『Sundered』レビュー: ヌルヌル探索ラブクラフト

『Sundered』は、カナダのThunder Lotusが開発したメトロイドヴァニアゲーム。

Thunder Lotusは、高評価アクションアドベンチャー『Jotun』を手掛けたデベロッパー。また、全く異なるゲーム性だけど、これまた高評価な『Spritfarer』も開発している。

『Sundered』『Jotun』『Spritfarer』と3作品ともゲーム性は違うが、共通しているのは美しい滑らかに動く手描きイラスト調グラフィック

本作は、PS、Nintendo Switch、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版『Sundered: Eldrich Edition』をプレイ。発売当初の内容から、新たなボスとエリアが追加されている。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

Index

あらすじStory

Story
ここはどこ?

主人公はエシという女性の放浪者。

砂漠を彷徨っていたら、全然雰囲気の違う遺跡に入り込んでしまう。

Sundered
Story
脳内に直接…?

そこで、脳内に直接呼びかけてくるタイプの何か「トラペゾヘドロン」からアドバイスのような嘲りのようなメッセージを得る。

遺跡から脱出できなくなったエシは、トラペゾヘドロンに促されるまま、エスカトンと呼ばれるこの遺跡を巡っていくこととなる。

Sundered
Story
ラブクラフト

遺跡内では、トラペゾヘドロンから遺跡についての脳内講義を受けたり、大量の敵と対峙することになる。

そして、そのうち、彼女は、人間離れした能力を得るようになるが、それと引き換えに人間性を失っていく。

何のこっちゃ、という感じだが。本作は様々なゲームに登場する、みんな大好き(?)ラブクラフト神話がモチーフになっている。

Sundered

ゲームの特徴Features

Feature
ローグライクなメトロイドヴァニア
Sundered
地図は重要な部屋だけが常に同じ
道中は毎回実際に歩かないと表示されない

エシが駆けずり回る遺跡は大きく分けて3つのエリアに分かれている。

それぞれのエリアには、新たなスキルが入る部屋、ミニボス、大ボスの部屋がある。

これらの重要な部屋の位置は決まっているが、その間を繋ぐ道はランダムマップ。道中のマップ構造が死ぬ度に変化する。

3つのエリアどこから攻めていってもいいけれど、それぞれのエリアで手に入るスキルによって、他のエリアでも進める場所が増えるというメトロイドヴァニアにもなっている。

マップは広大。もちろん、ショートカットもある。

Feature
強くなるエシ
Sundered

ローグライクと上述したが、死んでもペナルティは特にない。ただ、拠点であるサンクチュアリに戻されるだけ。

敵を倒したり、ツボなどのオブジェクトを壊すとシャードが手に入るけれど、死んでもシャードが失われることはない。

サンクチュアリでは、シャードを使ってスキルツリーを解放することができる。

攻撃力や防御力、体力といったステータスのアップグレードが出来る。これは永続的だ。

また、スキルの付け替えも出来て、体力回復アイテム効果上昇やアーマーの回復速度を高めるといった能力を装備することが出来る。

スキルにはそれぞれ「防御力ダウン」や「シャード入手率低下」など代償もあるので注意。

Feature
なめらかなエシ
Sundered

エシの基本アクションは、近接攻撃とローリング回避とジャンプ。壁ジャンプも出来る。

スキルを獲得すると、遠距離攻撃のキャノンや、フックジャンプや空中ダッシュなども出来るようになる。

また、ジャンプだけではたどり着けない場所でも、敵を空中で攻撃することで、滞空時間が延び、更に上方へジャンプも出来る。

また、一定回数攻撃を当てていると紫ゲージが溜まり、溜まりきると「絶技」という強力な範囲攻撃を発動できる。

Feature
人間やめる?
Sundered

ボスを倒すとエルダーシャードが手に入る。ミニボスの場合はエルダーシャードの欠片で、3つ集めるとエルダーシャード完全体になる。

このエルダーシャードと引き換えに、2段ジャンプなどのスキルをアップグレード出来る。

その時、本作のストーリーの肝となるエシの人間性を失うことになる。

瞬間移動のようにジャンプ出来たり、滑空出来るようになったり、かなり強力なアップグレードとなっている。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

Sundered

3.0

私は、ラブクラフト神話について全然詳しくない。ゲームに登場するキャラの名前で見聞きする程度だ。

というわけで、ストーリーは、しっかり理解できない。全て日本語翻訳されているけど、断片的位しか語られず、物語の全体像を把握しにくい。

とは言っても、ストーリーが分からないと面白くないというゲームではないので問題はない。


キャラクターの魅力

Sundered

3.5

上記の通り、「ラブクラフトよく分かんないやー」なので、脳内に直接語りかけられてストーリーの講義をされても、「そんな大きい声で話さなくても聞こえるって」くらいに聞き流していた。

でも、1人で黙々と闘うエシのことは応援したくなる。

メトロイドヴァニアゲームにはつきものの「1人で頑張ってて大変そう。がんばれ!がんばれ!」と思う気持ちは、ちゃんと湧いてきた。


操作性

Sundered

5.0

エシは、ヌルヌル滑らかに動く。また、どのスキルもシンプルな操作で発動しやすい。

ジャンプ中に攻撃してフワッと滞空するテクニックを多用するけれど、結構長く浮かんでいてくれる。全体的に操作は、かなり快適でプレイしやすい。

大量に敵が出てくるけれど、かなり気持ちよくて、攻撃してるだけで楽しい!


難易度バランス

Sundered

4.5

本作には、ただ歩いているだけでも、突然ゴングが鳴ると敵の大群が攻めてくるという恐ろしいシステムが搭載されている。

ゴングが鳴った途端、かなりしっちゃかめっちゃかに。主人公のがいる場所も見えなくなってしまうほど、敵が密集してくる。

一方で敵が来ない時は静寂そのもの。エシの息遣いのみが聞こえてくる。

この緩急が、緊張感を保ってくれる。いつゴングが鳴るんだろうとヒヤヒヤする気持ちは消えない。

ただ、エシの成長度は目覚ましい。

スキルツリーによって攻撃力も防御も上がりまくるので、ついさっき苦戦してた敵があっさり一撃で蹴散らせるようになる。

人間性を失ってスキルをアップグレードするかどうかで難易度が変わるのは面白いところ。自分次第だ。


ゲームシステム

Sundered

4.5

どのエリアから、どのくらいずつクリアしていくか、完全に自由。

スキルのアップグレードも自由。

人間性を大切にするなら難しくなる。逆に人間性失ってスキルを習得していくと、豊富なアクションが楽しめる。

スキルツリーをどんどん解放していけば脳筋プレイし放題。脳筋プレイ好きとしては、これが本当に気持ち良くて、かなり病みつきに。

かなり自由度が高くて、マップも毎回変わるし、敵が攻めてくるタイミングも分からない。初見の面白さを常に味わいながら、探索も楽しめる。

それぞれの要素がうまく噛み合った中毒性のあるゲーム


やりこみ要素

Sundered

4.5

スキルツリーをどのくらい解放するか。成長要素がやり込み要素。

また、ミニボスは必ずしも全て倒さなくてもクリア出来る。全部のスキルを集めなくてもいい。

そして、本作はマルチエンディングだ。人間性を完全に失うか、少しだけ失うのか、完全に悪魔になってしまうのか。周回要素もあるというわけだ。

クリア後要素もあって、たっぷり楽しめる。


グラフィック

Sundered

4.5

気味の悪い敵が多いし、絶景と呼べる風景もほぼ無いけれど、始終グラフィックが美しい。

手描きイラスト調が文字通りヌルヌルに動く。ゲームスタートして1番最初に感動したのが、このイラストの動く滑らかさ。

ボスは大体巨大なんだけど、そのデザインもキモカッコいい。


サウンド

Sundered

4.0

BGMは荘厳な感じだった不気味だったり。雰囲気を盛り上げてくれる。

敵が大量に攻めてくる合図のゴングの音がかなり大切なので、探索中はしっかり耳を澄ましておかなければならない。

効果音は、敵を斬った時のザクザク音はややボケていて残念。もっとズバッズバッとした効果音が良かった。

総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • ローグライクもメトロイドヴァニアも楽しめる
  • 操作性が良く気持ちいい
  • やり込み要素がたっぷり
  • グラフィックが美しい
残念なところ
  • 敵が大量になると主人公の位置が見にくくなる
  • 物語を理解しにくい

オススメな人

  • メトロイドヴァニアが好き
  • スピーディーなアクションが好き
  • 「たたかう」連打が大好き
  • ゴリ押し大好き

オススメではない人

  • ストーリーを楽しみたい
  • 敵一体一体とじっくり戦いたい

本作が好きならオススメRecommendation

https://thunderlotusgames.com/sundered/
©2018 Thunder Lotus.

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる