームを使い分ける楽しさはソロプレイの方が味わえると思う。

ゲームシステムの面白さ

nobody saves the world レビュー フォーム選択画面
リング状のフォーム選択画面

まず、変身できるフォームが面白すぎる。

ナイトやレンジャー(弓使い)くらいなら「ああ、他のゲームでいうジョブのことか」という感じだけど、ナメクジとか馬とか、ボディービルダーとか。奇想天外

しかも、馬は後ろ蹴り攻撃なので、ちゃんと敵に背を向けて攻撃しなければならない。更に、他の馬に遭遇すると恋に落ちることまでできる。しっかり馬だ。

こうした姿の変化がちゃんとゲームプレイだけでなく細かなネタにまで活かされているのが良いところ。

フォームにはたくさんの種類があるのでスキルの組み合わせが大量にできる。卵で敵に高速突進する(殻が割れないかヒヤヒヤするけど)とか、自分で更に奇想天外に出来る。

複雑なことはなく気軽に楽しめつつも、しっかりこだわることも出来る。

やりこみ要素の楽しさ

nobody saves the world レビュー クエスト一覧画面

ゲームの進め方はかなり自由だ。クエストが同時に大量発生するし、フォームもたくさんある。

スターの数でゲームを進めることができるので、NPCからのクエストをこなしまくって進むのもいいし、NPCは無視してレベルアップやバトルでの目標を達成することでスターを集めるのも良い。

とにかくクエストが大量なので、たっぷり楽しめる。全フォームをアンロックするだけでも大仕事だ。スキルの組み合わせなど、自分なりのプレイスタイルを突き詰めるのも楽しい。

また追加DLC「Frozen Hearth」が発売されており、新たなエリアやフォーム、さらにはミニゲームなども追加されている。

グラフィックの芸術性

nobody saves the world レビュー ドラゴンのダンジョン

手描きイラスト調のグラフィックで高クオリティ。コミックやカートゥーンのようなアートスタイルだ。

ポップで色彩豊かだし、かなりとっつきやすい見た目なのは本作の大きな魅力の一つだ。

よく見るとフフッと笑ってしまう物が置かれていたり、細かな部分まで描き込まれている。

サウンドの魅力

nobody saves the world レビュー ワニヴァンパイアと会話するボディービルダー主人公

世界に合ったBGMばかりだけど、BGMは全体的に抑えめだ。

本作はマルチプレイも可能なので、ボイスチャットの邪魔にならないための配慮かな。

見た目からはポップな印象を受けるけれど、BGMは結構クールでオシャレな感じの曲調が多い。

サントラはこちら

メインアーティスト:Jim Guthrie

本作と似ているゲームや関連作は更に下へ

Nobody Save the Worldレビューのまとめ

おすすめな人

  • ハクスラが好き
  • 笑えるゲームが好き
  • 色んな生物になりたい願望がある

おすすめではない人

  • 攻防交えたバトルをじっくり楽しみたい
  • 成長要素が多種類あると面倒くさい
  • メインストーリーだけを進めたい

総合評価良いところ&残念なところ

Nobody Saves the World
『Nobody Saves the World』レビュー: ワンオペ世界救済
総合評価
( 4 )
メリット
  • ボリュームたっぷり遊べる
  • 爽快なハクスラが楽しめる
  • 笑えるネタがぎっしり
  • ポップでとっつきやすい雰囲気
デメリット
  • BGMが控えめ
  • 1対1でのじっくりバトルは出来ない

Nobody Saves the Worldが好きならおすすめのゲーム

関連ゲーム

Guacamelee! 2

本作開発元の代表作であり高評価なメトロイドヴァニア。
ゲームジャンルは本作とことなるけれど、こちらも笑いどころ満載の物語が魅力。
現世と死後の世界を切り替えるなど難易度高めなアクションが楽しめる。

似ているゲーム

Cat Quest キャットクエスト

とっつきやすくシンプルな操作でバシバシ敵を倒すハクスラが好きなら、こちらもオススメ。
猫が主人公のオープンワールドなアクションRPGでサクサクな挙動が魅力。

Hades

こちらはローグライクゲームだけど、本作と同じく気持ちいいハクスラバトルが味わえる高評価作。
バトルだけではなく、多彩なエピソードや装飾まで楽しめて、やり込み要素満載。

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

Nobody Saves the World
© 2022 Drinkbox Studios Inc. All Rights reserved. Developed and Published by Drinkbox Studios Inc.
https://www.nobodysavestheworld.com

アクションゲームをもっと見る

この記事を書いた人

Taca KGO

KeepGamingOn運営者

ゲームをプレイしているだけで幸せなゲーム漬け大人ゲーマー。
どんなジャンルも超大作もインディーも、世界中のゲーム情報を調べるのが大好き。
400本以上のゲームレビューや、新作も名作もおすすめゲームを紹介しています。各SNSでも日々情報を配信しています。

最新ゲームランキング

Index