『仁王2』レビュー: 命がけで武器をかき集める

タップしてジャンプ

『仁王2』とは

仁王2

コーエーテクモゲームスによる「和風死にゲー」と呼ばれ大人気となった『仁王』。本作は、その続編

開発は『デッド オア アライブ』などでも有名なTeam NINJA。販売はコーエーテクモゲームス。

PS4、PCでプレイ可能。

created by Rinker
コーエーテクモゲームス

また、PS5版『仁王2 Complete Edition』、前作とセットになった『仁王 Collection』も発売される。

あらすじ

戦国時代が舞台

前作(徳川家康が天下をとるあたりの時代)より前で、織田信長と豊臣秀吉が天下をとっていく時代が描かれる。

仁王2

主人公は、半分妖怪の血が流れる半妖
キャラクタークリエイト可能であり、見た目は自由に作れるが、いずれにせよ「秀(ひで)」と名乗る。

仁王2

秀は、人里離れて暮らし、妖怪退治を生業としている。

仁王2

ある日、そんな秀の評判を聞きつけた「藤吉郎」から相棒としてスカウトされる。
藤吉郎と共に織田信長に仕え、混沌とする乱世をチャンスに手柄を立てて成り上がってやろう!と誘われる。

仁王2

戦いに身を置くなかで、秀は、自身の出生の秘密、そして、幼い頃に母を殺した怪しい男の正体を追い求めていく。

仁王2

前作と直接的なつながりはないので、本作からプレイしても問題ない。

しかし、前作の内容を知っていると「お!」と思うシーンもあるので、前作をプレイした人はより楽しめる

仁王2

歴史上の戦国武将達が登場し、史実を基に物語が展開する
「もし戦国時代に妖怪が暗躍していたら?」というフィクションなアナザーストーリーが楽しめる。

主人公含め妖怪が闊歩する世界。
人々も「妖怪って普通にいるよ」と、妖怪のことは恐れはするが、存在にいちいち驚いたりはしない。

ゲームの特徴

ミッションと読み物

物語は、いくつかのチャプターに分かれていて、チャプターごとに舞台となる地方が変わる。

仁王2

それぞれの地方には、何ヶ所かステージがあり、メインミッション、サブミッションと、ミッションを選択してプレイしていく。

仁王2

同じステージであっても、プレイするミッションが違う場合には敵、宝箱、行ける場所も変わる。

仁王2

ミッションの前後には関係するキャラからのお話が表示される。
カットシーンもあるが、ストーリーはテキストで進行する部分も多い。

また、拠点で読むことのできる「人物図鑑」で初めて知る裏事情も多い。

急展開がサラッとテキストのみで語られることもあるので、よく読んでおいた方がいい!

