『Nobody Saves the World』レビュー: ワンオペ世界救済

『Nobody Saves the World』は、Drinkbox Studiosが開発したアクションRPG

Drinkbox Studiosは高評価メトロイドヴァニア『Guacamele ! 2』を開発したデベロッパー。

本作は、『Guacamele ! 2』とは異なり、見下ろし視点でレベルアップ要素などもあるゲームシステムとなっている。

本作はPS5、PS4、Nintendo Switch、XboxとPCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

本レビュー執筆時は日本語版がなかったけれど、現在は日本語版が配信されている。以下のゲーム画像は英語表示になっているけれど、全て日本語でプレイ可能。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

私は…誰?

ゲームが始まると、そこはちょっと汚い小さな小屋。

その小屋で、全身真っ白な肌の目玉もくり抜かれてる人(?)が目覚める。

この人が本作の主人公。

どうやら記憶が全くなく、パンツさえ履いていない。

「パンツないくらい困ってるなら偉大な魔法使いNostramagusに助けてもらえば?」と、ご近所さんにアドバイスをもらう。

魔法使いって、パンツを授けてくれるんだろうか。

nobody saves the world 評価 攻略

自己顕示欲の塊ワールド

明らかにここだろっていう豪華で派手なNostramagusの館に着くと、当の本人は誘拐されている。

そこに居合わせたRandyは、嫌なヤツ要素をフル装備しているようなムカつくやつで、Nostramagusの弟子だという。が、パンツを授けてもくれないし、主人公を地下に落とすという嫌がらせまでする。

本当に嫌なヤツだ。

しかし、主人公は落とされる直前に、とあるを手に入れていた。

nobody saves the world 評価 攻略

へーんしんっ!

主人公が杖をピカーッとかかげると、ネズミに変身。

え、雑魚。

いや、ちゃんと強い。

主人公は、杖の力を使って、ネズミ以外の様々な姿に変身出来るようになっていき、そのうち世界を救うお手伝いをすることに。

どうやら、一晩のうちに世界は災厄に包まれてしまっていて、それに対抗できるのは先述のNostramagusだけという話。「探し出してサポートしなさいよ」とNPCにせっつかれる。

本当にぃ?あの館の感じ胡散臭そうだったけど。

という不満顔になりつつ、主人公は、せっせと変身してヘンテコなクエストをこなしつつ世界を救っていく。

というか、主人公って何者!?

nobody saves the world 評価 攻略

ゲームの特徴Features

星を集めろ

nobody saves the world 評価 攻略

本作はアクションRPGで、各地のダンジョンを攻略したり、NPCからのクエストをクリアして進めていく。

物語主導ではなく、スターを集めることでゲームは進行する

新しいエリアに進んだり、新たなダンジョンに入る時にはスターが一定数必要だ。

スターは、クエストをクリアしたり、レベルアップした際に手に入る。

変身の仕組み

nobody saves the world 評価 攻略

本作では、スキルツリーならぬ変身ツリーがある。

特定のフォーム(姿)で戦いまくると、次のフォームがアンロックされていく流れ。

クエストクリアによって経験値が手に入り、レベルアップして基礎ステータスが上がっていくのは通常のRPGと同じだ(敵を倒すごとに経験値がもらえるわけではない)。

更に、各フォームごとにバトル上のクエストが設定されていて、例えば「ネズミフォームの状態で一定数の敵を毒にしろ」などがある。

それを達成すると、フォームポイントという各フォームごとの経験値がもらえる(他のゲームだとジョブ経験値や熟練度みたいなもの)。

そうして、次のフォームがアンロックされたり、そのフォームの新たなスキルがアンロックされる。

RPGでお馴染みのジョブやクラスが、本作ではフォームにあたるといった感じ。

ひたすら戦え

nobody saves the world 評価 攻略

本作では、主人公が強くなると、敵も一緒に強くなる。

また、ダンジョン内は入るたびに地形が変わるランダムマップになっている。

ひたすら敵を倒して進んでいくわけだけど、各フォームで覚える強力なスキルは、マナゲージを消費する。マナは通常攻撃すれば回復していく。

また、各スキルには属性もあって弱点属性で攻撃しないととダメージを与えられない敵もいる。

ちなみに、各フォームでアンロックしたスキルは、他のフォームでも使用可能。自分で割り振ってカスタマイズできる。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

nobody saves the world 評価 攻略

3.5

ずっとコミカル。笑えるし、ツッコミどころ満載だし。

ひたすら面白い

初っ端から、偉大な魔法使いの館の中が「俺すげぇだろ」誇示なインテリアだったりして、「あ、このゲーム、ネタに全力投球してるヤツだ」と気づき、その期待はその後も裏切られることはない。

