『星のカービィ ディスカバリー』レビュー: 大人を本気にさせるピンクの丸餅

『星のカービィ ディスカバリー』とは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』などで知られるハル研究所が開発したアクションゲーム。任天堂のファーストパーティタイトル。

長年続くカービィシリーズ最新作であり、シリーズ初の3Dアクションゲームとなっている。

本作は、Nintendo Switchでプレイ可能。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

吸い込まれるカービィ

いつものように楽しく星を乗り回していたカービィ。

が、突然時空の裂け目のような渦が上空に現れ、いつもは吸い込むのが得意なカービィが逆に吸い込まれてしまうことに。

謎空間でカービィはもみくちゃにされながら、どこかに吹っ飛ばされていく。

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

ワドルディが狙われる世界線

吹っ飛ばされたカービィは、どこかの海岸で目を覚ます。

自然豊かな場所に見えるけれど、ビルやお店などが廃墟と化した世界。ポストアポカリプス!?

そして、カービィシリーズの雑魚敵代表であるワドルディが何故か片っ端から攫われている。

その中に紛れて、ミント色のモフモフ小動物エルフィンも攫われていたけれど、カービィがカッコ良く救出!

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

雑魚敵の救出大作戦

エルフィンから、街が襲撃に遭いまくっていること、拉致されていくワドルディ達を助けたいと聞かされる。

「ハァイ!」お馴染みの返事でお手伝いを買って出たカービィ。

カービィはちょっと尋常じゃないくらい身体が伸びるようになっているけれど、ワドルディたちを助けつつ黒幕をやっつけに行く旅が始まる。

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

ゲームの特徴Features

ステージクリアとワドルディ

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

本作はステージクリア型でゲームが進んでいく。

しかし、単にゴールに辿り着けばいいだけではなく、道中でカゴに捕獲されているワドルディを救出していくのも目的。

脇道や特定のアクションを行うことでどんどんワドルディを救出できる。

各ステージごとに目標が掲げられているので、それをヒントに見つけ出したり。

ステージ上を歩いていると「わにゅわにゅわにゃ」とワドルディの鳴き声(?)が聞こえてくるので、それを頼りに見つけ出していく。

ワドルディ拠点

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

ワドルディを救出すると、ワドルディの町という本作の拠点にどんどんワドルディが集まっていく。

一定数に達すると、新たな施設がオープンし、カービィの冒険がより便利になっていく。

カービィアクション

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

カービィの基本アクションは、吸い込みと吐き出し、そしてジャンプ(連打するとホバリングも可能)。

敵や物を吸い込んで、敵に向かって吐き出して攻撃できる。

また、特定の敵を吸い込むと、その敵の能力をコピーして使うことが出来るようになる。

剣で近接攻撃したり、ファイヤーボールを撃ったり、敵を凍らせる等の能力が登場する。

これらのコピー能力は、トレジャーロードと呼ばれるステージで手に入るレアストーンと設計図を支払うと、ワドルディの町で強化も出来る。

伸びすぎカービィ

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

ステージを進んでいると、たまにキラキラした大きめの物体が登場する。車や自動販売機など。

それをカービィが吸い込むと、さすがに大きすぎて飲み込むこと出来ないけれど、「ほおばりヘンケイ」といってそれぞれに対応したアクションが出来るようになる。

車を頬張ると、高速運転して敵を蹴散らしたり、ひび割れのある壁を粉砕することができる。

こうして次に進む道や、時には隠し通路などを切り開いていく。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.0

物語はあってないようなもの。

何が起こっていてもいい。カービィの冒険が始まるなら何でもいい。

アクションゲームなので、そんなもの。

ゲームはずっと楽しい雰囲気で、もはや癒し。心のオアシス。

しかし、廃墟ばかりのステージ。執拗に狙われるワドルディ。

そして、救出後の町の復興ぶりから推察されるワドルディの高度な技術。

気になるところは、たくさんある。

「不思議だね、カービィ」で一掃されればそれで終わりだけど、あれこれ妄想する楽しさもある。


キャラクターの魅力

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.0

可愛い敵やモフモフのエフィリン。みんな可愛い。

が、やはり最強の魅力を放っているのは、やはりカービィだ。

実は、私は本作までちゃんとカービィのゲームをプレイしたことがなかった。

あの顔。あの声。私には、あざとすぎる。

で、案の定、あざとい。

はい、しっかり洗脳されました。カービィ、可愛すぎだろ。


操作性

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.0

全く問題なし。

敵を吸い込むか吐き出す。どの能力であっても攻撃ボタンは同じ。分かりやすい

ただ、開発元も言っているけれど、カービィが向いている方向は分かりづらい。丸すぎて。

特に向いている方向が重要になる氷を吐き出す能力等では微調整しにくい。

そこら辺の当たり判定はわざと甘めになっているそうだけど、やはり感覚的に分かりにくい。

カービィの正面方向が分かる装飾とかサインがあると良かったかも。

丸さが売りのカービィらしさとのせめぎ合いだけど。


難易度バランス

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.0

私がカービィシリーズを敬遠してきたのは、上述したカービィのあざとさよりも難易度が理由だ。

カービィは、ファミコン全盛期の高難易度ゲームが多い時代に「誰でもクリアできる」という優しさから生まれた人気シリーズ。

なので、「ゲーマーにとっては物足りない」という印象。

でも、本作ではまず2段階から難易度が選べる。まあ、難しいモードでも詰まることは全くないけれど。

ところが、ワドルディを全員見つけ出そうとしたら、なかなか大変だ。

「ここら辺あやしい?」「何かありそう」と探索する楽しさがたっぷりあってやりごたえを感じることが出来る。

まさか大人になってから、可愛すぎるカービィを操り、あのトボけた顔のワドルディを必死に探す日が来るとは!

カービィの進化に恐れ入った。


ゲームシステム

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.0

笑顔が止まらなくなる楽しい雰囲気のなか、様々な風景やギミックが広がる多種多様なステージを満喫出来る。

しかも、単にゴールを目指すのではなく。ワドルディを探し出す探索要素があるのが面白いところ。

ワドルディを救出すればするほど町が発展していくので、やる気も湧きやすい。

コピー能力で使えるスキルは、それぞれ内容も挙動も全く違うし、更に多彩なほおばりヘンケイもあって、全く飽きない。

これでもか!これでもくらえ!と楽しさが四方八方から攻めてくる感じ。

子供でも大人でも皆んな楽しいでしょ、これは。


やりこみ要素

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.5

最大のやり込みは全ワドルディの救出

ボスステージは一定数のワドルディを救出していないと挑めないので、ある程度はゲームクリアのために救出しなければならない。

しかし、それ以上の救出はやり込み要素であり、ワドルディ愛だ。

ステージクリア時に1つずつ目標が開示されるので、自力で見つけられなくてもヒントが用意されているのは親切。

また、ワドルディの町では、ミニゲームがプレイできたり、アクションテクニックが試されるトレジャーロードなど、やり込み要素はたっぷりある。

更に、ステージ上などで手に入るガシャポンから手に入るフィギュアなど収集要素もある。


グラフィック

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.0

ショッピングモールや遊園地などが廃墟と化したポストアポカリプスな世界。

他のゲームならゾンビが出てくるか、他の人間と生々しい生存競争が始まるだろう。

ところが、本作には不気味さが全くないという、ものすごいカービィパワー。

めちゃくちゃ楽しい雰囲気満載

また、本作で初登場したほおばりヘンケイ時の伸びきったカービィはかなり可愛いんだけど、特に後ろ姿がオススメだ。


サウンド

カービィ ディスカバリー 評価 攻略

4.0

音楽も終始楽しい。

ハラハラドキドキする瞬間なんて一切ない。

ずっと楽しい。

気分が冴えない時でも、このゲーム始めたら絶対元気が出る


総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

カービィが可愛い

探索が楽しめる

やり込み要素がたっぷり

楽しい雰囲気満点

残念なところ

攻撃方向が直感的に分かりにくい時がある

オススメな人

カービィのファン

楽しい雰囲気が好き

易しいアクションゲームを探している

探索が好き

オススメではない人

歯ごたえのあるアクションゲームを探している

可愛すぎると引いてしまう

ドキドキハラハラを求めている

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
スーパーマリオ オデッセイ

任天堂の3Dアクションなら、こちらもオススメ。多種多様なステージを探索する楽しさと敵の能力を使って攻略する面白さが味わえる。3Dマリオのなかで最高傑作な1本。

オススメ
クラッシュ バンディクー 4 とんでもマルチバース

3Dアクションが好きで、歯ごたえを求めるならこちらがオススメ。底抜けに脳天気なクラッシュのお気楽で難易度高めなアクションを楽しみつつ、他キャラの全く違ったアクションを味わうことも出来る。

星のカービィ ディスカバリー
©HAL Laboratory, Inc. / Nintendo

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index