多彩なアクション

主人公は、上段・中段・下段の3種類の構えで通常攻撃が出来る。
構えによって、射程やダメージ効果が変わる。

仁王2

刀、大太刀、斧、鎖鎌、槍など武器も種類が豊富で、もちろん各武器ごとに特徴が違い、アクションも変わる
遠距離武器もあり、かなりたくさんの攻撃方法がある。

また、妖怪技もある。
一瞬妖怪になり、その妖怪にちなんだ攻撃が出来るという半妖の主人公ならではの技だ。

仁王2

この妖怪技を敵の攻撃に合わせてタイミング良く発動するとパリィが出来て、敵のスタミナ最大値を大幅に削ることが出来る。

妖怪技は、敵の妖怪を倒したときにドロップする魂を装備することで使うことが出来るようになる。

残心と変身

主人公はゲージだらけ。

体力ゲージスタミナゲージ、そして妖力ゲージアムリタゲージがある。

体力とスタミナは、文字の通り。
妖力ゲージとは、主人公が妖怪技を発動する時に必要なMPのようなもの。
攻撃をヒットさせていると溜まっていく。

仁王2

本作のようなゲームではスタミナ管理がかなり大切で、スタミナを制すものが勝つ。

『仁王』には、そのスタミナ管理の肝となる「残心」が独特なシステム。
斬って斬ってスタミナが減ったところで、タイミングよく武器を構え直す

そうすると、気合が入り直すせいか、スタミナがググッと回復する。

仁王2

この残心を攻撃に織り交ぜて成功させることで、スタミナ切れでへばったり、敵の攻撃を回避するスタミナを確保しておくことが出来る。

特に、「常世」と呼ばれるスタミナ回復が異常に遅くなる妖怪ワールドに入ってしまった時には、残心がかなり重要。

仁王2

また、体力ゲージなどのバーの左横にある丸いアムリタゲージは、敵を倒した際などに手に入るアムリタによって溜まっていく。

最大まで溜まると、一定時間妖怪に変身する「妖怪化」が出来る。
全てがパワーアップする大爽快妖怪バトルが出来るフィーバータイムだ。

仁王2

物量も情報量もぎっしりハクスラ

敵を倒したり、宝箱を開けると装備品が手に入る。

主人公は装備可能な枠が多い
近接武器2種類、遠距離武器2種、防具に至っては頭から足までいくつも装備する箇所がある。

仁王2

手に入れた武器や防具から、より強いものを選んで装備するわけだが、種類も多い

しかも、同じ名前の装備品でも特性や威力が異なるものがいくつも手に入る。
装備品のパラメータは、これまた項目ぎっしり。

そのなかから、自分のプライスタイルに合った武器や防具を選択していく。

仁王2

更に、妖怪を倒すと手に入る妖怪の魂代
これをいくつか主人公に憑依させることが出来る。

仁王2

憑依した妖怪に対応した妖怪技を使用出来るようになるが、この魂の質やら効果やらパラメータも様々。

仁王2

妖怪がドロップする魂代もハクスラ要素になっている。
ボス妖怪も魂代を落とすので、ボスの技が使えるようになる。
すべてのものが種類も性能違いも含めて大量!

ソウルライク

本作は、ソウルライク死にゲー

つまり、セーブポイントである「社」に触れると、体力や回復アイテムは復活するが、敵も復活する

仁王2

そして、死ぬと通貨であり経験値であるアムリタを失ってしまう

死んだ場所に戻れば、失ったアムリタを回収することが出来るが、そこまで戻れず死んでしまえば永久に失ってしまう。

レベルアップは「社」のみで可能であり、所持しているアムリタを消費して行う。

仁王2

敵を倒して手に入るアムリタを貯めて貯めて、大事に大事に抱えて社までたどり着かなければならない。

とは言っても、死にゲー。
雑魚敵相手でも気を抜けば呆気なく死ぬ。
アムリタを集めて社に行くというのは、そんなに簡単なことではない。

やり込みギッシリ

木霊探し
とんでもなく危険な場所にいる迷子の木霊たちを見つけては、帰り道を教えてあげる。

仁王2

社に帰った木霊の数に応じて回復アイテムが増えるんだから、意地でも帰り道を教えてあげたい。
なんなら、探索は木霊探すのが1番目的だったりする。

仁王2

武技やら武器スキルやら。
同じ種類の武器を使い続けると、武器に応じたスキルを解放することができるようになる。

武技といって、新たなコンボ技を使えるようになったりする。

しかし、武技は武器の種類ごと違うスキルツリーになっているし、上段構え専用だとか構えによって発動できるものも違う。

スキルの種類だけでも大量だ。

仁王2

そして、あらゆる種類の武器を使いこなす主人公の器用さは目を見張るものがあり、なんと忍術や陰陽術まて使えてしまう。

これも使い込んでいくことで、更に新たな術を覚えられるようになる。

仁王2

名声
特定の妖怪を一定数以上倒すなど、特定の条件を満たすと、誰がどこで見ていたのか知らないが、名声が上がる。

名声が上がると、回復アイテムの効果が上がるなど恩恵を得ることが出来る。

他にも茶器を集めるとか風流なことをしたり、拠点を模様替えしてみたりとか、やり込み要素もギッシリ。

仁王2

評価

ストーリー  

4

キャラクター 
3.5

実在した戦国武将がたくさん出てきて、歴史上の大事件に主人公が関わっていたという、おもしろアナザーストーリーが楽しめる。

仁王2

日本史は全然詳しくない私でさえ知ってる有名人とか有名エピソードもたくさん出てくる。

そこにそんな感じで主人公が関わってしまってたのか!
と、歴史の大事件を左右した重要人物になれてしまう物語が楽しい。

仁王2

しかし、織田信長から豊臣秀吉の時代へと長期間が描かれるので、かなりポンポンと物語が矢継ぎ早に移り変わっていく

テキスト情報だけでサラサラーっと流れていくところも多くて、正直「そんなあっさり?」と思うところも多かった。

仁王2

NPCが唐突に現れては、サッと退場ということも多い。
感情移入している暇はない。

グラフィック 

5

音楽・効果音 
5

敵の妖怪は気持ち悪くて怖くて呻き声もうるさくて、探索中にはビクビクしてしまう瞬間もある。
それくらい妖怪の怖さが素晴らしい

それぞれの妖怪は、初めて見たときに「なんてこった、こんな強そうなの倒せないだろ」と思わせてくれる良いデザイン。

それでいて「よっしゃ、叩きのめしてやる!」となる凶悪さ。

仁王2

フィールドも、戦国時代と魑魅魍魎な雰囲気満点で、探索しながら景色を見るのが楽しいマップも多い
まあ、そこら中、死体が転がってるし、妖怪が大行進しているわけなんだけど。

操作性 

4.5

UI   
4

私は前作は実際にプレイしたことはない。
で、本作をプレイして最初に思ったのは、意外と軽快!ということ。

仁王2

装備品に重さがあり、スタミナシステムもあって、死にゲーという評判を聞いていると、重厚なアクションで、そんなに動き回れないのかと思っていた。

しかし、実際には、残心のおかげでスタミナを回復しながら、かなりサクサク動き回れる
装備品をよほど着込まない限りは、もったりもっさりスピードにもならない。

仁王2

武器の種類やら術やら妖怪技やら、アクションがかなり多い。
ステータスや武器パラメータなど見るところも多い。

仁王2

最初は、情報量に圧倒される。
が、慣れてくるとスイスイ操作しやすくて、操作がもたついてアクションに支障が出るということは一切なかった。

進行のテンポ  

5

難易度バランス 
4

バグの少なさ  
5

しっかり死にゲー
雑魚敵でも死ぬし、ボス戦では相性の悪い相手だと何回も挑戦することになる。

敵の攻撃パターンを覚えて、自分なりの立ち回りを確立していくという死にゲーならではの「死んで覚える」がしっかり通用する

仁王2

そして、レベルとハクスラ要素がある。
詰まったら、レベルアップや強い武器集めで主人公を強化すれば、苦手なボスにも太刀打ち出来るようになる

バトル時のエフェクトもカッコよくて、ボスを倒した時には脳汁大噴出体験が出来る。

仁王2

ただ、所々で、異常に狭いバトルエリアや「落ち着けー!」とツッコミたくなるくらい大きく動き回るボスもいる。

「理不尽だってば!」と思わず叫んでしまう時もある。

仁王2

本作では、オンラインで他プレイヤーに助太刀を頼むことが出来る。

しかし、根性なしの私でも、一度も助っ人を呼ぶことなく、自力で死にながら覚えてちゃんとクリア出来ている
ちゃんとレベルデザインされている。

というか、複数の強敵に囲まれる場面やボス戦など、助っ人がいるとだいぶ難易度が変わってしまい死にゲーとしての楽しさが減ってしまうんじゃないかと思う。

仁王2

自由度・戦略性 

5

やり込み要素  
5

やみつき度   
5

何から何まで大ボリューム!
メインミッション、サブミッションとかなりの数があるし、広いステージも多い。

仁王2

そして、死にゲーなので、何度も繰り返すところもある。
もちろん探索要素もあるし収集要素もあるし。レベルアップや装備品集めのために行ったり来たりすることもある。

仁王2

武器も技も豊富で色々試しながら最強お気に入りを見つける楽しみ
残心システムのおかげで、ただボタン連打にならないアクションの面白さ。

膨大なボリュームでも全然苦にならない。
もっとプレイしていたい。

飽きることなく長時間遊べるゲームだ。

仁王2

総合評価 

4.58

おすすめな人・合わない人

おすすめな人
  • 死にゲーなアクションが好き
  • 大ボリュームのゲームを探している
  • 戦国時代が好き
  • ハクスラ要素が大好き
おすすめではない人
  • アクションが苦手
  • 色んなパラメータを考えるのが嫌い
  • グロい描写が苦手
  • ストーリーをしっかり楽しみたい
created by Rinker
コーエーテクモゲームス

仁王2
https://www.gamecity.ne.jp/nioh2/
©コーエーテクモゲームス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる