『Returnal リターナル』レビュー: 死んでも触手、生き返っても触手

『Returnal リターナル』とは、Housemarqueが開発したローグライクTPS

開発元は、シューティングゲーム『RESOGUN』などを開発してきたデベロッパー。販売元はソニー・インタラクティブ・エンターテイメントなので、PlayStationのファーストパーティータイトルの一つだ。

PS5でプレイ可能。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

Story
不時着した宇宙飛行士

主人公は、セレーネ。宇宙飛行士。

セレーネは、アストラ社の「スカウト」という役割を担っていて、宇宙を探索している。

しかし、宇宙船で航行中に、気になる「白い影」の信号を捉えたセレーネ。「なんだろう?」と思っていると、あれ?宇宙船の様子がおかしい。

で、ドガーーン!

アトロポスという惑星に不時着してしまった。アトロポスは、着陸が許可されていない危険な星なのに。

でも、宇宙船は壊れてしまった。「何か助けになるものがあるかもしれない」と、怪しげな方へと不気味な惑星を進むことにするセレーネ。

returnal リターナル
Story
私、死んでる?

そして、誰かの遺体を見つける。どうやら同じスカウトっぽい。確認しなければ。

「失礼しまーす」と遺体をひっくり返すと。

なにーーーー!?私!

なんと、セレーネ自身の遺体を発見する。

でも、気を取り直して、また探索する。鋼メンタルだ。

敵意剥き出しの触手うねうねエイリアンが襲ってくる。撃退。

そして、また他の自分の遺体を何体か見つける。そして、この惑星の住人であろう種族の大量の遺体も見つける。誰か説明してくれ!

returnal リターナル
Story
無限ループの始まり

エイリアンを撃退しながら進んでいたセレーネだけど、遂に手に追えないエイリアンに遭遇してしまう。ぎゃーー。死んだ。

…はっ!目が覚めると、宇宙船の墜落現場。思いっきりスタート地点。

どうやら死んでも死んでも、墜落した時点に戻される。しかし、なぜか毎回惑星の地形が変わってるときたもんだ。

なんとかこの無限ループから、そして怖すぎるアトロポスから脱出する方法を見つけるためにセレーネは何度も何度も繰り返し不時着からやり直していく。

returnal リターナル

ゲームの特徴Features

Feature
ローグライクTPS
returnal リターナル

本作はローグライクゲームなので、ローグライクあるあるルールが基本。

死んだら、武器もアイテムもステータスのアップグレードも全て失う。

そして、死ぬたびに地形やモンスターとアイテムの出現場所も変わる。

でも、各所にいるボスを倒して手に入る永続スキルやキーアイテムもある。

いくつかのエリアを順番に攻略していくことになるけれど、この永続スキルやキーアイテムを持っていれば、リスタートになっても次のエリアへ近道ができるようになる。

Feature
宇宙飛行士の心得
returnal リターナル

TPSなので、三人称視点で敵を撃っていくのが基本の戦い方。

セレーネは、ジャンプとダッシュ回避が出来る。

武器は、様々な種類の銃で、宝箱や敵がドロップする武器を取捨選択しながら進んでいく(常時1つしか装備できない)。

また銃の弾は無制限だけど一定数ごとにリロードされる。任意の時点でリロードはできず、自動でリロードされる際に少し時間がかかる。しかし、リロード中にタイミングよくボタンを押すと瞬時にリロードされる。

また、アダプティブトリガー機能が採用されていて、L2ボタン全押し(通常射撃はL2半押しで構える)でセカンダリファイアという強力な弾が撃てる。発射後にはクールタイムがあるので、使いどころに注意。

Feature
惑星になじむ
returnal リターナル

武器以外に拾えるものは、爆弾のような消費アイテムや回復アイテム(本作ではスーツの耐久度が体力)、パラサイトという生物など。

パラサイトは、拾うとセレーネにピタッとくっつく。気持ち悪いけれど、良い効果と悪い効果を同時に起こす便利生物だ。

また、アーティファクトと呼ばれるリスクはなく単純に良い効果のみが現れるものもある。ラッキーだ。

アイテムやパラサイトのなかには、悪性因子と呼ばれる汚染物質が付いたものもある。

悪性因子が付いたものを拾うとセレーネのスーツが故障する。しかし、ダメージを受けずに一定数の敵を倒すなど特定の条件をクリアすると修理することが出来る。不思議スーツだ。

また、敵を倒したりフィールドで拾うオボライトが本作の通貨で、消費してアイテムが手に入る部屋もある。

いくつかの部屋を攻略していくとボス部屋に突入するので、どこまで強化して進むか。運と寄り道次第。

Feature
戦うほど強くなる
returnal リターナル

セレーネが強くなるには戦い続けるしかない。

ダメージを受けずに敵を倒していくとアドレナリンレベルが上がっていく。これにより、攻撃力が向上したり、様々な効果を得ることができる。

でも、1発でもダメージを受けてしまえば、ゼロにリセットされる。

一方で、ダメージを受けても変わらないのが、武器の熟練度。敵を倒すごとに熟練度が上がっていき、強い武器がドロップするようになる。

また、熟練度が上がることで、各武器固有の追加効果がアンロックもされる。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

returnal リターナル

4.5

ローグライクゲームだけど、ちゃんと物語がある。しかも気になる物語が。

触手だらけのエイリアンに囲まれて脱出を目指すというスリル満点なSF。

と思いきや、セレーネの訳ありな過去が少しずつ明らかになったり、滅亡した惑星ので起きた事件が徐々に解明できたり。

「エイリアンだ!きゃー!」ではなくて、ヒタヒタと静かに不気味な雰囲気。ややホラー寄り。セレーネの口調も抑え気味だし。

物語が進行するときに突然現れる家では、主観視点になり、あちこち調べながらビックリさせられる演出もあって、『バイオハザード』やってる気分。

ローグライクゲームは作業感が増しがちだけど、物語の魅力で引っ張ってくれる。


キャラクターの魅力

returnal リターナル

3.5

基本的にキャラはセレーネのみ。

彼女は、宇宙飛行士らしく音声記録を残しておくために、かなり独り言を喋る。

常に「一体どういうことなのよ!?」っぽいことしか喋らないけれど。

ただ、彼女の過去や惑星のことが分かるにつれ、「あれ?セレーネって、もしかして…」と、セレーネのことが1番不気味に思えてくる。


操作性

returnal リターナル

5.0

私は、3Dのシューティングゲームをよくプレイする方じゃないんだけど、操作にすんなり馴染めた。

戸惑ったこととしてはひとつだけ。セカンダリファイアは、チャージされてなければ何も撃てない。

ピンチな時って、グッと指に力が入りがち。意図せずセカンダリファイアになってしまって空撃ちになってしまった。(コントローラー設定でアダプティブトリガー「強」がオススメ。最初、私は「中」設定にしていた。)

ここら辺はPS5コントローラー自体への慣れも必要。

でも、すぐに慣れられるし、操作性は良好。ジャンプもダッシュも優秀で、ちゃんと見てれば敵の攻撃は避けやすい。


難易度バランス

returnal リターナル

4.0

操作しやすいと上述したけれど、簡単ってわけじゃない。

敵の攻撃は弾幕系。四方八方から弾が大量に迫ってくる。ハイペースなバトル。特にボスはがっつりしっかり強い。

しかし、プレイしているとお気に入りの銃が決まってくるはず。自分にとって扱いやすい武器が早々に手に入ればかなり有利に進められるようになる。

敵を倒すごとに強くなるので、ちゃんと敵を倒しながら進んでいれば、ローグライクゲームのなかでは一回のプレイで長生きしやすいゲーム。

そして、数回プレイしていると見覚えのある部屋が出てくる。しかも、敵の発生位置は同じなので、ランダムマップとはいえ、ある程度覚えゲーでもある。


ゲームシステム

returnal リターナル

5.0

シューティングゲームだけど撃ち合いではなくて、弾幕系なのが新鮮。3Dで弾幕ってあんまり経験がない。

そして、リスクをとるかどうか迷うのが楽しい。

「その程度のマイナス効果なら、なんとか出来る」と調子に乗って、有利と不利の効果が同時発生するパラサイトを拾う。だけど、そのうち自分の首を絞めることになる。小さいクセに恐ろしいヤツだ。

武器の熟練度システムは良い。長生きすれば、良い武器を手に入る。完全に運頼りってわけじゃないのが嬉しい。

という感じで、プラス効果とマイナス効果のバランスが絶妙


やりこみ要素

returnal リターナル

3.5

本作は、基礎ステータスが上がるなどのローグライト的な永続効果は少なめ。

しかし、死んでも失わないエーテルというものがある。貴重品だ。

これを一定数スタート地点の祭壇みたいなところに収めると、新たなアーティファクトが出現するようになる。これがやり込み要素でもある。

また、敵エイリアンを倒すごとにスタート地点の墜落した宇宙船で図鑑っぽい様々なデータが見れるようになる。


グラフィック

returnal リターナル

4.5

ランダムマップなんだけど、「本当にランダムなんですか!?」と聞きたくなるくらい、風景はめちゃくちゃ綺麗に作り込まれている。

いや、もちろん、全然絶景ではなくて不気味な風景なんだけど。

やや暗すぎる場所も多いので、画面設定は少し明るめの方がいい。

敵エイリアンの気持ち悪さは最強。近くでゆっくり眺めてる暇がないのは残念。

全体的に画面が暗いので、敵の弾とかエフェクトが際立つのがカッコいい。

当たったらいけないんだけど、バババーッと迫ってくる敵の弾を「綺麗だなあ」て、ぼんやり眺めてしまう。


サウンド

returnal リターナル

3.5

BGMは、ずっと静かで不気味。エイリアンの奇声をが響く。奇声は、敵がセレーネを見つけた合図なので、よく聞いておかないといけない。

わざとビックリさせようと大きな音が鳴る演出もあるけれど、何より驚くのがセカンダリファイアのチャージ完了音。

かなり大きな音が鳴るので、すごくビックリする。無駄に驚いてしまうので控えめな音にして欲しい。切実に。


総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

不気味な雰囲気

とっつきやすい操作感

ストーリーの魅力

効果や武器のバランスが良い

残念なところ

画面が暗め

完全にランダムではない

オススメな人

シューティングゲームが好き

ローグライクが好き

ホラーなど不気味な雰囲気が好き

オススメではない人

触手が気持ち悪すぎて無理

怖い雰囲気が苦手

ローグライクゲームに
ストーリー要素はいらない

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
メトロイド ドレッド

未知の惑星を探索していく高評価メトロイドヴァニア。2Dアクションだけど、たった1人でエイリアンたちと戦い、不気味な雰囲気もありつつ物語も楽しめる。本作と設定が近いゲーム。

オススメ
Sundered

こちらも異空間のようなダンジョンを1人で探索していくローグライク要素もあるメトロイドヴァニア。突然大量の敵が出てくるハラハラ感が面白い高評価ゲーム。

Returnal リターナル
https://www.playstation.com/ja-jp/editorial/this-month-on-playstation/everything-you-need-to-know-about-returnal/
Returnal™ ©2021 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Europe Ltd. Developed by Housemarque Oy. “Returnal” is a trademark of Sony Interactive Entertainment Europe. All rights reserved.

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index