コミカルを作り込んでる。

一応、「この世界どうなってるんだ?主人公って何者?」という謎があるので、ちゃんとメインストーリーに惹きつけられつつも、くだらない会話が楽しい。

本当に「くだらない」と引いてしまったらそれまでなので、笑うつもりでプレイするのがオススメ。


キャラクターの魅力

nobody saves the world 評価 攻略

4.0

見た目からツッコミ待ちみたいなヤツもいるし、かなり印象に残るキャラばかり。根拠のない自身に満ち溢れたヤツが多め

でも、主人公も負けていなくて、大体のNPCが主人公のことを軽んじたりバカにしてくるけれど、その時に目玉さえない主人公がムッとした顔になるのが可愛らしくて笑える。

会話中に選択肢もあるけれど、ムカつくヤツをムカつかせる返答も出来るし、真っ白な「誰でもない」主人公だけど魅力的。


操作性

nobody saves the world 評価 攻略

4.5

色んなフォームがあるけれど、ボタンをポチポチポチ押して、どりゃぁあああと戦う、難しく考えなくていいハクスラなので爽快。

複雑さはないけれど、単純に楽しい。

操作性はかなり良好で、反応がめちゃくちゃ良い。ノンストレス。

フォームによって近接や遠距離といった種類だけでなく、スピードやスキル一つ一つの挙動までちゃんと違う。変身するとしっかりプレイ感覚が変わるので、プレイヤーの順応性が大事。


難易度バランス

nobody saves the world 評価 攻略

4.0

脳筋ハクスラプレイができる。

最初からめちゃくちゃ強い敵がいるエリアにも入っていけるので、自主的にハラハラすることも可能。

ダンジョンなどには、ちゃんとレベル目安が表示されるので、それに沿って攻略していけば楽しくサクサク攻略できる。

でも、回復が敵にも及ぶなど不利な条件付きのダンジョンもあるし、こちらのレベルに合わせて敵も強くなるシステムなので、ヌルいというわけじゃない。

本作はマルチプレイも可能だけど、大量の敵を捌いたり、状況に合わせて変身しながら立ち回っていく楽しさはシングルプレイの方が味わえると思う。


ゲームシステム

nobody saves the world 評価 攻略

4.0

まず、変身できる姿が面白すぎる。

ナイトやレンジャー(弓使い)くらいなら「ああ、他のゲームでいうジョブのことか」という感じだけど、ナメクジとか馬とか、ボディービルダーとか。奇想天外。

しかも、馬は後ろ蹴り攻撃なので、ちゃんと敵に背を向けて攻撃しなければならない。更に、他の馬と恋に落ちることだってできる。

姿の変化が、ちゃんとゲームプレイにも活かされているのが良い。

スキルの組み合わせが大量にできるので、卵で高速突進(殻が割れないかヒヤヒヤする)とか、自分で更に奇想天外に出来る。

複雑なことはなく気軽に楽しめつつも、しっかりこだわることも出来る。


やりこみ要素

nobody saves the world 評価 攻略

4.5

ゲームの進め方がかなり自由

クエストが大量に登場するし、フォームもたくさんある。

スターの数でゲームを進めることができるので、NPCからのクエストをこなしまくって進むのもいいし、NPCは無視して、バトル目標でスターを集めるのも良い。

とにかくクエストが大量なので、たっぷり楽しめる。全フォームをアンロックするだけでも大仕事だ。

もちろん、スキルの組み合わせなど、自分なりのプレイスタイルを突き詰めるのも楽しい。


グラフィック

nobody saves the world 評価 攻略

4.5

手描きコミック調のグラフィックで高クオリティ。

ポップで色彩豊かだし、かなりとっつきやすい見た目。

そこら辺にあるアイテムなども、よく見るとフフッと笑ってしまう物が置かれている。


サウンド

nobody saves the world 評価 攻略

4.0

世界に合ったBGMばかりだけど、全体的に抑えめ。

本作はマルチプレイも可能なので、ボイスチャットの邪魔にならないような配慮かな。


総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

クエストや変身できる姿が多くたっぷり楽しめる

分かりやすく爽快なバトルシステム

笑えるネタがぎっしり

ポップでとっつきやすいグラフィック

残念なところ

BGMが控えめ

ふざけたノリが苦手

オススメな人

ハクスラが好き

アクションゲームが好き

笑えるゲームが好き

色んな生物になりたい願望がある

オススメではない人

複雑なアクションを楽しみたい

成長要素が多種類あると面倒くさい

メインストーリーだけを進めたい

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
Guacamelee! 2

本作開発元の代表作。本作と違って2Dサイドスクロールの高評価メトロイドヴァニア。こちらも笑いどころ満載の物語が楽しめる。

オススメ
キャットクエストシリーズ

とっつきやすくシンプルな操作でバシバシ敵を倒していくのが好きなら、こちらもオススメ。猫が主人公のオープンワールドなアクションRPG。

Nobody Saves the World
© 2022 Drinkbox Studios Inc. All Rights reserved. Developed and Published by Drinkbox Studios Inc.
https://www.nobodysavestheworld.com

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる