『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』レビュー: 大型新人が初代を超える

Index

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』とは

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

2018年にPS4向けに発売されたオープンワールドゲーム『Marvel’s Spider-Man』。本作はその続編

前作エンデイング後の物語で、舞台は同じくニューヨークだけど、主人公は前作のピーター・パーカー(スパイダーマンの正体)からマイルズ・モラレスに変わっている。

開発は前作と同じくInsomniac Games。他には『ラチェット&クランク』シリーズも手がけているSIE傘下のデベロッパーだ。

本作はPS5、PS4でプレイ可能。
PS4版を購入した場合は、PS5版へ無料でアップグレードが可能。

また、前作の『Marvel’s Spider-Man』をPS5用にグラフィックや挙動などを向上したリマスター版(追加DLC 3作も同梱)とセットにしたUltimate Editionもある。

ちなみに、私は前作プレイ済み。未プレイの場合は、本作のメニュー画面から、前作のおさらいムービーで物語は把握できるようになっている。

あらすじ

前作では、脇役(一部操作もできた)として登場した高校生のマイルズ・モラレスが主人公。

マイルズは、前作の悪役のせいで父親が亡くなった後、遺伝子変異した蜘蛛に刺されてスパイダーマンの能力を手に入れていた。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
前作のエンディングでもチラッと描かれていた

え、スーパーパワーを授けてくれる蜘蛛って、そんなにニューヨークにいるの!?と思うけれど、今のところ2匹だけみたいなのでスパイダーマンが量産されているわけではない。

『スパイダーマン』にはもちろん原作コミックがあるけれど、前作は設定も物語も全てゲームオリジナルのもの。で、本作もその続編なので、全てオリジナルだ。

ちなみに、マイルズ・モラレスは原作コミックでも2代目スパイダーマンとして活躍している。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

本作のNPCや悪役なども原作コミックから登場しているけれど、本作での設定は全てオリジナル。原作や映画など全く知らなくても楽しめる。

ただ、ゲームの前作である『Marvel’s Spider-Man』の内容は知っておいた方が、より楽しめる。

で、話を戻すと、新たなスパイダーマンとなったマイルズは、初代スパイダーマン(正体はもちろん前作の主人公ピーター・パーカー)に指導してもらいながら、共にニューヨークの街でヒーロー業をしている。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
まだ自信がないマイルズ

しかし、ピーターはプライベートな事情でしばらくニューヨークを離れることに。マイルズは1人で街を守らなければならない。ドキドキの新人さんだ。

で、ピーターが不在の間、もちろん、何かが起きてしまう。そういうもんだ。ヒーローだから仕方ない。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

新エネルギーを開発して明らかに金儲けに走りすぎてる企業のロクソン。そのロクソンをぶっ潰そうと企むギャングのアンダーグラウンド

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
ロクソンのサイモンは
絵に描いたような悪役

この厄介な二大勢力が、マイルズの住む街ハーレム(マンハッタン島の北東部)で派手にぶつかることになる。

止めなければいけない、どちらも、一気に同時に、だ。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
アンダーグランドを率いるティンカラーという謎のボス
その正体と目的は?

当たり前だけど、新人スパイダーマンがゆっくり成長するまで悪役は待ってくれない。やるしかない。

ゲームの特徴

ニューヨークでブラリ

本作はホリデーシーズンのニューヨークが舞台のオープンワールド

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

マンハッタン島を隅々まで探索できる。大体はビルの屋上を跳ね回ることになるけど。

メインストーリーを進めつつ、収集要素やサイドクエスト、ランダムで発生する犯罪などをクリアしていく。一般的なオープンワールドゲームのシステムだ。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
アプリを通して市民からの依頼が舞い込んで来る

ただ、移動方法は本作ならでは。スパイダーマンなので地上を走り回るわけにはいかない。

基本はウェブスウィング。ビルに蜘蛛の糸を飛ばしてくっつけて、ブラーーーンとスウィングして、パッと手を離して、また別のビルに糸飛ばして。都会のターザン・蜘蛛の糸版みたいな感じだ。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

また、ビルの縁などに着地する前にジャンプボタンを押して、グンッと遠くに跳んだり。

ビルの合間を飛び抜けたり、屋上から屋上へと飛び移って行ったり、壁を駆け上がったり、かなりのスピードでニューヨーク観光ができる。

パンチとビリビリ

バトルの基本はパンチやキック。近接攻撃だ。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

敵を空中に殴り飛ばして更に空中で殴ってコンボをつなげたり、敵の股下をズサァッとスライディングして背後をとったり、たくさんのアクションが出来る。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
敵の攻撃が白色表示されて予知できる
ジャスト回避するとスローモーションに

もちろん蜘蛛の糸も活用する。敵の武器を糸で引っ張って奪ったり、そこら辺に落ちてるドラム缶を糸で手繰り寄せて敵に投げつけたり。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

ジャスト回避すると、自動で敵の顔に糸を飛ばして、敵をスタンさせることもできる。

種類豊富なアクションだけど、前作をプレイしていた人なら、馴染みがあるものばかりだ。

しかし、ちゃんとマイルズならではのアクションもある。なんと生体電気であるヴェノムパワーを扱える。

身体の仕組みとか、もう全然訳わからないけれど、マイルズは、身体に電気を溜めたり、放出したりできる。

敵を攻撃するとヴェノムパワーが溜まっていく。

で、そのパワーを消費して、ビリビリパンチやビリビリダッシュとかが出来る(ちゃんとヴェノムスマッシュとかカッコイイ技名が付いてる)。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
ヴェノム技は範囲攻撃できる
marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
特定のヴェノム技を当てないと壊せない敵の防具もある

更に、何がどうしてそうなるのか分からないけれど、透明になってカモフラージュも出来る。敵はもちろんマイルズを見失ってしまう。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

普段は、敵に見つかっていなければステルスキルが出来るんだけど、見つかってしまった場合でも敵の警戒を解くことが出来るというわけだ。

なんでも手作り

初代スパイダーマンのピーターと本作の主人公マイルズはトンデモない蜘蛛に刺された以外の共通点がある。2人とも科学オタクだ。

そのおかげなのか、それとも蜘蛛に刺されると器用になるのか分からないけれど、スパイダーマンのスーツはお手製だ。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

しかも、バトルの時に便利なガジェットも手作りだ。

特定のレベルに達したり、さまざまなクエストで手に入るトークンや部品を使って、新たなスーツを作ったり、色々なボーナスが付くパーツを付けたり、ガジェットを強化していくことが出来る。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

レベルアップで獲得するスキルポイントを使って、ヴェノムパワーを強化することも出来る。

評価

物語の魅力

ストーリー   4.5

キャラクター  4.5

全体的にはアメリカンなノリ。マイルズは、軽く冗談言いながら悪い奴を倒して、プライベートでも明るく元気。

「少しずつヒーローになるんだね。オーケー、見守るよ。がんばれ、マイルズ。」

という感じでプレイしてたんだけど、物語の終盤で、まさかの涙。泣いた。

そもそも、本作はマイルズが葛藤する姿がメインだと思ってた。確かに悩んだりはするけど、鬱々として自分と対話するみたいな感じではない。

高校生という若者ならではの素直さで、家族や友達に相談してパッと気持ちを切り替える。テンポが良い。

マイルズは敵に対して「僕は、それダメだと思う」という感じで、普通の感覚に近くてやわらかい印象のヒーロー。前作の「僕が正義のヒーローさ!」というノリとは違っていて、マイルズは等身大で感情移入しやすい

もろちん、ヒーローとしては確固たる自信がある方が頼りになるんだけど、私は物語は本作の方が好きだ。

で、先程書いた涙した終盤だけど、「頑張れよー、新人くん」て思ってたのに、いつの間にか器のデカすぎる心のあたたかいヒーローになっていてグッときた。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
幼馴染のフィンとの関係が心に残る

NPCたちも魅力的で、特に親友のガンケくんが凄すぎる。もう彼を主人公にして作品作れるってくらい有能すぎる。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

こんな高校生たちがいたら地球の平和は安泰だ。

プレイの快適さ

操作性  5.0

難易度  4.0

安定性  4.5

抜群の気持ち良さと操作性の良さ

スパイダーマンになってしまったかと勝手に錯覚するほど、自由に、映画そのもののスパイディーアクションが出来る。

技の種類が多くて、地上にいる時と空中にいる時など細かく挙動も変わるし、多種多様なアクションが出来る。

でも、操作は簡単。たくさんボタンを使うけど、全く複雑に感じない。スマートだ。

自動で挙動がバンバン変わるので、アクション上手い人風を装える。自分でさえ、そう勘違いしてしまうほどに。

私はステルスプレイが好きなので、カモフラージュで透明になるという新たなステルスも登場して、前作から余計に面白くなった。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

敵に攻撃してれば回復が出来るし、ヴェノムパワーも溜まっていくし、難易度はそんなに高くはない。

でも、敵の数が多いので、ステルスで数を減らしておいたり、敵に素早く反応しなければ、一気に四方八方からボコボコにされる。

あと、ロケットランチャーとか体力をガッサリ削られることもあるので、ワーッと大乱闘してて気がついたら死んでたというマヌケヒーローになることも。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

本作はPS5のローンチタイトルとしてハードの凄さを見せつけたいタイトルだったはず。

ソニーによるその企みは、見事に大成功。少なくとも私にとっては。

地下鉄の駅にファストトラベル出来るけど、「いや、電車のスピード超えてない?」てレベルで瞬間移動するし、大人数で大乱闘してても処理落ちしないし。後述するけれど、高画質なままで超高速で動く。

超ド級の安定性でプレイできた。

ゲームとしての面白さ

システム  4.0

やり込み  4.0

舞台やアクションのほとんどは前作と同じだ。

本作で初めて『Marvel’s Spider-Man』に触れた人なら、「とんでもねえ!」とアクションの凄さに驚くだろう。

でも、前作でひとしきり面白さと驚きを味わった私にとっては、「知ってる、知ってる」なことが多かった。

なのに、面白い。相変わらずアクションが楽しいから、そりゃそうだ。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

でも、それだけじゃなくて、マイルズが前作主人公のピーターとは全く違うから、マイルズの視点から見たニューヨークは少し違って見えた。物語の雰囲気も違うし。

やり込み要素は、サイドクエストや成長要素とか強化だけど、正直そんなに多くない。いや、予想よりはボリュームはあった。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

クリスマス仕様の雪景色なニューヨークなので、見た目は違うけれど、マップは前作と同じだし、前作をプレイした時の知識でバトルも快調に進めてしまう。

だからこそ、これくらいのボリュームで良かった。サイドクエストとか収集要素とかひと通りクリアして10〜13時間くらいのボリューム。

前作をプレイしていると、これよりもっと長かったら、流石に飽きてきたかもしれない。

芸術的な完成度

グラフィック  4.5

サウンド    4.0

相変わらずサマになる。どこで一時停止しても映画のポスターになる。

特に夕陽に照らされながらビルの合間を飛んでる時なんか、操作してるのは自分なのに惚れ惚れしてしまう。自惚れるほどカッコ良くて美しい。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス

スーツのデザインはカッコいいものばかり。黒色がメインカラーになってて、正直初代スパイダーマンのスーツより好みだ。

前作よりも更に街の人々や窓の中とか細部まで描写されていて、エフェクトも綺麗だし、確実に進化してる。間違いなく今の最新ゲームのなかで最高峰なグラフィックだ。

marvel's spider man miles morales スパイダーマン マイルズ モラレス
ハイペースなバトル中でもエフェクトが細かくて綺麗
見惚れてる場合じゃないんだけど

音楽は、前作のジャジャジャジャーンみたいなヒーローっぽい曲調から、ズムズムズムとビートを感じる曲調に変わっている。

ゲーム全体の音楽の雰囲気が、実は前作から1番変わったところだと思う。これで、余計に同じニューヨークでも違って見えるように感じるんだと思う。違った雰囲気を味わわせてくれる良いサウンド。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • 操作性が良い
  • アクションの種類が豊富
  • 環境を利用したステルスが面白い
  • 感情移入しやすい物語
  • 圧倒的な映像美
 残念なところ
  • 前作とマップは同じ
  • ボスなど強敵が少ない

総合評価

4.5

こんな人にオススメ!
  • アクション、オープンワールドが好き
  • スパイダーマンのファン
  • ストーリーを楽しみたい
  • 前作にハマった
オススメではない人
  • たっぷり長時間遊べるゲームを探している
  • 前作にハマらなかった、飽きた
  • ハイペースなバトルが苦手

Marvel’s Spider-Man: Miles Morales
https://www.playstation.com/ja-jp/games/marvels-spider-man-miles-morales/
© 2021 MARVEL © 2020 Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Insomniac Games, Inc.

オープンワールドが好きなら

他のPSゲームも見る

他のゲームも見る

こちらもオススメ

ゲーム売上ランキング

Index
閉じる